トレーディング手法

そのレバレッジは投資入門者には必要か

そのレバレッジは投資入門者には必要か
読者

【入門者必読!】アパート経営はリスクが高いと言われる理由と成功するための心得五カ条

【入門者必読!】アパート経営はリスクが高いと言われる理由と成功するための心得五カ条

アパート経営には節税の側面があることも、忘れてはなりません。不動産を所有していると課される固定資産税は、賃貸経営を行う場合は経費として計上できますし、相続税の評価額も圧縮する効果があります。また、アパート経営で得た所得について、確定申告時にほかの所得との損益通算が可能となります。仮にアパート経営の収支が赤字だとすると、給与所得から差し引くことができ、課税対象額を引き下げるため、所得税・住民税が低くなるという節税効果が見込めます。

メリット3:資産が残る

賃貸不動産取得の際に、「団体信用生命保険」に加入していると、大家さんが亡くなった際にローンを一括返済でき、家族に資産を遺すことができます。生命保険代わりといわれるのはこのようなメリットからでしょう。また、アパートの建物は経年劣化しますが、土地は時が経つだけでは価値が落ちません。老後の年金代わりとして保有しておき、いざとなれば土地を売却してまとまったお金を手にすることもできます。

メリットを知ると、チャレンジの価値がありそうですね!
デメリットにあたる「アパート経営のリスク」も具体的に見ていきましょう。

アパート経営はリスクが高いと言われる理由

1.空室リスク
2.家賃滞納リスク
3.地震や火災などの自然災害リスク
4.建物の老朽化リスク
5.立地リスク
6.騒音問題などの入居者トラブルリスク
7.収益悪化リスク

1.空室リスク

アパート経営においてもっとも重要なのが、空室が埋まらなかったときの問題です。アパート経営は、入居者からの家賃収入で成り立っています。空室があると家賃収入が減るにも関わらず、 ローンの返済に加えて、維持管理費や修繕費用を支払っていかなければなりません 。たとえば、以下の条件でアパートを購入するケースを考えてみましょう。

借入額1億円(金利2%、借入期間25年間)
部屋数1K×14戸
家賃5万円/戸
家賃収入月70万円(満室時想定)

上記条件では、月々返済額は約45万円です。

家賃収入ローン返済経費手残り
満室70万円45万円7万円18万円
1戸空室65万円45万円7万円13万円
2戸空室60万円45万円7万円8万円
3戸空室55万円45万円7万円3万円
4戸空室50万円45万円7万円-2万円

ローン返済のほか、管理手数料や維持管理費、修繕費用で満室想定家賃の10%程度を毎月支払うとすると、満室時で18万円の手残りとなります。空室3戸となると手残りはわずか3万円、空室が4戸になると赤字へと転じてしまうことがわかりますね。アパート経営では、 常に空室を埋めるための工夫が求められる のです。

2.家賃の滞納リスク

空室と同じくリスク管理が必要なのが家賃の滞納です。家賃を滞納されると、収入的には空室があるのと変わりません。空室であれば新しい入居者を迎えることもできますが、家賃滞納であればそれもできないのでより深刻です。

3.地震や火災などの自然災害リスク

3つ目は、地震や火災などの自然災害です。地震や火災に遭ってしまうと、ひどい場合には1億円で購入した物件が一夜にして失われる可能性があります。こうした自然災害については、どれだけ対策しても遭遇してしまう可能性が0にはなりません。

4.建物の老朽化リスク

4つ目は建物の老朽化やそれに伴う修繕費用の問題です。建物は時間の経過に応じて老朽化していきます。最初はエアコンの取り換えやフローリング、壁紙の張替えだけでいいものの、築年数が進むとお風呂やキッチンといった水回りの取り換えや外壁の塗り替えなど、修繕費用は膨らみます。

また、老朽化していくと入居者を集めづらくなり、周辺に新築同然のアパートができてしまうと入居者の獲得競争においては不利になります。空室を埋めるために、居室を新築同然にリフォームした上で、家賃の見直しなどを検討しなくてはなりません。

5.立地リスク

6.騒音問題などの入居者トラブルリスク

6つ目が、騒音問題などをはじめとする入居者によるトラブルです。毎夜、部屋から大音量の音楽が流れてきて、左右上下の入居者からクレームを入ることがあります。クレームを入れてくれるならまだしも、黙って出て行ってしまう人もいるでしょう。こうしたトラブルが起きたときは、すばやく対処していく必要があります

7.収益悪化リスク

アパート経営は、駐車場経営やトランクルーム経営、太陽光発電など他の土地活用と比べて開始時の投資額が高額です。そのため、多額の借り入れをして経営を始めるのが一般的です。しかし、 経営に失敗してしまった場合には多額の借金だけが残る可能性があります 。また、変動金利でローンを組んでいた場合、金利上昇により返済額が想定以上になり、収益が悪化するリスクも考えておかねばなりません。

アパート経営をするならリスク対策は必要不可欠!
安定経営を目指すために土地活用の専門家に相談してみましょう。

土地活用プラン一括請求はこちら

無料プラン請求査定はお電話でも承ります。

恐れずにアパート経営を始めるには。入門心得五カ条

【入門心得その一】投資の目的・目標を定めるべし

チャンスがあればどんどんと規模を拡大して専業大家になりたいのか、大きく儲けずとも節税効果を狙ってじっくりと取り組むつもりなのか。 目標に合わせた事業計画で、成果を少しずつ積み上げていけば 、大家としての経験値も確実に成長していくことができるでしょう。

【入門心得その二】5大リスクに備えるべし

1.空室対策

・適宜修繕を行う
・築年数が進み、他のアパートに勝てないと思ったら家賃を見直す
・不動産会社の担当者と懇意にする

アパート経営では、入居者に気に入ってもらうために常に新築に近い状態を保つ努力をするとともに、周辺の類似物件の状況をリサーチし、必要があれば家賃を下げることで勝負することも必要です。また、基本的に、入居者の募集や賃貸契約については不動産会社に一任することになります。一方で、不動産会社の担当者は他にもいくつも大家さんを担当しているはずです。優先的に紹介してもらうためには、 不動産会社の担当者と懇意にしておくことが大切です 。

2.修繕・老朽化対策

こちらも空室を出さないための工夫となりますが、計画的な修繕と老朽化対策は適宜行っていく必要があります。ただ、がむしゃらに手を付けても経費だけがかかってしまいます。必要性を見極めましょう。また、修繕の費用を抑えるために、複数の業者に相見積もりを依頼したり、まとめて工事発注することで単価を下げてもらう工夫をするとよいでしょう。

3.災害の対策(保険)

自然災害への対策としては、耐震補強を実施するなどの方法も考えられますが、どれだけ対策したとしてもリスクは0にはなりません。災害が起こったときの対策として 火災保険や地震保険には必ず加入しておくようにしましょう。 また、火災保険はその保険内容によっては台風による風や水害などにも対応できます。内容をよく吟味して必要な補償内容を備えた保険に加入しましょう

4.クレーム対策

5.収益悪化対策

アパート経営は、最初に多額のお金が必要となるため、基本的にはローンを組んで購入します。最初の計画の段階で周辺の類似物件の状況を確認し、空室は何室までなら赤字にならないかについて実際にシミュレーションしておきましょう。 無理のない返済計画を立てることで、不測の事態が起こったときでも対応しやすくなります。 自己資金をできるだけ準備するとともに、以下のような工夫が求められます。

・借入金利を低くできないか交渉する
・借入期間をできるだけ長くできるよう交渉する
・手元に資金があるのであれば物件価格の1~2割程度は現金で支払う
・修繕は適宜実施するとともに経費はできるだけ安く抑える

【入門心得その三】収益向上のための税金・経費対策を忘れるべからず

アパート経営の主な収入は家賃ですが、家賃収入をキープするためにはさまざまな費用や税金が必要となってきます。アパート経営を始める前の収益シュミレーションには長期的な修繕費用や、アパートの維持管理費用も組み込んでおくことも必要です。また、費用や税金をできるだけ押さえて、収益を最大値に引き上げる努力を継続しなければなりません。支出を賢く抑えつつ、必要な費用はしっかりかけられるような経営を心がけましょう。

【入門心得その四】基礎知識の蓄積に努めるべし

アパート経営には不動産に関する専門知識の積み上げが欠かせません。アパート建設時には建築基準法や都市計画法、購入や運用時には宅建業法、民法などの法知識を持っていると有利です。また税金に関する知識も持ち合わせておくと、確定申告時だけでなくアパート経営にまつわるさまざまな経営判断の際に役に立つでしょう。もちろんその道の専門家に委ねることも可能ですが、経営者としてみずからが選択していくことで、あなたの中にノウハウが蓄積されていくことが理想です。

また、税金や法律だけでなく、賃貸経営のスタンダードは時代とともに変化していくものなので、常に知見を更新する姿勢も大切です。セミナーや大家さん同士の交流会などで、情報交換する習慣を続けるのも1つの手段ですね。

【入門心得その五】最高のサポートチームを組むべし

大家さんとしての膨大な量のタスクを必ずしも一手に背負う必要はありません。アパートを新築する場合は建設会社が、購入する場合は不動産会社が、あなたのアパート経営のスタートを支援してくれます。入居者の募集や管理、建物の保守管理なども外部委託することは可能ですので、建築プランだけでなく、管理業務の内容も視野に入れながら、アパート経営の相談先を決めていきましょう

必要に応じて税理士や弁護士、収支計画を相談できる金融機関、リフォームやトラブル対応の業者など、あなたの経営を支える専門家をチームとして編成していけば、サポート体制はより盤石となるはずです。アパート経営にはさまざまなリスクが存在しますが、これらのリスクは経営を続ける限り付き合っていかなければならないものです。

投資信託の「○○型」ってなに?


投資信託を選ぶ際に、「アクティブ」「インデックス」「為替ヘッジ」「レバレッジ」「インバース」といった言葉を見かけたことはないだろうか。これらは、投資信託の種類を端的に表したもの。その意味を知ることで、スムーズに投資信託を選ぶことができるだろう。

運用手法が異なる「アクティブ型」「インデックス型」

アクティブ型
ファンドマネージャーが独自の調査に基づき、戦略的に銘柄選定や売買のタイミングを判断しながら運用を行う投資信託。東証株価指数(TOPIX)やアメリカのS&P500などの指数をベンチマーク(基準となす指標)として、それを上回る運用成績を目指すものもある。

パッシブ型
ファンドマネージャーの判断ではなく、決められたルールに基づいて運用を行う投資信託。その代表格が「インデックス型」。

インデックス型
日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)、S&P500などの指数(インデックス)に連動することを目的に運用を行う投資信託。

外貨建て資産へ投資する場合に為替変動の影響を抑える「為替ヘッジ型」

為替ヘッジ型
為替ヘッジとは、外貨建て資産に投資する際に、外国為替の売予約や先物取引などを利用することで、為替変動による差損を回避すること。「為替ヘッジあり」の商品であれば、為替変動による損益が影響しないため、純粋に投資対象資産の価格変動などを追求できる。

リスクヘッジに有効な「レバレッジ型」「インバース型」

レバレッジ型
指数の日々の変動率に一定の倍数を乗じて得られる成果に連動することを目的に運用される投資信託。2倍、3倍、4.3倍など、倍率は銘柄によって異なる。

インバース型
指数の日々の変動率に一定の負の倍率を乗じて得られる成果に連動することを目的に運用される投資信託。倍率はマイナス1倍、マイナス2倍が一般的。連動する指数と逆の値動きをするため、下落相場の時に利益が出ることになる。

不動産投資初心者なら
押さえるべき基本

不動産投資とは、安全性が高く、長期にわたって安定した収入が確保できる有効な資産運用の手段です。 月々のローンを家賃収入を活用して支払うことができるので、普段と変わらない生活をしながらローン残高を減らすことが可能です。
なので、少ない自己資金で取り組むことができる投資手段として、多くの皆さまから選ばれております。
また、ローン完済以降は、入ってくる家賃がすべて「私的年金」扱いとなるので、マンション経営を「もう一つの年金」として考える方が増えています。

オーナー様が購入したマンションの部屋を入居者に貸し出し、入居者は家賃を納めます。多くの場合、物件は銀行からのローンで購入するので、その家賃収入の中からローンを返済していきます。

不動産投資で収益を得る2通りの方法

インカムゲイン

オーナ様が物件を購入。オーナー様が購入したマンションの部屋を入居者に貸し出し、入居者は家賃を納めます。その家賃収入で利益を得る方法です。

キャピタルゲイン

所持している不動産の価値が購入時より高騰し、高値が付いたタイミングで売却して差額の利益を得る方法です。

銀行にお金を貯めるのは自分のお金。マンションのローンを返済するのは他人が払ってくれるお金。
自己資産を他人資本で構築していける のが、ローンを使った不動産投資です。
物件を複数組み合わせることによって、より効率のいい資産形成ができるのも大きな魅力です。

代表的な「4つ」の不動産投資物件

マンション経営(区分)

マンション経営(一棟)

アパート経営

戸建て経営

不動産投資と他の投資を比較してみよう

リスクとリターンの比較

ローリスク・ローリターンの投資は、債権・預金・保険商品などがあります。ミドルリスク・ミドルリターンの投資には不動産投資などがあります。ハイリスク・ハイリターンの投資にはFX・株式投資などがあります。

ハイリスク・ハイリターン
FX 外国為替証拠金取引 為替レートの変動に着目した投資。情勢により大きく変動することもある。
少ない資金でもレバレッジをきかせて大きな投資、取引ができる。
株式投資 変動が大きく、収益が大きいこともあるが、暴落すると大きな損失が出る場合も。
ミドルリスク・ミドルリターン
不動産投資 安定した家賃収入が得られる。資産価値がゼロになることはない。預金・証券に比べ、換金性が低い。
ローリスク・ローリターン
債権 利回りが確定して安全だが、収益は少ない。
預金 安全であるが、現在は「マイナス金利」と言われるほどの低金利であり、収益は非常に少ない。
保険商品 安全性は高いが、低金利の中間配当は減少傾向に。

日経平均株価は、高いときと低いときとではかなりの差があります。それに比べて、家賃相場においてはほとんど変わってないのが現状です。
都心などの大きな開発や交通が便利になるとゆるやかに上昇はしています。 安定を求める方 にはぜひ、都心部の不動産投資をおすすめします。

不動産投資が初心者におすすめな理由

近年はサラリーマンや公務員として働きながら不動産投資を始める方も増えています。 初心者の方や忙しい方にもおすすめな理由 を見ていきましょう。

専門的な知識やノウハウがなくてもできる

本業に支障をきたさず「副業」ができる

働き方改革の一環として「副業解禁」が注目されています。
サラリーマンの方でも働き方の選択肢が増えてきている一方、副業はしたいけど本業が手一杯で時間がない、という方も多いのが現状です。
不動産経営は基本的に、信頼できる不動産会社に業務を委託します。
株やFXなどのようにこまめに市場を見張る必要がなく、経営のわずらわしい手間がかからない為、忙しく働くサラリーマンでも出来る人気の副業です。
東京日商エステムで不動産投資をされているオーナー様も、半数以上が30代~40代のサラリーマンの方です。

会社員59%、公務員・資格職26%、その他15%

まとまった資金がなくてもできる

自分でリスクをコントロールできる

投資物件は自宅から遠方でもOK

不動産投資の物件選びで最も重要な事は、エリア・立地の選定です。
都心の主要エリアは需要と供給のバランスが保たれ、将来的にも物件の資産価値を保つことが出来ます。
投資物件を探すとき、必ずしもご自身の居住地近くの物件を選ぶ必要はありません。
遠方で現地を確認することが難しい場合でも、エリアのニーズや将来性など、精度の高い情報をパートナーとなる不動産会社から得た上で検討することができます。
また、物件の管理は管理会社に委託するので、実際に足を運んで何かをする必要がないため、遠方でも三大都市圏など人気エリアでの投資が可能となります。

東京日商エステムでは、全国どこでもお客様のご希望の場所で、納得いくまでご相談可能な 「不動産投資の無料個別相談サービス」 を行っています。
お客様ひとりひとりが抱えている疑問やお悩みに真剣に向き合います。不動産投資をご検討中の方は是非ご利用ください。

初心者の方の不動産投資の始め方

豊富な実績のある不動産会社に相談する

不動産投資を始めるために情報収集をしたいが、仕事が忙しい、信頼できる情報を見分けるのが難しい、という方は 不動産投資の専門家に聞くのが最も手っ取り早い方法です 。専門家であれば、疑問や不安などの相談だけではなく、最新の市場動向や自社で収集したデータなど、自分で調べただけでは手に入らない情報を教えてくれます。また、ひと口に「不動産会社」と言っても、皆一様ではありません。賃貸、売買、開発まで様々な業態があります。不動産投資について相談するのは、不動産投資に特化した会社にしましょう。
さらに言えば不動産投資に特化した会社の中でも、販売して終わりではなく、その後の管理から売却までをトータルで行っている会社をおすすめします。様々な分野での専門家が在籍しているため、幅広い知識を備えています。また、創業年数や実績数は、その分経験やノウハウが蓄積されているという目安になり、会社を選ぶ際の判断基準の一つになります。

セミナーに参加する

当社をはじめ、多くの不動産投資会社では定期的に不動産投資やマンション経営に関するセミナーを開催しています。 セミナーでは専門家から直接教わることができ、最新情報を仕入れることが可能 です。一人で勉強するのが苦手だという方も、大勢で勉強することで集中できるのでおすすめの勉強法です。

自分で情報収集をする

情報サイトや個人のブログなど、ネット上に情報は溢れています。必要な情報だけをうまく収集するのは難しいですが、時間のある方は色々読んでみて大枠をつかむのもよいでしょう。また、 不動産投資の本はひとつのテーマについて体系的に学びやすい のが特徴です。初心者向けから上級者向けまでありますので、最初は初心者向けの本をおすすめします。本によってそれぞれ切り口が異なりますので、自分に適したものをじっくり探しましょう。不動産投資会社から資料を請求してみるのもよいでしょう。どこの不動産会社に相談するか迷っている方は、サービス内容など比較がしやすくなります。

BitPointの口コミ・評判は?メリットやキャンペーン情報も紹介!

BitPointの口コミ・評判は?メリットやキャンペーン情報も紹介!

JMY入金キャンペーン

仮想通貨JMY(ジャスミー)を100,000JMY以上入金すると、 抽選で10万円相当のJMYがもらえる キャンペーンです。

抽選に当選するのは10名限定 ではありますが、約25万円分のジャスミーを用意する必要があるため応募のハードルはそれなりに高いです。

そのため、 抽選に当たる確率は意外と高いかもしれません。

BitPointの口コミ・評判

考えごとをしている男性

BitPointのポジティブな口コミ・評判

BitPointは口座開設時の手数料が無料。さらに、仮想通貨の入出金手数料が無料となっています。 無駄なコストなしに仮想通貨を取引できる 取引所と言えるでしょう。

また、「取引ツールが初心者でも使いやすい」という意見も多く見られました。 複雑な操作なしに単純な操作で売買 できます。

実際の口コミ

その他の取引所と比べても、安全性が高く信頼出来る会社です。 取り扱いの仮想通貨もそこそこあり、ツールも使いやすく始めての方でも取引に取り組みやすいのでは? と思います。 口座開設しておくと何かと便利な業者さんです。

BitPointのネガティブな口コミ・評判

BitPointのネガティブな口コミとしては「スプレッドが広い」という意見が多く見られました。 スプレッドは広がれば広がるほどユーザーにとっての損失が大きくなります

また「取引通貨数が少ない」という意見も多く見られました。通貨数が多い取引所が良いと考えている人にとっては 物足りない可能性 があります。

実際の口コミ

BitPoint4つのメリット

各種手数料が無料

財布と小銭

BitPointでは 様々な手数料が完全無料 というメリットがあります。具体的には以下の手数料が全て無料に設定されています。

以上から様々な手数料が無料なことがわかります。 口座開設や管理料がかからない ため、安心して口座開設の手続きを行えるでしょう。

また、 仮想通貨の入出金手数料が無料 の取引所は珍しいと言えます。資金移動時のコストを抑える上で非常に有効です。

そのため、入金の際にはできるだけ オンラインバンキングを活用した「即時入金」 を利用するようにしましょう。

セキュリティーがしっかりしている

セキュリティー文字

セキュリティーがしっかりしている のも、BitPointのメリットと言えます。BitPointでは、以下のようなセキュリティー対策を行っており、顧客資産を守る努力がなされています。

コールドウォレットとは、 インターネットから切り離された状態 で仮想通貨を保管できるウォレットのことです。

また、 マルチシグの利用 そのレバレッジは投資入門者には必要か もセキュリティを高める上で有効です。マルチシグとは、仮想通貨送金時に必要になる秘密鍵を複数利用する方式のことです。

さらに、 二段階認証の設定を必須 にすることで、不正ログインを防ぐ対策もなされています。

専用のスマホアプリが使いやすい

スマホを操作している様子

BitPointのスマホアプリは、 初心者向けに作られており 直感的な操作感で利用できます。

優しく利用できるように工夫して作られているので、複雑な画面は一切存在せず、 取引の経験値に関係なくかんたんに扱えます。

アプリでは仮想通貨の取引以外にも、 レンディングの申し込みやニュースチェック も行えます。

少額から投資できる

財布と小銭とルーペ

少額から投資できる のもBitPointのメリットです。BitPointの各仮想通貨の 最低購入価格は以下 のようになっています。

このように 最小購入単位がどの通貨でも1円 になっているので、少額で仮想通貨取引に慣れることが可能です。

仮想通貨投資が初めてであれば、いきなり大きな金額を投資するのは怖いと感じるのが当然でしょう。その点、BitPointであれば 低いハードルで取引スタート できるのです。

BitPoint3つのデメリット

取引通貨数が少ない

ビットコインの写真

BitPointは他の仮想通貨取引所と比較して、 比較的取扱い銘柄が少ない というデメリットがあります。BitPointとほかの主要取引所と比較は以下の通りです。

そのレバレッジは投資入門者には必要か
BitPoint 12種類
Coincheck 17種類
DMM Bitcoin15種類
GMOコイン 20種類
bitFlyer 14種類

このように、他の取引所と比較して 取扱い仮想通貨の種類が少なめ です。

ただ、ジャスミーやディープコインといった、他の取引所では扱っていない 独特な通貨を取引できる点 はBitPointのメリットと言えるででしょう。

また、BitPointは 定期的に取扱い仮想通貨の種類を増やしている ので、時間の問題で他の取引所に取扱い数が追いつく可能性もあります。

レバレッジ取引ができない

ビットコインとスマホに表示されたチャート

BitPointは レバレッジ取引を行えません 。もともとはBitPointはレバレッジ取引を提供していました。しかし、2021年11月 ※ に レバレッジ取引のサービスを完全に終了 してしまいました。

日本国内では最大で2倍のレバレッジを掛けて取引を行うことができます。そのため、保有資金の2倍の金額を動かし取引を動かし、 取引成功時には現物取引の2倍の利益を得る ことが可能です。

しかし、BitPointはレバレッジ取引のサービスを提供しておらずできるのは現物取引のみです。そのため、レバレッジ取引を行いたいのであれば、 別の取引所を利用する必要 があります。

スプレッドが比較的広い

ノートパソコンとスマホに表示されたチャート

BitPointで取引していると スプレッドが広いと感じる ことが少なくありません。スプレッドとは売値と買値の価格差のことで、販売所で仮想通貨を売買する際には 必ず発生する取引コス そのレバレッジは投資入門者には必要か トです。

また、 BitPointは取引所が存在せず 、販売所でしか売買を行えないのもスプレッドの影響を受けやすい要因と言えます。

BitPointの口座開設方法

スマホに表示されたチャート

WEB上で申し込む

スマホを操作している様子

まずは WEB上で申し込み を行います。申し込みを行う際には、ホームページにアクセスし「口座開設」をクリックし、口座開設を申し込みます。

メールアドレスや携帯番号を入力し申し込み処理を終わらせると、 受信ボックスに登録用のURL が送られてきます。

必要事項として 氏名・連絡先・住所・年収・資産など を記入する必要があります。これらの事項を入力した後には、 本人確認書類を提出 していきます。

本人確認書類は 運転免許証かマイナンバーカード のいずれかを利用できます。

審査結果が届く

メールのマーク

必要事項の入力や書類の提出が完了したら 審査が行われます。 審査は入力した内容や本人確認書類から総合的に行われ、内容に問題が無い限りは審査に通過します。

審査に落ちるとすれば、 入力内容に問題がある、または提出した書類が不鮮明である というケースが多いです。

また、投資資金があまりにも少ないと、 生活に必要なお金を仮想通貨投資につぎこむ恐れ があるので、審査で落とされることがあると言われています。

ちなみに、BitPointの審査は 最短当日で完了 します。ですが、口座開設申し込みが殺到しているときには審査完了までに時間がかかることもあります。

ログインして利用開始

タブレットに表示されたチャート

審査に通過したら仮想通貨の取引を行えるようになります。口座開設完了の手続きは 郵送では無くメール で届きます。

取引サイトにログインし、 本人の名義でアカウントに入金 したら仮想通貨の購入を行えます。

アプリは初心者にも使いやすくなっており、 直感的な操作で欲しい仮想通貨を購入可能 です。

BitPointの利用が向いている人の特徴

ノートパソコンに表示されたチャート

  • BitPointのみで取扱いしている通貨に興味がある人
  • 少額から仮想通貨取引を始めたい人

BitPointのみで取扱いしている通貨に興味がある人

複数種類の仮想通貨

BitPointでは、他の取引所では売買できない仮想通貨を取扱いしています。 こういった仮想通貨に将来性を感じるのであれば 、BitPointを利用する価値があるでしょう。

また、 ADA(エイダコイン)やTRX(トロン) といった仮想通貨も、取り扱いしている取引所は少なく手に入る機会は多くありません。

そのため、 こういった仮想通貨に興味がある方 は、BitPointの口座を開設してみてはいかがでしょうか。

少額から仮想通貨取引を始めたい人

ビットコインと100ドル札

BitPointは 1円から仮想通貨を購入できる ので、少額から取引をはじめてみたい方にもオススメできます。

FXなどと違い 仮想通貨取引所ではデモ取引を行えない ので、リスクを一切取らずに取引の練習をすることはできません。

その点、BitPointなら1円から仮想通貨を買えるため、 可能な限りリスクを抑えて取引をスタート できるのです。

BitPointで利益を出すための3つのコツ

メジャーな通貨から取引を始めてみる

ビットコイン

仮想通貨をこれからスタートするのであれば、 メジャーな通貨から取引を始める ことが良いと言われています。

有名通貨は多くの人が取引をしているため、 値動きが比較的落ち着いており 、急騰・急落する可能性が低いからです。

一方でマイナーな通貨は取引量が少ないため、大きな資金を持った人が売買をすると 極端に大きな値動きをする ことがあります。

場合によっては数日間の間に価格が数十倍になったり、1/10になったりすることもあり、 非常にリスクが大きいのがマイナー仮想通貨 そのレバレッジは投資入門者には必要か なのです。

取引を考えている通貨の情報を事前にしっかり調べる

眼鏡とスマホと資料

取引を考えている 銘柄についてリサーチする ことも重要です。

そして、その仮想通貨の価格が伸びるかどうかは、 プロジェクトが成功するかどうか に大きく依存します。

そのため、これから大事な自己資金を投じるのであれば、その通貨の発行目的については しっかりとリサーチすべき です。

余剰資金で取引する

リップルと複数の紙幣

仮想通貨の取引を 余剰資金で行うことも重要 。余剰資金とは、無くなっても大丈夫な生活資金や預金以外の余ったお金のことを指します。

仮想通貨に限ったことではありませんが、投資では利益が出る保証は一切無く、投資に つぎ込んだお金が大きく減る可能性 があります。

そのため、生活資金や借金を投資に利用すると、 人生に致命的なダメージ を与える結果になってもおかしくありません。

そのため、投資には 全て失ったとしても諦められる資金だけ を利用すべきなのです。

この記事では、 BitPointのキャンペーン情報やメリット・デメリット、どのような人にオススメかなど を解説しました。

よくある質問

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐには?具体的な稼ぎ方や初心者向けにコツを解説!

読者

  • ビットコインの稼ぎ方は、現物取引やレバレッジ
  • 株同様、コツコツ小さな金額で、分散投資が大切
  • 自分でできるセキュリティ対策は万全にしておく
  • おすすめの取引所は「Coincheck」「bitFlyer」「DMMbitcoin」

ビットコインでの具体的な稼ぎ方5つ

  • 値上がりを待ち現物取引をおこなう
  • レバレッジ取引を行う
  • レンディングサービスを活用する
  • ステーキングを利用する
  • 仮想通貨マイニングを行う

値上がりを待ち現物取引をおこなう

  • 購入したビットコインの値上がり時に売り、利ざやを稼ぐ方法
  • 現物取引といっても、「短期保有」と「中/長期保有」がある

レバレッジ取引を行う

  • 小さな金額で大きな利益を生み出せる
  • 「空売り」を利用することができる

レンディングサービスを活用する

  • ビットコインを貸し出して、利子を得ること
  • 値動きに左右されず、一定の報酬が確実に手に入る
  • 利回りが高く、コインチェックでは最大年率5%

アービトラージで取引する

  • 取引所ごとの価格差で利益を出す取引スタイル
  • ビットコインの大きな値上がりを待つよりも確実
  • 難易度は高く、初心者には不向き

仮想通貨マイニングを行う

  • 仮想通貨マイニングとは、取引データの承認作業
  • 完全初心者がマイニングで稼ぐにはハードルが高い

読者

ビットコインで稼ぐ際のコツ5つ

  • 複数の銘柄に分散投資する
  • 小さな額からコツコツ始める
  • こまめな情報収集を欠かさない
  • 手数料の高い取引所を使わない
  • 損切りの価格を決めておく

複数の取引所で口座を開設する

  • ある取引所で通信トラブルが起きても安心だから
  • 取引所ごとに異なる特典を得ることができるから

小さな額からコツコツ始める

  • 多額だと、暴落時のリスクが大きくなるから
  • 複数コインへの分散投資もできるから

こまめな情報収集を欠かさない

  • ビットコインの値動きは世界の情勢や出来事で刻々と変化するから
  • 利益を最大化し、損失を最小限にとどめるための施策が打てるから

手数料の高い取引所を使わない

  • 少額でコツコツ投資する際、取引コストも積み上がるから

損切りの価格を決めておく

    そのレバレッジは投資入門者には必要か
  • 損失を最小限にとどめることができるから
  • 値上がりの可能性のある別のコインに投資ができるから

読者

ビットコインで稼ぐ際の注意点3つ

  • セキュリティ対策は万全にする
  • 高値掴みに注意する
  • あまりにマイナーな通貨には手を出さない

セキュリティ対策は万全にする

  • 過去にハッキングや流出の事例があるから
  • 現在は整備が整っているものの、万全ではないから
    そのレバレッジは投資入門者には必要か
  • 金融庁が認可している国内の取引所を使用しよう
  • 複数の取引所を分散して利用しよう
  • 公共Wi-Fiを使用して取引するのはやめよう

高値掴みに注意する

  • 価格が急上昇している時に買い、直後に下落して損すること
  • 急上昇のあとは、ほぼ100%下落することを知らない初心者が陥りがち
  • 急上昇していても、冷静になって様子見することが大切

読者

あまりにマイナーな通貨をには手を出さない

  • ビットコイン以上に価格の変動があるから
  • 取引量が極端に少なく、淘汰される可能性もあるから

ビットコインで稼ぐためのおすすめの取引所

  • おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)
  • おすすめ第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)
  • おすすめ第3位:DMM Bitcoin

おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

  • アプリダウンロード数No.1
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 約500円からビットコインが買える

読者

そのレバレッジは投資入門者には必要か
口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円以上(クイック入金)
出金手数料 407円
取扱通貨数 17通貨(うち1通貨は取扱停止中)
最小注文数量500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • 最短10分で取引可能
  • ビットコインを1円から売買できる

読者

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる