FX デモ取引

トレンドライン

トレンドライン
必勝法

トレンドラインの引き方とチャネルラインとの違い【FX初心者向け】

ゆん

FX初心者

ゆん

FX初心者

FXトレード分析で使うトレンドラインとは

FXトレードで使うトレンドラインは、その名前の通りトレンドが出来ている波に引くラインのことです。

◆アップトレンドの場合

ユーロ円アップトレンド

ユーロ円アップトレンド

これは、※ダウ理論を理解しているとわかるんですが、 の安値より の安値が高い位置にあり、 の高値より の高値が高い位置にあります。

高値も安値も右肩上がりに更新しているので、アップトレンドになります。

トレンドラインを引くコツは、直近高値を上に抜けた(ブレイク)した根元から引きます。

◆ダウントレンドの場合

ユーロ円ダウントレンド

ユーロ円ダウントレンド

の高値より の高値が低い位置にあり、 の安値より の安値が低い位置にあります。

安値と高値が右肩下がりに更新しているので、ダウントレンドになります。

トレンドラインを引くコツは、直近安値を下に抜けた(ブレイク)した根元から引きます。

トレンドラインを抜けたら(ブレイク)どう見る?

トレンドライン トレンドラインをブレイク(上や下に抜ける)と「トレンドが崩れる可能性がある」と見ます。

ちょっと抜けただけでは崩れたことにはなりません。

特に水平線やトレンドラインなどの、ライン上では抜けてきたからってすぐにエントリーはリスクありです。

FX分析で使うトレンドラインの正しい引き方

正しいといっても数学のように絶対の正解はないので、ポイントが合っていればOKです。

レンドラインはどこから引くの?起点は?

FX初心者

ゆん

ユーロ円アップトレンド;直近高値

ユーロ円アップトレンド;直近高値

Aの一番安い値から引いてないですね。

なぜAの安値からトレンドラインを引かないのかというと、Bの価格が 緑の☆ 直近高値をブレイク(上に抜く)してないからです。

ユーロ円ダウントレンド直近安値

ユーロ円ダウントレンド直近安値

なぜAの高値からトレンドラインを引かないのかというと、Bの価格が 緑の☆ 直近安値をブレイク(下に抜く)してないからです。

左のローソク足の戻り高値押し安値を見ながら、トレンドラインを引いてください。

トレンドラインはヒゲを入れて引くか、実体で引くか

ヒゲを入れる場合、ヒゲがたくさん出ていると、全てのヒゲの先端を通すのはムリなので、トレンドラインが多くあたるところを探します。

そこがレジスタンスやサポートになるわけですが、1本のトレンドラインにジャストのレートでサポートされることもあれば、多少抜けてしまうこともあります。

トレンドラインの角度は?

トレンドラインの理想的な角度は45度くらいです。

1本目のトレンドライン

1本目のトレンドライン

トレンドライン2本目

トレンドライン2本目

トレンドラインのインジケーターの出し方・削除・色替え

トレンドラインダウントレンド引き方

トレンドライン出し方

トレンドラインの削除の仕方

プロパティ

プロパティ

①消したいラインをダブルクリック
②小さなポッチが出るので、ラインのどこでも右クリック
③小さな窓が出るので、3番目の「削除」をクリック

トレンドラインの色替え

①色を変えたいトレンドラインをダブルクリック
②小さなポッチが出るので、ラインのどこでも右クリック
③小さな窓が出るので、1番目の「Trendlineプロパティ」をクリック
④色がついている窓をクリックすると色見本が出るので、好きな色に替える

トレンドライン色変え

トレンドライン色変え

トレンドラインとチャネルラインの違い

チャネルライン: アップトレンド中の上値同士を結んで引くラインです。

アップトレンドチャネルライン

アップトレンドチャネルライン

チャネルライン: トレンドライン ダウントレンド中の下値同士を結んで引くラインです。

ダウントレンドチャネルライン

ダウントレンドチャネルライン

ダウントレンドチャネルラインヒゲ

ダウントレンドチャネルラインヒゲ

FX分析のトレンドラインは意味ない?いらない?

トレンドラインを引くと、トレンドが終わったのが明確になるので、ビジュアル的にその後のシナリオが立てやすくなります。

エントリーポイントを見つけるトレンドラインの使い方

最低でも3つは根拠はあった方がいいですね。

ユーロ円ロングトレード

ユーロ円ロングトレード

・ネックラインを上抜けしてる。
・最後の戻り高値(ラス戻り)を上抜けしてる。
・トレンドラインに戻ってきた。
・切り下げラインを上抜けしてる。

ユーロ円ロングトレード移動平均線20SMA

ユーロ円ロングトレード移動平均線20SMA

・エントリーポイントでは、ローソク足が20SMAの上にある。

トレンドラインの引き方とチャネルラインとの違い【FX初心者向け】

トレンドラインを引く時は、コツがあって、直近高値、を上に抜けた(ブレイク)、または、直近安値を下にぬけた根元から引きます。

ただ、そのローソク足が確定すると、ヒゲで終わっていて、トレンドラインを抜けていなかったりするので、ローソク足の確定まで待つことが重要ですね。

バイナリーオプションのトレンドラインを使った攻略方法を徹底解説!

必勝法

  • トレンドラインがどのような役割を持つのかが理解できる
  • 信頼性の高いトレンドラインの見極め方が理解でき、取引の精度が上がる

そもそもトレンドラインとはどのようなラインなのか?

トレンドラインがどのような役割を持つのか?

どのようなトレンドラインが信頼性が高いのか?

    トレンドライン
  • 1 トレンドラインとは
    • 1.1 上昇トレンドと下降トレンドとは
    • 1.2 なぜトレンドラインを引くのか?
    • 2.1 トレンド継続の確認
    • 2.2 トレンド転換の時期を示唆
    • 3.1 ローソク足の実体に引くのか?ヒゲの先に引くのか?
    • 4.1 1、反発する回数
    • 4.2 2、ラインの役割の変化
    • 4.3 トレンドライン 3、上位足の流れに沿ったライン
    • 4.4 4、トレンドラインの角度
    • 4.5 5、ゴールとなるライン

    トレンドラインとは

    トレンドラインとは相場全体の値動きに
    トレンドが発生している時に引くライン のことです。

    上昇トレンドと下降トレンドとは

    なぜトレンドラインを引くのか?

    そもそもトレンドラインを引くことで、トレンドの継続や終わりを知るための役割があります。

    上昇トレンド場合は安値の更新、下降トレンドの場合は高値の切り下げが定義になっているため、それぞれ安値と高値を繋ぐ必要がある からです。

    トレンドラインが示す2つの役割

    トレンド継続の確認

    • 上昇トレンドであれば押し目
    • 下降トレンドであれば戻り目

    トレンド転換の時期を示唆

    このような状況において、引いていたトレンドラインをブレイクすると
    さらに売りの勢いが強まることもあり
    このタイミングでトレンドの終焉・もしくは転換の時期を示唆したと捉えることができます。

    ダウ理論の観点から見ると、 トレンド転換とは押し安値をブレイクしたポイント なのでトレンドラインをブレイクしたからといって上昇から下降に目線が切り替わっただけではない(トレンドが転換したわけではない)ということは覚えておいてください。

    正しいトレンドラインの引き方

    上昇トレンドの場合は、 前回の高値を切り上げたのを確認して初めてラインを引くことができます。

    ということは、以下のように 高値を切り上げていないチャートの場合、正しいトレンドラインの引き方とは言えません。

    つまり、 切り上げた高値の起点となった安値を繋ぐのが基本的考え です。

    例えば、以下のチャートのように 前回の高値と同じくらいの価格で高値をつけるようならトレンドラインを引いています。

    ローソク足の実体に引くのか?ヒゲの先に引くのか?

    ローソク足の実体の先を起点とするのか?

    それともヒゲの先を起点にするのか? トレンドライン トレンドライン

    欧米のトレーダーの場合は、ローソク足の代わりに「 バーチャート 」と呼ばれるものを使用する人が多いため、

    トレンドラインはヒゲの先をつなぐ

    チャートの答えは全て左側にある 」という言葉があるように過去の相場を分析することが非常に重要となってきます。

    トレンドラインの信頼性を高める5つのポイント

    1、反発する回数

    ローソク足が トレンドラインで反発している回数が多いほど信頼性が高くなります。

    目安としては 3〜4回以上反発しているようなラインであればそれ以降も継続してい意識されるラインになり得ます。

    2、ラインの役割の変化

    ラインの役割の変化とは、 サポートラインとして機能していたトレンドラインがローソク足のブレイクした後、レジスタンスラインとして機能が反転 することを指します。

    3、上位足の流れに沿ったライン

    これは普段見ている時間足より、 上位足のトレンドの流れと同じ方向にトレンドラインが引けるのであればより信頼性が高くなる という意味です。

    4、トレンドラインの角度

    ウィリアム・ギャンというテクニカルトレーダーがが提唱した「ギャン理論」では規則性を重視しており、 45度の角度が理想形 とされています。

    これはトレンドラインも同様で、 45度の角度に近いほど安定的な推移 をしているとされています(下記画像の真ん中)。

    5、ゴールとなるライン

    トレンド発生中において、
    ポジションを保有しているトレーダーたちによる 明確な利確のポイントとなるラインが引ける場合はラインの信頼性が高くなります。

    以下のような上昇トレンドの場合、 底値となるポイントでは買いポジションが発生 しています。

    そして、買いポジションにおける 明確な利確ポイントとなるラインを引くことができ、且つそのラインまでの値幅が大きいほどトレンドラインの信頼性は高くなります。

    実際のチャートでの解説

    ①安値を更新したのを確認した時点で初めてトレンドラインを引く
    ②そして実際にトレンドライン付近で価格が反発しているのを確認
    ③前回の安値を更新できなかった(この時点で下降トレンドから上昇トレンドへの転換が示唆される)。
    ④その後、ライン付近で価格がもみ合う

    ①新しくトレンドラインを引く
    ②1本目のラインをブレイクした後、1本目と2本目のトレンドラインが交差した部分で反発(サポートラインとして機能する可能性を示唆)
    ③前回の戻り高値のラインを大陽線がブレイク(上目線への転換)
    ④1回ラインをブレイクした後、ラインで反発(レジスタンスラインとして機能)
    ⑤再びラインに近づいた部分で反発を狙う(プラスで水平線があれば根拠は強い)

    また、上記で解説した「 角度 」に着目し、トレンドラインに対するローソク足の角度を分析してみます。

    一般的に ローソク足の角度が急であるほど一方向へ進む力が強いのでラインをブレイクする可能性が高くなります。

    ①ローソク足の角度は急だが、安値からラインまで値幅があるためブレイクしていない
    ②さらに角度が大きくラインまでの値幅が小さいためブレイクしている
    ③①と同様に角度は急だが安値からラインまでの値幅があるためブレイクせずに反発している。

    なめちゃいけないトレンドライン

    140604-Golf TL-1.jpg

    これまでちゃんとの乗る機会がなかったゴルフのエントリーグレード、「トレンドライン」を借りて1000kmドライブ!

    たとえば、上位モデルのコンフォートラインやハイラインでは、標準のハロゲンヘッドライトをバイキセノンヘッドライトに変更できるのに、トレンドラインでは選択できません。DSRC車載器込みで意外に安いナビゲーションシステム「Discover Pro」もトレンドラインには設定なし. 。まあ、コンフォートラインやハイラインでも、バイキセノンヘッドライトとDiscover Proがセットでしか選べないなど不満はあるものの、選べるだけマシですよね。

    140604-Golf TL-3.jpg


    また、コンフォートラインやハイラインに標準のオートライトや自動防眩ルームミラー、アダプティブクルーズコントロールがオプションで、残念ながら試乗車には装着されていませんでした。エアコンもいまどきマニュアルタイプ. 。「短距離移動のときに借りればよかったなぁ」なんて思ってしまいました。

    140604-Golf TL-2.jpg



    実は今回の旅では、途中、レンタカーを借りて移動する場面がありました。日本メーカーのコンパクトカーでしたが、このトレンドラインとは対照的に、しかるべきところにカーナビはついていますし、エアコンはオート、スマートエントリー/エンジンスタートボタンなどもついて、とても快適そうです。

    テクニカル指標
    technical_indicator

    図4 下落トレンドとレジスタンスライン(チャート出展元 サクソバンク証券)

    トレンドラインと相場の動きの予想

    図4(再掲) 下落トレンドとレジスタンスライン(チャート出展元 トレンドライン サクソバンク証券)

    図5 レジスタンスラインがレートと交差(チャート出展元 サクソバンク証券)

    図6 トレンドライン 下げトレンドの終了(ブレイク)(チャート出展元 サクソバンク証券)

    図7 レンジ相場へ(チャート出展元 サクソバンク証券)

    図8 レンジ相場(チャート出展元 サクソバンク証券)

    図9 レンジ相場でのブレイク判断(チャート出展元 トレンドライン サクソバンク証券)

    図10 トレンドライン 上昇トレンドへ(チャート出展元 サクソバンク証券)

    (テクニカルを極める)水平線とトレンドラインを使って相場のタイプを見抜く方法

    これまで解説してきたように相場には3つの状態しかありません。(詳しくは過去記事を御覧ください)
    ●上昇中(上昇トレンド)
    ●下降中(下降トレンド)
    ●行ったり来たり停滞している(レンジ)
    この3つのタイプを見抜いて、使うテクニカルを選定し、そして使う手法(トレンドフォロー・カウンタートレード)を選ぶのが、正しいトレードの手順でしたね。
    このタイプを見抜くのに、水平線とトレンドラインは大いに役立ちます。
    これを駆使してレンジ相場とトレンド相場を見抜いてみましょう。

    【レンジ相場の見抜き方】

    レンジ相場を見抜くときは、上値抵抗線と下値抵抗線を使います。
    この2つの線が平行に引けるところが、レンジ相場となります。
    チャートが水平線に2回以上タッチしている(水色の○の部分)と、
    抵抗線と支持線の力は強くなり、より強いレンジ相場となります。
    (レンジ相場)

    レンジ相場は、上値抵抗線と下値抵抗線の間を行ったり来たりします。
    だから上値抵抗線のときにショートをして、下値抵抗線のときに利益確定。
    逆に下値抵抗線のときにロングをして、上値抵抗線のときに利益確定をすればいいのです。

    【トレンド相場の見抜き方】

    トレンド相場を見抜くときには、トレンドラインを使います。
    トレンドラインが斜め上に引ければ、上昇トレンド相場、斜め下に引ければ下降トレンド相場となります。
    ラインに触れると反発しながら(下図の水色○の部分)、ラインの方向へ進んでいきます。
    また、穏やかなラインが長く続くと、急進するのもトレンド相場の特徴です。
    下の例では、Aのトレンドラインによる緩やかな上り坂が長く続いたので、B地点から相場が爆発してからさらに急角度のトレンドラインを引くことができています。こうなると、トレンド相場の力はより強いものとなります。
    (トレンド相場)

    トレンド相場は、トレンドラインに支えられて進むのですから、
    上昇トレンドの場合は、上昇トレンドラインに支えられている間はロングをして、トレンドラインを割ったら損切や利益確定を行います。同じように、下降トレンド相場の場合は、下降トレンドラインに支えられている間はショートをして、トレンドラインを割ったら損切や利益確定を行います。
    さて、これまでのコラムで、ロウソク足の見方、水平線である支持線と抵抗線の引き方、トレンドラインの引き方を解説してきました。そして、水平線とトレンドラインを使えば、レンジ相場とトレンド相場を見分けることもわかったかと思います。
    チャートの基本的な見方を理解したら、これを踏まえてトレンド相場に強いテクニカル、レンジ相場に強いテクニカルを選んでトレードしていきます。
    これについてはまた次回、詳しく解説します。
    【前回の記事はこちら】
    (テクニカルを極める)チャネルラインを使ったトレード戦略の立て方

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる