FXのご案内

超短期取引

超短期取引

「下請取引適正化推進講習会テキスト」

FXのスキャルピング手法徹底解説!禁止される理由やおすすめ会社は?

スキャルピングは短時間で利益を積み重ねていくコツコツ方のトレード手法で一見簡単そうに見えるものの研ぎ澄まされた判断力や分析力、機械的に淡々とトレードできるメンタル面の強さが必要です。
そのため初心者には難しい手法ではありますが、現在では1,000通貨単位から始められるFX会社も増えているので気軽に始めやすい環境になっています。
初心者におすすめのFX会社は次の記事で解説しているので参考にしてください。

FX

みんなのFXの口コミや評判は?アプリやシストレのやり方も解説

FX

楽天FXの手数料や口コミ評価を紹介!mt4やキャンペーンも解説

FX

ヒロセ通商のLION FXは評判が良い?キャンペーンやアプリも調査

FX

SBI FXトレードは口コミでも評判!初心者にとってのメリットとは

FX

FXにかかる手数料の種類は?各社の入出金手数料やスプレッドを比較!

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

FX取引の高性能ツール「MT4」とは何か?その特徴や利用できる証券会社を徹底解説

FX取引の高性能ツール「MT4」の特徴や使い方、利用できる証券会社をご紹介

MACDは、市場動向の転換点を見極める際に役立ちます。MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、一般的に「マックディー」と呼ばれます。MACDは厳密にはトレンド系のテクニカル指標ですが、MT4ではオシレーター系に分類されています。上の図の赤いラインがMACDです。基本は下から上へ上昇し、ゼロラインを上抜けすると「買い」のサイン、逆に上から下降してきてゼロラインを下抜けすると「売り」のサインと判断します。

FX取引の高性能ツール「MT4」の特徴や使い方、利用できる証券会社をご紹介

RSIは、相場の過熱ぶりを測る指標で、「買われすぎ」「売られすぎ」を示します。通常はメインとなるチャートの下に表示され(上図)、70%以上なら買われすぎ、30%なら売られすぎと判断します。

「買われすぎ」「売られすぎ」の後はトレンドが転換しやすいため、RSIは重要です。また「市場は上昇(下降)しているのにRSIは下降(上昇)している」というような、市場のズレをみるのにも役立ちます。相場が過熱している時や、価格のトレンドに対してRSIが逆行している時はトレンドが転換しやすいため、売り・買いの局面と判断できるのです。

MT4の優れた自動売買システムの活用法

ここでは、MT4の自動売買システム「EA」の活用方法について解説します。FXの自動売買システムには「開発型」と「選択型」がありますが、MT4のEAは開発型です。開発型のEAは、取引スタイルに応じて自動売買のやり方を細かく設定できます。

開発型・自動売買システム 選択型・自動売買システム
特徴 ・外部からプログラムを購入する(有料・無料)必要がある
・自動売買の設定をカスタマイズできる
・自分でプログラムを作成できる
・証券会社などのサービスに内蔵されたシステム
・自動売買について細かい知識がなくてもOK
・売買ロジックのカスタマイズは不可
トレーダーのレベル 中級〜上級 初級〜中級

EAを利用する場合は、外部からシステムを導入しなければなりません。現在配布されているEAには相当な種類があり、そこがEAの魅力ともいえます。EAの販売サイトも紹介しますので、じっくり時間をかけて自分に合うEAを探してみてください。

配布されているEAの選び方

配布されているMT4のEAは、大きく分けて「無料」と「有料」があります。必ずしも無料のものが粗悪で、有料のものが優秀というわけではありません。ただし、有料のものはサービス面で優れているものが多いのは事実です。

無料でも優秀なEAは存在します。実績を作るために、無料で配布しているケースがあるからです。一方で無料のものは口座を指定されるケースがあり、「特定の会社の口座を持っていなければ利用できない」といったEAも少なくありません。

これに対して有料のEAは長期的に実績を積んでおり、実際に使っている人も多いため安心感があります。価格は数千円〜10万円ほどと幅がありますが、「安かろう悪かろう」というわけではありません。それぞれのEAの実績を確認しつつ、自分の取引スタイルに合ったEAを選びましょう。

自らEAを作成することも

自分でEAを作ることもできますが、MQLというプログラミング言語を使用するため、はじめてだとハードルが高いかもしれません。しかし、手順そのものはシンプルです。MT4の中にある「メタエディター」からEAの作成画面に進み、後は必要な関数を入力しながらプログラミングを行うという流れです。プログラミングに関する知識は必要ですが、基本的にはパソコンとMT4があれば独自でEAの開発が可能です。

MT4のその他のメリットとは?

ここまでMT4の主な魅力をご紹介してきましたが、MT4にはこれ以外にもメリットがあります。例えば、「為替相場と同時に株式市場の動向も見たい」「出先でも利用したい」といったニーズにも対応しています。MT4は、スマホやタブレットをはじめとするモバイル端末でチャートを表示できる機能を備えています。これらを踏まえて、MT4のさらなるメリットを見ていきましょう。

為替市場以外に株式や先物のチャート表示も可能

MT4は為替専用のソフトですが、株式投資に活用することもできます。大きな視点で見れば、株式も為替も経済活動の一つです。日本株が大きく上昇すると円が売られて円安に、日本株が下落すると円高になりやすいといえます。このような為替の動きを株取引に活かすことができます。FXトレーダーの中には株式投資をする人も多く、MT4は株式市場の分析ツールの補助として活用されています。

口座が限られますが、株取引でMT4を利用できるサービスもあります。OANDA Japanでは、株価指数CFD取引を2020年6月にリリースしました。日経株価指数225やダウ30種をはじめとする米国株価指数、欧米・アジアの主要株価指数などの16銘柄がMT4で取引できる他、自動売買も可能です。

スマートフォンのアプリで利用可能

MT4は、スマートフォンでも利用できます。AndroidならGoogle Playから、iPhoneならApp Storeからアプリをダウンロードしてください。アプリがあれば移動中でも口座へのアクセスや値動きの確認、新規注文・決済ができます。

無料で使える

MT4自体は無料です。ここまででご紹介した優れた機能を含めて、MT4は購入費も維持費もかかりません。EA(自動売買システム)などの有料商材を利用するケースを除けば、費用は一切かかりません。

MT4のデメリットを確認

ここまでMT4のメリットをご紹介してきましたが、デメリットがないわけではありません。デメリットとして挙げられるのは、以下の2つです。

MT4のデメリット

  • FX初心者にとっては使いこなすのが難しいこと
  • MT4が使える証券会社が限られること

初心者には難しい

MT4は、機能が豊富なため、初心者にとっては難しく感じられるかもしれません。FX取引の経験が浅い人は、例えばインジケーターを選ぶ際に選択肢が多すぎると迷うでしょう。FX特有の用語に不慣れな時期は、余計に難しく感じるかもしれません。

MT4の使い方は、マニュアルを読みながら習得するよりも、実際に使いながら体感的に操作を学ぶほうが早く習得できます。とはいえ、使いこなすには慣れが必要です。PCの操作と同じで慣れるまでは苦労しますが、慣れてしまえば問題なく使いこなせるでしょう。

対応しているFX会社が少ない

実際のトレードでMT4を活用するには、MT4に対応するFX会社の口座を持つ必要があります。国内では、9社がMT4に対応しています(2019年6月現在)。MT4を使ってトレードする場合は、FX会社が限られることに注意してください。

MT4に対応しているFX口座をご紹介

MT4を利用するためには、まず対応している口座(FX会社)を選ぶ必要があります。

FX会社を選ぶ際の主なポイント

  • スプレッド幅(※1)
  • 通貨ペアの数
  • 約定力の高さ
  • サポート体制の充実度
  • 最小取引単位数(少額投資が可能かどうか:目安は1,000単位以下)
  • 超短期取引
  • スワップポイント(※2)
  • 取引ツールの機能性

どのFX会社を選んでも、MT4自体の機能性に差はないため、それ以外のポイントでFX会社を探すことになります。ここでは、MT4に対応しているFX会社の特徴を紹介します。

※1:スプレッドとは、FX取引におけるレート差によって発生する手数料のこと。スプレッドの幅が狭いほど取引手数料が安く、取引コストを抑えられます。

※2:スワップポイントとは、2つの通貨の金利差によって得られる利益のこと。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うと、その金利差が金銭的利益として付与されます。そのポジションを持ち続ける限り毎日利益を得られる、FX特有の仕組みです。

外貨ex byGMO

「外貨ex byGMO」は、手数料が低いなどFX初心者にとって取引をはじめやすいFX会社です。スプレッドは0.2銭と国内最狭クラス、しかも手数料の多くは無料となっています。外貨での入出金と取引コストを除けば、口座開設手数料や入出金手数料、ロスカット手数料などは一切不要で、余計な出費がありません。また、初心者にとってはありがたい24時間対応の電話サポートがあります。

FX取引の高性能ツール「MT4」の特徴や使い方、利用できる証券会社をご紹介

取引単位 通貨ペア ドル円スプレッド 公式サイトURL
1,000通貨 24種類 0.2銭 https://www.gaikaex.com/

「FXTF」は、MT4が利用できるFX会社としてよく知られています。最大の特徴はスプレッドで、ドル円で0.1銭、ユーロ円では0.3銭と国内最狭水準です。また、システム稼働率99%という約定力の高さも魅力です。約定力が低いと注文が殺到した時に売買が成立せず約定拒否となりますが、FXTFではそのようなリスクが抑えられています。ただし、FXTFではスキャルピング(超短期売買)が禁止されているため、短期売買をしたい方にはおすすめできませんので、注意してください。

FX取引の高性能ツール「MT4」の特徴や使い方、利用できる証券会社をご紹介

取引単位 通貨ペア ドル円スプレッド 公式サイトURL
1,000通貨 30種類 0.1銭 https://www.fxtrade.co.jp/

OANDA JAPAN

FX取引の高性能ツール「MT4」の特徴や使い方、利用できる証券会社をご紹介

「OANDA JAPAN」は世界7ヵ国にオフィスを持つグローバル企業であり、安定した約定力から高く評価されています。69種類と非常に多くの通貨ペアを提供しているため、さまざまな通貨ペアを駆使して利益を狙うトレーダーにおすすめのFX会社です。

取引単位 通貨ペア ドル円スプレッド 公式サイトURL
1,000通貨 69種類 0.4銭 https://www.超短期取引 oanda.jp/

MT4利用開始の流れ

  1. MT4に対応しているFX会社で口座を開設する
  2. FX会社のホームページからMT4をダウンロードする
  3. 口座開設時に発行されたIDとパスワードを使ってMT4にログインする

MT4で成果を出す方法

MT4を使いこなし、FXで成果を出す秘訣は何といっても「操作に慣れること」です。MT4は拡張性が高い(=機能が豊富)で、それを最大限に活かすには実際に使ってみるのが近道です。

使い慣れないうちは操作に手こずり損失を出してしまうこともあるので、まずは少額から始めることをおすすめします。徐々に使う機会を増やして、MT4の操作に慣れましょう。ちなみに、MT4に対応しているFX会社の多くがデモ口座を提供しています。デモ口座を利用してデモトレードを行い、MT4の操作を練習しておくのもおすすめです(※)。

※デモ口座(デモトレード)とは、FXトレードの練習ができるトレーニング環境のこと。架空の資金を使って取引をシミュレーションできるため、損失が出たとしても実際にお金を失うことはありません。デモ口座は、FX取引やMT4の操作に慣れるためのツールとして活用できます。ただし、FX会社ごとにデモ口座が使える期間が決められており、その期間が終わるとデモ口座およびMT4は使えなくなります。デモ期間が終わった後に再びデモ口座を使うためには再申請が必要です。

FXを実際に始めるには?

  1. FX会社を選び、該当する会社のホームページで口座開設を申し込む
  2. 必要書類を提出する
  3. 審査(即日〜3営業日程度)
  4. 本人確認コードを受け取る(=口座の利用許可)
  5. 自分の口座にログインして取引を始める

ただし、2の必要書類は事前に用意しておく必要があります。口座開設では、以下の書類が必要です。

口座開設に必要な書類

本人確認書類として使えるもの
(いずれか1点あれば可)
・運転免許証
・健康保険証
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード
・住民票(コピー)
・印鑑登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書
・パスポート

MT4のダウンロード・申請手順

MT4のダウンロードからインストールまでの手順は、どのFX会社でもほぼ同じです。

申請手順のStep

  1. ログインページでIDとパスワードを入力し、ログインする。
  2. MT4のダウンロード(またはインストール)ボタンをクリックする。
  3. MT4セットアップが表示されたら「実行」をクリックする。
  4. 同意書画面が表示されたら「同意します」にチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリックする。
  5. 自動でインストールが開始される。
  6. インストールが完了するとMT4のログイン画面が表示されるので、通常口座のログインIDとパスワードを入力する。

MT4はMetaQuotes社の公式ホームページでもインストールできますが、そもそもFX会社の口座を持っていなければ取引できません。そのため、口座のあるFX会社のホームページからMT4をインストールすることをおすすめします。

MT4についてよくある質問

最後に記事のまとめを兼ねて、MT4に関する基本的なFAQをご紹介します。

MT4を使っていると分析ツールの設定方法や操作方法、ダウンロード時のトラブルなど、さまざま疑問や問題が生じることがあります。具体的な質問とその回答は、各社のFAQコーナーに記載されていますのでチェックしておきましょう。また、ほとんどのFX会社には電話やチャット、メールなどのサポート体制がありますので、そちらを利用して疑問を解決していきましょう。

Q.MT4(MetaTrader4)とはどういうものですか?

A.超短期取引 MT4は、ロシアのMetaQuotes社が開発したFX取引のプラットフォームです。使い勝手のよいチャートと、豊富なインジケーターを利用できます。MT4では、EA(自動売買システム)によるシステムトレード機能の他、プロレベルの高度なテクニカル分析も利用可能です。

Q.どうやってMT4を利用すればよいですか?

A.MT4を利用するためには、MT4に対応しているFX会社の口座を持っている必要があります。まだ口座を持っていない場合は、口座開設を行いましょう。すでに口座をもっている場合は、FX会社の公式ホームページからMT4をインストールしてください。ただし、MT4に対応していないFX会社もあるため、まずは自分の口座がMT4に対応しているかどうか確認しましょう。

バイナリーオプションの短期取引で勝率を上げる方法を徹底解説!

必勝法

  • 短期取引の特徴がわかる
  • 短期取引のメリットとデメリットがわかる
  • 短期取引の攻略法がわかる

バイナリーオプションでは、エントリーの時点で判定までの時間を自分で選択できるのですが、 超短期取引 最短30秒から長いものだと1日 という幅広い取引時間を選択することができます。

その中でも、特に人気なのが「 短期取引 」と呼ばれる15分以下の取引時間です。

短期取引とは

バイナリーオプションの短期取引とは、判定時間までの期間が短いものを言います。

  • 短期取引とは、30秒以上15分以下の取引のこと

短期取引のルール

短期取引では、30秒や1分という短い時間で「ハイ」か「ロー」を予測することになります。

短期取引の特徴

短期取引の最大の特徴は、「 好きな時間にスタートできる 」ことです。

一方、短期取引では、自分が好きな時間=勝てると判断したときにエントリーをすることができるんです。

短期取引のメリット・デメリット

短期取引のメリット

  • 短時間で取引が完結する
  • エントリーチャンスが多い
  • 長期間の取引より予測が当てやすい

短期間で取引が完結する

ちなみに僕のおすすめ業者は ハイローオーストラリア です。

エントリーチャンスが多い

また、先ほどお話ししたように自分で好きな時間にエントリーできるため、エントリーのチャンスを逃すこともありません。

長期間の取引より予測が当てやすい

短期取引には、 経済指標や要人発言などのレートを大きく動かすような出来事の影響を受けにくい というメリットがあります。

短期取引のデメリット

  • 突発的な値動きに弱い
  • 転売ができないことがある

突発的な値動きに弱い

このように、 短期取引ではどうしても突発的な値動きに影響を受けやすく、予測をするのが困難になってしまいます。

そこで僕の個人的な見解では 「5分以上の取引」 を推奨しています。

転売ができないことがある

そして、この 便利な転売機能は30秒や1分取引では、取引時間が短すぎるので利用することができません。

短期取引の攻略法

  • 短期取引ができる業者を利用する
  • ルールを決める
  • 余計な取引をしない
  • サインツールを利用する

短期取引ができる業者を利用する

まず短期取引をやるのであれば、短期取引ができるバイナリーオプション業者で口座を開設する必要があるのですが、 現在国内バイナリーオプション業者では短期取引をすることはできません。

なぜなら先ほどもお話しした通り、現在国内のバイナリーオプション業者には「 取引時間は最短で2時間 」という制限が設けられているからです。

つまり、 短期取引をするためには、海外バイナリーオプション業者を利用する必要があります。

僕がおすすめしている「ハイローオーストラリア」は、最も多くのトレーダーに利用されている海外業者です。

ルールを決める

このような事態を防ぐために、「 自分が勝てると思ったポイントでのみエントリーをする 」ことはもちろん「 トレードは1日○回まで 」「 ○円まで損失が膨らんだらやめる 」などの自分なりの取引ルール作りをしていくことが重要なのです。

勝てるロジックを身につける

短期取引だけに限った話ではありませんが、バイナリーオプションでは「 ハイかローを当てる 」という仕組みの簡単さから、ギャンブルのように取引をしてしまう人が後を絶ちません。

バイナリーオプションは、ギャンブルではなく「 投資 」です。

トレンドフォローの順張りロジック

トレンドフォローでもっとも重要なのは「 トレンドの方向性を見極めること 」です。

そして、トレンドの方向性を見極めるのに役に立つのが「 移動平均線 」というテクニカル指標になります。

移動平均線とは、一定期間の値動きの平均を線で繋ぐことで、値動きの方向性を示したテクニカル指標で、 移動平均線を見れば、相場の方向性が分かってしまうんです。

  • ローソク足が移動平均線より上にあり、移動平均線が右肩上がりになっていれば上昇トレンド
  • ローソク足が移動平均線より下にあり、移動平均線が右肩下がりになっていれば下降トレンド

  • 上昇トレンドの時、移動平均線が右肩上がりであればあるほどトレンドの勢いが強い
  • 下降トレンドの時、移動平均線が右肩下がりであればあるほどトレンドの勢いが強い

上昇トレンドであれば「High」下降トレンドであれば「Low」です。 超短期取引

RSIを利用した逆張りロジック

逆張りロジックで利用するのは、今の相場が「買われすぎているのか」「売られすぎているのか」を判断するテクニカル指標である「 RSI 」です。

そして、売られすぎ、買われすぎということは、レートが反発する可能性が高いということです。

サインツールを利用する

バイナリーオプションには、チャート上に表示されるサイン(矢印など)に従って取引を行う「 サインツール 」が存在します。

サインツールは、勝てるロジックを元にチャート上にサインを出しているので、サインツールを利用するだけで先ほど紹介したようなロジックを利用しているのと同じような状態で取引をすることができるんです。

実際に僕が開発したサインツールであるシンギュラリティも 勝率が安定する5分以上(特に5分と1時間取引を推奨)の取引を推奨 してます。

よくある質問コーナー(下請法)

「下請取引適正化推進講習会テキスト」


「下請取引適正化推進講習会テキスト」

1 下請法の適用範囲について

(2)製造委託

(3)情報成果物作成委託

(4)種々のサービス業と役務提供委託

2 書面の交付義務(3条)

3 書類の作成・保存義務(5条)

4 受領拒否の禁止(4条1項1号)

5 支払遅延の禁止(4条1項2号)

6 下請代金の減額の禁止(4条1項3号)

7 返品の禁止(4条1項4号)

8 買いたたきの禁止(4条1項5号)

9 購入・利用強制の禁止(4条1項6号)

10 有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止(4条2項1号)

11 割引困難な手形(長期手形)の交付(4条2項2号)

12 不当な経済上の利益の提供要請の禁止(4条2項3号)

13 不当な給付内容の変更及びやり直しの禁止(4条2項4号)

1 下請法の適用範囲について

(建設工事)

Q1 建設工事の請負には本法の適用がないとのことだが,建設業者には本法の適用がないと考えてよいか。

A. 建設工事に係る下請負(建設工事の再委託)には本法は適用されない。しかし,例えば,建設業者が建設資材を業として販売しており,当該建設資材の製造を他の事業者に委託する場合には,製造委託(類型1)に該当する。また,建設業者が請け負った建設工事に使用する建設資材の製造を他の事業者に委託する場合には,自家使用する物品として建設業者が当該建設資材を業として製造していれば,製造委託(類型4)に該当する。
このほかにも,建設業者が請け負った建築物の設計や内装設計,又は工事図面の作成を他の事業者に委託する場合には,情報成果物作成委託(類型2)に該当する。また,建売住宅を販売する建設業者が,建築物の設計図等の作成を他の事業者に委託する場合には,当該設計図等は建築物に化体して提供されるものなので,情報成果物作成委託(類型1)に該当する。


※ 業種でなく委託の内容で判断する(太線の矢印部分の取引が本法の対象)。

(公益法人)

Q2 一般財団法人,一般社団法人等の法人は,本法上の親事業者となり得るか。

A. 本法の「資本金の額又は出資の総額」とは,事業に供される資本としてある程度固定的に把握できるものをいう。例えば,資本金勘定のない一般財団法人及び一般社団法人であれば,貸借対照表上の指定正味財産等の固定的な財産が「資本金の額又は出資の総額」に該当する。したがって,当該法人の指定正味財産等の固定的な財産が本法の資本金区分に該当すれば親事業者となり得る。
なお,一般財団法人及び一般社団法人以外の公益財団法人,公益社団法人,社会福祉法人,学校法人等についても,固定的な財産において判断することは同様である。

(親子会社等)

Q3 親子会社間や兄弟会社の取引にも,本法が適用されるか。

(労働者の派遣)

Q4 労働者の派遣を受けることは,本法の対象となるか。

A. 労働者派遣法に基づき労働者の派遣を受けるために,派遣会社に労働者の派遣を依頼することは,通常,労働者の派遣は自社の業務のために派遣を受けるものであるので,自ら用いる役務の委託として本法の対象とはならない。
また,派遣された労働者との間では自らの指揮命令の下で業務を行わせているものであることから,あくまで事業者が自ら業務を行っていることとなり,委託取引とはならず,本法の対象とはならない。

(商社の関与)

Q5 当社と外注取引先との取引について,商社が関与することとなった場合,下請事業者に該当するのは商社か,それとも外注取引先か。

A.
[1] 超短期取引 商社が本法上の親事業者又は下請事業者に該当しない場合
商社が本法の資本金区分を満たす発注者と外注取引先の間に入って取引を行うが,製造委託等の内容(製品仕様,下請事業者の選定,下請代金の額の決定等)超短期取引 に全く関与せず,事務手続の代行(注文書の取次ぎ,下請代金の請求,支払等)を行っているにすぎないような場合,その商社は本法上の親事業者又は下請事業者とはならず,発注者が親事業者,外注取引先が下請事業者となる。したがって,親事業者は商社と外注取引先との間の取引内容を確認し,本法上の問題が生じないように商社を指導する必要がある。
[2] 商社が本法上の親事業者又は下請事業者に該当する場合
商社が製造委託等の内容に関与している場合には,発注者が商社に対して製造委託等をしていることとなり,発注者と商社の間で本法の資本金区分を満たす場合には,商社が下請事業者となる。また,商社と外注取引先の間で本法の資本金区分を満たす場合には,当該取引において商社が親事業者となり,外注取引先が下請事業者となる。

超短期スプレッド取引

反発局面で XBTZ18 をロングする理由は、時間的価値が高いためである。市場が思惑通り動けば、投機筋はカーブのバックエンド ( 長期)を買い上げるだろう。年末までには、様々な事態が起こり得る。ビットコインのコールオプション的役割を踏まえ、この先インプライドボラティリティによって価格上昇がもたらされる可能性は下落より大きい。取引商品に内在する時間的価値が高いほど、長期コンベクシティの好転が有利に働く公算も大きくなる。

1 現在の水準からビットコインが底を打ったと確信するまで、 XBTU18 をショートすると同時に、 XBTZ 18 をロングする。

2 上記 XBTU18 のショートを XBTUSD に置き換える。

短期的に、売り圧力が予想されることから、曲線はスティープ化し、 XBTU18 のショートポジションの利益で XBTZ18 のロングポジションの損失が相殺される。上記チャートでは、 BitMEX Bitcoin / USD 先物市場の現在の曲率を示している。比較的フラットであることから、このスプレッド取引を始めるには今が好機であることが読み取れる。

この取引は価格的に中立であるが、各ポジションには別々に証拠金がかかることに注意されたい。 XBTU18 のショートポジションの未実現利益は、 XBTZ18 のロングポジションの未実現損失を相殺するために使用できない。

後者の取引にはファンディング率が発生すると同時に、 6 か月と長期である。相場の反発に伴い、スワップがプレミアム方向に動くため、ショートポジションの保有者がファンディング率を受け取ることになる。イールドカーブのロングエンドは、時間的価値の上昇により、年率で買い上げられる。スワップのファンディングと先物金利差の拡大で収益がもたらされる。この取引も価格中立であるが、各ポジションに証拠金が必要である。

Related

超短期スプレッド取引

Share on

Status Name
operational BitMEX.com
operational Testnet
operational Blog
operational E-mails & Notifications delivery

このブログは、1994年のセイシェル共和国国際ビジネス会社法に基づいて設立された会社であるHDR Global Trading Limited(以下、HDR)によって運営されています。HDRは、ビットコインベースの取引プラットフォームであるBitMEXを完全に所有しています。

ご利用者が拠点や居所を構えている場所、事業を法人化もしくは設立した場所、または市民権を所有している場所が次のいずれかに該当する場合、ご利用者によるBitMEXの取引へのアクセスまたはポジションを保持することは禁止されます。(i)アメリカ合衆国、ケベック(カナダ)、中華人民共和国香港特別行政区、セーシェル共和国、バミューダ、キューバ、クリミア自治共和国およびセバストポリ、イラン、シリア、北朝鮮、スーダン。(ii) 米国が禁輸措置を課している州、国、その他の法域。(iii)BitMEXが提供するサービスが制限されているその他の管轄区域(総称して「制限法域」)。BitMEXご利用者が自分の場所、法人化、設立、市民権または居住に関して誤った表現を与えたと判断された場合、またはご利用者が上記の制限法域にいることをHDRが検出した場合、HDRは該当アカウントを直ちに閉鎖してオープンポジションを清算する権利を留保します。 HDR は、制限法域におけるBitMEX取引プラットフォームへのアクセスを制限するための統制を、独自の裁量で実施できます。ご利用者はこのブログにアクセスして確認することにより、(i)以下に記載されている免責事項に同意するものとします。 また(ii)前述の制限法域のいずれかに居住、法人化、または他の方法で設立されていないこと、または市民または居住者ではないことを保証および表明します。このブログに投稿された資料は、投資決定を行うための基礎を形成するものではなく、さらに投資取引に従事するための推奨事項または助言として解釈されるべきではなく、投資、税、法律、財務、会計、コンサルティング、に関する助言サービスの提供またはその他の関連サービスとは関係なく、商品や製品での買い、売り、またその他商品を購入に関するアドバイスや推奨事項ではありません。

BitMEX Researchレポートで表明された見解は、著者の個人的な見解です。HDR(または関連組織)はこれらのレポートの作成に関与しておらず、これらのレポートに含まれる見解はHDR(または関連組織)の見解または意見と異なる場合があります。利用される情報およびデータは、私達が信頼できると判断した情報源から入手したものです。そのような情報は検証されておらず、その正確性、完全性、または正確性について、いかなる表明も保証も行いません。本書に記載されている意見や見積りは、この通知の日付におけるレポートの著者の判断を反映しており、予告なく変更される場合があります。 HDR(または関連組織)は、このブログまたはそのコンテンツの使用(参照を含む)から生じる直接的または結果的な損失について一切責任を負いません。またこのブログのコンテンツは著作権で保護されています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる