仮想 通貨

投資部門別売買動向

投資部門別売買動向
株式 2022年05月31日 投資部門別売買動向 12:35

投資部門別売買状況で海外投資家の動向をチェック

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、 一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。 投資部門別売買動向 ニアピン(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。 同一満期日を持つ全ての種類のニアピンを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。 トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 投資部門別売買動向 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じるおそれがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め含まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA Securities Inc.

外国人投資家の買い越し・売り越しをリアルタイムで把握する手法=Bコミ

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

アフターコロナに急成長する3大テーマとは?注目株を無料公開 (PR:マーチャントブレインズ投資顧問株式会社)

米FOMCの裏テーマ「2つの債務問題」クルーグマン教授も懸念する脅威とは?=斎藤満

ツイッターも活用!超短期売買手法「スキャルピング」早わかり=Bコミ

「個別株はヒントが多いから簡単」元為替ディーラーの投資顧問が注目される理由 (PR:ファイネストアドバイザリー)

トレーダーの利益の源泉~効率的市場仮説の「つけ入る隙」を考える=田渕直也

燃費不正の三菱自動車は割安か?「逆張りバリュー投資」成功の条件=栫井駿介

レートがどれだけ動いてもFXディーラーの損益がゼロになる仕組み=岡嶋大介

先物主導の乱高下相場を作り出すCTA「1枚アルゴ」の特徴=街

私がスイス・ユニオン銀行で目の当たりにした「為替介入」の現場=矢口新

個人投資家にとって忌まわしき「ストップロス狩り」の罪=櫻井英明

外国人投資家の買い越し・売り越しをリアルタイムで把握する手法=Bコミ

編集部のオススメ記事

人気コーナー

シェアランキング

マネーボイスをほどよくメールで。

専門家と個人投資家の本音でつくる、
総合金融情報メールマガジン。
マネーボイス受信はこちらから

広告募集・お問い合わせ

タグクラウド

最新の記事

  • 東京為替:ドル・円は下げ渋り、130円付近でもみ合い
  • 焦点は再びインフレ・利上げへ、市況関連株に相対的な安心感
  • 日経平均は小幅反落、焦点は再びインフレ・利上げへ、市況関連株に相対的な安心感
  • フォーバル—KAGホールディングズの子会社化、商号変更を発表
  • 日本電解—上値抵抗線として意識されていた25日線を捉える

【免責事項】
「MONEY VOICE」で提供している記事は、情報の提供を目的としており、投資やその他の行動を勧誘、または推奨する目的としたものではありません。
銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

市場参加者とは?投資部門別売買動向の見方も解説

・外為法(「外国為替及び外国貿易法」)第6条第1項第6号に規定する「非居住者」。 なお、日本企業の在外支店及び現地法人については「非居住者」となるため、「海外投資家」に含まれるが、下記b.を除く外国企業の在日支店については「居住者」となるため、下記(5)「その他法人等」または(9)「その他金融機関」に含まれることとなる。 また同様に、外国企業の日本の現地法人についても「居住者」となるため、それぞれの属する投資部門に分類されることとなる。

・東証非取引参加者である外国証券会社の在日支店。

引用元:日本取引所グループ

投資ファンド

投資ファンドとは、投資家から集めた資金を金融商品に投資し、得た収益を投資家に分配する投資主体です。

ここでいう投資ファンドは、 公募型の投資信託 を指しており、ベンチャーキャピタル(VC)や商品ファンドなどが該当します。

公募型投資信託一般の投資家を対象に、金融商品やコモディティ等で運用
VCIPO・売却を目的としたベンチャー企業で運用
バイアウトファンド経営再建やMBOを目的とした企業や事業で運用
不良債権ファンド不良債権の担保不動産の転売や再活用後の収益で運用
商品ファンド金や原油などの商品で運用

政府系ファンド(オイルマネー)

政府系ファンドとは、 政府が出資者となって運用する投資主体 です。SWF(Sovereign Wealth Fund)とも呼ばれています。

【政府系ファンドの例】

  • 原油国(中東、ロシア)が原油輸出によって得た資金を運用するケース
  • 貿易黒字国(中国、シンガポール)が外貨で運用するケース
  • 為替介入(トルコ)で運用するケース

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは、特定の投資家から資金を募る私募によって、投資家の細かいニーズに対応した運用を行なっています。

先述した投資ファンドとは異なり一般の投資家から資金を募っていないため、情報開示の義務がなく、投資家保護規制も緩く、 柔軟な運用が可能なファンド です。

デイトレーダー

デイトレーダーとは、 投資部門別売買動向 1日に何度も取引する個人投資家 を指します。

出所:invest Navi

投資部門別売買状況の見方

市場参加者の動向を知ることは投資においてとても重要 です。市場において誰がどんな取引を把握していないと流れを掴めないからです。

東京証券取引所が公表している 「投資部門別売買状況」 を確認することで、市場参加者の動向を掴むことができます。

出所:日本取引所グループ

自己計・委託計とは

出所:日本取引所グループ

委託内訳

出所:日本取引所グループ

海外投資家は先述のとおりです。ポイントは比率であり、 市場の70%弱を形成 していることが分かります。

法人内訳

出所:日本取引所グループ

金融機関内訳

出所:日本取引所グループ

ちなみに、金融機関のなかで信託銀行の売買金額が突出して多いのは、 GPIFなどの年金基金の取引を受託しているから です。

投資部門別売買状況でみる戦略

海外投資家の動向でトレンドを把握する

海外投資家の動向は、 日経平均を先回りする形で変動 でします。

出所:投資主体別チャート

個人投資家の動向で逆張り時を把握する

個人投資家の動向は、 海外投資家や日経平均とは逆の動き をします。つまり、逆張りの指標として活用できるのです。

出所:投資主体別チャート

ユーロ/円と調整する

海外投資家というと米国のウォール街を想像しますが、 日本株においてのメインプレイヤーは欧州の投資家 です。

出所:日本取引所グループ

しかも比率はかなり高く、海外投資家の7割超が欧州投資家です。日本市場の約70%を形成している海外投資家のうちの70%超なので、日本株市場の約50%( 70%× 70%)は欧州投資家によって成り立っていると言えます。

【株式市場】日経平均は中盤の119円安を回復し小高い、上海の行動制限緩和による中国の産業活性化などに期待

株式 2022年05月31日 12:35

【株式市場】日経平均は中盤の119円安を回復し小高い、上海の行動制限緩和による中国の産業活性化などに期待

© Reuters. 【株式市場】日経平均は中盤の119円安を回復し小高い、上海の行動制限緩和による中国の産業活性化などに期待

フォーバル---KAGホールディングズの子会社化、商号変更を発表

独、再生可能エネ移行でガス使用ピークを30年ごろに=経済相

[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツのハベック経済相は1日、再生可能燃料移行までのつなぎエネルギーとしてのガス使用のピークを2030年ごろに実現する必要があるとの見解を示した.

FTSE100、ロイヤル・メールとITVが20日から除外 定期見直しで

[1日 ロイター] - 投資部門別売買動向 株価指数算出のFTSEラッセルは1日のロンドン株取引終了後、今月20日からの四半期銘柄入れ替えで、FTSE100種指数から郵便ロイヤル・メールと放送局IT.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

投資部門別売買動向
日経平均株価27,437.00-20.89-0.08%
日経225先物 (F)27,435.0-25.0-0.09%
韓国総合株価指数2,660.20-25.70-0.96%
NYダウ32,813.23-176.89-0.54%
独DAX14,340.47-47.88-0.33%
S&P/ASX 2007,157.30-76.70-1.06%
米ドル指数102.593+0.064+0.06%
1,848.15-0.55-0.03%
原油 WTI112.98-2.28-1.98%
21.812-0.103-0.47%
米国綿花2番135.10-1.06-0.78%
排出権86.42+2.40+2.86%
米国シカゴコーン729.投資部門別売買動向 600.000.00%
米国コーヒー239.65+8.40+3.63%
投資部門別売買動向
ドル/円130.10-0.01-0.00%
ドル/ウォン1,251.77+4.55+0.36%
ユーロ/ドル1.0652+0.0006+0.06%
ユーロ/円138.60+0.07+0.05%
トルコリラ/円7.9252-0.0032-0.04%
豪ドル/円93.22-0.11-0.12%
ポンド/円162.35-0.12-0.08%
大塚ホールディングス4,312.0-70.0-1.60%
ソフトバンクグループ5,292.0-8.0-0.15%
トヨタ自動車2,189.0-8.5-0.39%
三菱UFJフィナンシャル・グループ740.9-4.7-0.63%
ブイ・テクノロジー3,005.投資部門別売買動向 0+19.0+0.64%
東芝5,911.0+95.0+1.63%
みずほフィナンシャルグループ1,530.0-16.0-1.03%

米国株式市場=続落、積極利上げへの警戒払拭されず

テスラCEO、従業員に「出社か退職」の2択迫る

ロシア国債「不履行」認定、猶予期間分の利払いされず

米金利、可能な限り速く2.5%に上昇すべき=SF連銀総裁

米メタ、サンドバーグCOO退任へ 株価4%安

投資部門別売買動向

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media 投資部門別売買動向 は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

2022.5.30 投資部門別売買動向 マーケットレポート【米国株は短期的な反発のフェーズに】

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • 2022.6.2 マーケットレポート【ドル円は130円を突破】 - 2022年6月2日
  • 「Move to Earn(動く+稼ぐ)」で注目を集めるSTEPNの始め方 - 2022年6月1日
  • 2022.6.1 マーケットレポート【EU圏インフレ率が過去最高に】 - 2022年6月1日
  • Coincheck(コインチェック)に上場した、メタバースゲーム『The Sandbox』の仮想通貨SANDとは? - 2022年6月1日
  • 日本の仮想通貨取引所の特徴、取扱通貨の徹底比較(現物) - 2022年5月31日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19銘柄の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/22022.6.2 マーケットレポート【ドル円は130円を突破】
  • 2022/6/1NFTを担保とした資産運用が可能に。無担保型NFTレンタルプロトコル「Rilascio」、テストネットリリースへ
  • 2022/6/12022.6.1 マーケットレポート【EU圏インフレ率が過去最高に】
  • 2022/6/1LINE証券、STOサービスを提供開始
  • 2022/5/312022.5.31 投資部門別売買動向 マーケットレポート【ビットコインはレジスタンスラインを突破】
  • 2022/5/30BraveブラウザがSolanaブロックチェーンを統合、Magic EdenでのNFT売買にも対応予定
  • 2022/5/302022.5.30 マーケットレポート【米国株は短期的な反発のフェーズに】
  • 2022/5/272022.投資部門別売買動向 5.27 マーケットレポート【STEPN通貨が暴落】
  • 2022/5/26コーワーキングスペースWeWork元CEO、炭素取引を促進する気候技術ベンチャー設立
  • 2022/5/262022.5.26 マーケットレポート【FOMC議事録は予想通りの展開】

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる