オプション取引活用術

ストキャスティックス

ストキャスティックス
インジケーターまとめ

「売られ過ぎ・買われ過ぎ」指標のストキャスティクス【ざっくり解説】

ざっくりテクニカル分析

ストキャスティクス

ストキャスティクスの概要

ストキャスティックス ➀【短期】 %K (パーセントK) ストキャスティックス

%K = (当日の終値-過去x日間の最安値) / (過去x日間の最高値-過去x日間の最安値) ×100

②【中期】 %D (パーセントD)(= Slow%K )

%D = (当日の終値-過去x日間の最安値) のy日間の合計/ (過去x日間の最高値-過去x日間の最安値) のy日間の合計×100

つまり
%D = y日の%Kの単純移動平均

③【長期】 Slow%D (スローパーセントD)

(1) ファスト・ストキャスティックス :➀%Kと②%Dの2本を使用
チャートに敏感に反応しすぎるため「だまし」が多いので使いづらい
(2) スロー・ストキャスティクス :②%D(=Slow%K)と③Slow%Dの2本を使用
一般的にはこちらの方を使うことが多いが、シグナルを早めにつかみたいときは前者の方がよい

ストキャスティクスの戦略

ファスト・ストキャスティクスの場合

  • 一般的に、 ストキャスティックス ②%Dが20~30%以下になった場合 は「売られ過ぎ」として、買いのシグナルと考える。このシグナルが出たら、チャートは下降チャートだが、逆張りで「買い」を入れる。
  • 順張り手法としては、このように一度②%Dが20~30%以下になったあと、再度 ②%Dが20~30%以上になったのを確認してから 「買い」を入れる。(スパイク・トップ)
  • 0~20(30)%の「売られ過ぎゾーン」で、 ➀%K②%Dを下から上に抜けたとき(ゴールデンクロス) には、より強い買いシグナルと考え、「買い」を入れる。
  • 0~20(30)%の「売られ過ぎゾーン」で、 ➀%K②%Dを下から上に抜けたとき(ゴールデンクロス)を2回繰り返したとき は、強固な買いシグナルと考え、「買い」を入れる。(ガービッジ・トップ)
  • 【ダイバージェンス】0~20(30)%の「売られ過ぎゾーン」で、チャートが安値更新をしたにもかかわらず、ストキャスティクスの方は安値を更新しなかった場合(チャートは下がり、ストキャスティクスが上がったとき)は、底付近とみて、「買い」を入れる。
  • 一般的に、 ②%Dが70~80%以上になった場合 は「買われ過ぎ」として、売りのシグナルと考える。このシグナルが出たら、チャートは上昇チャートだが、逆張りで「売り」を入れる。
  • 順張り手法としては、このように一度②%Dが70~80%以上になったあと、再度 ②%Dが70~80%以下になったのを確認してから 「売り」を入れる。(スパイク・ボトム)
  • 70(80)~100%の「買われ過ぎゾーン」で、 ➀%K②%Dを上から下に抜けたとき(デッドクロス) には、より強い売りシグナルと考え、「売り」を入れる。
  • 70(80)~100%の「買われ過ぎゾーン」で、 ➀%K②%Dを上から下に抜けたとき(デッドクロス)を2回繰り返したとき は、強固な売りシグナルと考え、「売り」を入れる。(ガービッジボトム)
  • 【ダイバージェンス】70(80)~100%の「買われ過ぎゾーン」で、チャートが高値更新をしたにもかかわらず、ストキャスティクスの方は高値を更新しなかった場合(チャートは上がり、ストキャスティクスが下がったとき)は、天井付近とみて、「売り」を入れる。

スロー・ストキャスティクスの場合

  • 一般的に、 ③Slow%Dが20~30%以下になった場合 は「売られ過ぎ」として、買いのシグナルと考える。このシグナルが出たら、チャートは下降チャートだが、逆張りで「買い」を入れる。
  • 順張り手法としては、このように一度③SlowDが20~30%以下になったあと、再度 ③Slow%Dが20~30%以上になったのを確認してから 「買い」を入れる。(スパイク・トップ)
  • 0~20(30)%の「売られ過ぎゾーン」で、 ②Slow%K③Slow%Dを下から上に抜けたとき(ゴールデンクロス) には、より強い買いシグナルと考え、「買い」を入れる。
  • 0~20(30)%の「売られ過ぎゾーン」で、 ➀Slow%K②Slow%Dを下から上に抜けたとき(ゴールデンクロス)を2回繰り返したとき は、強固な買いシグナルと考え、「買い」を入れる。(ガービッジ・トップ)
  • 【ダイバージェンス】0~20(30)%の「売られ過ぎゾーン」で、チャートが安値更新をしたにもかかわらず、ストキャスティクスの方は安値を更新しなかった場合(チャートは下がり、ストキャスティクスが上がったとき)は、底付近とみて、「買い」を入れる。
  • 一般的に、 ②SlowDが70~80%以上になった場合 は「買われ過ぎ」として、売りのシグナルと考える。このシグナルが出たら、チャートは上昇チャートだが、逆張りで「売り」を入れる。
  • 順張り手法としては、このように一度③Slow%Dが70~80%以上になったあと、再度 ③Slow%Dが70~80%以下になったのを確認してから 「売り」を入れる。(スパイク・ボトム)
  • 70(80)~100%の「買われ過ぎゾーン」で、 ②Slow%K③Slow%Dを上から下に抜けたとき(デッドクロス) には、より強い売りシグナルと考え、「売り」を入れる。
  • 70(80)~100%の「買われ過ぎゾーン」で、 ➀Slow%K②Slow%Dを上から下に抜けたとき(デッドクロス)を2回繰り返したとき は、強固な売りシグナルと考え、「売り」を入れる。(ガービッジボトム)
  • 【ダイバージェンス】70(80)~100%の「買われ過ぎゾーン」で、チャートが高値更新をしたにもかかわらず、ストキャスティクスの方は高値を更新しなかった場合(チャートは上がり、ストキャスティクスが下がったとき)は、天井付近とみて、「売り」を入れる。

おすすめのトレンド系インジケーターとの組み合わせ

パラボリック パラボリックの概要 パラボリック(放物線の意)とは、J.ストキャスティックス W.ワイルダー氏によって考案された指標で、SAR(Stop And Reverse Point)が放物線を描き、そのSARとチャートが交差する部分で途転(ドテン;保有.

EMA、RSI、およびストキャスティクスによるトリプルインジケーター戦略

トレーダーが勝率を上げるために検討できるオンラインの取引戦略はたくさんあります。 ただし、これらの戦略の唯一の問題は、特定のトレーダーの取引スタイルと一致しないことが多いことです。 トレーダーとして、あなたはあなたの特定の取引スタイルと心理学に慣れている特定の取引戦略に適応しなければなりません。 その手順、要件、予測、または期待される結果を必ず理解してください。 ストキャスティックス この記事では、XNUMXつの指標を利用する人気のある戦略を紹介します。 取引でRSI、EMA、およびストキャスティクスの指標を使用している場合、XNUMXつの指標すべてを組み合わせると、可能な市場の動きの精度が高くなることがわかります。

トリプルインジケーター戦略

RSI +ストキャスティクス+ EMA200インジケーター

EMAまたは指数移動平均は、最近の価格データを強調する一種の移動平均です。 これは、すべての価格データに等しく重点を置くSMAまたは単純移動平均とは異なります。 EMAとSMAの主な違いは、EMAは価格変動に敏感であるということです。つまり、チャート上のSMAよりも速く変動します。 EMAは、価格変動のより迅速で正確な予測を提供するため、この戦略の推奨移動平均です。

RSIは相対力指数の略で、価格変動の強さを測定するために使用される指標です。 資産が買われ過ぎか売られ過ぎかを示します。 RSIラインが70の読みに達すると、資産は買われ過ぎと言われます。 一方、RSIラインが30の読み取り値を下回ると、資産は売られ過ぎと言われます。 RSIの読みに対するトレーダーの一般的な行動は、買われ過ぎのときに売り、資産が売られ過ぎのときに買うことです。

ただし、この特定の戦略では、別の目的でRSIインジケーターを使用します。 この目的は、チャート上の収束と発散を追跡することです。 価格とRSIインジケーターが互いに近づくと、チャート上で収束が起こります。 ストキャスティックス 一方、ダイバージェンスは、価格とRSIインジケーターが互いに離れるときに発生します。 RSIの動きと価格の動きは、その山または谷(高値または安値)を結ぶ線を引くことによって予測されます。

ストキャスティックオシレータ

ストキャスティクスオシレーターはストキャスティクスインジケーターとも呼ばれ、 トレンド反転。 価格変動に重点を置き、資産を買われ過ぎまたは売られ過ぎとして識別します。 ストキャスティクスには、複雑な式を使用して計算されるXNUMX本の交差する線が含まれます。 これらのXNUMXつの線が交差するときはいつでも、トレンドの逆転が起こりそうだと想定されています。これが、この戦略に適応するものです。

トリプルインジケーター戦略の使用方法

戦略を実装するには、インジケーターがすべて設定されていることを確認する必要があります。 インジケーターは、の左上隅にあるインジケーターアイコンをクリックして設定します。 Pocket Option 取引ダッシュボード。 オプションのリストからRSI、ストキャスティクスオシレーター、移動平均を選択するだけです。

上昇トレンドのRSI +ストキャスティクス+ EMA200

すべての指標が設定されたらすぐに、すべての要件を備えた資産を探すときが来ました。 200つ目は、傾向を確認することです。これについては、EMA200を参照する必要があります。 キャンドルがEMAXNUMXの上に形成されるときはいつでも、この例に示すように、上昇トレンドとして識別されます。

次は、RSIからの収束または発散を確認することです。 価格とRSIの間の収束と発散を明確に把握するには、ろうそくの高い安値とRSI線の低い谷またはベースを結ぶ線を引きます。 この例では、買いシグナルとして識別される価格とRSIの相違を見ることができます。

下降トレンドのRSI +ストキャスティクス+ EMA200

別の例は弱気市場です。 下の画像を参照すると、キャンドルがEMA200ラインの下に形成されているため、市場は下降傾向にあります。 同様に、収束は価格とRSIの線を引くことによって識別されます。延長されたときに線が合流する場合、それは収束です。そうでない場合は発散になります。 最後に、 ストキャスティックオシレータ は、ショートトレードの理想的なエントリーを示す線の交点を示しています。

この戦略は、ボラティリティが高くトレンドが強い市場で最適に機能します。 これは、傾向が十分に強い場合に収束と発散がより目立つためです。
さらに、この戦略は、同事、ハンマー、および反転を示す他のパターンなどのローソク足パターンを組み込むことによってさらに改善できます。 ストキャスティクスオシレーターからの交差後、確認キャンドルは通常、トレンドの反転を確認します。通常、確認キャンドルは反転ローソク足パターンの形式です。 ローソク足のパターンを知ることで、この戦略の使用方法が大幅に向上します。

を使用したこのトリプルインジケーター戦略 EMA200, RSI, ストキャスティックオシレータ あなたが十分な経験を積んだ場合にのみ効果的です。 この戦略で取引スキルを向上させる最良の方法は、デモマネーを使用してリアルタイム取引で取引することです。 Pocket Option 何も支払うことなくリアルタイムの株式や資産を取引できるデモ口座が付属しています。 デモアカウントを使用すると、すべてのインジケーターとツールを含む、サイト上のすべてのリソースにアクセスできます。

【わずか1分!】MT5にストキャスティクスを設定する方法を画像付きでご紹介!

インジケーターまとめ

  • ストキャスティクスってどこにあるの?
  • %Kとか%Dってよく分からない…

PC版MT5!ストキャスティクスの設定方法

PCにストキャスティクスを設定する!

PCのMT5にストキャスティクスを設定する手順1

PCのMT5にストキャスティクスを設定する手順2

PCのMT5にストキャスティクスを設定する手順3

PCのMT5にストキャスティクスを設定する手順4

PCのMT5にストキャスティクスを設定する手順5

レベルの数値を基準値である50に近づけると、 シグナルの精度が緩くなるのでエントリーポイントが増えます 💡
ただその分ダマシも増えるので最初はデフォルトのままで大丈夫です✨

PCのMT5にストキャスティクスを設定する手順6

  • ダマシは多くなるがエントリーポイントが増える
  • 決済時間が短いトレードスタイルに向いている
    =設定期間“5”前後がオススメ❗
  • ダマシは少なくなるがエントリーポイントも減る
  • 決済時間が長いトレードスタイルに向いている
    =設定期間“14”前後がオススメ❗

スマホMT5アプリ!ストキャスティクスの設定方法

スマホにストキャスティクスを設定する

1 画面上にある【f】ボタンをタッチ! 2 メインウィンドウをタッチ! 3 Stochastic Oscillator(ストキャスティクス)をタッチ!
PC画面用スマホのMT5にストキャスティクスを設定する手順1PC画面用スマホのMT5にストキャスティクスを設定する手順2PC画面用スマホのMT5にストキャスティクスを設定する手順3
    ストキャスティックス
  • 1 画面上にある【f】ボタンをタッチ!
    スマホ画面真上にある【f】をタップします^^
  • 2 メインウィンドウをタッチ!
    メインウィンドウをタップしてインジケーターを選びます^^
  • 3 Stochastic Oscillator(ストキャスティクス)をタッチ!
    今回設定するストキャスティクスを選択しましょう^^
    ※オシレータ系インジケーターの欄にあります😊

4 完了をタッチ! 5 あっという間に表示完成です^^
PC画面用スマホのMT5にストキャスティクスを設定する手順4PC画面用スマホのMT5にストキャスティクスを設定する手順5

  • 4 完了をタッチ!
    ストキャスティクスの設定期間などはデフォルトで構いません😊
  • ダマシは多くなるがエントリーポイントが増える
  • 決済時間が短いトレードスタイルに向いている
    =設定期間“ストキャスティックス 5”前後がオススメ❗
  • ダマシは少なくなるがエントリーポイントも減る
  • 決済時間が長いトレードスタイルに向いている
    =設定期間“14”前後がオススメ❗

  • ダマシは多くなるがエントリーポイントが増える
  • 決済時間が短いトレードスタイルに向いている
    =設定期間“5”前後がオススメ❗
  • ダマシは少なくなるがエントリーポイントも減る
  • 決済時間が長いトレードスタイルに向いている
    =設定期間“14”前後がオススメ❗

MT5の無料インジケーターの使い方や設定方法一覧!

あわせて読みたい人気記事!

PC版MT5にオーサムオシレーター(Awesome Oscillator)を設定する方法

移動平均線でバイナリーオプションを攻略!MAを使った3つの見方/使い方

バイナリーオプションでMACDを上手に使う3つのテクニック!順張り・逆張り方法をまとめてご紹介!

ストキャスティクスはレンジ相場一択!使い方を把握してエントリータイミングに役立てよう!

はじめましての方はこちら!

私自身が投資に出会い、充実した日々を過ごせるようになったので 『初心者さんがBOで0から自立して継続的に稼げる力』 を身に付けて行けるように役立つ情報をブログで発信中!

株初心者でも3分でわかる!株価チャート『ストキャスティクス』とは

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ストキャスティックス ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ストキャスティックス ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 ストキャスティックス 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

FX今すぐ使えるストキャスティクスで高勝率エントリータイミング取り

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ここでストキャスティクスの登場です。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

ここでは トレンドが発生しててても、ストキャスティクスが使える場面 を紹介します。

再上昇する時もあるし、そこから下落して勢いがなくなることもある。

これから説明するストキャスティクスの使い方は、 長期足のトレンドの勢いが強いことが大前提 です。

この 勢いのあるトレンドにローソク足とストキャスティクスを使って絶妙なタイミングでエントリーします

(ダウントレンドの場合) ストキャスティクスが売られ過ぎ(20以下)にあり、そこに留まっているか、一旦上に出てもまた戻って来た時、相場の下落の勢いが強い と判断します。

ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

ストキャスティクスが売られ過ぎから一旦上昇するが、またすぐ元の水準近くまで下落している。

こういう現象が起こると、 まだまだ長期足のトレンドの勢いが強い ことを意味します。

ここで登場するのが 最初に説明したゴールデンクロスとデットクロスのエントリー です。

ストキャスティクスのダイバージェンス

ダイバージェンスはとても簡単で、しかしとても重要なことを教えてくれる のでぜひここでその意味を理解してください。

ダイバージェンスは 相場の転換ポイントを事前に教えてくれます

なぜなら ダイバージェンスが発生すると、そこから反転する可能性が一気に高まる からです。

ストキャスティクスのダイバージェンス

ストキャスティクスのダイバージェンス

ストキャスティクスのダイバージェンス

これは、 価格は下落しているけど前ほど下落のパワーはないよ、とストキャスティクスが教えてくれてる んですね。

5分足で上昇に転換するポイントをストキャスティクスがダイバージェンスで教えてくれた 、ということになります。

ストキャスティクスのダイバージェンス

ストキャスティクスのダイバージェンス

僕がダウ理論を使って日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

・勝つチャンスが来そうな注目すべき通貨ペア
・トレードするならロングなのか、ショートなのか?

・現在の相場のトレンドがどっちに出ているのか?
・どのタイミングまで待つべきなのか?
・どんな考え方をしているのか?

『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン
・Amazonでベストセラーランキング1位を獲得したダウ理論の本

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる