海外FXの始め方とは

ビジネスブローカーとは何ですか

ビジネスブローカーとは何ですか
ストレージ サービスもまた、イベントの分析のための追加機能を提供できます。 たとえば、BLOB ストレージ アカウントのアクセス層を利用することによって、頻繁なアクセスが必要なデータのホット層にイベントを格納できます。 そのデータを視覚化のために使用できます。 あるいは、データをアーカイブ層に格納し、監査の目的で時々取得することもできます。

情報 ブローカー 英語 意味 - 英語訳

which fail to contribute positively to human life in any discernible way whatsoever are all counted as beneficial.

version of the back office with advanced analytical information and built-in onboarding ビジネスブローカーとは何ですか tools for brokers.

The company that made it VIZIO paid a 2.2 million-dollar settlement to the government just last year because it had been collecting second-by-second information about what millions of people were watching on TV including us

Get connection information for MQTT To ビジネスブローカーとは何ですか connect to the MQTT broker you need various pieces of information including the servername

In the FTC's ビジネスブローカーとは何ですか case against Ideal Financial Solutions between 2009 and 2013 Ideal Financial allegedly purchased information on at

least 2.2 million consumers from data brokers and used it to make millions of dollars in unauthorized debits

日本語 - 英語

英語 - 日本語

and required to achieve the purposes illustrated in the cookie policy. If you want to know more or withdraw your consent to all or some of the cookies, please refer to the cookie policy .
By closing this banner, scrolling this page, ビジネスブローカーとは何ですか ビジネスブローカーとは何ですか clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to the use of cookies.

Opt-Out of the ビジネスブローカーとは何ですか sale of personal information
We won't sell ビジネスブローカーとは何ですか your personal information to inform the ads you see. You may still see interest-based ads if your information ビジネスブローカーとは何ですか is sold by other companies or was sold previously. Opt-Out Dismiss

「ブローカー」とは?不動産での意味から英語や類語まで例文付きで解説

言葉

☆「ブローカー」をざっくり言うと……

英語表記ブローカー(broker)
意味仲買人、仲介業者、証券委託売買業者
語源サクソン語 “broc” ・英語 “break”
類義語ディーラー、エージェント
不動産ブローカー人脈を活かし、知人の間で不動産契約を成立させる人
ビジネスブローカーとは何ですか

「ブローカー」の意味をスッキリ理解!

「ブローカー」の意味を詳しく

「ブローカー」とは、 不動産や証券における、仲買人や仲介業者 のことです。

「ブローカー」の使い方

「ブローカー」の語源

まず、古代英語の1つの サクソン語が元であるという説が存在します。 サクソン語には、 “broc” という「失敗」を表す単語が存在し、この単語が元になっているのではないかと考えられています。

そして、もう一つの説は 英語の “break” が元となっているという説です。 かつて株式の大口注文を扱いやすくするために小口注文に分割していたことから、「分割する」という意味を持つbreakが元となってブローカーが誕生したのではないかとされています。

「ブローカー」の類義語

  • ディーラー:取扱業者・特約店 :代理人・代理店・仲介業者

不動産ブローカー

不動産ブローカーは、自分の人脈を活かして独自に不動産売買の取引を行う人のことです。 「不動産を売りたい」と言っている知人に対し、「不動産を買いたい」と言っている人を紹介し、そこで契約がまとまった場合に紹介料を貰うのが仕事です。

通関業者の基礎知識 | 通関業務の流れ・乙仲&フォワーダーとの違い…ほか

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ! と思った方はシェア

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

この記事をご覧になった方は、こちらの記事も見ています

日本企業の海外進出国ランキング【2021年度版 vol.1】アメリカと中国の2大国がトップ |『海外進出白書(2021-2022年版)』より

オススメの海外進出サポート企業

YCP&nbspGroup 

YCP Group 

YCP&nbspGroup 

ご利用企業からの評価

<主要サービスメニュー>
・海外展開完全代行:
事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

ご利用企業からの評価

全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
我々はその課題を

(1)海外事業の担当人材の不足
(2)海外事業の運営ノウハウの不足
(3)海外企業とのネットワーク不足

と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

ワインインポーターとはどんな仕事?インポーターを起業して分かったこと

(c) Sbardolini

(c) Sbardolini

大阪・東梅田に実店舗の設立-日本初フランチャコルタ専門店の誕生-

ワインインポーターとして何も知らない営業

システムエンジニアならではのワインのコンディション管理

1.温度 2.湿度 が限りなく一定であること
3.衝撃 4.耐荷重 が限りなく小さい状態であること

結果として、システムエンジニア経験で培った精密機器輸送の知見をワインの国際輸送に応用すれば、高い品質は間違いなく担保できると見出しました。

ワインのインポーター業界から見れば常識外れの部分があるかと思いますが、精密機器の輸送や保管と同じシビアな品質管理レベルであれば、ワインの輸入や保管においても良いコンディションが保てるという考えに至りました。

また、それらが実現できているかを現地ワイナリー出発時点から、日本国内の定温倉庫まで温度計で計測しています。
積み込み・積み替えの際、物理的に電源が切れる場合を除いて、14℃~15℃の範囲内で収まっているので、 理想的な環境でワインが輸送されていることが分かるかと思います。

「理想的な環境でワインを保存管理する」というのもインポーターとして重要な仕事の1つです。

  • 測定期間: 2019/03/18 17:00 ~ 2019/07/19 12:00
  • 測定頻度: 1時間に1回
  • サンプリング数: 2,948件
  • 温度 平均値 14.1℃
  • 湿度 平均値 71%

大阪南部・和泉市という街でワインのインポーターをしていることの意味

自然派ワインインポーターとしての挑戦と今後のミッション

ワインの知識やインポーター業界・仕事のことを何も知らないという状態で、ワインインポーターを起業しましたが、やはり、経営者としてはワインのことをもっと知っておきたいという思いで、2018年3月から一般社団法人 日本ソムリエ協会のソムリエ資格試験に挑戦。
ソムリエ試験勉強を始めて、様々なご支援を頂きながら何とか10ヶ月でソムリエ資格試験にストレート合格することができました。

非同期メッセージングのオプション

アーキテクチャのレベルでは、メッセージとは、情報を分散させることにより他のエンティティ (ビジネスブローカーとは何ですか コンシューマー) が認識し、それに応じて行動できるようにするために、エンティティ (プロデューサー) によって作成されるデータグラムのことです。 プロデューサーとコンシューマーは、直接、または必要に応じて中間のエンティティ (メッセージ ブローカー) 経由で通信できます。 この記事では、メッセージ ビジネスブローカーとは何ですか ブローカーを使用した非同期メッセージングに重点を置きます。

Diagram demonstrating entities that take part in asynchronous messaging.

メッセージは、次の 2 つの主なカテゴリに分類できます。 プロデューサーがコンシューマーからのアクションを予測している場合、そのメッセージはコマンドです。 メッセージがコンシューマーにアクションが実行されたことを通知する場合、そのメッセージはイベントです。

コマンドは高価値のメッセージであり、少なくとも 1 回は配信される必要があります。 コマンドが失われると、ビジネス トランザクション全体が失敗する可能性があります。 また、コマンドを複数回処理することもできません。 それを行うと、間違ったトランザクションが生成されることがあります。 顧客が重複した注文を受け取ったり、2 回請求されたりする可能性があります。

コマンドは多くの場合、複数のステップから成るビジネス トランザクションのワークフローを管理するために使用されます。 ビジネス ロジックに応じて、プロデューサーは、コンシューマーがメッセージを確認し、操作の結果を報告することを予測できます。 その結果に基づいて、プロデューサーはアクションの適切なコースを選択できます。

events

プロデューサー (このコンテキストではパブリッシャーと呼ばれます) は、イベントのために何からのアクションが発生することを予測していません。

関心を持つコンシューマーは、サブスクライブし、イベントをリッスンして、その使用シナリオに応じてアクションを実行できます。 イベントには複数のサブスクライバーを含めることも、サブスクライバーをまったく含めないこともできます。 2 つの異なるサブスクライバーは、あるイベントに異なるアクションで対応でき、互いに認識することはできません。

プロデューサーとコンシューマーは疎結合され、独立に管理されます。 コンシューマーがイベントの確認をプロデューサーに戻すことは予測されていません。 イベントに関心がなくなったコンシューマーはサブスクライブを解除できます。 そのコンシューマーは、プロデューサーまたはシステムの全体的な機能に影響を与えることなくパイプラインから削除されます。

イベントのカテゴリには、次の 2 つがあります。

プロデューサーが、離散ファクトをアナウンスするためにイベントを生成します。 一般的なユース ケースとして、イベント通知があります。 たとえば、Azure Resource Manager は、リソースを作成、変更、または削除するときにイベントを生成します。 これらのイベントのサブスクライバーとしては、アラート電子メールを送信するロジック アプリが考えられます。

プロデューサーが、関連するイベントを一定の期間にわたって順番に、またはイベントのストリームで生成します。 ビジネスブローカーとは何ですか 通常、ストリームは統計的な評価に使用されます。 この評価は、テンポラル ウィンドウ内に、またはイベントが到着したときに実行できます。 テレメトリ (システムの正常性や負荷の監視など) が一般的なユース ケースです。 別のケースとして、IoT デバイスからのイベント ビジネスブローカーとは何ですか ビジネスブローカーとは何ですか ストリーミングがあります。

Publisher-Subscriber pattern for event messaging

メッセージ ブローカーの役割とメリット

メッセージ ブローカーは、それぞれメッセージを生成および使用するロジックで、コンシューマーからプロデューサーを切り離します。 複雑なワークフローでは、ブローカーはビジネス操作の切り離しを促進することができ、それによりワークフローの調整に役立ちます。

たとえば、1 つのビジネス トランザクションには、ビジネス ロジック シーケンスで実行される個別の操作が必要です。 プロデューサーは、コンシューマーに操作を開始するよう伝えるコマンドを発行します。 コンシューマーは、プロデューサーへの応答を用意するために予約された別のキューでメッセージを確認します。 応答を受信した後でのみ、プロデューサーは、シーケンス内の次の操作を開始するための新しいメッセージを送信します。 別のコンシューマーがそのメッセージを処理し、応答キューに完了メッセージを送信します。 メッセージングを使用することにより、サービスは、それらのサービス自体の間でトランザクションのワークフローを調整します。

Producer-consumer communication

メッセージ ブローカーは、一時的な切り離しを提供します。 プロデューサーとコンシューマーが同時に実行される必要はありません。 プロデューサーは、コンシューマーの可用性には関係なく、メッセージ ブローカーにメッセージを送信できます。 逆に、コンシューマーも、プロデューサーの可用性によって制限されません。

たとえば、Web アプリのユーザー インターフェイスはメッセージを生成し、メッセージ ブローカーとしてキューを使用します。 準備ができたら、コンシューマーは、キューからメッセージを取得して作業を実行できます。 一時的な切り離しは、ユーザー インターフェイスの応答性を維持するために役立ちます。 つまり、メッセージが非同期的に処理されている間はブロックされません。

特定の操作の完了に長い時間がかかる場合があります。 コマンドを発行した後、プロデューサーは、コンシューマーがそのコマンドを完了するまで待つ必要はありません。 メッセージ ブローカーは、メッセージの非同期処理に役立ちます。

プロデューサーは、多くのコンシューマーによって処理される多数のメッセージをポストすることがあります。 サーバー間で処理を分散させ、スループットを向上させるには、メッセージ ブローカーを使用します。 コンシューマーをさまざまなサーバー上で実行して、負荷を分散させることができます。 必要な場合は、システムをスケールアウトするためにコンシューマーを動的に追加し、それ以外の場合は削除できます。

Competing Consumers Pattern

負荷平準化

プロデューサーまたはプロデューサーのグループによって生成されるメッセージの量は変動することがあります。 大量に存在して、メッセージのスパイクが発生する場合があります。 コンシューマーを追加してこの作業を処理する代わりに、メッセージ ブローカーはバッファーとして機能できます。それにより、システムに負荷を与えることなく、コンシューマーは独自のペースで徐々にメッセージをドレインします。

Queue-based Load Leveling pattern

信頼できるメッセージング

メッセージ ブローカーは、プロデューサーとコンシューマーの間の通信が失敗した場合でもメッセージが失われないことを保証するために役立ちます。 プロデューサーはメッセージ ブローカーにメッセージをポストでき、コンシューマーは、通信が再確立されたときにそれを取得できます。 メッセージ ブローカーとの接続が失われない限り、プロデューサーはブロックされません。

回復性があるメッセージング

メッセージ ブローカーは、システム内のコンシューマーに回復性を追加できます。 メッセージの処理中にコンシューマーが失敗した場合は、コンシューマーの別のインスタンスがそのメッセージを処理できます。 そのメッセージはブローカー内に保持されるため、再処理が可能です。

メッセージ ブローカーのためのテクノロジの選択

Azure には、それぞれが一定の範囲の機能を持つ、いくつかのメッセージ ブローカー サービスが用意されています。 サービスを選択する前に、メッセージの意図と要件を確認してください。

Azure Service Bus

プル モデル

Service Bus キューのコンシューマーは、新しいメッセージが使用可能かどうかを確認するために Service Bus を常にポーリングします。 そのモデルは、クライアント SDK および Service Bus ビジネスブローカーとは何ですか ビジネスブローカーとは何ですか 用の Azure Functions トリガーに関するページに要約されています。 新しいメッセージが使用可能になると、コンシューマーのコールバックが呼び出され、そのメッセージがコンシューマーに送信されます。

保証された配信

Service Bus を使用すると、コンシューマーはキューをピークし、メッセージを他のコンシューマーからロックできます。

そのメッセージの処理の状態は、コンシューマーが報告します。 コンシューマーがメッセージを使用済みとマークした場合にのみ、Service Bus はそのメッセージをキューから削除します。 エラー、タイムアウト、またはクラッシュが発生した場合、Service Bus はそのメッセージのロックを解除して他のコンシューマーが取得できるようにします。 このようにして、転送中にメッセージが失われることはありません。

プロデューサーが誤って同じメッセージを 2 回送信することがあります。 たとえば、メッセージを送信した後にプロデューサー ビジネスブローカーとは何ですか インスタンスが失敗したとします。 別のプロデューサーが元のインスタンスを引き継ぎ、再度メッセージを送信します。 Azure Service Bus キューは、重複したメッセージを検出して削除する組み込みの重複除外機能を提供します。 それでもまだ、メッセージが 2 回配信される可能性があります。 ビジネスブローカーとは何ですか たとえば、コンシューマーが処理中に失敗した場合、そのメッセージはキューに返され、同じコンシューマーまたは別のコンシューマーによって取得されます。 作業が繰り返された場合でもシステムの状態が変更されないようにするために、コンシューマー内のメッセージ処理ロジックはべき等である必要があります。

メッセージの順序付け

コンシューマーがメッセージを送信された順序で取得するようにしたい場合、Service Bus キューは、セッションを使用して、先入れ先出し (FIFO) の順序による配信を保証します。 セッションには 1 つ以上のメッセージを含めることができます。 メッセージは、SessionId プロパティに関連付けられています。 セッションの一部であるメッセージは期限切れになりません。 セッションをコンシューマーにロックして、そのメッセージが別のコンシューマーによって処理されないようにすることができます。

メッセージの永続性

Service Bus キューは、一時的な切り離しをサポートしています。 コンシューマーは、使用できないか、またはメッセージを処理できない場合でもキュー内に残ります。

実行時間の長いトランザクションにチェックポイントを設ける

ビジネス トランザクションが長時間実行される場合があります。 ビジネスブローカーとは何ですか トランザクション内の各操作に複数のメッセージを含めることができます。 ワークフローを調整し、トランザクションが失敗した場合の回復性を実現するには、チェックポイント機能を使用します。

Service Bus キューでは、セッション状態機能によるチェックポイント機能が可能になります。 状態情報は、セッションに属するメッセージのキュー (SetState) に増分記録されます。 たとえば、コンシューマーは、時々状態 (GetState) を確認することによって進行状況を追跡できます。 コンシューマーが失敗した場合は、別のコンシューマーが状態情報を使用して、セッションを再開するための最後の既知のチェックポイントを特定できます。

配信不能キュー (DLQ)

Service Bus キューには、配信または処理できなかったメッセージを保持するための、配信不能キュー (DLQ) と呼ばれる既定のサブキューがあります。 Service Bus またはコンシューマー内のメッセージ処理ロジックがメッセージを DLQ に追加できます。 DLQ はそれらのメッセージを、それがキューから取得されるまで保持します。

メッセージが最終的に DLQ に格納される可能性がある例を次に示します。

有害メッセージは、形式が不正であるか、または予期しない情報が含まれているために処理できないメッセージです。 ビジネスブローカーとは何ですか Service Bus キューでは、キューの MaxDeliveryCount プロパティを設定することによって有害メッセージを検出できます。 同じメッセージが受信された回数がそのプロパティ値を超えた場合、Service Bus はそのメッセージを DLQ ビジネスブローカーとは何ですか に移動します。

メッセージは、一定の期間内に処理されないと関連性がなくなることがあります。 Service Bus キューでは、プロデューサーは Time-To-Live 属性を含むメッセージをポストできます。 メッセージが受信される前にこの期間が期限切れになると、そのメッセージは DLQ に配置されます。

ハイブリッド ビジネスブローカーとは何ですか ソリューション

Service Bus は、オンプレミス システムとクラウド ソリューションをブリッジします。 オンプレミス システムは多くの場合、ファイアウォールの制限のために到達することが困難です。 プロデューサーとコンシューマー (ビジネスブローカーとは何ですか ビジネスブローカーとは何ですか オンプレミスまたはクラウド) はどちらも、Service Bus キュー エンドポイントをメッセージのピックアップとドロップオフの場所として使用できます。

トピックとサブスクリプション

Service Bus は、Service Bus のトピックとサブスクリプションを使用してパブリッシャーとサブスクライバーのパターンをサポートしています。

この機能により、プロデューサーがメッセージを複数のコンシューマーにブロードキャストする方法が提供されます。 トピックがメッセージを受信すると、そのメッセージは、サブスクライブされたすべてのコンシューマーに転送されます。 必要に応じて、サブスクリプションには、コンシューマーがメッセージのサブセットを取得できるようにするフィルター条件を設定できます。 各コンシューマーは、キューと同様の方法でサブスクリプションからメッセージを取得します。

Azure Event Grid

離散イベントには Azure Event Grid をお勧めします。 Event Grid は、パブリッシャーとサブスクライバーのパターンに従います。 イベント ソースがイベントをトリガーすると、そのイベントは Event Grid トピックにパブリッシュされます。 これらのイベントのコンシューマーは、イベントの種類とそのイベントを処理するイベント ハンドラーを指定することによって Event Grid サブスクリプションを作成します。 サブスクライバーが存在しない場合、そのイベントは破棄されます。 各イベントに複数のサブスクリプションを含めることができます。

プッシュ モデル

Event Grid は、メッセージをプッシュ モデルのサブスクライバーに伝播します。 Webhook を使用した Event Grid サブスクリプションがあるとします。 新しいイベントが到着すると、Event Grid は、そのイベントを Webhook エンドポイントにポストします。

Azure との統合

Azure リソースに関する通知を取得したい場合は、Event Grid を選択します。 多くの ビジネスブローカーとは何ですか ビジネスブローカーとは何ですか Azure サービスが、組み込みの Event Grid トピックを持つイベント ソースとして機能します。 Event Grid はまた、イベント ビジネスブローカーとは何ですか ハンドラーとして構成できるさまざまな Azure サービスもサポートしています。 これらのトピックにサブスクライブすると、イベントを任意のイベント ハンドラーに簡単にルーティングできます。 たとえば、BLOB ストレージが作成または削除されたら、Event Grid を使用して Azure 関数を呼び出すことができます。

カスタム トピック

Event Grid と統合されていないアプリケーションまたは Azure サービスからイベントを送信する場合は、カスタム Event Grid トピックを作成します。

たとえば、ビジネス トランザクション全体の進行状況を確認するには、参加している各サービスが個々のビジネス操作を処理しているときにイベントを生成するようにする必要があります。 Web アプリによって、これらのイベントが表示されます。 1 つの方法は、カスタム トピックを作成し、HTTP Webhook 経由で登録された Web アプリを使用してサブスクリプションを追加することです。 ビジネス サービスがカスタム トピックにイベントを送信すると、Event Grid はそれを Web ビジネスブローカーとは何ですか アプリにプッシュします。

フィルター処理されたイベント

特定のイベント ハンドラーにイベントのサブセットのみをルーティングするように Event Grid に指示するには、サブスクリプションでフィルターを指定できます。 これらのフィルターは、サブスクリプション スキーマで指定されます。 フィルターに一致する値を持つトピックに送信されたイベントはすべて、そのサブスクリプションに自動的に転送されます。

たとえば、さまざまな形式のコンテンツが Blob ビジネスブローカーとは何ですか Storage にアップロードされます。 ファイルが追加されるたびに、イベントが生成され、Event Grid にパブリッシュされます。 イベント ハンドラーがサムネイルを生成できるように、イベント サブスクリプションに画像のイベントのみを送信するフィルターが設定されていることがあります。

高スループット

Event Grid は、リージョンごとに 1 秒あたり 10,000,000 個のイベントをルーティングできます。 毎月の最初の 100,000 操作は無料です。 コストに関する考慮事項については、「Event Grid のコスト」を参照してください。

回復性がある配信

イベントの正常な配信がコマンドほど重要ではないとしても、イベントの種類によっては、引き続き何らかの保証が必要になることがあります。 Event Grid には、再試行ポリシー、期限切れ日時、配信不能処理などの、有効にしてカスタマイズできる機能が用意されています。 詳細については、配信と再試行に関するページを参照してください。

Event Grid の再試行プロセスは回復性に役立ちますが、フェールセーフではありません。 再試行プロセスでは、エンドポイントが長時間無応答である場合、Event Grid はメッセージを複数回配信したり、スキップしたり、一部の再試行を遅延させたりする可能性があります。 詳細については、「再試行のスケジュールと期間」を参照してください。

配信不能処理を有効にすることによって、配信されないイベントを BLOB ストレージ アカウントに保持することができます。 BLOB ストレージ エンドポイントへのメッセージの配信には遅延が発生し、そのエンドポイントが無応答である場合は、Event Grid によってイベントが破棄されます。 詳細については、「Event Grid の配信設定の管理」を参照してください。

Azure Event Hubs

イベント ストリームを操作する場合は、Azure Event Hubs が推奨されるメッセージ ブローカーです。 これは基本的に、短い待ち時間で大量のデータを受信できる大きなバッファーです。 受信されたデータは、同時実行操作ですばやく読み取ることができます。 任意のリアルタイム分析プロバイダーを使用して、受信されたデータを変換できます。 Event Hubs ではまた、イベントをストレージ アカウントに格納する機能も提供されます。

高速な取り込み

Event Hubs は、1 秒あたり数百万のイベントを取り込むことができます。 これらのイベントはストリームにのみ追加され、時間の順に並べられます。

プル モデル

Event Grid と同様に、Event Hubs もパブリッシャーとサブスクライバーの機能を提供しています。 Event Grid と Event Hubs の主な違いは、イベント データをサブスクライバーから使用可能にする方法にあります。 Event Grid が取り込まれたデータをサブスクライバーにプッシュするのに対して、イベント ハブはデータをプル モデルで使用可能にします。 イベントが受信されると、Event Hubs はそれをストリームに追加します。 サブスクライバーはそのカーソルを管理することにより、ストリーム内を前後に移動し、時間オフセットを選択して、自分のペースでシーケンスを再生できます。

ストリーム プロセッサは、変換と統計分析の目的で Event Hubs からデータをプルするサブスクライバーです。 時間枠での集計や異常検出などの複雑な処理には、Azure Stream Analytics および Apache Spark を使用します。

パーティションごとに各イベントに基づいて処理する場合は、イベント処理ホストまたは Logic Apps などの組み込みのコネクタを使用して変換ロジックを提供することによって、データをプルできます。 別のオプションとして、Azure Functions の使用があります。

パーティション分割

パーティションは、イベント ストリームの一部です。 これらのイベントは、パーティション キーを使用して分割されます。 たとえば、いくつかの ビジネスブローカーとは何ですか IoT デバイスは、イベント ハブにデバイス データを送信します。 パーティション キーはデバイス識別子です。 イベントが取り込まれると、Event Hubs はそれを別のパーティションに移動します。 ビジネスブローカーとは何ですか 各パーティション内では、すべてのイベントが時間の順に並べられます。

コンシューマーは、イベント データを処理するコードのインスタンスです。 Event Hubs は、パーティション分割されたコンシューマー パターンに従います。 各コンシューマーは、特定のパーティションのみを読み取ります。 複数のパーティションが存在すると、複数のコンシューマーがストリームを同時に読み取ることができるため、処理が高速化されます。

同じコンシューマーのインスタンスが 1 つのコンシューマー グループを構成します。 複数のコンシューマー グループが、さまざまな意図で同じストリームを読み取ることができます。 イベント ストリームに温度センサーからのデータが含まれているとします。 あるコンシューマー グループは、温度のスパイクなどの異常を検出するためにこのストリームを読み取ることができます。 別のグループは、テンポラル ウィンドウで移動平均温度を計算するために同じストリームを読み取ることができます。

Event Hubs は、複数のコンシューマー グループを許可することによって、パブリッシャーとサブスクライバーのパターンをサポートしています。 各コンシューマー グループがサブスクライバーです。

Event Hubs Capture

Capture ビジネスブローカーとは何ですか 機能を使用すると、イベント ストリームを Azure BLOB ストレージまたは Data Lake Storage に格納できます。 イベント格納のこの方法は、ストレージ アカウントが使用できない場合でも Capture が一定の期間データを保持し、アカウントが使用可能になった後にストレージに書き込むため、信頼性に優れています。

ストレージ サービスもまた、イベントの分析のための追加機能を提供できます。 たとえば、BLOB ストレージ アカウントのアクセス層を利用することによって、頻繁なアクセスが必要なデータのホット層にイベントを格納できます。 そのデータを視覚化のために使用できます。 あるいは、データをアーカイブ層に格納し、監査の目的で時々取得することもできます。

Capture は、Event Hubs によって取り込まれたすべてのイベントを格納するため、バッチ処理に役立ちます。 MapReduce 関数を使用して、データに関するレポートを生成できます。 キャプチャされたデータは信頼できるソースとしても機能します。 データの集計中に特定のファクトがなくなっていた場合は、キャプチャされたデータを参照できます。

Apache Kafka クライアントのサポート

Event Hubs は、Apache Kafka クライアントのためのエンドポイントを提供します。 既存のクライアントは、自身の構成をそのエンドポイントを指すように更新し、Event Hubs へのイベントの送信を開始できます。 コードに変更を加える必要はありません。

クロスオーバーのシナリオ

2 つのメッセージング サービスを組み合わせると有利になる場合があります。

サービスの組み合わせによって、メッセージング システムの効率が向上することがあります。 たとえば、ビジネス トランザクションでは、Azure Service Bus キューを使用してメッセージを処理します。 コンシューマーは、新しいメッセージがないかどうかを確認するためにキューを常にポーリングしているため、ほとんどアイドル状態で、時々メッセージを受信するキューは非効率的です。 Azure 関数をイベント ハンドラーとして使用して Event Grid サブスクリプションを設定できます。 ビジネスブローカーとは何ですか リッスンしているコンシューマーが存在しないときは、キューがメッセージを受信するたびに Event Grid は通知を送信します。これにより、キューをドレインする Azure 関数が呼び出されます。

Azure Service Bus to Event Grid integration

Service Bus の Event Grid への接続の詳細については、「Azure Service Bus と Event Grid の統合の概要」を参照してください。

「メッセージ キューとイベントを使用した Azure でのエンタープライズ統合」参照アーキテクチャは、Service Bus と Event Grid の統合の実装を示しています。

次に別の例を示します。 Event Grid が、一部のイベントはワークフローを必要としているのに対して、その他のイベントは通知を目的としている一連のイベントを受信します。 メッセージ メタデータは、イベントの種類を示します。 1 つの方法は、イベント サブスクリプションのフィルター機能を使用してメタデータを確認することです。 ワークフローを必要としている場合、Event Grid ビジネスブローカーとは何ですか はそれを Azure Service Bus キューに送信します。 そのキューの受信者は必要なアクションを実行できます。 アラート電子メールを送信するために、通知イベントが Logic Apps に送信されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる