オプション取引活用術

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

広大な土地を管理する農業は人手不足が深刻な問題となっています。農家の高齢化も進んでおり、熟練の技を失いつつある状況です。近年注目され始めているのは、農業において特に負担の大きい「収穫」や「仕分け」といった作業の自動化を図るAIです。そのAIが注目を集めるきっかけとなったのは、静岡県湖西市の農家、小池誠氏のAIを活用した取り組みでした。

【フジTV「ノンストップ!」で話題!】日々たまっていく「紙」の超シンプルな片づけ方!

フジテレビの「ノンストップ!」で紹介されて大反響の、カリスマ片づけアドバイザー石阪京子先生の最新刊『人生が変わる 紙片づけ!』。「心豊かになるシンプル生活」を目指すときに、一番の難関となるのが、家の中に散らばる「紙」。モノのように自分で選んで買ったわけでもないのに日々入ってきて増殖し、「好き」「嫌い」で要不要の判断もできません。「ノンストップ!」のスタジオでも、「紙」の片づけの難しさに出演者から大共感の声があがりましたが、実は「紙」の片づけは、ノウハウさえわかれば、簡単だと石阪先生は言います。番組でも紹介された、家の中の「紙」が簡単スッキリ片付く石阪流「紙片づけ」メソッドの基本を、本書から紹介いたします。 【この記事の画像を見る】 ● ほとんどの紙は捨てて大丈夫! たいていのおうちは、「紙」があちこちに散らばっています。番組にVTRで登場された山本さんのおうちも、「紙片づけ」をされる前は、重要な書類も不要な書類も、いろいろな収納場所に置かれていました。 でもそうすると、どこに何があるか分からなくなり、「大事な紙」や「締め切りのある紙」が紛れて、探すのに時間がかかったり、あるいは失くしてしまったり‥‥ということになりがちです。頭の中もごちゃごちゃし、覚えておかなければと思うと頭の中が忙しくなります。毎日のイライラや不安の元凶は、「紙」が片付いていないことであることが多いのです。 まず、紙片づけの第一歩は、不要な紙を残さないことです。石阪メソッドでは、家に紙が入ってきたら4つに分類します。 ①すぐに捨てる ②確認して捨てる ③データ化して捨てる ④ファイリングする どういった「紙」が上の①~④のどれにあたるのかは「人生が変わる 紙片づけ!」で詳細にご説明していますが、家に入ってくる紙のほぼ9割は、捨てられると思ってよいでしょう。 そして、捨てずに取っておいてファイリングする紙(④)は、 「金目の紙」と「その紙自体を使う目的がある紙」だけです。 具体的には ●「金目の紙」とは、年末調整に必要な紙、確定申告に必要な紙、保証書、クーポン……など ●「その紙自体を使う目的がある紙」とは、願書、月謝袋、感染症の治癒証明書、入校証、健康診断の申込書……など です。

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

※本Q&Aは、原則、LIBOR公表停止以前(2021年12月末まで)の対応を念頭に記載しています

一般的な質問事項(2022年1月時点)

LIBOR(ライボー)とはなんですか。

LIBOR(ライボー)とは、「London Interbank Offered Rate」の略称で、ロンドン市場での金融取引における銀行間取引金利のことです。

なお、LIBORと同様の銀行間取引の金利指標としては、東京市場での銀行間取引金利であるTIBOR(タイボー。Tokyo Interbank Offered ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか Rate)や、欧州市場での銀行間金利であるEURIBOR(ユリボー。Euro Interbank Offered Rate)などがあり、これらを総称して「IBORs」(アイボーズ)と呼びます。

LIBORの恒久的な公表停止時期等について教えてください。

2021年3月5日、LIBORの監督当局である英国金融行為規制機構(FCA)は、LIBORの運営機関であるICE Benchmark Administration(IBA)が実施していたLIBORの通貨・テナー別の恒久的な公表停止時期に係る市中協議結果等を踏まえ、現行のパネル行が呈示するレートを一定の算出手法にもとづき算出するLIBOR(パネルLIBOR)については、米ドルLIBORの一部テナーを除き、2021年12月末以降直ちに公表停止とするアナウンスメントを公表しました。
本アナウンスメントは、いわゆる「トリガー」に該当するとされています。

擬似的なLIBOR(シンセティックLIBOR)について教えてください。

LIBORの恒久的な公表停止に関連して「トリガー」という用語がありますが、どのような意味ですか。

LIBORの恒久的な公表停止に関する「トリガー」とは、フォールバック(LIBOR参照の既存契約について、LIBORの恒久的な公表停止後に参照する金利(フォールバック・レート)を、契約当事者間で公表停止前にあらかじめ合意しておく対応)の発動条件となるイベントを指しており、FCAによる2021年3月5日のアナウンスメントは、いわゆる「トリガー」に該当するとされています(下表の太字部分に該当しています)。

「トリガー」が発生した場合、どのような影響があるのですか。

2021年3月5日に「トリガー」が発生したことから、IBOR Fallbacks SupplementもしくはIBOR Fallbacks Protocolが適用される取引または同Supplementの効力発生後に2006 ISDA Definitionsを参照して約定された取引で利用するスプレッド調整値がすでに確定しており、Bloombergのウェブサイト(英文)より確認ができます。
なお、スプレッド調整値の適用は、個々の契約書における規定に従うこととなります。

なぜLIBORは恒久的に公表が停止することになったのですか。

2017年7月、LIBORを監督している英国金融行為規制機構(FCA)のベイリー長官(当時)は、
〔1〕LIBORを算出する際の基礎となるホールセール無担保資金市場における取引が十分に活発でないこと、
〔2〕LIBORの算出基礎となるレートを呈示するパネル行が、十分な取引の裏付けがないレートの呈示を継続することに不安を覚えていること
を理由として、2021年末以降はLIBORのパネル行に対して、レート呈示の強制権を行使しないことを表明しました。

国際的に、LIBORの恒久的な公表停止に関して、どのような検討が進められてきましたか。

本邦において、LIBORの恒久的な公表停止に関して、どのような検討がなされてきたのですか。

リスク・フリー・レート(RFR)とはなんですか。IBOR(s)との違いはなんですか。

日本円のリスク・フリー・レート(RFR)は公表されていますか。

LIBORの恒久的な公表停止による影響はLIBORを利用している商品だけに及ぶのですか。

LIBORの代替金利指標またはフォールバック・レートとして、過去の金利の水準がLIBORより高く推移してきているTIBORを選択した場合、リスク・フリー・レート(RFR)ベースの金利を選んだ場合より支払側は損をするのですか。

日本円のターム物RFR金利(スワップ)は公表されていますか。

2020年7月、「日本円金利指標に関する検討委員会」が算出・公表主体として選定したQUICK社は、ターム物RFR金利(スワップ)の正式名称を「東京ターム物リスク・フリー・レート」(英語名:Tokyo Term Risk Free Rate)、略称は「TORF」(トーフ)に決定した旨を公表しました。

Refinitiv社が公表している、円LIBORベースの東京スワップ・レート(LIBOR TSR)のフォールバックに関する検討について教えてください。

Refinitiv社が2021年7月に公表した、円LIBORベースの東京スワップ・レート(LIBOR TSR)のフォールバックに関する市中協議結果において、他通貨のスワップレートでも採用されている手法と同様に、後継金利を計算する手法を採用する方針が示されました。
上記のフォールバックに関して、後継金利はLIBOR TSRとは異なる金利であることや、LIBOR TSRのユーザーは他の金利指標も選択可能であり、当該フォールバックを利用することが唯一の解決策ではないことなどが留意点として言及されています。
なお、LIBOR TSRは2021年12月30日で公表が終了しました。また、LIBOR TSRのフォールバックは、LIBORの公表停止と同時に利用が可能となっています。

LIBORの公表停止時期等に係る監督当局・運営機関の検討状況(2021年3月18日時点)

LIBORの公表停止時期等について、監督当局(FCA)やLIBORの運営機関(IBA)において、具体的にどのような検討が行われていますか。

本邦におけるタフレガシーの検討状況について(2022年1月時点)

シンセティック円LIBORはどのように算出されますか。

英国FCAは市中協議を通じてシンセティック円 LIBOR の算出方法を「TORF×360/365+ISDA スプレッド(過去5年中央値)」と決定し、2022年1月からIBAにより公表されています。ただし、シンセティック円 LIBORの公表期間は、2022年12月末までに限定されているほか、裏付けとなる市場および経済実態についての指標性を有しないとされていること等に留意が必要です。

本邦において、真に円LIBORからの移行が困難な既存契約(タフレガシー)とは、どのような契約ですか。

日本円金利指標に関する検討委員会の「本邦におけるタフレガシーへの対応に関する市中協議」取りまとめ報告書では、キャッシュ商品に関して、タフレガシーとしてシンセティック円LIBORの利用を検討し得る契約を特定するための考え方や要件等に関する整理が示されています。
この内、貸出契約については、「金融機関からの説明を受け、円LIBORからの移行に向けて契約当事者間で誠実に協議を実施したうえでもなお、2021年末までに事前移行または頑健なフォールバック条項の導入に関する合意ができなかった契約」がタフレガシーに該当すると整理されています。
他方、債券契約については、「法令に定められた契約変更手続き(社債権者集会の開催または全員同意の取得)により、発行体が円LIBORからの移行(事前移行または頑健なフォールバック条項の導入)に取り組んだものの、2021年末までに法令上必要な同意等を得られず、円LIBORからの移行を完了することができなかった契約」がタフレガシーに該当すると整理されています。
同取りまとめ報告書では、タフレガシーとしてシンセティック円LIBORの利用を検討し得る契約について、基本的な考え方等の詳細が整理されていますので、ご参照ください。

よくある質問(個人向け)

個人情報保護法上の「個人情報」とは、生きている個人に関する情報で、①特定の個人であると分かるもの及び他の情報と紐づけることで容易に特定の個人であると分かるもの又は②個人識別符号(※)が含まれるものをいいます(法第2条第1項)。
日本に居住する外国人の情報も「個人情報」に含まれますが、法人の情報は「個人情報」に含まれません。ただし、法人の情報であっても、法人の役員等の氏名等の情報は「個人情報」に含まれます。
※個人識別符号とは、例えば、指紋をデータ化したものや運転免許証番号、パスポート番号、マイナンバー等であり、法律や政令、規則で定めるものをいいます。

公立学校や公立病院等が保有する個人情報の取扱いに関しては、当該公立学校や公立病院等が所在する各地方公共団体が定める個人情報の保護に関する条例が適用されます。
(参考) 国の行政機関には「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」、国立病院には「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」が適用されます。

個人情報保護法上の「個人情報」とは、生きている個人に関する情報で、特定の個人であると分かるもの及び他の情報と紐づけることにより容易に特定の個人であると分かるものをいい(法第2条第1項)、個人情報保護法によって保護の対象となります。
個人情報保護法上、プライバシーの保護や取扱いに関する規定はありませんが、個人情報保護法は、「個人情報」の適正な取扱いにより、プライバシーを含む個人の権利利益の保護を図るものです。
一方、プライバシーは「個人情報」の取扱いとの関連に留まらず、幅広い内容を含むと考えられます。そのようなプライバシーの侵害が発生した場合には、民法上の不法行為等として侵害に対する救済が図られることとなります。

同窓会の発起人が、個人情報データベース等を事業の用に供している場合には個人情報取扱事業者に該当することになります。
同窓会の発起人が、個人情報取扱事業者に該当する場合であっても、代行サービス会社に同窓会名簿を渡す行為が、同窓会の開催といった利用目的の達成に必要な範囲であれば、同窓会の会員の同意を得る義務はありません(法第23条第5項第1号)。ただし、委託者である同窓会の発起人は、委託先である代行サービス会社を監督する義務があります(法第22条)。 ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
【参考資料】 自治会・同窓会向け会員名簿を作るときの注意事項 (PDF : 491KB)

Q3-3 不動産会社から送付を希望していない営業用のチラシがポストに投函されて困っています。不動産会社に確認をしたところ、法務局で登記簿を閲覧して氏名や住所を取得したとのことです。営業用のチラシの投函をやめさせることはできますか。 A3-3

Q3-4 以前、ある事業者と取引を開始する際に個人情報を提供しましたが、今回、当該事業者との取引を中止することとし、取引の中止と同時に個人情報の削除を求めました。これに対して、当該事業者は、個人情報の削除に応じないと回答してきました。個人情報保護法上、削除する義務はないのですか。 A3-4

当該事業者が定める利用目的に照らして、取引中止後に個人情報を保有することが利用目的を超える場合には、当該事業者はその個人情報を利用することはできません。ただし、取引を中止した場合において、直ちに、利用目的を超えることになるか否かは、利用目的との関係で個別に判断する必要があります。
また、当該事業者が利用目的を超えて個人情報等を取り扱っている場合には、利用の停止又は消去(法第30条)を求めることができます。
なお、法第19条は、個人データの消去についての努力義務を定めていますので、個人情報取扱事業者に対し、第19条に基づいて不要になった個人データの消去を依頼することができます(法第35条)。

個人情報取扱事業者は、個人情報の取扱いに関する苦情の適切かつ迅速な処理に努めなければならないこととされています(法第35条第1項)ので、まずはその事業者の苦情受付窓口に問い合わせることが考えられます。また、当該事業者が認定個人情報保護団体の対象事業者である場合は、その認定個人情報保護団体の苦情受付窓口に問い合わせることができます。加えて、個人情報保護委員会では、平成29年5月30日より個人情報保護法に関する苦情のあっせんの窓口を設けており、必要に応じて、苦情のあっせんを行います。なお、消費生活センターなど地方公共団体の窓口等においても、個人情報の取扱いを含む苦情あっせんを行っております。
個人情報保護法相談ダイヤル 03-6457-9849 ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
【参照】 認定個人情報保護団体の一覧
国民生活センターホームページ
地方公共団体苦情相談窓口の一覧 ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

AI・人工知能の導入によって生まれるメリット・デメリットや問題点

■サッカーの試合映像を分析して勝敗を予測するAI|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア


スポーツの采配におけるデータ分析の重要性は年々高まっています。AIはスポーツにおいてもさまざまな場面で活用が進んでいますが、サッカーの勝敗予想AIと選手の脳震とうを防ぐ「デジタルアスリート」を紹介します。

デジタルアスリートは「Amazon SageMaker」や画像認識AIサービスの「Amazon Rekognition」といった機能を活用して、選手同士が接触した際の位置関係、姿勢、速度といった情報を分析します。その分析されたデータを用いて、「怪我をしにくい動作」の指導が可能になることから、大きな注目を集めています。

・【ホテル】ロボットが人手不足を解決するも、AIの課題も

ロボットが受付業務、おもてなしまで!旅行業エイチ・アイ・エスが仕掛ける、変わり続ける「変なホテル」観光・旅行業

(参照:ハウステンボス「変なホテル」が初の一般家庭向けロボットを採用 最先端のロボットが従業員として働いていることで話題の変なホテルが「ルンバ980」を公式ロボット掃除機として導入 (2016年1月19日): プレスリリース | ハウステンボス株式会社)

・【製造業】検品員の負担軽減と熟練スタッフへの依存から脱却

・【農業】収穫や仕分けを自動化し人手不足を救う

■収穫や仕分けを自動化する画像認識技術|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア


広大な土地を管理する農業は人手不足が深刻な問題となっています。農家の高齢化も進んでおり、熟練の技を失いつつある状況です。近年注目され始めているのは、農業において特に負担の大きい「収穫」や「仕分け」といった作業の自動化を図るAIです。そのAIが注目を集めるきっかけとなったのは、静岡県湖西市の農家、小池誠氏のAIを活用した取り組みでした。

・【インフラ】ドローンとAI活用で点検作業を効率化


東京電力ホールディングス(HD)株式会社、ブルーイノベーション株式会社、株式会社テプコシステムズの3社は「送電線点検用ドローン自動飛行システム」を開発し、東京電力パワーグリッド(PG)株式会社は、同社が保有する送電線の点検業務に、2021年6月から導入しました。

ブルーイノベーションが独自に開発しているプラットフォーム「Blue Earth Platform (BEP)」は、複数のドローンやロボットと、それらに搭載したセンサーやカメラを同時に制御・管理することで、複数のドローンやロボットに任意の業務を自動遂行させることができます。

「送電線点検用ドローン自動飛行システム」は、Blue Earth Platformをベースに、テプコシステムズ、東京電力HDの3社が共同開発したものです。一般的なドローンにも搭載可能な対象物検知センサーで送電線を検知し、カメラを搭載したドローンが自動飛行しながら、最適な画角で送電線の異常(例:腐食、劣化など)などを撮影することで、点検作業の大幅な効率化とコスト低減が可能になるのです。

・【医薬】創薬にAIを活用して開発コストを削減

AIでドッキング計算

両ソフトウェアはタンパク質の構造データや過去の実験データを深層学習させたAIを活用し、有望な新薬候補化合物の絞り込み精度と速度を高度化して創薬プロセスの迅速化を支援するものです。どちらもコンテナ仮想化環境またはMKI-DryLab for Microsoft Azure(*2)上で実行可能で、それぞれ1ライセンス90万円/年(税抜)で提供します。

両ソフトウェアはタンパク質の構造情報の公的データベース「Protein Data Bank」に蓄積されたタンパク質の構造データや過去の実験データを学習させ、画像認識技術を利用したAIを活用することにより、有望なリード化合物の絞り込みの精度と速度を向上させ、創薬プロセスの迅速化が期待できます。

・【防犯】犯罪予測や不審者を検知

・【教育】データに基づいて授業や教材の評価が可能に

・【コールセンター】チャットボットやボイスボットでお客様とオペレーターの負担軽減

■コールセンター向けのAI音声認識とは?

・【マーケティング】不安点な情勢の中でも正確な需要予測

・【経理】定型業務はAI-OCRとRPAが代替

【経理】定型業務はAI-OCRとRPAが代替

RPA は「デジタルレイバー」とも呼ばれるように、人間が行ってきた定型的な作業をコンピューターが代行するイメージです。人間であれば長時間労働や単調な作業の繰り返しによる疲労でエラーが発生したり、作業効率が低下したりする可能性がありますが、RPA ツールを活用すれば 24 時間 365 日いつでも一定のスピードと品質で作業が可能です。

OCR や RPA を活用することで業務負担も減ります。データ化・電子化が遅れている日本のオフィス環境では、RPA だけでは業務自動化プロセスが完結しない場合もあります。そのような場合は、OCRとRPA を連携させることで、その分、人間は他の業務に注力することができるのです。

・【知恵袋】多様性ある回答で多くの悩みを解決

そこで、Yahoo! JAPAN IDごとに知恵袋の閲覧履歴から、ディープニューラルネットワーク(DNN)を使用して、次に閲覧するアイテムを予測してレコメンドする仕組みを導入しました。 特徴としては、レコメンド候補に出す質問を、ある程度事前に絞り込んだ上で、候補の質問のスコアを一気に予測する多クラス分類で処理しています。

MT4でトレイリング・ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか?

kaigaifx-mt4-metatrader4-trailing-stop

TitanFX

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. MT4でトレイリング・ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか?

最近のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

Kinjo のコメント

********* のコメント

GWも休み のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド
  • AXIORY(アキシオリー)より、公式ウェブサイトの大幅リニューアルのお知らせ

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • XMTrading 口座開設ボーナス 3,000円
  • FBS x レスター・シティFC サイン入りグッズ 10名様
  • MiltonMarkets 30%入金ボーナス
  • SimpleFX スプレッド・キャッシュバック 25%
  • HFM × ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか みんなで海外FX 口座開設キャッシュバック 最高10万円
  • OXSecurities 損失補填ボーナス 最大250ドル

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる