株初心者必見

エントリーポイント

エントリーポイント
こんにちは。とても無料とは思えない内容のコンテンツを提供していただきありがとうございます。
最も感心させられてしまったのは、プロの手法や考え方を惜しげもなく披露していただけることは
もちろんですが、トレードを通した人生感や哲学も教えていただけるところでした。 エントリーポイント
とかくどのくらいの期間でどのくらい設けたという話が跋扈するこの業界の中で、健康や日常生活とをうまく融合させてトレードにあたるという考え方に脱帽といった感じです。ありがとうございます。
また、自分も格闘技と麻雀に興味があり桜井章一さんを勝手に人生の師としているところでしたが、動画で桜井章一さんの本の一文を引用されていたことにはとても驚愕しました。
桜井章一さんの言葉で日常がだらしない人間が ”勝負のときだけ勝とう”エントリーポイント というのは誤りだ、みたいなのがあるのですが、トレードについても同じなんだなぁと感心させられました。
現状マイナスからのトレードとなっていますが、勉強しなおしてコツコツ日常生活ともども修正していきたいと思います。
いやぁとても良い方にネットを通してですがお会いできたことに感謝です!

マーケターが陥りやすい「ブランドポジショニングの罠」「態度変容の幻想」

バイロン・シャープ氏の『How Brands Grow』(邦題:『ブランディングの科学』)の続編である、『How Brands Grow Part2(2013年刊、未邦訳)』では、アレンバーグ・バス研究所の同僚でもあり共著者のジェニー・ローマニアック氏が購買機会を増やすための「プレファレンスの水平拡大」を、カテゴリーエントリーポイント(Category Entry Point)として紹介しています。

CEPは、伝統的には「比較検討・想起リスト(considerable evoked set)」と呼ばれるブランド指標、つまり非助成認知や「トップ・オブ・マインド(第一想起)」に含まれています。この顧客層の心の中のマインドシェア自体は、そのブランドの市場シェアが高いときの説明要因として語ることができます。つまり高い市場シェアのブランドは、マインドシェアが高い、というように。

しかしながらジェニー・ローマニアック氏の指摘では、そのような指標では、どのような購買機会があり、そこに成長のポテンシャルがあるかを教えてくれません。彼女によれば一般的に市場シェアが高いブランドほど、多くのCEPを持っており、低いブランドほどCEPが少ないのです。したがってブランドが成長するためにはより多くのCEPをマーケティングによって増やす必要があり、その成長機会はターゲット顧客の中でのCEPの出現率が高いものほど成長が期待できるということです。ローマニアック氏の定義では、CEPをもとにした指標は『How Brand Grows Part2』で以下のように説明されています。


1. メンタル・マーケットシェア:市場における売上占有率のように、顧客全体におけるすべてのCEPにおけるそのブランドの占めるシェア。

森岡氏が水平方向のプレファレンスの拡大と言っている点は、ローマニアック氏の言い方では、CEPのネットワークサイズを広げ、メンタルペネトレーションを顧客層に拡大する、ということになります。結果的に「メンタルマーケットシェア」というのは、その意味で認知とプレファレンスの掛け算とも言えます。

多くのマーケターは顧客に対してブランドがより多くのメッセージを流すことは混乱を招く、と考えているようですが、果たしてそうでしょうか。確かにひとつの広告やマーケティングに多くのメッセージを詰め込むことは消費者の混乱を招く恐れがあります。しかし、購買機会とはクレイトン M クリステンセン教授が提唱する「ジョブ理論」同様に、その顧客が面している状況やコンテクストによって異なるのであって、それぞれに合わせたマーケティングメッセージが顧客に伝わらない限り、購買機会を増やすことはできないのです。

Docs

エントリーポイント

たとえば、Microsoft Office をインストールする場合、Microsoft Office のインストール時にインストールされる Microsoft Word、Microsoft Excel、およびその他のアプリケーションのエントリ ポイントを選択できます。Firefox をインストールする場合、ユーザーがセーフ モードでアクセスする必要がある場合は、 MozillaFirefox.exe と MozillaFireFox (SafeMode).exe を選択することができます。

セットアップ キャプチャ ウィザードの最後で実行されるビルド プロセス中に、ThinApp は、選択した各エントリポイントに対して 1 つの実行可能ファイルを生成します。アプリケーションを MSI ファイルとして展開する場合、または thinreg.exe ユーティリティを使用する場合、ユーザーのデスクトップで作成されたデスクトップおよび [スタート (Start)] メニューのショートカットは、これらのエントリ ポイントをポイントします。

トラブルシューティングのためのエントリ ポイント

ThinApp は、環境に対しトラブルシューティングを行うためのエントリ ポイントを提供します。

  • cmd.exe :仮想ファイル システムを表示できる仮想コンテキストでコマンド プロンプトを起動します。
  • regedit.exe :仮想レジストリを表示できる仮想コンテキストでレジストリ エディタを起動します。
  • iexplore.exe :仮想化された ActiveX コントロールをテストできる仮想コンテキストで iexplore.exe を開始します。

エントリ ポイントは、ネイティブの実行可能ファイルを仮想コンテキストで開始します。エントリ ポイントは、 cmd.exe 、 regedit.exe 、または iexplore.exe の仮想パッケージを作成しません。

環境のデバッグまたはトラブルシューティングの必要性を予測できない場合は、後で Package.ini ファイルの Disabled パラメータを使用して、これらのエントリ ポイントを有効化することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる