外国 為替 取引

米ドルを売って利益確定

米ドルを売って利益確定

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

お子さんですか? 為替(かわせ)のお勉強、頑張ってくださいな(^^)。

外国株にも色々あります。でも、外国株を売買するときは、たいてい日本円から一度、米ドルに換金(両替、米ドルと日本円を交換すること)され、米ドルで株を買うことになります。そうして、買って持っている外国株を決済する(手放す、売る)時には、米ドルで決済されたあとに、その米ドルが日本円に換金されます。

日本円が米ドルに換金される時、または米ドルから日本円に換金される時に、いくらで取引するかの決まりごと。つまり、米ドルと日本円の強弱関係を表すのが、為替レートです。

たとえば、株価が1万ドルの米国株があったとして、それを1万ドルで買って、1万1000ドルに上昇した時に決済するとします。

為替レートが、米ドル円1ドルにつき80円の時に買って、株を売るときに83円のレートになっていれば、

株の購入価格 1万ドル × 80円 - 株の売却価格 1万1000ドル × 83円 = 米ドルを売って利益確定 113000円 となり、儲かりますが、

為替レートがもしも、円高米ドル安になると、 株購入時米ドル円レート 80円 株売却時米ドル円レート 76円 の場合

株の購入価格 1万ドル × 80円 - 株の売却価格 1万1000ドル × 76円 = -36000円 となり、株が儲かっているのにもかかわらず、損をしてしまいます。

この為替レートの上下による、損失の危険性を為替リスクと呼びます。

したがって、為替リスクだけを考えた場合、外国株を買う時は円が高い時に買って、売るとき円が安い時(つまり米ドルが高い時)に売るというのは、あっています。

ただし、株と言うのは、為替のレートだけではなく、株価自体の値動きが重要ですので、、単純に円高で買って円安で決済すれば儲かるとは決まっていません。また、実際の株売買では、手数料と金利と税金と配当を考慮する必要があるので、そう単純ではありません。

金融緩和というのは、政府(国)がお金を沢山印刷して、世の中に出回るお金を増やして、景気をよくさせるというものです。沢山刷ったお金は、日銀という国が経営する銀行に渡されます。日銀は、金融緩和でお金が、ジャブジャブに増えてしまうと、そのお金で何か金融商品を買うとことになります。(日銀から、大手の銀行に下請け<仕事を任されること>されることもあります。)買われる金融商品は、日本国債、米国債、株、リート(不動産)、金(ゴールド)などで、それらが買われることで株価や不動産価格は上昇します。

金融緩和で最初は景気がよくなります。でも、長く続けて、金融商品の買い手が誰もいなくなると、利益確定するために、今度は大きな売りが出ます。一度売られ始めると、みんな儲けの在るうちにと我先に売るので、バブル崩壊が起きます。借金をしてトレードをしていた会社はそういう時は、大損して潰れてしまうでしょう。(リーマンブラザーズ証券が潰れたときは、大きなバブル崩壊が起きて、リーマンショックといわれました。)そうすると、世の中は一気に不景気になります。金融緩和は、いわば諸刃の剣と言えるでしょう。

強弱綱引きでボックス圏にとどまる

タカ派のFRBと市場のリスク回避センチメントの間でボックス圏にとどまる

年末に向けて日本国内で円への追い風が予想されるため、ドル円は118円が天井になる可能性が高い。日本では、生鮮食品を除くコア消費者物価指数(CPI)が1.5~1.7%に上昇する (通信料金の値下げの影響が消え、原油価格がまだ上昇するため) ことが予想され、また黒田日銀総裁の任期満了(2023年4月)が近づいていることもあって、2022年後半から2023年初めにかけて、何らかの金融引き締めの素地が整う可能性が高い。日銀が政策を変更するとの見通しが引き金となって、ネットの円売りポジションが買い戻され、さらなる円安に歯止めがかかる可能性がある。

投資判断

見通し:2021年は円に対して米ドルが103円から115円へと大きく上昇したが、2022年はボラティリティ(変動幅)の上昇を伴いながら横ばいで推移すると予想する。

レンジ:FRBの金融引き締め姿勢からドルは118円に向けて上昇する余地があるが、リスクオフの地合いを受けて113~115円に下落する可能性もある。

リスク要因:ロシア・ウクライナ情勢が世界経済の見通しに重大な脅威となることが判明した場合には、ドル円は一段と大きく調整し、105~110円のレンジにまで下落する可能性がある。

本稿はUBS AG Singapore Branch および UBS Switzerland AG が作成した“USDJPY: Stuck between hawkish Fed and risk-off sentiment”(2022年2月28日付)を翻訳・編集した日本語版として2022年3月1日付でリリースしたものです。本レポートの末尾に掲載されている「免責事項と開示事項」は大変重要ですので是非ご覧ください。過去の実績は将来の運用成果等の指標とはなりません。本レポートに記載されている市場価格は、各主要取引所の終値に基づいています。これは本レポート中の全ての図表にも適用されます。

最新CIOレポート

キシダノミクス、ついに始動

経済軟着陸への期待から株価上昇

2022.05.29 Mark Haefele

ドル円にピークアウト感

UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社のサービスに関するお問合せは、UBS SuMi TRUSTウェルス・アドバイザリー株式会社*が承ります。 米ドルを売って利益確定
すでに口座をお持ちのお客様は、担当者までご連絡をいただけますよう宜しくお願い申し上げます。

*UBS SuMi TRUSTウェルス·アドバイザリー株式会社はUBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社の金融商品仲介業者及びUBS銀行と三井住友信託銀行の銀行代理業務の業務委託契約に基づく銀行代理業者です。
商号等:UBS SuMi TRUSTウェルス·アドバイザリー株式会社 関東財務局長(金仲)第898号 関東財務局長(銀代)第377号

本ウェブサイトにはUBS証券株式会社が過去において発行したレポートも一部掲載されています。
(UBS SuMi TRUSTウェルス·マネジメント株式会社はUBS証券株式会社のウェルス·マネジメント事業を継承し、2021年8月に業務を開始しました)。

免責事項と開示事項
本ウェブページ掲載レポートおよびビデオコンテンツ(以下、本レポート)は、UBSチーフ・インベストメント・オフィス・グローバル・ウェルス・マネジメント(UBS Switzerland AGまたはその関連会社)が作成したリサーチレポートをもとに、UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社(以下、「当社」)が翻訳・編集等を行い、作成したものです。英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。本レポートが英文で作成されている場合は、英語での内容をお客様ご自身が十分理解した上でご投資についてはご判断していただきますようお願いいたします。なお、本レポートは、当社のほか、UBS銀行東京支店を通じて配布されることがあります。

金融商品取引法による業者概要及び手数料・リスク表示
商号等: UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3233号
加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

当社における国内株式等の売買取引には、UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社のお客様の場合、約定代金に対して最大1.10%(税込)、外国株式等の売買取引には、約定代金に対して最大1.375%(税込)の手数料が必要となります。ただし、金融商品取引所立会内取引以外の取引(店頭取引やトストネット取引等の立会外取引、等)を行う場合には、個別にお客様の同意を得ることによりこれらを超える手数料を適用する場合があります。この場合の手数料は、市場状況、取引の内容等に応じて、お客様と当社の間で決定しますので、その金額等をあらかじめ記載することはできません。これらの株式等の売買取引では手数料に消費税が加算されています。外国株式の取引には国内での売買手数料の他に外国金融商品市場での取引にかかる手数料、税金等のお支払いが必要となります。国により手数料、税金等が異なります。株式は、株価の変動により損失が生じるおそれがあります。外国株式は、為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。不動産投資信託は、組み入れた不動産の価格や収益力などの変化により価格が変動し損失が生じるおそれがあります。

UBS 銀行東京支店が提供する金融商品等に関する留意事項
外貨預金契約に手数料はありません。預入時に他通貨から預け入れる場合、あるいはお受取時に他通貨に交換する場合には、本契約とは別に為替取引を行って頂く必要があり、その際には為替手数料を含んだレートが適用されます。外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取時の外貨金額を円換算すると、当初払い込み外貨金額の円換算額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

その他のご留意事項
当社の関係法人であるUBS AGおよびUBSグループ内の他の企業(またはその従業員)は随時、本資料で言及した証券に関してロングまたはショート・ポジションを保有したり、本人または代理人等として取引したりすることがあります。あるいは、本資料で言及した証券の発行体または発行体の関連企業に対し、助言または他のサービスを提供することもあります。

©UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社 2022 すべての権利を留保します。事前の許可なく、本ウェブサイトを転載・複製することはできません。また、いかなる理由であれ、本レポートを第三者に配布・譲渡することを禁止します。UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社は、本レポートの使用または配布により生じた第三者からの賠償請求または訴訟に関して一切責任を負いません。

Copyright © UBS SuMi TRUST Wealth Management Co., Ltd. All Rights Reserved.

外貨普通預金ならでは!利益確定の売却もしやすい

その1

円預金残高とは、円普通預金、円定期預金、証券コネクト口座の合計残高で判定いたします。
外貨普通預金残高は、判定日(適用月の前月20日、23時59分)の円換算額で判定いたします。為替レートの変動により、お預入時より円換算額が減少している場合がありますのでご注意ください。
Visaデビットご利用額は、判定日から遡って3ヶ月前までのご利用額の合計で判定いたします。
当社では、お客さまがVisaデビットをご利用になった際は、加盟店から送付される「取引情報」を元に、お客さまの口座から原則即時にご利用額を引き落としますが、カスタマーステージの判定には、加盟店から後日送付される「確定した売上情報」を基準といたします。
加盟店によっては、「確定した売上情報」が当社に到着するまでに時間を要する場合があります。
そのため、判定日間近のご利用が集計対象に含まれない場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 金利更新のタイミングなどにより、実際の適用金利と異なる金利が表示されている場合があります。お取引の際には必ず、各種ログイン後のページの外貨普通預金取引の確認画面で適用金利をご確認ください。
  • 外貨普通預金は、外国通貨建ての期間の定めのない預金です。この預金には為替リスクがあります。預入時(円→外貨)より解約·払戻時(外貨→円)の外国為替相場が円高になる場合、為替差損が生じ、円貨換算ベースで大きく元本割れするリスクがあります。また、預入時、払戻時には、為替手数料がかかるため、仮に外国為替相場に変動がない場合でも、元本割れが生じることがあります。
  • 外貨普通預金には元本割れとなるリスクがあります。お取引の前には、必ず外貨普通預金の商品概要説明書、取引規定および契約締結前交付書面をよくお読みになり、お客さまご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。
  • 外貨普通預金は預金保険制度の対象外です。
  • 金利の利息には、「復興特別所得税」を含め、20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)が適用されます。
  • 利息は付利単位を1通貨単位とし、1年を365日とする日割計算です。
  • 金利は小数点第5位以下を切り捨てて表示しています。

GMOあおぞらネット銀行について

銀行経営ノウハウ あおぞら銀行 ユニークで専門性の高い金融サービスを提供 フィンテックへの挑戦で新たなビジネス分野を開拓 60 年を超える歴史を通じて培った、銀行業務の根幹となるリスク管理、コンプライアンス、業務ノウハウ メガバンクでも地域金融機関でもないユニークな存在であり続けるあおぞら銀行と連携し成長、戦略分野への選択と集中を継続 課題解決型営業で結びつく事業法人、オープンAPI を通じてIT 企業との連携を強化 × インターネット/金融事業の技術力 GMO INTERNET GROUP 総合インターネットグループとしての強みを生かし金融事業を新たなステージに引き上げる GMO インターネットグループの顧客基盤に裏づけされる、インターネットテクノロジー、WEB マーケティングなどの技術とノウハウを基礎とした銀行サービスの提供 GMO インターネットグループ各社との事業・サービス提携やシステム開発連携、ノウハウの共有 これまで外部を利用していた銀行サービスを新たなネット銀行の誕生によりグループビジネスの強みとして展開が可能に/ナレッジノウハウ シナジー効果銀行経営ノウハウ あおぞら銀行 ユニークで専門性の高い金融サービスを提供 フィンテックへの挑戦で新たなビジネス分野を開拓 60 年を超える歴史を通じて培った、銀行業務の根幹となるリスク管理、コンプライアンス、業務ノウハウ メガバンクでも地域金融機関でもないユニークな存在であり続けるあおぞら銀行と連携し成長、戦略分野への選択と集中を継続 課題解決型営業で結びつく事業法人、オープンAPI を通じてIT 企業との連携を強化 × インターネット/金融事業の技術力 GMO INTERNET GROUP 総合インターネットグループとしての強みを生かし金融事業を新たなステージに引き上げる GMO インターネットグループの顧客基盤に裏づけされる、インターネットテクノロジー、WEB マーケティングなどの技術とノウハウを基礎とした銀行サービスの提供 GMO インターネットグループ各社との事業・サービス提携やシステム開発連携、ノウハウの共有 これまで外部を利用していた銀行サービスを新たなネット銀行の誕生によりグループビジネスの強みとして展開が可能に/ナレッジノウハウ シナジー効果

会社名 GMOあおぞらネット銀行株式会社
(英文名: GMO Aozora Net Bank, 米ドルを売って利益確定 Ltd.) 所在地 本店 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス 設立 1994年2月28日 ※日債銀信託銀行として 開業 1994年4月1日 日債銀信託銀行として開業
2001年1月4日 あおぞら信託銀行に社名変更
2018年6月1日 GMOあおぞらネット銀行に社名変更
2018年7月17日 インターネット銀行事業開始
2018年10月1日 信託業務をあおぞら銀行へ承継 資本金 172億9,003万円(2021年5月現在)

株式会社 あおぞら銀行 91.24%
GMOインターネット 株式会社 4.38%
GMOフィナンシャルホールディングス 株式会社 4.38% 代表取締役会長 米ドルを売って利益確定 金子 岳人 代表取締役社長 山根 武

米ドルを売って利益確定

豪ドル/円のチャートと見通し

上昇トレンド中の調整売りに注意! 買いポジション推奨。

米国株の動きを見て、その流れに沿った売買がおすすめ!

豪ドル/円勝率が上がるおすすめ分析ツール

下記の無料ツールを使うと 勝率がUP するわよ。

38種類のテクニカル指標で分析!プラチナチャート

38種類のテクニカル指標でチャート分析 ができ、為替だけではなく米国株価や原油、金など様々なチャートを表示できます。

直近の「高値・安値」を自動で表示してくれるので、それを意識したトレードがしやすく、勝率がUPします。

勝てるチャート!LIONチャートPlus+

自動でトレンドラインを引いてくれて、「直近の高値・安値の自動表示」、 「フィボナッチリトレースメントも自動表示」 など、至れり尽くせりのラクラク機能が満載!

また、 他のトレーダーの注文状況もチャート上に表示 してくれるので、売り注文や買い注文が厚いレートがわかり、相場の予想が格段にしやすくなります。

他のトレーダーの注文状況をワンクリックで表示

「みらい予測チャート」は最大約12年分(ローソク足2500本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして 「将来の値動き」を予測 します。

お天気シグナルで勝率UP!

「お天気シグナル」は移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSIなど7種類の主要テクニカル指標で自動分析してくれて、 「買い時・売り時」をチャート上に表示 してくれます。

米国株は円貨決済・外貨決済のどちらで購入・売却したほうがいいですか?

管理人ひっきーからの回答

基本的には 外貨決済をおすすめ しています。円貨決済に比べて、外貨決済のほうが 為替手数料 ※1 を安くできる からです。

米ドルを売って利益確定
円貨決済 外貨決済
米ドルの
準備方法
証券会社が代行 自分で購入
為替手数料の
発生タイミング
米国株の購入時・売却時どちらも・米ドルの購入時
・「米ドル→円」への外貨両替時

円貨決済は、円→米ドルへの外貨両替を証券会社が代行してくれるので、自分で米ドルを購入する手間はなくなりますが、 為替手数料が取引ごとに発生 します。

下記①~⑥の取引をした場合、具体的にどのくらい為替手数料差があるのか比較してみましょう。1ドルあたり25銭 ※2 の為替手数料が発生する場合を想定しています。

米ドルを売って利益確定
取引内容 為替手数料
円貨決済 外貨決済
①1,000米ドルを購入 - 250円
②銘柄Aを1,000米ドル分購入 250円 -
③銘柄Aの株価が2倍になり、
2,000米ドル分を売却
(利益確定)
500円 -
④銘柄Bを2,000米ドル分購入 500円 -
⑤銘柄Bの株価が1.5倍になり、
3,000米ドル分を売却
(利益確定)
750円 -
⑥3,000米ドルを円に両替 - 750円
合計手数料額 2,000円 1,000円

①~⑥の取引をした場合は、外貨決済の為替手数料が 1,米ドルを売って利益確定 000円 も安くなります。

円貨決済の仕組みとメリット・デメリット

円貨決済とは、海外の株式や債券などの投資に必要な現地通貨への両替を、 証券会社が代行 してくれる決済方法です。米国株に投資する場合、「円」を「ドル」に替える作業を証券会社が代行してくれるので、「円」さえあれば国内株と同じように購入できます。

円貨決済

  • ①外貨両替する手間がなくなる
  • ②手元にドルがなくてもすぐに取引ができる
  • ③外国株専用の証券口座を開設しなくてもいい

円貨決済のデメリットは、為替手数料が 取引ごとに発生する ことです。購入時・売却時どちらの取引であっても、 毎回自動的に外貨両替 されるので、その度に為替手数料が発生してしまいます。

外貨決済の仕組みとメリット・デメリット

外貨決済とは、海外の株式や債券などに投資する際、あらかじめ外貨交換しておいた現地通貨を使って購入することです。つまり、米国株を投資する場合は、 あらかじめ円をドルに外貨交換した資金 を用意しておく必要があります。

外貨決済

外貨決済は、あらかじめ円を米ドルに両替するため、両替時しか為替手数料が発生しません。そのため、取引ごとに為替手数料が発生する円貨決済に比べて、 為替手数料を安く抑えられる のがメリットです。

  • ①外貨両替する手間がかかる
  • ②外国株専用の証券口座が必要
  • ③外貨両替した資金が口座に反映されるまで時間がかかる

マネックス証券の米ドル振替受付時間

外貨決済におすすめの証券会社は「マネックス証券」

米国株投資で外貨決済を利用するなら、マネックス証券がおすすめです。マネックス証券の外貨決済なら、為替手数料が購入時のみ 無料 になります。外貨決済に対応しているSBI証券と楽天証券と比較した表もご覧ください。

証券会社 手数料 取扱銘柄数 詳細
売買
手数料
(税込)
為替
手数料
(非課税)
個別株 米国
ETF
マネックス
証券
0.495% 無料 4,619 351
SBI証券 0.495% 25銭 5,628 342
楽天証券 0.495% 25銭 4,554 357

また、米国株をNISA口座で取引するなら、売買手数料も買付時のみ 無料 です。そのほか「銘柄スカウター米国株」というツールで米国株の分析がプロ並みにできたり、定期買付サービスで配当金再投資が自動でできたり、マネックス証券には米国株投資に役立つさまざまな機能やサービスがあります。

銘柄スカウター完全攻略マニュアル 」をプレゼントいたします。プレゼントの受け取りは、申し込みフォームでキャンペーンコード「 yasakabu 」の入力が必要なのでご注意ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる