バイナリーオプション攻略

指標の説明とおすすめのやり方について

指標の説明とおすすめのやり方について
効率よく成果をあげられているかを知りたいときは、以下のような財務指標で生産性分析を行います。

SaaSビジネスにおける企業KPI〜重要指標について解説

ASP(Average Sales Price/新規顧客1人あたりの平均収益)
ASPとは、1人の新規顧客が企業にもたらす収益の平均値を表す指標です。
ASPは一定期間内のNew MRRをその期間内に獲得した新規顧客数で割ることによって算出されます。
ASPを測定すれば、1人の新規顧客から得られる収益の質を知ることができます。
また、ASPをモニタリングすれば、後述するLTV(顧客生涯価値)の増減を早期に見極められます。

SaaSビジネスの「効率性(Efficiency)」を見極めるためのKPI

CVR(Conversion Rate/コンバージョン率)
SaaSビジネスにおけるCVRとは、リードやトライアルユーザーなどの見込み顧客から有料サービスの新規顧客になった人の割合を表す指標です。
CVRを測定することにより、顧客獲得の効率性を見極めることができます。

LTV(Life Time Value/顧客生涯価値)
LTVとは、1人の顧客が契約期間中に企業にもたらす収益の平均値を表す指標です。
LTVの算出方法にはさまざまなものがありますが、ARPAに後述する平均継続期間を掛けることで簡単に算出できます。
LTVを測定することは、1人の顧客にかけられるコストを見極めるうえで役に立ちます。
なお、LTVはCLV(Customer Lifetime Value)と呼ばれることもあります。

CAC(Customer Acquisition Cost/顧客獲得単価)
CACとは、1人の顧客を獲得するためにかかったコストの平均値を表す指標です。
CACは顧客を獲得するためにかかったトータルコストを新規顧客数で割ることによって算出されます。
なお、CACはCPA(Cost Per Acquisition)やCCA(Cost of Customer Acquisition)と呼ばれることもあります。

Unit Economics(顧客1人あたりの採算性)
Unit Economicsとは、LTVとCACの比率を表す指標です。
Unit EconomicsはLTVをCACで割ることによって算出されます。
Unit Economicsは、顧客を獲得するためにかけたコストが適切であるかどうかを判断する際に役立ちます。
Unit Economicsは3以上になることが望ましいと言われています。

CAC Payback Periods(顧客獲得コスト回収期間)
CAC Payback Periodsとは、顧客を獲得するためにかけたコストを何か月で回収できるかを表す指標です。
CAC Payback Periodsは、以下の数式を用いることで算出できます。

CAC Payback Periods=CAC÷(ARPA×粗利率)

CAC Payback Periodsのベンチマークは12か月以内と言われています。

Burn Rate(資金燃焼率)
Burn Rateとは、1か月にどのくらいのコストがかかっているかを表す指標です。
Burn Rateには総コストを測るGross Burn Rate、総コストから収入を差し引いたコストを測るNet Burn Rateの2種類があります。
多くの場合、Net Burn Rateの方が重視されます。

Runway(猶予期間)
Runwayとは、何か月で資金が無くなるのかを表す指標です。
手元資金をBurn Rateで割ることによって算出されます。
Runwayを測定することは、資金調達をはじめとする資金繰りを把握するうえで役立ちます。

SaaSビジネスの「継続性(Retention)」を見極めるためのKPI

Churn Rate(解約率)
Churn Rateとは、解約した顧客の割合を表す指標です。
Churn Rateには、顧客数の減少を測るCustomer Churn Rateと収益の減少を測るRevenue Churn 指標の説明とおすすめのやり方について Rateの2種類があります。

Customer Churn Rateは、一定期間内の解約者数を前期末時点の総顧客数で割ることによって算出できます。

一方、Revenue Churn Rateはさらに、解約や低額プランへの移行などによる損失金額から算出するGross Revenue Churn Rateと、解約や低額プランへの移行などによる損失金額から高額プランへの移行などによる増益分を差し引いたうえで算出するNet Revenue Churn Rateに分けられます。

Gross Revenue Churn Rateは、以下の数式を用いることで算出できます。

Gross Revenue Churn Rate=(Contraction MRR+Churn MRR)÷前期末時点のMRR

Net Revenue Churn Rateは、以下の数式を用いることで算出できます。

Net Revenue Churn Rate=(Contraction MRR+Churn MRR-Expansion MRR)÷前期末時点のMRR

なお、Net Revenue Churn 指標の説明とおすすめのやり方について Rateがマイナスの状態であることを、Negative Churnと言います。新規顧客を獲得しなくても収益が得られていることから、ビジネスが健全な状態にあると言えます。

CRR(Customer Retention Rate/顧客維持率)
CRRとは、一定期間内に顧客をどの程度維持できているかを表す指標です。
前期からの継続顧客数を前月末時点の総顧客数で割ることによって算出されます。

NRR(Net Revenue Retention/売上継続率)
NRRとは、既存顧客からの収益が一定期間内にどれほど増減したかを表す指標です。
既存顧客がどれほどファン化しているかを見極めたり、翌期にどれほどの売上を期待できるかを測ったりするうえで役立ちます。
NRRは、以下の数式を用いることで算出できます。

NRR=(期首の合計MRR+Expansion MRR-Churn MRR-Contraction MRR)÷期首の合計MRR

平均継続期間
平均継続期間とは、顧客1人あたりの契約の継続期間の平均値を表す指標です。平均継続期間は、以下の数式を用いることで算出できます。

平均継続期間=1÷Net Revenue Churn Rate

AU(Active User/活動顧客)
AUとは、契約に止まらず、実際にサービスを利用している顧客が何人いるかを表す指標です。
1日のAUであるDAU(Daily Active User)をMAU(Monthly Active User)で割ると、顧客のサービス利用頻度を測定できます。

NPS(Net Promoter Score/顧客推奨度)
NPSとは、顧客が利用しているサービスを他者に薦めたいと感じているか否かを表す指標です。
NPSは、顧客がサービスに対して抱く愛着や信頼、いわゆる顧客ロイヤリティを見極めたり、口コミによる収益の増大を期待できるかを測ったりするうえで役立ちます。

表:NPS

NRS(Net Repeater Score/顧客継続度)
NRSとは、顧客が利用しているサービスの利用を継続したいと感じているか否かを表す指標です。
NPSよりも正確に顧客ロイヤリティを測ることができると言われています。

表:NPS

RFV
RFVとは、Recency(直近の利用状況)・Frequency(利用頻度)・Volume(利用量)といった3つの指標の総称です。
RFVをもとに顧客を分類するRFV分析を行えば、SaaSビジネスのエンゲージメントを立体的に測ることができます。

WBGT(暑さ指数)について網羅的に解説!
おすすめの計測器も紹介

令和3年4月より、環境省と気象庁による「熱中症警戒アラート」の運用が始まります。新型コロナウイルスの感染予防のために、マスクの着用や充分な換気を行わなければならないため、コロナ禍の熱中症対策は特に注意が必要です。
熱中症リスクの判断基準として、WBGT(暑さ指数)を知ることが重要なのですが、まだWBGTに馴染みのない方も多いかと思います。
そこで今回は、 WBGTとは?という基礎的な部分から、重要性、計測方法、計測器の選び方を網羅的に紹介していきます。
WBGTを正しく理解し今年の夏を乗り切りましょう!


目次

■WBGTとは?
■WBGTの重要性
■WBGTを測るには?
■WBGT計測器の選び方
■おすすめWBGT計測器のご紹介

■まとめ

WBGTとは?

このように、近年、暑さへのリスク評価に用いられるWBGTですが、本来のWBGTは、Wet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の略称で、暑さを総合的に判断した指数です。熱中症を予防するために、1954年にアメリカで提唱され、熱ストレスの評価指数としてISO7243で国際的に規格化されました。

wbgt暑さ指数の説明図

・気温
・湿度
・輻射熱(日射により受ける熱や、地面、建物、体などから出る熱のこと)

WBGTの3要素の割合

WBGTの3要素の割合の図

ちなみに、湿度が高いと体から熱を外に出すことができなくなり、体内に熱がこもりやすく、結果として熱中症のリスクが高まります。 指標の説明とおすすめのやり方について 実際に、気温が同じでも湿度が高い日は熱中症の患者数が増加しやすい傾向があります。 熱中症のリスクに対応するためには、最高気温を気にするだけではなく、「WBGT(暑さ指数)」を参考にして対策することが重要です。

データ分析基礎知識サイト

商品分析にあたって、まず行なわなくてはいけないのが、商品カテゴリー分析です。顧客分析の手法(デシル分析、RFM分析)では顧客をいくつかのグループに分ける手法の一部をご紹介しましたが、同様に商品のグループ分けも非常に重要で、 商品の性質を知り、グループ化 をします。なぜ商品カテゴリー分析が重要かは、ALBERT独自のCTB分析についてこちらに記してあるので、ご参照いただきたいのですが、商品の分類(大分類、中分類、小分類)は、カタログやホームページの構成、仕入れ先の都合など、企業の管理のために作られたものではなく、どんな商品かがイメージできる、顧客の視点で考案されたカテゴリーで分類されていなくてはなりません。
例えば、ある商品の分類が「大分類:レディースファッション 中分類:ワンピース 小分類:大きなサイズ」となっていたとします。この分類では、どんな商品かが皆目見当が付きません。またもしその商品コード(SKU)がわかったとしても、その商品が既に廃番になっていたとしたら、その顧客がどんな商品を購入したかという意味のあるデータにはならないのです。どのような商品が売れたのかを分析したり、今後、どのような商品が売れるかを予測するときには、このようなタイプ、このような形や色、模様、ブランドのワンピースという商品イメージが特定できることに、大きな意味があるわけです。

購買ランキング

購買ランキングは、文字通り「売れた順に データを並べ替える 」作業です。最も簡単なランキングは、商品コード(SKU)を降順に並べる方法ですが、商品コードを並べただけでは、充分なインサイトを得られない事があります。商品コードが異なるが値引き販売やセット販売などで別の商品コードが使われていたために、正しい数値になっていない場合などです。購買ランキングを見るときにも、まずはデータをよく見て、目的に合った集計をしなくてはなりません。

また、購買ランキングは、全社で商品コード(SKU)を並べるだけではなく、カテゴリ別や地域別、支店別などの データを抽出 し、ランキング結果の違いを比較することで、様々な示唆を得ることができます。

ABC分析

重点的に販売する商品を絞り込んだり、売れ筋商品や死に筋商品を把握することで効率的にマーケティング施策を打つことができます。最もよく用いられるのがABC分析で、売上の高い順に 商品を並べ 、棒グラフと、高い順に足し上げていった売上高累積構成比を表わす折れ線グラフを作成します。

この例では、累積で70%までの売上を占める商品をAランク、70%〜95%までの売上を占める商品をBランク、残りの5%を占める商品をCランクとし 商品のグループ化 をしています。何%で切るかは、明確にこうでなくてはならないという規則はありませんので、60%と80%で切っても、70%と90%で切ってもよいわけですが、正規分布の標準偏差で考えると1σ以内の70%と2σ以内の95%で切るのが妥当という考え方もできます。

財務指標って何?29の重要指標と経営に活用する方法を目的別に詳しく解説

財務コンサル無料相談

倒産リスクや支払い能力を確認するための安全性分析を行いたいときは、現金や商品在庫・建物・有価証券などの「資産」と、支払手形や借入金などの「負債」の比率を以下のような財務指標で確認していきます。

5-1.指標の説明とおすすめのやり方について 流動比率

「流動比率」とは、短期的な支払い能力が問題ないかどうかを知るための指標です。

5-2.自己資本比率

「自己資本比率」とは、会社の資本のうち自己資本と他人資本(金融機関からの融資など)のバランスを知ることで財務状態の安定性をはかるための指標です。

5-3.指標の説明とおすすめのやり方について 当座比率

「当座比率」とは、基礎編で紹介した「流動比率」よりもさらに短期的な債務返済能力を知るための指標です。

5-4.負債比率

「負債比率」とは、会社の資本(資産)と負債全体の比率を示すことで自己資本に対する中長期的な債務返済能力を確認するための指標です。

5-5.固定比率

「固定比率」とは、会社の資本(資産)と固定資産の比率を示すことで固定資産への投資金額がどのくらい自己資本でまかなわれているかをあらわす指標です。長期的な支払い能力の分析に使用します。

5-6.固定長期適合率

「固定長期適合率」とは、固定資産が安定した資金でまかなえているかどうかを知るための指標です。

  • 計算式:固定長期適合率(%)=固定資産÷(自己資本+固定負債)×100
  • 見方:少なくとも100%以下にする

5-7.営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローとは、営業活動に伴う現金の収入と支出の差をあらわす指標で、「本業によるお金の流れ」を知ることができます。

<営業キャッシュフローとは>

  • 計算式:営業キャッシュフロー=税引前当期純利益 + 減価償却費 – 税金
  • 見方:プラスなら本業で現金を獲得できている

5-8.投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローとは、固定資産や株の取得や売却などの「投資活動に伴う現金の収入と支出の差」をあらわす指標です。

<投資キャッシュフローとは>

5-9.財務キャッシュフロー

投資キャッシュフローとは、借入金による収入や、借入金の返済や配当金の支払いなどの現金収支を見ることで「資金調達や返済の流れ」を知るための指標です。

<財務キャッシュフローとは>

  • 計算式:財務キャッシュフロー=資金調達等による収入-返済や配当金などの支出
  • 見方:一律には判断できない

このように資金調達の状況によってプラスにもマイナスにもなるので、結果よりもなぜその結果になったのかという原因そのものを把握しておくことが大切です。

6.生産性分析に使う財務指標

効率よく成果をあげられているかを知りたいときは、以下のような財務指標で生産性分析を行います。

6-1.労働生産性 指標の説明とおすすめのやり方について

「労働生産性」とは、企業が付加価値を生み出すために人件費をどのくらい効率に使えているかをあらわす指標です。

<付加価値の計算方法2パターン>

6-2.資本生産性

「資本生産性」とは企業が付加価値を生み出すために投入した資本をどのくらい効率に使えているかをあらわす指標です。

6-3.労働分配率

「労働分配率」とは企業が稼いだ利益をどのくらい人件費に還元しているかを示す、人件費の適正度合いを知るための指標です。

  • 計算式:労働分配率(%) = 人件費÷売上総利益(粗利益) × 100
  • 見方:高すぎても低すぎても望ましくない。50%前後が平均
  • 製造業:47.8%
  • 卸売業:48.6%
  • 小売業:49.9%

6-4.売上高付加価値率

「売上高付加価値率」とは、売上高に占める付加価値額の割合を算出することで企業が新しく創造した価値の比率を確認することができる指標のことです。

<中小企業の平均的な売上高付加価値率>

  • 建設業:25.41%
  • 製造業:28.31%
  • 情報通信業:41.44%
  • 運輸業、郵便業:36.33%
  • 卸売業:10.65%
  • 小売業:18.74%
  • 不動産業、物品賃貸業:37.63%
  • 学術研究、専門・技術サービス業:46.82%
  • 宿泊業、飲食サービス業:47.72%
  • 生活関連サービス業、娯楽業:25.26%
  • その他サービス業:47.74%

6-5.有形固定資産回転率

「有形固定資産回転率」とは、売上高と有形固定資産の割合を調べることで、会社の有形固定資産がどれだけ効率的に使われているのかを知るための指標です。

<有形固定資産回転率とは>

有形固定資産回転率の平均値は3.34回で、以下の通り製造業の方が高い傾向にあります。
出典: 財務省「法人企業統計調査からみる日本企業の特徴」資料 2

7.成長性分析に使う財務指標

会社の経営拡大の度合いや将来の可能性を確認するためには、以下のような財務指標で成長性分析を行います。

7-1.経常利益成長率(増益率)

「経常利益成長率」とは、経常利益が1年間でどのくらい増えたかを示す指標で、増益率とも呼びます。

<経常利益成長率(増益率)とは>

  • 計算式:経常利益成長率(%)=(当期経常利益 - 前期経常利益)÷ 前期経常利益 × 100
  • 見方:高いほど望ましい

7-2.総資本成長率

「総資本成長率」とは、資本が1年間でどのくらい増えて企業規模が拡大したのかを示す指標です。

総資本とは、資本と負債の合計です。
銀行からの借入金を増やしたり、設備投資を積極的に行って固定資産が増えたりするとこの数値はプラスになります。
すると、会社としての体力が大きくなり事業拡大できる将来性が高まったという風に捉えられます。

  • 計算式:総資本成長率(%)=(当期総資本-前期総資本)÷ 前期総資本 × 100
  • 見方:高ければ成長性が高いと捉える

7-3.売上高成長率(増収率)

「売上高成長率」とは、売上高が1年間でどのくらい増えたかを示す指標で、増収率とも呼びます。

<売上高成長率(増収率)とは>

  • 計算式:売上高成長率(%) =(当期売上高 - 前期売上高)÷ 前期売上高 × 100
  • 見方:高いほど望ましい

7-4.営業利益成長率

「営業利益成長率」とは、営業や販売費用も含めた本業の儲けを示す営業利益の伸び率を調べることで、「本業で利益を獲得する力がどのくらい成長しているのか」を知ることができる指標です。

  • 計算式:営業利益成長率(%) =(当期営業利益 - 前期営業利益)÷ 前期営業利益 × 100
  • 見方:高いほど望ましい

7-5.自己資本成長率

「自己資本成長率」とは「前期と比べて自己資本をどのくらいのペースで増やせたか」を示す指標です。

  • 計算式:自己資本成長率(%) =(当期自己資本-前期自己資本)÷ 前期自己資本 × 100
  • 見方:高いほど望ましい

7-6.売上高研究開発費比率

「売上高研究開発費比率」とは、研究開発にどのくらい注力しているのか、売上高に占める研究開発費の割合を知ることができる指標です。

<売上高研究開発費比率とは>

  • 計算式:売上高研究開発費比率(%)=研究開発費÷売上高×100
  • 見方:高ければ成長性が高いと捉える

<中小企業の売上高研究開発費比率>

  • 売上高研究開発費比率 0~1%:34.8%
  • 売上高研究開発費比率 1~2%:19.5%
  • 売上高研究開発費比率 2~3%:11.4%

7-7.従業員増加率

「従業員増加率」とは、その名の通り「前期と比べて従業員がどのくらい増えて企業が成長したのか」を示す指標です。

  • 計算式:従業員増加率(%)=(当期従業員数 - 前期従業員数)÷ 前期従業員数 × 100
  • 見方:一律には判断できない

8.財務指標を活用するときの注意点

29の財務指標について基礎と応用に分けて詳しく解説してきましたが、実際に経営に財務指標を活用していくときには、意識していただきたいポイントが以下のように2つあります。

8-1.複数の指標を活用して多面的な分析に活用する

利益を知るための指標だけを確認しているとこういったリスクを把握をすることができないため、失敗しない会社経営のためには複数の指標を活用して分析を行うことが大切なのです。

8-2.平均や他社の数値に捉われ過ぎない

そのため自社の特性をしっかりと理解した上で、自社が伸ばすべき点と改善すべき点をきちんと区別して対策を講じることが大切です。
一般論に当てはめてもそこに答えはないからです。

そんなときは税理士に相談するのもおすすめです。
財務指標を正しく理解して業績を伸ばすために何をすればいいのか判断するためには、プロと一緒に分析を行って戦略を立てるのが効率的だからです。

財務分析に詳しい税理士に相談したい方は、現在の税理士を変えなくても、無料で受けられる!簡易の財務コンサルティングサービスをご利用ください。

9.まとめ

財務指標とは、会社の財務状態や業績の良し悪しなどを数字で把握・評価するための指標のことです。

<財務指標を活用するときの注意点>

数多くの財務指標が存在しますが、これらはあくまでも財務状態を確認するためのツールでしかありません。
これらを全て暗記しなければならないというわけではなく、自社の目的を達成するためにはどの指標を活用すれば良いのか考えて選び、自分の会社なりに活用していくことが重要です。

税理士による無料相談

会社の悩みは、税理士に 無料 で相談して、スッキリ解決!
ビジョン税理士法人では、「税理士による無料面談」を行っております。

・決算直前にならないと、納税額が分からない
・税理士の対応が遅い!
・ミスが多い!担当がコロコロ変わる

・銀行融資のサポートをして欲しい
さらに・・・・
・税務調査で、税理士が頼りないと感じた
・先代からの付き合いで、コミュニケーションが取れない
・キャッシュフローについての説明が欲しい 指標の説明とおすすめのやり方について
・今の税理士は、税務署に提出する申告書を作るだけ!

【良くあるご相談事例】
・売上は順調なのに、お金が貯まらない
・社員と一体感のある経営を目指したい
・経営計画書を活用した経営に興味がある
・融資や資金繰りについて、相談したい
・現預金は、いくらあれば大丈夫なの?
・いくら「売上」や「利益」を稼げばいいの?
・銀行評価は、どこを改善すれば良くなるのか?
・税理士と会社経営の話がしたい

ご相談担当の税理士】
・代表税理士 鈴木宗也
・税理士 小池一匡
・税理士 香西良輔

【ご相談方法】
・ビジョン税理士法人にご来社
・ご自宅でWEBオンライン相談(最近WEB相談が増えてます)

DX推進ガイドラインやDX推進指標を活用して着実にDXを推進する方法とは

今回は、DX推進ガイドラインとDX推進指標に関する基礎知識や、ガイドラインや推進指標を活用して着実にDXを推進する方法をご紹介しました。
DXの推進については、「何をしたら良いかわからない」という状況が長く続いてしまい「DXの推進って本当に必要なの?」という考えに帰結するのが一番危険です。DX推進ガイドラインやDX推進指標を理解し、DX推進で取り組める部分はないか、取り組むべき要素はないかを精査しましょう。
同時に自社に合わせたIT技術を見つけるのは難しい場合もありますので、まずは事務作業の軽減やペーパーレス化、電子化などから取り組むことをおすすめします。当社の提供する「AnyForm OCR」であれば、OCRによって各種帳票の電子化・デジタル化が可能であり、ペーパーレス化の導入に役立ちます。文字認識の精度も高く、目視によるチェックや手入力の必要な事務作業の軽減とペーパレス化の両方を導入しやすくなっております。帳票のデータエントリー業務を効率化するソリューションである「DEFACT」シリーズにはアウトソーシングやFAXの電子化など、多角的にペーパーレス化する仕組みもございますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

RELATED ARTICLES

RANKING

AI OCRとは何か。最新のOCR技術とAIを組み合わせることで何が可能になるのか気になっていませんか。今回はAI OCRに関する基礎知識とOCRとの違い、そしてAI OCRの活用事例をメリットについて解説します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる