元トレーダーが解説

FXチャート(リアルタイム)

FXチャート(リアルタイム)
2022/5/26 14:30

外国為替市場

GBPJPY: ポンド円は三角持ち合いを上抜けそうです。

ポンド円の日足です。 三角持ち合いを上抜けそうです。抜けた。と判断しても良いのかもしれません。 長期的にも上昇トレンドなのでロングで良いかと思います。 最近はずっと「ロングを狙っていきたい。」と言っていましたし、ロングをしては細かく損切りを繰り返していたんですが懲りずにロングしていこうと思います。 三角持ち合いからの上昇という形にならない。と判断したらロングを辞める。さらにはショートに切り替えようと思います。そこら辺はチャートの見た目ですが。158円の下は少なくともショートしていきたいです。

USDJPY: 【為替・FX】USD/JPY ドル円の今週のポイント

《ドル円 日足》 ①BW終了 ②最大調整幅121円付近 ③まずはBBセンターまでの乖離埋め ④その後MA200まであるか 《ドル円 4時間足》 下方向だが勢いなし ①相場は下方向 ②MA200もブレイク ③ただ勢いがない ④今週は一旦MAの天井を試しに行くかも FXチャート(リアルタイム) ⑤白の水平線に注目 《ドル円.

AUDJPY: 【FX豪ドル円】下落からの戻し!次の注目点は?!

豪ドル円は安値を少しずつ切り上げながら上昇している。 トライアングルを短期的には形成しており、これをブレイクするかどうかが注目ポイント。 4時間足では6本連続の要線が出ている。 初心者にも分かりやすく解説しました。 #FX初心者

GBPJPY: GBPJPY 4時間~ 5/30~ 米国雇用統計に警戒

4時間 ① 上昇のFR100%まで上昇後→38.2%まで押されて反発中(前回投稿継続) ② 100%まで上昇できずレンジの動きになっています。 ③ 現状61.8%でもみ合い中なので、3波を付けに上昇か38.2%まで下落するかの局面になっているので週初めはドルの動きを注視しましょう。 FXチャート(リアルタイム) ④ ドルの動きを見るとやや上昇も厳しいかとも考えているので3波からの売りは狙いと考えています。 週足視点 終値=160.56(+0.44%)→高値161.02→安値157.99で終了。 ① ポンドルの週足=+1.07%⤴→対ドル円の週足=▲0.67%⤵ ② 米国長期債権利回りが鈍化→対ポンドは2%付近で伸び悩みなことから、優位が見られないまま終了しています下降FR38.FXチャート(リアルタイム) 2%を上に抜いてくると163.0を意識してくるでしょう ③ 週末の雇用統計に注.

GBPUSD: 【週間展望】GBPUSD 2022.05.29

急落後の調整局面で短期FIB61.8と中期FIB38.2が重なる1.2725が上値目途 現状も1.2700が長期のレジスタンスとして機能しており、そろそろ反転しそうなイメージ 大きく下げるかは1.2500の攻防次第 予想レンジは上は1.2730、下は1.2500 短期トレンドラインを明確に割れば持っているロングポジションを手仕舞いして様子見

GBPUSD: 【自分メモ】2022/5/23~ポンドドル

①環境認識 日足→上目線かな? 4時間足→上目線 1時間足→上目線だが現状はレンジ気味 ②まとめ 各時間足が上目線となってきた 来週は4時間足を中心にロングエントリーポイントを探す 75EMA→青色 200EMA→紫色 デイリーピボット→白色 ウィークリーピボット→緑色 ※ライン設定色 FXチャート(リアルタイム) 週足→緑色 日足→白色 4時間足→黄色 ※トレードマイルール ・チャートを21時~0時までしか見ることができないため、その時間内で エントリー~決済までする。 ・4時間足・1時間足の目線が一致するときにエントリー

EURUSD: 【自分メモ】2022/5/30~ユーロドル

①環境認識 日足→週足水平ラインで反発。一旦は上目線 4時間足→上目線。 1時間足→上目線だが現状レンジ気味 ②まとめ 週足水平ライン1.07598を上抜けできずに揉んでいる 4時間足レベルで、 上抜けすれば、さらに伸びそうなのでロング 下落してもロングエントリーを検討 ※表示インジゲーター 20EMA→オレンジ色 75EMA→青色 200EMA→紫色 デイリーピボット→白色 ウィークリーピボット→緑色 ※ライン設定色 週足→緑色 日足→白色 4時間足→黄色 ※トレードマイルール ・チャートを21時~0時までしか見ることができないため、その時間内で エントリー~決済までする。 ・4時間足・1時間足の目線が一致するときにエントリー

EURGBP: EUR/GBP

相似形の台形を確認。 15分足でダブルMを形成してから上昇に 向かう可能性あり。

USDJPY: USDJPY 4時間~ 5/30 追加政策金利の上昇が重荷か

4時間視点 ① 下降FR100%を下抜いてから反発中ですが、再度127.0を下抜くと138.2%付近も視野に入るので注意しましょう。 ② 米国長期債権利回りが弱まると同時にドルの上値が重く感じます。来週も戻り売りで考えます→ US10Y .

USDJPY: USDJPY 5/30-6/3 日足レベルの押し目買い狙い

【環境認識】 〇日足(上目線) ・昨年からの上昇トレンド継続中 ・3,4月は2か月連続大陽線、5月は高値圏での調整になりそうな動き ・週足レベルでは、2015年高値を上抜き、一時131.0を上抜けたが、2001年高値手前で失速 ・その後、キリ番である130.0でレジされ、下落調整中 〇4時間足(上目線よりのフラット) ・4月高値とラスト押し安値の間で、1時間レベルの下降トレンドが出ている ・今週安値が、一時、ラスト押し安値を下抜いたが、終値は下ヒゲとなってラスト押し安値でサポされた ・結局、先週に引き続き、4週前陽線ではらまれ、高値圏を形成する動きになった 【戦略】 FXチャート(リアルタイム) ・高値圏形成中のところ、ここから4月高値に向けてもう一山作る前提で、日足レベルの押し目買いを狙っていきたい ・今週安値のサポが崩れても、一段下からすぐ.

GBPUSD: GBPUSDロング

GBPUSDロング 5/25(水) 1:00 1.2542 1Dトレンド↓だが、1M・1Wのサポートに対して前週にコマ足包み線を形成していた。 1Dの1.25000のレジスタンスに対してブレイクした翌日に、 次の1Dレジスタンス(戻り高値1.26350)付近まで上昇すると見込んで、 プルバックを待ってのトレード。 短期足でのサポートとなる1.2473付近で15m・1hでWボトムを形成し、 ブレイクしたところでロングエントリー。1.2542 短期足のレジスタンス1.FXチャート(リアルタイム) 2560で揉み合ったが、その後ブレイクしていった。 1つ目は直近高値で決済。5/26(木)2:00 1.2590 +48Pips 2つ目は1D戻り高値ブレイクを狙ったが、金曜日までにブレイク出来なかった為、 戻り高値の少し手前で決済。5/28(土)2:00 1.

GBPJPY: GBP/JPY 5/26 ショートエントリー #すばるライン🐝

【エントリールール】 *環境認識で使用する時間足* 長期→日足 中期→4時間足 短期→1時間足 *エントリーする時間足* 4時間足でスイングトレード *注文方法* 指値注文 IFO注文 注文時に利確 損切り位置を決定し、その後分割利確を設定する *トレードルール* 中期チャネルに順張り 中期チャネル上限下限付近へ到達後に短期チャネルを上抜け 短期トレンドが中期トレンド方向へ転換(高値安値更新を確認)水平線エントリー 根拠は2つ以上 *R/R* .

EURJPY: #すばるライン

◆EUR/JPY◆ ◆トレード手法紹介◆ 👉分析 :テクニカル分析のみ 👉使用時間軸 :4時間足,日足 👉トレードスタイル :スイングトレード 👉注文方法 :アラーム⇨成行注文 👉決済方法 :OCO方式 👉利確/損切回数.

USDJPY: ユーちぇるのチャート分析

ドル円 週足 3週続落 引き続き米長期金利(US10Y)に強く連動してる状態 テクニカルポイントで反発はしてる まだ下を掘る可能性もあるので、反発を確認してから買いを検討したい

EURUSD: ユーロドル-2022/5/24-

ユーロドルの週足です。 ECBの利上げ観測が出てきていますので、少し反発をしています。 とはいえ、ファンダもテクニカルも戻り売りで見ています。 戻りのめどについてですが、目先は1.08あたり、もし、ここを超えれば1.10あたりかと思われます。 ただ、1.08近辺はレジスタンスとして機能しそうなので、ここを超えるには、利上げ観測以外の 別の要素が必要かもしれないです。

USDJPY: FX ドル円5 / 30からの相場予想

4時間足 平行チャネルの下限は126円付近です。 一度そこまで下げた後に、強く上昇してくれると気持ちいいですね。 黄色のラインを見てもわかるように、下落の幅が小さくなっていますね。 インジケーターは方向感がありませんが、ロウソク足はわずかに安値を切り上げています。 再び131円を目指すにはGMMAを強く上抜けて欲しいところですね。 直近はしばらくもみ合いになっていましたので、そろそろどちらかに動きそうですね。 GMMAを見ていると再び下落しそうにも見えますが、小さく安値を切り上げていますので、一旦上昇しそうにも見えます。 下落のターゲットは126円付近、上昇のターゲットは128円付近ですね。 128円を明確に上抜けると、次のターゲットのオレンジの点線(129.8付近)を目指して上昇しそうです。 続きはブログで確認.

USDJPY: 米ドル/円日足チャート。トレンド判断。

2022年5月17日(火)米ドル/円の環境認識。 日足チャートから見ていきましょう。 高値切り上げ、安値切り上げの上昇トレンド。 上昇トレンドの下落波動。 ローソク足で数えて52本の上昇に対して、6本の下落。 移動平均の並びは上から9MA、25MA、75MA、200MAと最強の並び。 移動平均線の傾きは9MAが下向き、それ以外は全て上向き。 レートは9MAと25MAの間。 直近ボトムとピークにブルーの水平線(実線)を引いています。 ボリンジャーバンド±1~±3σを表示(全て紫色)させています。 直近ボトム114.408円を下回るとトレンドレスに転換。 2つ前のボトム113.469円を下回ると実質下降トレンドに転換。 今日の方針です ①129.642円超えを逆指値買い ②調整を待って129.1.

GBPJPY: 5/17 ポンド円 ドル円 検証とシナリオ

検証としては微妙な結果になった。シナリオが甘かったのか、168.9がひとまず天井というのがあってれば、全部正解となるばかりだ。結果論だが、損切りしながらも157.9で損益が最大化するようなトレードを組むべきだった。 トレード自体は、ポンドドル中心にしてたので、細かいトレードか、ポンドドルに合わせたトレード。 ドル円は高値を越えたが、その後下落。トレードしてないので、他人事だがだいたい正解かな、と思っている。 上昇があまりにきつく、トレンドフォロアーが餌食になった格好だ。 ドル円は127~132でのレンジシナリオは継続。 ポンド円はピンクの修正波が終了し、緑の4波、オレンジの3波の初動(2波のレンジ)。

FXチャート(リアルタイム)

FXネオとCFDに対応 FXとCFDのチャートを並べて表示

チャートを見ながら素早く発注 FXネオとCFDの「スピード注文」機能を搭載

スピード注文機能を搭載し、新規・決済・ドテン・同一銘柄の全決済注文もワンクリックで操作できます。
FXネオとCFDのすべての銘柄をプラチナチャートから注文可能です。
※スピード注文の注文種別は成行のみとなります。
※建玉の保有状況や約定履歴はWeb取引画面等他のツールからご確認ください。

組合せは2,000万通り以上!外国為替、金・原油、指数などの相関を見る比較チャート

多彩な分析手法に対応 38種類の人気テクニカル指標

単純移動平均線
指数平滑移動平均線
一目均衡表
ボリンジャーバンド
パラボリック
ジグザグチャート
線形回帰トレンド
HLバンド
エンベロープ

ケルトナーチャネル
カオスアリゲータ
バランスオブパワー
アルーン
平均足
P&F (ポイント&フィギュア)
陰陽足
新値足
カギ足

MACD
RSI
RCI
ストキャスティクス
DMI
ADX
ADXR
RVI
モメンタム
移動平均乖離率

オーサムオシレーター
ウィリアムズ%R
ACオシレーター
CCI
ブルパワー
ベアパワー
サイコロジカルライン
ROC
デマーカー
A/Dライン

高度な分析も強力サポート 25種類の多彩な描画オブジェクト

ホリゾンタルライン
バーティカルライン
トレンドライン
チャネルライン
サークル
アングル
トライアングル

レクタングル
五角形チャート
フィボナッチ・リトレースメント
フィボナッチ・ファン
フィボナッチ・チャネル
フィボナッチ・タイムゾーン
フィボナッチ・アーク

フィボナッチ・エクスパンション
ギャン・ライン
ギャン・ファン
ギャン・グリッド
エリプス
片矢印
双方矢印

FX・為替チャートのリアルタイム表示フリーソフト・エクセルテンプレート

株価の取得、為替取引

為替取引は、2国間の通貨の為替差を利用して、利益を獲得していく取引方法のことです。
為替取引で利益を獲得するためには、為替レートや各種指標の注視が必要となります。為替レートは、取引所や証券会社などからインターネットを通じ、取得することができます。
為替取引では、短期間で利益を獲得していくこともできますし、中長期で利益を獲得していくこともできます。短期間で利益を獲得しようと思うと、つねにリアルタイムで為替レートを監視しておく必要があり、専用ソフトなどを使わないと難しい場合も多いです。
また、短期間、中長期どちらで利益を獲得するにもかかわらず重要なのが、各国の失業率などの各種指標の発表や各国の要人の言動です。各種指標の数字や要人の言動により、為替レートが急騰もしくは暴落することも珍しくなく、思ってもみなかった損失などを生むこともあるので、注意が必要です。

FX・為替チャートのリアルタイム表示フリーソフト・エクセルテンプレート

Realtime Rate FX

FX ガジェット

Web 為替モニター

Fx Ninja

為替 リアルタイム

トッパー FX

Fx Rate Watcher

為替レートリアル監視ツールです。リアルタイムな為替レートをガジェット状に背景を透明にしてデスクトップ上に表示します。USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USDなどの40種類ペアを表示可能です。レートは、各ペアに対し Ask(買い)とBid(売り) の順で表示されます。excelのような簡単操作です。

週トレシステムツール よしお君 FX

FX Gold Note

FXリアルタイムレート自動収集ソフト

為替計算機

ウェブグラフ飛天

FXGoldNote

為替マーチンゲール法

FX・為替チャートリアルタイム表示のフリーソフトの制作者

〔トキワ 個別教育研究所〕
Web為替モニターは、151ヵ国の通貨の為替レートをリアルタイムで表示できます。英単語でタイピング練習ソフト、英単語暗記テストソフト、歴史年代記憶ゲーム(高校受験程度)ソフトなど。

〔Martial Fox〕
過去チャート表示ツール FXレジェンドは、簡単に過去の為替チャートが1分足から見れるソフトです。FX勝利の方程式を探す君は、 過去の1分足データをもとに、こういうパターンで取引をするとどうなるか、をシミュレートしてくれる株価チャートソフトです。

〔なりてん〕
MT4用MAエントリーRCIクローズ自動売買EAソフトは、MT4(Meta Trader 4)用の自動売買を行うEAで、移動平均を使ってEntryし、RCIを使ってCloseすることができます。3line描画RCI(Rank Correlation Index)インディケーターできるソフトです。

〔fuku〕
個人投資家を支援するハイテク指標装備、動画チャートで投資技術を習得できます。商品先物(金、銀、WTI原油など)、ドル円、N Yダウなどの取引データを自動で無料収得できるおすすめアプリです。株価チャート・分析ソフトとしてもおすすめです。

FXに必須のリアルタイムの為替チャート

「FX」という名称は、外国為替(Foreign Exchange)が略称された言葉、「フォレックス(Forex)」が更に略された形で生まれました。FXは日本語で「外国為替証拠金取引」と言い、外国為替を取り引きして儲けなどを出す金融商品です。
FXは人気がある金融商品です。それはFXがインターネットを介してリアルタイムで取り引きが簡単にできる商品だからです。しかし、人気があるが故にユーザーも多く、そして人気とは裏腹に儲けることはそこまで簡単ではありません。

そもそも為替とは?

FXを知るには「為替」の意味合いを知る必要があります。
日本は円、アメリカはドルといった形で、世界各国それぞれの国には独自の通貨が存在します。ユーロは例外となりますが、基本的には通貨はその国でしか利用できません。そのため、他の国へ旅行や貿易を行う時には、通貨を相手国の通貨に変える、いわゆる外国為替を行う必要があります。
この相手国の通貨に交換するという行為を「外国為替」と言います。そして通貨を交換する際の比率を「外国為替相場」または「為替レート」と言います。一般的には「為替レート」という言葉の方が使われる場面は多いようです。この為替レートは、1ドルが120円といった具合に、ドルの価値を円で換算しています。為替レートの見方を変えれば、120円を1ドルで買うといった見方ができるのです。
為替レートは変動していますから、1ドルを120円で交換したとしても、明日には1ドルが118円に変わっている可能性もあります。これがいわゆる「ドル安」または「円高」と言われるものです。一方で、為替レートが変動し1ドルが120円から122円になれば「ドル高」または「円安」となります。

リアルタイムの為替チャートを活用して行う人気の為替取引FXとは?

先に触れたように、為替レートは需要と供給により日々変動します。これを金融商品として取り扱っているのがFXというわけです。FXは日々の為替レートにおける為替チャートと連動するようにFXチャートも上下します。
そのため、ドルを売りたい人よりも買いたい人が多ければドルの価値は上昇し、ドルの円に対する為替レートも上昇するわけです
このドルの需要という部分の例を簡単に上げるうとすれば、例えば自動車などをアメリカに輸出するとしましょう。自動車の輸出をアメリカに行うと、代金はドルで支払われます。ドルで支払いを受けた日本企業はドルを円に交換します。これがドルを売って円を買い取るという動きとなるわけです。

世界のどこからでも24時間リアルタイムに取引できるコンピュター取引

例えばキュウリやレタスなどは卸売市場で売買取り引きされます。株式や債券といった有価証券については記入商品取引所で取り引きが行われています。こういった取り引き場があるように、通貨に対する取り引きは外国為替市場で行われています。
しかしながら、通貨の取り引き場は実際に取り引き場所が存在するわけではありません。円やドルそしてユーロといった通貨の取り引きは、銀行にあるコンピュータや電話など、銀行同士での取り引きで成り立っています。
少し前は、外国為替取引は電話での取り引きがほとんどでした。しかし現在ではコンピューターを通してリアルタイムで取り引きが行われています。コンピューター取り引きであれば、世界中どんな場所からも24時間取り引きを行うことが可能で、パソコンさえあれば、最新の情報をいつでも引き出せることができるのです。

リアルタイムな為替チャートの読み取りは慎重に

エクセルやフリーソフトなどにある為替ガジェットの活用

リアルタイムの為替チャートに便利なエクセルやフリーソフト、アプリの活用

為替ガジェットで為替チャートをリアルタイムでチェックしただけでは、FX取り引きを成功させることができません。
為替チャート・FXチャートを読み解くためには、株価チャートやこれまでの為替の流れなどを分析する分析ソフトの存在も不可欠で、利用するのがおすすめだと言えます。分析ソフトはFX取り引きで必要な分析情報を為替ガジェットから取り込んだり、インターネットからリアルタイムで情報を取得したりして行います。
こうした、FXチャート・株価チャートからリアルタイムで分析を行うソフトやアプリは、フリーソフトなどで無料ダウンロードが可能なものもあります。しかしながら、フリーソフトやフリーアプリなどの無料で提供されているソフトは、株価チャートや過去の為替レートなどに対する分析ソフトとしては力不足な場合もあります。そういった意味ではシェアソフトや有料アプリの方が分析力は上で、さらにおすすめしたいところです。
また、FX管理やFXx損益計算といった部分も、フリーソフトなどの無料でダウンロードできるソフトに比べるとシェアソフトは雲泥の差があります。FX管理やFX損益計算は、分析ソフトという観点から見ると、付加要素的に捉えられてしまい不必要なツールだと感じるかもしれません。しかしながら、FX管理やfx損益計算はfxを行う上では非常に大切な機能です。それは、FX管理やFX損益計算で日々の成績をチェックしなければ、自分の失敗や成功を振り返ることができないからです。こうした日々の取り引きをより成功に導くためにも情報を整理しておくのはおすすめの方法だと言えるのです。

FX管理やFX損益計算をexcel(エクセル)のテンプレートに頼るという方法もあります。それは、FX管理やFX損益計算であればexcel(エクセル)テンプレートレベルで簡単に管理ができるからです。また、リアルタイムで更新を行う必要がない情報でもあるので、よりexcel(エクセル)テンプレートでの管理に向いています。
ただし、株価チャートなど分析ソフトの能力を補うことがexcel(エクセル)テンプレートでは到底できないのも事実です。
そこで、簡易的な管理はexcel(エクセル)テンプレートを用いて行い、株価チャートなどの分析部分はフリーソフトやフリーのアプリなど無料の分析ソフトに任せるというのも一つの方法です。
無料のソフトであればダウンロードして簡単に取り扱うこともできます。また、FX管理などで利用できる、無料ダウンロード可能な人気のexcel(エクセル)テンプレートも存在します。こうした無料でダウンロードできるexcel(エクセル)や人気の高いソフトなどを用いて、簡単にかつ柔軟にFX取り引きに対応していくことがおすすめだと言えるでしょう。
また、株価チャートやFXチャートなどに対してより分析力のあるシェアソフトをダウンロードして、より精度の高い分析を行い取り引きを成功させるのが最もおすすめの方法の一つでもあります。シェアソフトの良い部分、フリーのソフトやフリーのexcel(エクセル)の良い部分や簡単に使える部分をフル活用して、さらに人気が高いおすすめのFX攻略法などを駆使しながらFX取り引きを勧めていくと良いでしょう。

ロシアルーブル/円(RUB/JPY)

2022/5/30 07:12 FXチャート(リアルタイム)

来週のマーケット展望 円は127円挟みもみ合い、株は上値重く

来週のマーケット展望 円は127円挟みもみ合い、株は上値重く

ドル高が止まった? 早くも「FRBが0.5%利上げ断念」の思惑(FXストラテジー)

ドル高が止まった? 早くも「FRBが0.5%利上げ断念」の思惑(FXストラテジー)

米株式の「弱気相場」で米金利に頭打ち感、チャートは三尊天井

米株式の「弱気相場」で米金利に頭打ち感、チャートは三尊天井

2022/5/26 16:00

FRBの過度な引き締め警戒感が後退している(米株ストラテジー)

FRBの過度な引き締め警戒感が後退している(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 池谷 信久、片平 正二、川口 究】 米連邦準備理事会(FRB)が25日に発表した、5月3~4日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、大半の参加者が「今後2回の会合でも […]

2022/5/26 14:30

PC・アプリ版のFXチャートおすすめを5社比較!見やすい・使いやすいのはどこ?

PC・アプリ版のFXチャートおすすめを5社比較!見やすい・使いやすいのはどこ?

「FXに興味はあるけど、まず初心者はどのくらいの資金から始めるべきか?」このように気になる方は多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、初心者に向けてFXを始める時のベストな資金量や、少額資金から始めるメリット・デメリットについて詳しく解説させて頂きます。 FX少額取引におすすめFX口座3選 外.

3:情報が豊富

FX取引では 経済に関するニュースなどの情報 がとても大切です。FXチャート画面からは同時にニュースや投資情報にアクセスできることも多く、仕様は各FX取引会社によって異なります。

株や仮想通貨などと同じで、 リアルタイムの情報を仕入れるのは有利な取引をする上で大切 でしょう。

4:無料で使える

FXチャートの選び方

有料のFXチャートも中にはありますが、 余分なコスト削減のためにも無料のチャートがおすすめ です。有料チャートには機能がより多く備わっていますが上級者でない限りは無料チャートで十分でしょう。

FXチャートの重要性とは?

FX取引ではさまざまな要素がある中でも「FXチャート」はどの程度重要なのでしょうか、今回当サイトでは 先輩トレーダー約600名にFX取引で大切なポイント をアンケートしました。

アンケート:大切なポイント

なんと FXチャート(リアルタイム) FXチャート(リアルタイム) 半数以上が「チャートの動き」を重点的に見ている ということがわかりました。FX取引にはその他さまざまな要素が複雑に関係していますが、チャートに出る情報がその結果となります。

ですが FXチャートは多種多様です。 自分の取引手法やスタイルを考慮した上で口座を活用した方が最大限に利益を上げらるでしょう。

よくある質問

PC/Web版であれば「DMM FX:プレミアチャート」がおすすめです。29種類もの指標を備えており、 複数銘柄を比較できるチャート画面 なので、精度の高い分析が可能でしょう。

また、当サイトが独自で行ったアンケートでは 「先輩トレーダーの50%」がチャートを重要視している ことがわかりました。

アンケート調査について

調査概要 FXに関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 FX取引を経験している方(20代〜60代)
調査対象者数 643名(男性446名:女性197名)
調査実施期間 2021年12月〜
調査対象地域 日本国内
実査期間 株式会社ジャストシステム
ファストアスク

FXおすすめチャート:まとめ

本記事で紹介したFXチャートはどれも 無料かつ多機能で利用できるもの ばかりなので初心者にもおすすめ!デモ取引できるところもあるので まずは口座開設して触れてみる のが良いでしょう。

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる