仮想通貨ニュース

低スプレッド

低スプレッド
あすか

スプレッド

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou 低スプレッド Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • 低スプレッド
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google 低スプレッド はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

海外FXスプレッド10社徹底比較!最狭・ゼロ・ノースプレッドの業者を一挙紹介!

あんな

あきら

\3000円のボーナス!/

スプレッドとは

スプレッドとは

スプレッドとは「 買値と売値の差額 」です。

スプレッドの説明図解

スプレッドの説明図解

スプレッドの説明図解

スプレッドの説明図解

同時に売ったら、本来「プラマイ0円」になるはずです。

  • 100.857円で買い、
  • 100.853円で売るので、
  • 0.04円の損

あなたが買った瞬間から、そのドルの価値が「0.04円下がっている」

完全な同時なので、相場は動いていません。

下がった原因は 「その差額をFX業者が取っている」 ためです。

あすか

かずき

ただ、口座への入出金の手数料などの 「純粋な手数料」とは、本来の意味が異なる と理解しておいてください。

海外FXで重視すべきなのは、最初に説明したとおり「 低スプレッド 低スプレッド 業者の総合評価 」です。

あんな

あきら

\3000円のボーナス!/

海外FXと国内FXのスプレッドの違い

海外FXと国内FXのスプレッドの違い

FXのスプレッドに関して「 国内と海外でどう違うのか 」が気になる人も多いでしょう。

仕組み:変動制か固定制か

海外と国内のFXのスプレッドの一番の違いは「 変動制か・固定制か 」です。

海外FX変動制
国内FX固定制

海外FXは変動制なので、スプレッドが広くなることも狭くなることもあります。

国内FXは固定制なので、スプレッドでどれだけ取られるかを明確に計算できます。

まいこ

りょうた

  • 世界のFX会社はほとんどが変動制
  • 世界のFX投資家も、変動制の会社を使う
  • 日本人の投資家も、稼いでいる人はほとんど変動制
  • 固定制は「DD方式」でないとできない
  • DD方式は「業者が市場とあなたの間に入る」形式
  • あなたが「売る」なら、業者は「買う」ことになる
  • あなたの利益と業者の利益が相反する
  • ゆえに「不透明なトレード」が起こりうる

口座タイプ

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • プロフェッショナル口座
  • ゼロスプレッド(ノースプレッド)口座

これは、 国内FXの場合「通常でもほぼゼロスプレッドに近い」 ためです。

あんな

りょうた

スプレッドが狭いおすすめの海外FX業者

スプレッドが狭いおすすめの海外FX業者

低スプレッド 低スプレッド
FX業者 USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY

XM Trading
1.低スプレッド 4~1.7pips 2.0~2.4pips 3.5~3.低スプレッド 7pips

GEMFOREX
1.6~1.8pips 1.5~1.低スプレッド 7pips
1.9~2.0pips

iForex
0.7 pips 1.2 pips 2.3 pips
低スプレッド
LANDFX
0.8~1.2pips
1.4~2.5pips 1.4~2.1pips
AXIORY
AXIORY
1.2~1.3pips 1.2~1.5pips 1.5~1.7pips

BigBoss
1.5pips 1.9pips 2.4pips
IS6FX
IS6FX
1.6pips 2.3~2.5pips
3.1~3.5pips

HotForex
1.6~1.7pips
1.4~1.6pips2.8~2.9pips

Tradeview
1.8~2.0pips 2.2~2.4pips
2.6~2.8pips
FBS
FBS(エフビーエス)
1.2~1.6pips 1.7~2.0pips
3.6~4.2pips

以下、それぞれの業者について、 スプレッドがどこでわかるか、業者自体の特徴はどうなのか を解説していきます。

XM 低スプレッド Trading

XM Trading公式サイトのキャプチャ画像

最大レバレッジ888倍
平均スプレッド 1.4~1.7pips
取引通貨ペア57種類
取引ツールMT4/MT5

レーダーチャート

公式サイトのキャプチャ画像

それぞれ平均スプレッドは0.1~0.6pipsと変動がありますが、 最小はすべて0 です。

公式サイトのキャプチャ画像

まいこ

低スプレッド

この 96,000円は利益が減るだけで、投資家にとって得は1つもありません。

無駄なコストを支払わないように、スプレッドの狭いFX会社をパートナーにして取引しましょう。

【要注意】スプレッドで損する3つのケース

スプレッドを無視すると損をする

スプレッドを気にせず取引していると、思わぬところで損をしてしまいます。

【スプレッド失敗パターン】

①経済指標発表タイミングで取引する
②早朝にスプレッドが広がり損をする
③突発的な出来事で市場がパニック状態で取引する

①経済指標の発表タイミングで取引して損をする

スプレッドは経済指標発表時に広がる

なぜなら、重要な経済指標発表されると、先行きへの不安や期待から同時に大量の注文が発生し、 スプレッドが広がる からです。

FX会社が提供するツールには 経済カレンダー機能 がついているから、取引前には要チェックだ。

②早朝にスプレッドが広がり損をする

なぜなら、日本時間の早朝は通貨の取引量が少なく、注文を成立させるためにスプレッドが広がるからです。

普段は0.2銭の米ドル/円のスプレッドが5.0銭を超える ことも日常的に起こります。

③突発的な出来事で市場がパニック状態での取引

テロやクーデターなどの事件や、○○ショックのような突発的なパニックが起こると、取引が一方向に集中しスプレッドが広がります。

取引方法でスプレッドの影響は変わる

スプレッドの影響は取引手法で変わる

なぜなら短期投資ほど細かく取引を繰り返すので、支払うコストもその分増えるからです。

低スプレッド
トレードスタイル 取引時間 取引回数 スプレッドの影響
スキャルピング 数秒~数分 非常に多い
デイトレード 数分~数時間 多い
スイングトレード 数日~数週間 少ない
長期トレード 数か月~数年 少ない

特に数秒から数分の内に取引を繰り返す スキャルピングは取引回数が多くなる ためスプレッドの影響は無視できません。

【スプレッドの影響 大】
スキャルピング・デイトレード

【スプレッドの影響 小】
スイングトレード・長期トレード

スキャルピング、デイトレードは影響が大きい

短期取引はスプレッドの影響が大きい

スキャルピングは数秒から数分の値動きから利益を狙う短期取引です。

一度に数pipsの小さい利益を狙って取引を繰り返すので、スプレッドのコストも積み重なります。

スイングトレード、スワップ狙いの長期トレードは影響が少ない

長期投資はスプレッドの影響が小さい

数日~数週間以上の長期投資はスプレッドの影響が小さい手法です。

スプレッドのコストを下げる方法

スプレッドのコストを下げる方法

せっかくFXを始めるのなら、できるだけ不要なコストは払わずにお得に始めたいですよね。

ここでは お得に取引するための秘訣 を紹介します。

①キャンペーンを使う

キャンペーンがあるFX会社で取引を始める

FX会社は新しいユーザーを獲得するためのキャッシュバックキャンペーンを開催しています。

例えば、 GMOクリック証券 なら取引量に応じて 最大30万円のキャッシュバック を受け取れます。

②取引手法や通貨で業者を使い分ける

FX会社でスプレッドが違うのですから、用途に合わせて業者を使い分けるのは賢い選択です。

少額でスキャルピングを試すなら、スプレッドが狭く、1通貨から取引できる SBI FXトレード が最適です。

初心者におすすめのスプレッドが狭い会社3選

初心者におすすめのスプレッドが狭いFX会社3選

FX取引高 世界第1位「GMOクリック証券」

GMOクリック証

低スプレッド
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨 300,000円

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

取引高 世界第1位 からもわかる通り、皆が使っているFX会社だ。

取引コストが安く、初心者向きの「DMM FX」

DMMFX

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック 低スプレッド
1万通貨
マイナススワップが大きい
200,000円

最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者からプロまで対応する高機能チャートが無料で使える
・取引結果を自動分析してくれるので、トレードの実力がUPしやすい

初心者でも使いやすく、プロもうなる高機能チャートが有名!

スプレッドが安いので、デイトレなどの取引回数が多くなるトレードでも取引コストを安くすることができるよ。

取引結果を自動で分析してくれるので取引の実力が伸びやすく、初心者に一番おすすめのFX口座。

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

低スプレッド
スプレッド
(ドル/円)
低スプレッド
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適 低スプレッド
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

低スプレッド

ネットストアなら合計5,000円(税込)以上で送料無料です!(一部商品を除く) カートに5,000円(低スプレッド 税込)入っています。ネットストアならあと0円(税込)で送料無料です!(一部商品を除く) カートに5,000円以上入っています。ネットストアなら送料無料です!(一部商品を除く) ハンズクラブ会員ならネットストアで合計5,000円(税込)以上で送料無料です!(一部商品を除く)

"低スプレッド外国為替取引プラットフォーム【k0001.co】マスターはお金を稼ぐ先物投資リスク規制【k0001.co】金儲けfj5gsgy2c.com"の商品一覧

今、コレ売れました 店舗で、ネットで今売れたものをご紹介

4903301165996-6

45076411-6

4902778092958-6

4571511771964-6

4901478179600-6

4573202061163-6

4560302530170-6

4902778092873-6

8809477830958-6

4968789645682-6

4901008640433-6

4546188000037-6

4902505463099-6

4560151455174-6

4968789645712-6

4903301165996-6

45076411-6

4902778092958-6

4571511771964-6

4901478179600-6

4573202061163-6

4560302530170-6

4902778092873-6

8809477830958-6

4968789645682-6

4901008640433-6

4546188000037-6

4902505463099-6

4560151455174-6

4968789645712-6

特集から商品を探す

商品入替につき、お求めやすい価格に見直ししました。 暮らしを彩るアイテムに、新しい価値をプラスした東急ハンズオリジナル商品「hands+」。 雨の日も快適にすごせる機能が満載した傘シリーズが、お得にお買い求めいただけます! ※ネットストアでは値下げ後の価格が表示されております。 ※実施していない店舗もございますので、ご来店の際はご確認下さい。

東急ハンズもおかげさまで日本各地へ出店が広がり、全国各地ならではの商品を取り扱うことも増えてきました。 ただ九州の店頭で販売しているモノは九州のお客様にしか手に取れない、東北の店頭で販売しているモノは東北のお客様にしか手に取れない、ではもったいない。 もっと日本各地の東急ハンズが扱う商品をたくさんの人に届けたい。 それが、ハンズ イッピンマーケットのリニューアルのきっかけです。 ネットストアを介して、東急ハンズ各店舗が扱う商品、地方ならでは商品をぜひお楽しみください。

海外FXスプレッドを忖度なしで徹底比較!判明した最狭&低スプレッド口座はコレ【2022年5月最新】

海外FXスプレッド

海外FXのスプレッドは、業者や口座の種類によって大きく異なります。FXで重要なポイントは 「いかに手数料を抑えて無駄なく利益を増やしていくか」ですので、スプレッドは狭ければ狭いほど良い のです。しかし、海外FX業者の数はかなり多いので、すべての業者のスプレッドを調査するのは骨が折れる作業になります。特に北アメリカ(North America)低スプレッド を中心にグローバル(Global)に展開している海外FX業者の数は非常に多いです。

そこでこの記事では、海外FXトレード歴15年の編集長アグリが、各FX業者が発行しているニュースレター(Newsletter)などから情報を得ながら人気海外FX業者のスプレッドを徹底比較し、コストを最大限抑えられる海外FX業者をランキング形式でご紹介します。また、スプレッドの仕組みや海外FX業者と国内FX業者の違いなども徹底的に解説していきます。

編集長アグリは、IPC(International Food & Agricultural & Overseas FX Trade 低スプレッド 低スプレッド Policy Council)の国際専門機関のメンバーであり、非常に客観的に海外FX業者のスプレッドを分析した上で、ユーザーにとっておすすめの海外FX業者を紹介できますので、ご期待くださいませ。

なお、 海外FX業者のスプレッドを徹底比較した上で今1番おすすめだと思うのは「iFOREX」です 。iFOREXはスプレッドが狭い上に、創業25年以上もの長い運営歴があるため、安心・安全に利用できる業者として日本人トレーダーから大人気です。

海外FXのスプレッドとは?

海外FXスプレッド

スプレッドとは、簡単にいうと「売値(BID)と買値(ASK)の差額」のことです。 スプレッドは「売値(BID) − 買値(ASK) × 取引回数 」という計算式によって算出することができます 。例えば、ドル円の売値が100.000で、買値が100.010の場合、差額は0.010円となります。

  • 売値:100.000
  • 買値:100.010
    100.000-100.010= -0.010

海外FX業者と国内FX業者のスプレッドにおける違い

海外FX業者と国内FX業者のスプレッドにおける違い

  • スプレッドにおける仕組み
  • 口座タイプ

スプレッドの仕組み

一方で、海外FX業者は「変動スプレッド」を採用しています。変動リスクを背負うことになりますが、リスクがある分、 手数料を抑えることができます 。ただし、相場が大きく動いてしまうとスプレッドが拡大してしまうこともあるため、注意が必要です。

口座タイプ

低スプレッド
STP口座
(初心者向け)
ECN口座
(中上級者向け)
スプレッド 普通 狭い
取引コスト スプレッドのみ スプレッド+手数料
ボーナス もらえる もらえない
レバレッジ 高い 低い
最低入金額低い 高い

STP口座とECN口座の違い

  • STP口座⇒利用者がインターバンク市場(金融機関)と直接取引することで、手数料が発生しない口座です。スタンダード口座と呼ばれる口座タイプ。
  • ECN口座⇒買い手、売り手の提示価格が一致して初めて注文が成立する方式で、手数料は有料となります。※基本的に、ECN口座はボーナスがもらえません。

一方で、ECN口座は日本の株式取引に近いイメージです。投資家が参加している電子取引所に自分でアクセスして、売買を行うような感じになります。 ECN口座はボーナスをもらえない場合が多いので、はじめはSTP口座を利用するといいでしょう 。取引を何回かしていき、海外FX業者の仕様に慣れた後は、トータルコストが安いECN口座を利用するというやり方がおすすめです。

海外FXのスプレッドを口座タイプ別で比較する際の考え方

考え方

STP口座(初心者向け口座)は「NDD STP方式」と呼ばれる取引形態を採用していることが多く、利用者が取引で負担する取引コストはスプレッドのみで、取引手数料そのものは無料です。そのため、 スプレッドの変動幅さえ把握していれば、取引にかかるコストはすぐに分かります

海外FXのスプレッド比較一覧表!

STP口座(海外FX初心者向け口座)のスプレッド比較表

低スプレッド 低スプレッド
FX業者名ドル円ユーロ円ポンドドル口座タイプ
iFOREX
0.7~0.8pips 0.9~1.2pips 1.1~1.4pipsエリート口座
AXIORY
AXIORY
1.1~1.2pips 1.2~1.3pips1.4~1.5pips スタンダード口座
TitanFX
1.1~1.2pips 1.2~1.5pips1.6~1.8pips スタンダード口座
GEMFOREX
1.6~1.7pips 1.5~1.7pips 1.9~2.0pipsオールインワン口座
BigBoss
1.4~1.5pips 1.4~2.5pips 1.4~2.1pipsスタンダード口座
HotForex
1.6~1.7pips1.4~1.5pips2.8~2.9pipsプレミアム口座
Tradeview
1.8~2.0pips 2.2~2.4pips 2.6~2.8pips MT4 X
Leverage口座

ただ、STP口座はECN口座と比較してレバレッジが高く、ボーナスがもらえるというメリットもあります。 自己資金が十分に準備できない方や海外FXの取引に不慣れな方であれば、まずはSTP口座の利用をおすすめします

ECN口座(中上級者向け)のスプレッド比較表

低スプレッド
FX業者名ドル円ユーロ円ポンドドル口座タイプ
AXIORY
AXIORY
0.1~0.5pips 0.2~0.9pips1.0~1.1pips ナノスプレッド口座
Tradeview
0.1~0.4pips 0.3~0.8pips 0.7~0.8pipsMT4 ICL口座
iFOREX
0.7~0.8pips 0.9~1.2pips1.1~1.4pipsエリート口座
TitanFX
0.0~0.6pips 0.2~1.0pips1.2~1.3pips ブレード口座
GEMFOREX
0.3~0.5pips 1.0~1.1pips 1.2~1.3pipsノースプレッド口座
HotForex
0.3~1.0pips 0.1~0.6pips 0.6~1.2pipsZERO口座
BigBoss
0.3~0.6pips 0.6~1.1pips 0.9~1.5pipsプロスプレッド口座

ECN口座はSTP口座と比較して、スプレッドが狭くなっていることが分かります。 スプレッド重視の方や十分な資金があり、ハイレバレッジ取引をしなくても良いという方には非常におすすめです 。「STP口座で海外FXトレードに慣れたらECN口座に移行する」というトレーダーも多いです。

海外FXスプレッド徹底比較ランキング

海外FX スプレッドのおすすめ第1位 iFOREX

ちなみに、iFOREXは約定率を公開していません。しかし、海外FXトレード歴15年の編集長アグリは、iFOREXの約定力は申し分なく、十分高いと感じています。そのため、 初心者の方はもちろん、中上級者の方でもストレスフリーで取引することができるでしょう 。iFOREXであれば、狭いスプレッド&高い約定力&最大レバレッジ400倍という非常に優れた取引環境が整っています。

海外FX スプレッド 第2位 AXIORY

そんなAXIORYのSTP口座(スタンダード口座)とECN口座(ナノ口座)は、他の海外FX業者と比べ、スプレッドが非常に狭いです。 約定率も99.99%とほぼ100%に等しく、スリッページ(滑り)の発生もほとんどありません

なお、 初めて口座を開設する方には、スタンダード口座をおすすめします 。ナノスプレッド口座は往復手数料が発生してしまうので、取引ごとにスプレッド+手数料を計算する必要があります。最初は海外FXの取引そのものに慣れることが大切ですので、スタンダード口座で取引を行ってみましょう。他の業者と比べて、スタンダード口座のスプレッドも狭いため、有利に取引が可能です。

海外FX スプレッド 第3位 GEMFOREX

GEMFOREXのスプレッドは、正直なところ、突出してスプレッドが狭いわけではありませんが、豪華なボーナスや高いレバレッジが非常に魅力的です。 ボーナスを活用することで総合的なコストを抑えることができる業者 と判断したため、第3位にランクインしました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる