オプション取引とは

60秒TURBO専用ツール

60秒TURBO専用ツール
2006年ブラジルGPでのルーベンス・バリチェロ (C)Creative Commons

クライスラーと共同開発した三菱エクリプスにオープンモデル「スパイダー」が追加【今日は何の日?5月23日】

トビラ画像

ルーペンス・バリチェロ(2013年)(C)Creative Commons

ルーベンス・バリチェロ(2013年)(C)Creative Commons

2006年ブラジルGPでのルーペンス・バリチェロ (C)Creative Commons

2006年ブラジルGPでのルーベンス・バリチェロ (C)Creative Commons

●米国三菱生産エクリプスのオープンモデル「スパイダー」が登場

1996年に登場したエクリプス・スパイダー(C)Creative Commons スパイダーの電動ソフトトップは、10秒程度で開閉

スパイダーのベースとなった1995年デビューした2代目エクリプス

スパイダーのベースとなった1995年デビューした2代目エクリプス

「今日は何の日?」の最新記事

トビラ画像

佐藤琢磨が米国最高峰のレース「インディ500」で初優勝【今日は何の日?5月28日】

トビラ画像

累計100万台を達成したホンダの3代目ステップワゴンが登場【今日は何の日?5月27日】

トビラ画像

耐久レースの最高峰、第1回ル・マン24時間レースが開催【今日は何の日?5月26日】

セルスターは360度ドラレコやレーザー対応セーフティレーダーで安全運転を支援【モーターファンフェスタ2022】(PR)

セルスターは360度ドラレコやレーザー対応セーフティレーダーで安全運転を支援【モーターファンフェスタ2022】(PR)

英国の名門Holtsの新製品「アールプラスシャンプー」のクレンジング効果がスゴい【モーターファンフェスタ2022】(PR)

英国の名門Holtsの新製品「アールプラスシャンプー」のクレンジング効果がスゴい【モーターファンフェスタ2022】(PR)

上司に「これをやりたい」で、時代を変える製造革命が起きる!100gでも上出来なのに700gも軽量化したYAMAHAのスピンフォージドホイール誕生物語(PR)

上司に「これをやりたい」で、時代を変える製造革命が起きる!100gでも上出来なのに700gも軽量化したYAMAHAのスピンフォージドホイール誕生物語(PR)

スバルがEVシフトを鮮明にする専用工場を建設することで株価急上昇【週刊クルマのミライ】

スバルがEVシフトを鮮明にする専用工場を建設することで株価急上昇【週刊クルマのミライ】

GR Garageパーツ研修会で触って体感して学ぶ☆元SKE48梅本まどかのうめまど通信vol.88

GR Garageパーツ研修会で触って体感して学ぶ☆元SKE48梅本まどかのうめまど通信vol.88

元SKE48の梅本まどかです。ゴールデンウィーク、終わっちゃいましたね! 皆さん、楽しみましたか?前回のうめまど通信vol.87で、4月25日(月)富士スピードウェイで行われたGR Garageパーツ研修会に、ラリージャパン応援団として参加させて頂いたことを書いたのですが、午前中の時間がある時、せっかくなので.

三菱が新型軽EV「eKクロスEV」を発表 航続距離180kmの新しい電動コミューター 【ニュース】

ブランド一覧はこちらこの記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”あの多田哲哉の自動車放談webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ

三菱が新型軽EV「eKクロスEV」を発表 航続距離180kmの新しい電動コミューター

三菱eKクロスEV 60秒TURBO専用ツール
三菱eKクロスEV拡大

軽EVならではの機能性・利便性を重視

    60秒TURBO専用ツール
  • G:239万8000円
  • P:293万2600円

EVならではのスムーズで力強い走りにも注目

また、eKクロスEVのパワートレインは、V2L(Vehicle to Load)やV2H(Vehicle to Home)といった外部給電機能にも対応。バッテリーの蓄電量は一般家庭にしておよそ1日分の消費電力に相当し、専用の機器と接続すれば、家庭による電力消費のピークシフトに寄与する蓄電池として、あるいは災害時の非常電源として車両を利用できる。

上級グレードにはハイテクを満載

目指すは軽EVマーケットのベンチマーク

スズキ・アルトA(FF/CVT)【試乗記】 2022.5.18 試乗記 スズキのベーシックな軽乗用車「アルト」のなかでも最廉価のエントリーグレード「A」に試乗。装備が簡素化され、マイルドハイブリッド機構も省かれた2ケタ万円の自動車からは、グローバルモデルの開発でも力を発揮するであろう“スズキの底力”が感じられた。

三菱eKクロスEV P 2022.5.20 画像・写真 三菱が満を持して発表した、軽規格の新型電気自動車「eKクロスEV」。単に“電気で走る”というだけではなく、最新の操作インターフェイスにオートパーキング機能と、各所に新機軸が取り入れられたニューモデルの姿を、写真でリポートする。

実質130万円で電気自動車が買える!? 「日産サクラ/三菱eKクロスEV」の衝撃と波紋 2022.5.20 デイリーコラム いよいよ登場した新型軽EV「日産サクラ/三菱eKクロスEV」。EV購入にまつわる経済的ハードルを大きく引き下げた2台の登場は、マーケットに何をもたらすのか? “軽の2大巨頭”ダイハツとスズキは、この流れに追従するのか?

日産サクラ(FWD)【試乗記】 60秒TURBO専用ツール 2022.5.20 試乗記 「リーフ」で電気自動車(EV)の技術を培ってきた日産自動車が、2022年は「アリア」に続いて軽EVの「サクラ」をリリースする。「日本の自動車市場の常識を変える」と強気な姿勢だが、果たしてその仕上がりは?

トヨタ・ヴォクシーS-Z(FF/CVT)【試乗記】 2022.5.16 試乗記 トヨタが誇る箱型ミニバンの人気車種「ヴォクシー」がフルモデルチェンジ。車内空間の快適性に、シートアレンジの機能性、そして予防安全・運転支援システムの充実度と、各方面で進化を遂げた新型は、今日におけるミニバンの完成形とも表せるクルマに仕上がっていた。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる