FXのご案内

スワップってなに

スワップってなに
K2ノンバックライト・バージョンは、Gateronメカニカルスイッチと同様のしっかりとした打鍵感と滑らかな打鍵感を持ち、K2 Gateron Versionキーボードと同じスイッチ互換性を持っています。

流動性マイニングでファイルコイン(FIL)が貰える「PocketSwap(ポケットスワップ)」ベータ版ローンチのお知らせ

Pocket Swap(ポケットスワップ)は、同DEX運営元が発行する独自通貨と、仮想通貨イーサリアムを1:1で「Pool(プール)」と呼ばれる特定の場所に流動性を提供することによって、インカムゲイン(配当報酬)を誰でも獲得することができるプロジェクトです。それではここから、分散型金融(DeFi)の特徴を踏まえた、DeFi新プロジェクト「Pocket Swap(ポケットスワップ)」の詳細について、解説させて頂きます。

2021.2.1
Pocket Swap(DEX)ベータ版開始
2021.3.1
Pocket Swap(DEX)取引開始
ユーザー間取引開始
PoolユーザーのFIL報酬計算開始

  • DeFi(分散型金融)とは
  • DEX(分散型取引所)とは
  • 2020/21年のDeFiブーム&DEXの高い人気性

そんな中、2018年11月にUniswap V0(ユニスワップ)と呼ばれる新しいDEXが誕生。大手ベンチャーキャピタル(VC)の出資や、いくつかのバージョンアップによって、2020年5月にはUniswap V2がローンチされ、DEXを大きく飛躍させることになりました。

DeFi Pulseより画像引用

    スワップってなに
  • Uniswap(ユニスワップ)を例題にしたDEXの特徴

Uniswapより画像引用

「流動性マイニング」とは、DEX(この場合はユニスワップ)に流動性を提供することによって、提供したトークンの枚数に応じやトークン(UNI)が貰える仕組みのことです。そのため、この「Pool」にトークンを「1:1の割合」で預けるだけで、トークンが貰えます!この仕組みは、「ステーキング」と呼ばれるトークンを一定期間預ける(ロックあり)と非常に似ており、トークンを指定された月利もしくは年利が、預けたトークンにプラスして貰える仕組みに近いです。

  • 流動性マイニングでFILが貰える「PocketSwap(ポケットスワップ)」とは

※ スワップってなに こちらのUIはデモ版となります。

  • Pocket Swap(ポケットスワップ)の流動性マイニング

Pocket Swapの2つのポイント
①独自通貨「DSTO」とイーサリアム(ETH)を準備
②流動性マイニング報酬は、Filecoin(FIL)で配布

  • 【流動性マイニング】「Pool(プール)」の仕組み

Pocket Swap(ポケットスワップ)の流動性マイニングにおいて、重要なポイントとなるのが「1:1」でDSTOとETHをプールに預けるということです!これはDEXにおける基本的な概念となります。また流動性を提供したユーザーは、プールに入れたトークンの数量に応じてもらえる報酬の枚数が異なるため、多くのDSTOとETHをプールに入れることで、それに応じた報酬を獲得することができます。

  • 「DSTO」とは

イーサリアム(ETH)
バイナンストークン(BNB)
テザー(USDT)
Pocket BTC(PBTC)※ BTC wrap ERC20token
Filecoin Classic(FILC)※ FIL wrap ERC20token

  • 流動性提供で「ファイルコイン(Filecoin/FIL)」が貰える

ここまで、Pocket Swap(ポケットスワップ)とプールにトークンを預けることで報酬が貰える「流動性マイニング」の詳細を解説してきました。そして流動性マイニングの報酬として貰えるファイルコイン(Filecoin/FIL)は、Pocket Swap(ポケットスワップ)が保有するFILマイニングマシンによって、報酬として配布されるFILが発行されます。

  • ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?

データ増加による問題
・コストの肥大化
・中央集権管理によるセキュリティ問題
・消費電力の増加

そんなデータ市場を「IPFS(Interplanetary File System)」を開発するProtocol Labs(プロトコル・ラボ)社が、ファイルコイン(FIL)を活用したエコシステムを構築し、既存のデータセンター&ビッグデータに加え、個人のパソコンやスマホの空き容量を提供できる巨大なネットワークを構築し、ネットワーク参加者に与えられる報酬としてファイルコイン(FIL)が注目を集めています。

CoinMarketCapより画像引用

  • どのぐらいのファイルコイン(FIL)が獲得できるのか?
  • ファイルコイン(FIL)マイニング試算
  • ファイルコイン(FIL)マイニング試算値の例

流動性提供者でシェアされるFIL:276FIL × 20%= 69FIL
翌日報酬のFIL:69FIL × 25% = 17.25FIL
180日の分配報酬FIL:51.スワップってなに 75FIL

この計算方法から流動性提供した初日に貰えるファイルコイン(FIL)の枚数は「17.25FIL」。2日目からは、180日の分配報酬が配布されるので、「17.25FIL + 0.2875FIL(51.75FIL÷180日)=17.5375FIL」が貰えることになります。また3日目には、2日目に貰える17.5375FILに合わせて、0.2875FILがプラスされていきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる