トレードを学ぶ

終値の定義

終値の定義
金融・経済

チャート・インジケーターの見方

そして、異なる期間を指定することで複数の単純移動平均線を表示させて、それらの相関関係からトレンド予測を立てることも可能です。 指標となる「シグナル」のなかでも重要なものが2つあります。1つ目は買いシグナルである「ゴールデンクロス」と売りシグナルである「デッドクロス」があります。 期間の短い単純移動平均線が期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロス、逆に、期間の長い単純移動平均線が期間の短い単純移動平均線を上に越えるとデットクロスの状態になります。 ゴールデンクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、下落後に出ることが多く、価格が上がりやすくなります。 反対にデットクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、これまで取引されていた価格を短期間で割り込むシグナルとなり、価格が下がりやすくなります。

パラボリック

転換点はSAR(Stop and Reverse / ストップアンドリバース)とも呼ばれており、SARを繋げたものがパラボリックの放物線となります。 一般的に、値動きが大きく、トレンドが発生している市場に向いており、値動きの小さく、トレンドの発生していない市場ではSARが頻発するためあまり向いていません。

パラボリックに活用するためにまず途転について整理します。途転とは自身が持っているポジションを反転させること指します。 例えば、1BTCの買いポジションを決済するとき、2BTCの売りポジションを新たに保有することで常にポジションを持つなどが挙げられます。 上昇トレンドでは買い建玉を保有、下降トレンドでは売り建玉を保有しますが、パラボリックを活用した途転買い・途転売りでは、保有ポジションを切り替える際にトレンドが転換するSARでシグナルを活用し効率的な取引が可能になります。 パラボリックを活用して常に一定のポジションを保有しておくことで、買いのポジションのみを扱う取引や売りのポジションのみを扱う取引よりも、ポジションを保有していない期間を最小限に抑えることが可能となり、売買の機会を増やすことができます。

MACD (マックディー)

MACD(マックディー)は「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均収束拡散」と訳されます。 「単純移動平均線」とコンセプトは似ていますが、MACDの特徴は以下の2つになります。 1つ目は2つの移動平均を利用して価格のトレンド分析することです。 終値の定義 2つ目は単純移動平均線よりも直近の価格変動をより重視した「指数平滑移動平均線」をベースにしていることです。

MACDのメリットとしては、単純移動平均線よりも直近の価格変動を重視しているため、売買サインが早く現れることにあります。 売買のサインは単純移動平均線と同じく「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」となり、MACDがシグナルを上回る(ゴールデンクロス)と買い、MACDがシグナルを下回る(デッドクロス)と売りのサインとなります。 また、ヒストグラムはMACDからシグナルを引くことで産出されるため、ゴールデンクロスの場合はマイナス圏からプラス圏に、デッドクロスの場合はプラス圏からマイナス圏に転じるため、価格の推移が見やすい指標になっています。

終値の定義

Market capitalization is calculated as the share price at period-end multiplied by the number of shares outstanding at period-end (終値の定義 終値の定義 excluding treasury stock).

公開情報に基づき行われた市場株価平均法では、平成 24 年 10 月 19 日を基準日として、対象者株式の基 準終値近1ヶ月間終値 値、直近3ヶ月間 終値 値、及び直近6ヶ月間 終値 値に基づ いております。

In performing the average market share price analysis based on 終値の定義 publicly available information, J.P. Morgan used October 19, 2012, as the base date, and reviewed the closing price of Target 終値の定義 終値の定義 Company common shares on the base date and average prices over the one-month, three-month, and sixmonth periods ending on the base date.

セコムテクノについては、セコムテクノが金融商品取引所に上場しており、市場株 価が存在することから、市場株価平均法(平成 23 年5月9日を基準日として、東京 証券取引所市場第二部におけるセコムテクノの普通株式の、直近6ヶ月間 終値 値、直近3ヶ月間終値 値、直近1ヶ月間 終値 値、直近1週間 終値 値及び基準終値 に分析しております。

In 終値の定義 valuating SECOM TECHNO, as shares of SECOM TECHNO are listed on the financial instruments exchange and there exists a market share price, Nomura Securities adopted the average market price analysis for calculation (Using May 9, 2011 as the base date, the analysis was based on the respective average closing prices for the most recent six-month, three-month, one-month and one-week periods, and the closing price on the base date of the shares of common stock 終値の定義 終値の定義 終値の定義 of SECOM TECHNO on the Second Section of the Tokyo Stock 終値の定義 Exchange).

市場株価法では、平成 22 年 11 月1日を基準日として、東京証券取引所市場第一部における対象者 株式の、直近6ヶ月間終値値 635 円、対象者による平成 22 年7月 27 日付「業績予想の修正に関 するお知らせ」発表後終値値 550 円、直近3ヶ月間終値値 547 円、直近1ヶ月間の終値平 均値 506 円、直近1週間終値値 473 円、及び基準終値 464 円を基に、対象者株式の1株当たり の価値は、506 円~635 円と分析しているとのことです。

Under the market share price method, the share price per share of common stock of the Target was judged to

[. ] yen based on 635 yen as the average closing price for the most recent six months, 550 yen as the average closing after the release by the Target of the “Notification on Revisions to Performance Forecasts” on July 27, 2010, 547 yen as the average closing price 終値の定義 終値の定義 終値の定義 for the most recent three months, 506 yen as the average closing price for the most recent month, [. ]

closing for 終値の定義 the most recent week, and 464 yen as the closing price as of the record date of the common stock of the 終値の定義 Target on the First Section of the Tokyo Stock Exchange where the record date is November 1, 2010.

なお、市場株価平均法については、(1)平成 23 年 4 月 22 日(以下「基準日(ⅰ)」)を算定基 準日として、基準日(ⅰ)における両社の東京証券取引所市場における普通株式の普通取引の終 値、並びに基準日(ⅰ)から遡る 1 ヶ月間、3 ヶ月間及び 6 ヶ月間の両社のかか終値 純平均 値、並びに(2)みずほ証券を含むみずほフィナンシャルグループ傘下の上場子会社の完全子会社 化に関する憶測報道がなされた平成 23 年 2 月 26 日の前営業日である平成 23 年 2 月 25 日(以 -7下「基準日(ⅱ)」)を算定基準日として、基準日(ⅱ)における両社の東京証券取引所市場にお ける普通株式の普通取引終値 びに基準日(ⅱ)から遡る 1 ヶ月間、3 ヶ月間及び 6 ヶ月間の 両社のかか終値 純平均値を算定の基礎としております。

In performing the average share price analysis, J.P. Morgan used (1) April 22, 2011 as the base date I (“Base Date I”), and reviewed the closing price of ordinary transactions of shares of common stock of MHFG and MHSC on the Tokyo Stock 終値の定義 Exchange (“TSE”)on the Base Date I and the average closing 終値の定義 prices of MHFG and MHSC on TSE for one-month, three-month and six-month periods up to and including the Base Date I, and (2) February 25, 2011, the business day immediately prior to the day on which it was speculated in press reports 終値の定義 終値の定義 that publicly listed subsidiaries of MHFG, including MHSC, would be turned into wholly owned subsidiaries, as the base date II (“Base Date II”), and reviewed the closing price of ordinary transactions of shares of common stock of MHFG and MHSC on TSE on the Base Date II and the average closing prices of MHFG and MHSC on TSE for one-month, three-month and six-month periods up to and including the Base Date II.

さらに、これら行使制限条項及び行使コミットメント条項により、本新株予約権の行使を当社 が原則としてコントロールできることや、本新株予約権の下限行使価額を第 終値の定義 88 期第 3 四半期末 (平成 24 年 12 月 31 日時点)の 終値の定義 終値の定義 1 株当たり純資産額 1,249 円と発行決議日前日終値考に 設定し、発行決議日前日終値 1 00%(1,436 円)よりも低い株価での行使が生じない仕組み とすることにより、発行済株式の希薄化にも配慮した設計としました。

It is also designed to take into consideration dilution of issued shares, (a) by containing these Exercise Restriction Provisions and Exercise Commitment Provisions that make it possible for the Company to control the exercise of the Stock Acquisition Rights as a general rule, 終値の定義 and (b) by setting the minimum exercise price of the Stock Acquisition Rights by reference to the net asset value per share 1,249 yen as at the end of the third quarter of the 88th fiscal year (as of December 31, 2012) and the share closing price on the day immediately preceding the day of the resolution to issue the Stock Acquisition Rights, thereby allowing a structure in which no exercise will be effected with a share price lower than 100% of the share closing price on the day immediately preceding the day of the resolution to issue the Stock Acquisition Rights (1,436 yen).

ポイント運用FAQ

OPEN

永久不滅ポイント チャージ(交換) ポイント運用口座 売買 アクティブコース・バランスコース・TOPIX(日本株)コース・VOO(アメリカ株)コース

運用口座とは、ポイント運用サービス内で買付・売却を行うために使用する口座です。
ポイント運用サービスで買付を行うためには、お持ちの永久不滅ポイントを運用口座へ移す必要があります。また、売却をしたポイントは運用口座へ移されます。

OPEN

CLOSE

OPEN

CLOSE

OPEN

CLOSE

OPEN

CLOSE

OPEN

CLOSE

■アクティブコース
株式比率の高い分散投資で積極的にプラスを狙うコースです。永久不滅ポイントが年間15.0%程度増減する可能性があります。ダイワファンドラップ オンラインより積極運用スタイルの運用状況に応じて増減いたします。
ダイワファンドラップ オンラインの詳細はこちら。

■バランスコース
債券比率の高い分散投資で安定的な運用をめざすコースです。永久不滅ポイントが年間3.0%程度増減する可能性があります。ダイワファンドラップ 終値の定義 終値の定義 オンラインより安定運用スタイルの運用状況に応じて増減いたします。
ダイワファンドラップ オンラインの詳細はこちら。

■資産形成の達人コース
長期的な視点で個別銘柄の調査を行うファンドへの投資を通じて、世界の株式へ分散投資する、セゾン資産形成の達人ファンドの運用状況に応じて増減いたします。 セゾン資産形成の達人ファンドの詳細はこちら。

■グローバルバランスコース
投資対象であるバンガードのインデックスファンドを通じて、世界の株式と債券に分散投資する、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用状況に応じて増減いたします。
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの詳細はこちら。

■日本株(TOPIX)コース
日本の株式に投資し、投資成果を東証株価指数(TOPIX)の動きに連動させることをめざすコースです。iFreeTOPIXインデックスの運用状況に応じて増減いたします。
iFreeTOPIXインデックスの詳細はこちら。

■アメリカ株コース
米国の株式に投資し、投資成果をS&P500(円ベース)の動きに連動させることをめざすコースです。iFreeS&P500インデックスの運用状況に応じて増減いたします。
iFreeS&P500インデックスの詳細はこちら。

「株式コース」は、お客様がすでにお持ちの永久不滅ポイントを、実際に存在する企業の株価と連動して増減するポイントであるストックポイント(SP)に交換いただき、ポイントの増減をお楽しみいただけるコースです。 終値の定義
※ストックポイント(SP)は、STOCK POINT㈱が運営するポイントです。

「引け値」と「終値」の違いとは?分かりやすく解釈

「引け値」と「終値」の違い

金融・経済

この記事では、 「引け値」 と 「終値」 の違いを分かりやすく説明していきます。

「引け値」とは?

「引け値」とは?

「引け値」 は、 「ひけね」 と読みます。

「引け値」 は、 「大引値段」 の略で、 「取引時間の最後についた値段のこと」 という意味があります。

株式市場は午前9時から11時30分の 「前場」 と午後12時30分から、15時までの 「後場」 と午前、午後に分かれているため、 「午前の引け値」 、 終値の定義 終値の定義 「午後の引け値」 という2つの 「引け値」 が存在することになります。

この場合は、 「午前の引け値を見て、Aの株価が上がっているので、嬉しかった」 などという文章を作ることができます。

また、 「午後の引け値をチェックして、明日の取引の作戦を立てる」 などという文章にできます。

「終値」とは?

「終値」 は 「おわりね」 と読みます。

「終値」 は、 「気配値のまま取引時間が終了した場合の値段」 という意味があります。

ちなみに 「気配値(けはいね)」 とは、 「取引所で、売り方、買い方が希望する値段のこと」 という意味があります。

売り方が売ることができる値段 「売気配値」 と、買い方が買うことができる値段 「買気配値」 の2つがあります。

実際に売買された結果、値段がつくのではなく、気配値のまま、取引時間が終了した場合、 「終値」 となります。

このように、気配値のまま、売買が成立せずに取引時間を終えると、 「終値」 が表示されます。

ある日、 「終値」 を見た時、今年の最安値を更新していると感じた場合は、 「日経平均の終値を見ると、今年の最安値を更新していることに気が付いた」 などという文章を作ることができます。

「引け値」と「終値」の違い

「引け値」と「終値」の違い

「引け値」 終値の定義 と 「終値」 の違いを、分かりやすく解説します。

「引け値」 は 「取引時間の最後についた値段のこと」 という意味があります。

一方 「終値」 は、 「気配値のまま取引時間が終了した場合の値段」 という意味があります。

ただし、 終値の定義 「引け値」 は最後についた値段を意味するのに対して、 「終値」 は、取引時間が終了したときの気配値のことを意味するという違いがあります。

S&P500とダウ平均の違いって?米国の2大株価指数を大解剖!

S&P500とダウ平均の違いって?米国の2大指数を大解剖!

ダウ平均は正式名称を「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(Dow Jones Industrial Average)」とい、ダウ、NYダウ、ニューヨークダウ等の名前で親しまれています。その名の通り30銘柄の株式で構成されており、S&P500同様、ニューヨーク証券取引所(NYSE Arca、NYSE Amex)、NASDAQに上場している銘柄から選出されます。計算方法はダウ式と呼ばれる、株価を全て足し合わせて除数で割るという方法を採用しています。

2-1.終値の定義 ダウ平均の誕生

2-2.ダウ平均の組入銘柄

3.S&P500とダウ平均の銘柄比較

S&P500の上位10銘柄

終値の定義
上位10銘柄
アップル
マイクロソフト
アマゾン
フェイスブック クラスA
アルファベット クラスA
アルファベット クラスC
バークシャー・ハサウェイ クラスB
ジョンソン&ジョンソン
プロクター&ギャンブル
ビザ

ダウ平均の上位10銘柄

終値の定義
上位10銘柄
ユナイテッドヘルス・グループ
ホーム・デポ
アムジェン
セールスフォース・ドットコム
マクドナルド
マイクロソフト
ゴールドマン・サックス・グループ
ビザ
ボーイング
ハネウェルインターナショナル

S&Pは勢いのあるIT企業が中心、ダウ平均は業種さまざま

4.S&P500とダウ平均のパフォーマンスの違い

過去20年間で比較

過去20年間で比較

過去約60年間で比較

過去約60年間で比較

5.S&P500とダウ平均の概要

S&P500の概要

終値の定義終値の定義 終値の定義
項目 内容
名称/ティッカー S&P500/SPX(米ドル建て、配当再投資を行わない価格指数)
特徴 ・米国の大型株500銘柄で構成されており、米国の代表的な株価指数となっています
・様々な条件によってスクリーニングされ決定します。スクリーニング条件には、時価総額や流動性、浮動株の比率や、業績などが含まれており、条件を満たす企業の中からセクターのバランスを加味したうえで決定されます
・銘柄入替は必要に応じて行われます(1年または半年など定期的な見直しを行うわけではありません)
構成銘柄数 500銘柄
指数の計算方法 500銘柄の株価の浮動株調整後の時価総額比率の加重平均方式で計算されます
算出開始日 1957年3月4日
評価通貨 米ドル
計算・公表の頻度 ・1日に1度、構成銘柄の株価終値に基づいて指数の終値が計算されます
・リアルタイム指数が、米国の取引時間中に計算されています
指数の算出要領 S&Pダウ・ジョーンズ作成の「S&P 500®メソドロジー」に記載されています
WEBサイト
https://japanese.spindices.com/documents/methodologies/methodology-sp-us-indices-japanese.pdf

ダウ平均の概要

終値の定義 終値の定義 終値の定義
項目 内容
名称/ティッカー ダウ・ジョーンズ工業株価平均/DJI(米ドル建て、配当再投資を行わない価格指数)
特徴 ・ダウ平均の組入銘柄を選択する際の母集団は、S&P 500の構成銘柄になります
※ただし、世界産業分類基準(GICS)の運輸及び公益事業に分類される銘柄は除きます
・構成銘柄は主として、企業の評判が高く、持続的な成長を達成し、多くの投資家が高い関心を示すものに限られますまた各企業は米国で設立されかつ米国に本店を構え、売上高の大部分が米国からもたらされている必要がありますさらに指数内で適切な業種配分を維持できることも考慮されています
・銘柄選択は定量的なルールに従ったものではなく、銘柄入替は必要に応じて行われます(1年または半年など定期的な見直しを行うわけではありません)
構成銘柄数 30銘柄
指数の計算方法 株価加重方式で計算されています。具体的には、全構成銘柄の株価を合計し、それを除数で割った値です
算出開始日 1896年5月26日
評価通貨 米ドル
計算・公表の頻度 ・1日に1度、構成銘柄の株価終値に基づいて指数の終値が計算されます
・リアルタイム指数が、米国の取引時間中に計算されています
指数の算出要領 S&Pダウ・ジョーンズ作成の「ダウ・ジョーンズ平均メソドロジー」に記載されています
WEBサイト
https://japanese.spindices.com/documents/methodologies/methodology-dj-averages-japanese.pdf

【S&P500に連動する運用をめざすETF】

1547 - 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(愛称:上場S&P500米国株)
商品トップページ
留意事項
商品概要

2521 - 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(愛称:上場S&P500米国株(為替ヘッジあり))
商品トップページ
留意事項
商品概要

【ダウ平均に連動する運用をめざすETF】

2562 - 上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり (愛称:上場ダウ平均米国株(為替ヘッジあり))
商品トップページ
留意事項
商品概要

著作権などについて

「S&P500®指数」の著作権などについて
・「Standard & 終値の定義 Poor’s®」「S&P®」「スタンダード&プアーズ」は、スタンダード&プアーズ ファイナンシャル サービシーズ エル エル シーが所有する登録商標であり、日興アセットマネジメント株式会社に対して利用許諾が与えられている。スタンダード&プアーズは、「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)」、「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり」(以下、「本商品」)を支持、推奨、販売、販売促進するものではなく、また本商品への投資適合性についていかなる表明・保証・条件付け等するものではない。
・本商品は、スタンダード&プアーズ及びその関連会社(以下、「S&P」)によって支持、保証、販売又は販売促進されるものではない。S&P は、明示的にも暗示的にも、本商品の所有者もしくは一般の者に対して、有価証券全般または本商品に関する投資について、またS&P500指数が市場全般のパフォーマンスに追随する能力について、何ら表明、条件付け又は保証するものではない。S&P の日興アセットマネジメント株式会社に対する唯一の関係は、S&P 及びS&P500指数の登録商標についての利用許諾を与えることである。S&P は、S&P500指数に関する決定、作成及び計算において、日興アセットマネジメント株式会社又は本商品の所有者の要求等を考慮に入れずに行なう。S&P は本商品の販売に関する時期、価格の決定、又は本商品を現金に換算する式の決定もしくは計算に責任を負わず、また関わっていない。S&P は、本商品の管理、マーケティング又は取引に関する義務又は責任を何ら負うものではない。
・S&P は、S&P500指数の計算及びその元になるデータの正確性や完全性を保証するものではない。S&P は、S&P500指数に含まれるいかなる誤り、欠落又は障害に対する責任を負わない。S&P は、S&P500指数 又はそれらに含まれるデータの使用により、日興アセットマネジメント株式会社、本商品の所有者又はその他の人や組織に生じた結果に対して、明示的にも暗示的にも保証しない。S&P は、S&P500指数 又はそれに含まれるデータに関して、商品性の保証や適合性について何ら保証するものではないことを明示し、かつそれに関して明示もしくは暗示の保証を行なわない。以上のことに関わらず、特定の、罰則的、間接的あるいは結果的な損害(利益の損失を含む)について、仮にその可能性について事前に通知されていたとしても、S&P が責任を負うことはない。

「ダウ・ジョーンズ工業株価平均」の著作権などについて 終値の定義
・Standard & Poor's®」「S&P®」「スタンダード&プアーズ」は、スタンダード&プアーズ ファイナンシャルサービシーズ エル エル シーが所有する登録商標であり、日興アセットマネジメント株式会社に対して利用 許諾が与えられている。スタンダード&プアーズは、「上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり」(以下、「本商品」)を支持、推奨、販売、販売促進するものではなく、また本商品への投資適合 性についていかなる表明・保証・条件付け等するものではない。
・本商品は、スタンダード&プアーズ及びその関連会社(以下、「S&P」)によって支持、保証、販売又は販売促進されるものではない。S&Pは、明示的にも暗示的にも、本商品の所有者もしくは一般の者に対して、有価証券全般または本商品に関する投資について、またダウ・ジョーンズ工業株価平均が市場全般のパフォーマンスに追随する能力について、何ら表明、条件付け又は保証するものではない。S&Pの日興アセットマネジメント株式会社に対する唯一の関係は、S&P及びダウ・ジョーンズ工業株価平均の登録商標についての利用許諾を与えることである。S&Pは、ダウ・ジョーンズ工業株価平均に関する決定、作成及び計算において、日興アセットマネジメント株式会社又は本商品の所有者の要求等を考慮に入れずに行なう。S&Pは本商品の販売に関する時期、価格の決定、又は本商品を現金に換算する式の決定もしくは計算に責任を負わず、また関わっていない。S&Pは、本商品の管理、マーケティング又は取引に関する義務又は責任を何ら負うものではない。
・S&Pは、ダウ・ジョーンズ工業株価平均の計算及びその元になるデータの正確性や完全性を保証するものではない。S&Pは、ダウ・ジョーンズ工業株価平均に含まれるいかなる誤り、欠落又は障害に対する責任を負わない。S&Pは、ダウ・ジョーンズ工業株価平均又はそれらに含まれるデータの使用により、日興アセットマネジメント株式会社、本商品の所有者又はその他の人や組織に生じた結果に対して、明示的にも暗示的にも保証しない。S&Pは、ダウ・ジョーンズ工業株価平均又はそれに含まれるデータに関して、商品性の保証や適合性について何ら保証するものではないことを明示し、かつそれに関して明示もしくは暗示の保証を行なわない。以上のことに関わらず、特定の、罰則的、間接的あるいは結果的な損害(利益の損失を含む)について、仮にその可能性について事前に通知されていたとしても、S&Pが責任を負うことはない。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる