FXスマホアプリ

IG証券

IG証券
KAN SANO
キーボーディスト/プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。ビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ジャズとクラシックを融合した独自のスタイルでピアノの即興演奏もおこなう。Tom Mischがファンだと公言し、公演のオープニングアクトに指名するなど国内外で活躍。プロデューサー、キーボーディスト、リミキサーとして、Chara、UA、平井堅など多数のアーティストのライブやレコーディングへ参加、CM音楽や劇伴も数多く担当する。

IG証券: FX/CFDトレー‪ド‬ 17+

【法令に基づく表記】
●外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません。●ストップ注文及び強制ロスカット機能は、損失の限定を保証するものではなく、外国為替、株式、株価指数、商品、債券等の相場急変等により証拠金以上の損失が発生する事もあります。●取引に必要な証拠金(個人)FX:約定代金の4%以上、商品:同5%以上、株式:同20%以上、株価指数:同10%以上、債券:同2%以上、(法人)銘柄ごとに異なります。取引画面にてご確認ください。ただしFXは一般社団法人金融先物取引業協会が算出した為替リスク想定比率以上となります。為替リスク想定比率は金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出されます。(法・個人共)各種オプション:当該取引の最大損失額●未決オーダーにも証拠金が必要です。●売値と買値には差があり、拡大することがあります。●各先物CFD・オプション取引には取引期限があります。●FX・CFD取引の手数料等は次の通りです。株式CFD取引・両替・口座管理・出金の各手数料、ライブデータ・チャートの各利用料、スワップポイント、調達コスト、配当金相当額、借株コスト、ノースリッページ注文保証料、ノックアウトプレミアム。●契約締結前交付書面を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解頂いた上で、ご自身の判断にてお取引をお願い致します。【商号】IG証券株式会社 金融商品取引業 関東財務局長(金商)第255号 商品先物取引業 【加入協会】日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会 ●弊社企業情報は、本店又は弊社Web及び日本商品先物取引協会Webにて開示されております。●お客様相談窓口、0120-257-734、日本商品先物取引協会相談センター 03-3664-6243

金融商品取引業 関東財務局長(金商)第255号 商品先物取引業
加入:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 会員番号1168 日本商品先物取引協会

評価とレビュー

ウィジェット機能はついているが機能しないw

(5/10更新)現在修正待ちの不具合をここに随時更新して掲載

⚫︎“ログイン情報を記録”していても“電子メール/ユーザー名”や“パスワード”欄が次回起動時に消え、Face IDもその場合は機能しない。Face IDで認証しない設定にしても同じく消える。たまに残る場合もあるが、その次は大体消える

-例4:動きが鈍くなりだしても使い続けると単純にAppがクラッシュダウンする。数十秒でアラートが通知される相場状況(21年7月8日など)で使うとiPhone12Proでも10分強(Appバージョン9.1764.0より前では5分以内)あれば毎回クラッシュする。なので本体設定の“解析および改善”内にこのAppの“reportType:CrashLog”が連日自動作成され続け、IG証券に共有されるクラッシュデータが凄い量になっている。この状態の時は1時間あたりの電池消費量が20〜30%になり(アラート無しだと3%前後)、本体は高温になっていく(クラッシュデータに記録のCPU使用率は平均20%台、最大でも34%)。ちなみにiPad Pro 12.9in. 3rd以降なら20分ちょっと持ちこたえられる。アラートを含めた画面構成が違うからなのかは知らない

IG証券の評判・口コミ|手数料やデメリットも正直に解説!

IG証券の評判・口コミ|手数料やデメリットも正直に解説!

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。 IG証券
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる