FX デモ取引

決算結果

決算結果
2022年06月01日 05:25

決算の概況および業績予想・第3四半期

当第3四半期連結累計期間における世界経済は、アメリカやヨーロッパを中心に経済の正常化が進みました。一方、供給制約の長期化が回復の重石となったほか、需給ひっ迫を受けてアメリカなどでインフレの昂進がみられました。金融市場ではFRBがインフレ抑制を重視する姿勢を強めたことを背景に、株価が不安定化する場面がみられました。日本経済は9月末の緊急事態宣言解除後、個人消費を中心に持ち直しが進みました。しかし、2021年末にかけて国内でオミクロン株の感染が広がり、景気の先行き不透明感が強まりました。
こうした事業環境にあって、当第3四半期連結累計期間の業績は以下のとおりとなりました。
当第3四半期連結累計期間の経常収益は、保険料等収入3兆7,444億円(前年同期比15.4%増)、資産運用収益1兆6,749億円(同2.7%増)、その他経常収益2,542億円(同21.3%増)を合計した結果、5兆6,737億円(同11.6%増)となりました。保険料等収入の増加は、前年同期に新型コロナウイルス感染拡大に伴い緊急事態宣言が発出されたことにより、第一フロンティア生命保険株式会社において金融機関窓口における保険販売が減少したことからの反動増等が主な要因であります。
一方、経常費用は、保険金等支払金4兆1,704億円(同31.4%増)、責任準備金等繰入額243億円(同96.3%減)、資産運用費用2,389億円(同1.2%増)、事業費5,402億円(同9.0%増)、その他経常費用2,321億円(同8.9%増)を合計した結果、5兆2,062億円(同8.8%増)となりました。保険金等支払金の増加は、第一生命保険株式会社において、金利リスク削減の一環として、保有契約の一部を再保険会社へ出再した結果、再保険料が増加したこと等が主な要因であります。
経常利益は4,決算結果 674億円(同55.2%増)となりました。また、経常利益に、特別利益、特別損失、契約者配当準備金繰入額、法人税及び住民税等並びに法人税等調整額を加減した親会社株主に帰属する四半期純利益は2,929億円(同77.3%増)となりました。

財政状態の概況

当第3四半期連結会計期間末の資産合計は、65兆8,051億円(前連結会計年度末比3.5%増)となりました。主な資産構成は、有価証券が52兆4,546億円(同3.1%増)、貸付金が3兆9,080億円(同3.9%増)、有形固定資産が1兆1,329億円(同1.8%増)であります。
負債合計は、60兆8,099億円(同3.4%増)となりました。また、負債の大部分を占める保険契約準備金は52兆913億円(同2.0%増)となりました。
純資産合計は、4兆9,951億円(同3.9%増)となりました。純資産合計のうち、その他有価証券評価差額金は、第一生命保険株式会社において国内株式の含み益が増加したこと等から3兆962億円(同1.3%増)となりました。
なお、保険金等の支払余力を示す連結ソルベンシー・マージン比率は、前連結会計年度末に比べ11.0ポイント上昇し、969.5%となりました。第一生命保険株式会社におけるその他有価証券の含み益の増加等が主な要因です。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 決算結果 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 決算結果 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 決算結果 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 決算結果 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 決算結果 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

東証、2022年3月期決算会社の定時株主総会動向を公表

4月25日、東京証券取引所は、上場会社の定時株主総会の開催日程等の動向をあらかじめ把握し、株主・投資者の議決権行使の環境整備を図ることを目的として実施した調査結果として、「2022年3月期決算会社の定時株主総会の動向について」を公表しました。
調査内容は、①本年の開催日程等について、②招集通知の早期ウェブ開示・早期発送、③議決権の電子行使の状況、④英文招集通知の提供状況、⑤バーチャル総会の開催予定とあり、東証内国上場会社のうち2022 年 3 月期決算会社2,301 社(プライム、スタンダード及びグロース市場上場会社)を対象とし、うち1,771 社から回答を得ているものです。
電子提供制度の施行も間近となっている中、本調査結果から発行会社における総会プロセス電子化の進展状況をうかがうことができます。その傾向は、発行会社の市場区分や規模(時価総額、株主数)によっても異なるものと考えられます。そこで、本稿では上記①~⑤の調査結果概要をお知らせするとともに、当社にて、総会の電子化に関係する一部の項目について上場区分別や規模別に分析した結果についてもご紹介いたします。

調査結果概要

① 本年の開催日程等について

  • 本年3月期決算会社の定時株主総会は、 6月29日(水)に最も集中する見込み
  • 最集中日の集中率は、25.7%と、昨年(27.3%)を下回り、 1983年の集計開始以来最も低い水準を更新する見込み
  • 株主総会が株主との重要な対話の場であるとの認識が浸透してきたことに加え、暦の影響で24日(金:20.6%)と28日(火:18.4%)に分散したことが影響

② 招集通知の早期ウェブ開示・早期発送

  • 招集通知のTDnetにおける公表を総会開催日の3週間(中15営業日)以上前に行う会社は、76.8%と過去最高水準を更新する見込み
  • 発送を総会開催日の3週間以上前に行う会社は、25.2%と過去最高水準を更新する見込みであるものの、ほぼ横ばいの水準

③議決権の電子行使の状況

  • 機関投資家向けの議決権電子行使プラットフォームを利用するプライム市場上場会社は92.5% と、昨年(市場第一部上場会社)と比べて32.2pt増加見込み
  • 個人投資家向けにインターネットによる議決行使を可能とする会社は、全上場会社のうち76.5% と、昨年と比べて10.7pt増加見込み

④ 英文招集通知の提供状況

  • 招集通知本文及び株主総会参考書類の英訳を提供予定のプライム市場上場会社は、91.8% と、昨年(市場第一部上場会社)と比べて29.9pt増加見込み
  • 事業報告及び計算書類を含む招集通知のすべての英訳を提供予定のプライム市場上場会社は、 24.1%と、昨年(市場第一部上場会社)と比べて6.3pt増加見込み

⑤ バーチャル総会の開催予定

  • バーチャル総会の開催を予定している会社は、18.7%と、昨年と比べて4.1pt増加する見込み
  • バーチャル総会を開催予定の会社の大多数がハイブリッド参加型での開催を予定

市場区分別、規模別等の分析

(1)招集通知等の発送予定日及びTDnetを通じた公表予定日

【表1】招集通知の発送予定日とTDnetを通じた公表予定日の日数差

招集通知の発送予定日とTDnetを通じた公表予定日の日数差

(2)議決権の電子行使の状況

【表2】電子行使導入状況(時価総額別)

【表2】電子行使導入状況(時価総額別)

【表3】電子行使導入状況(株主数別)

【表3】電子行使導入状況(株式数別)

(3)バーチャル総会の開催予定

【表4】バーチャル総会開催予定(市場区分別)

【表4】バーチャル総会開催予定(市場区分別)

【表5】バーチャル総会開催予定(時価総額別)

【表5】バーチャル総会開催予定(時価総額別)

【表6】バーチャル総会開催予定(株主数別)

【表6】バーチャル総会開催予定(株主数別)

まず市場区分別では、スタンダード市場における開催予定は、他の市場と比較して顕著に低い結果となっております。株主総会の電子化に向けては、スタンダード市場上場会社におけるバーチャル総会の浸透が鍵になってくると考えられます。
次に時価総額別では、時価総額が高いほど開催予定の割合も高くなる傾向が明らかになりました。特に、時価総額5,000億円超の会社では、過半数の会社が参加型を中心に開催予定と回答しています。また、株主数別でも同様の傾向となっており、こちらでは、株主数5万人超の会社で過半数の会社が開催予定と回答しております。
参加型については相当数の会社が開催予定としており全体傾向から状況が把握できますが、オンリー型、出席型については、開催予定と回答した社数が僅かとなっています。【表7】はオンリー型、出席型の開催予定社数を市場区分別、規模別に分類したものです。プライム市場会社が多くを占めているほかに目立った傾向はまだみられません。

【表7】オンリー型、出席型の開催予定社数

【表7】オンリー型、出席型の開催予定社数

【表8】オンリー型、出席型の業種

【表8】オンリー型、出席型の業種

三菱UFJ信託銀行
法人コンサルティング部会社法務・コーポレートガバナンスコンサルティング室
03-3212-1211(代表)

netWIN GSテクノロジー株式ファンド

Note: Separate multiple email address with a comma or semicolon.

EMAIL THIS

Note: Separate multiple email address with a comma or semicolon.

Your Email Address:

決算のお知らせ

netWIN GS テクノロジー株式ファンド」Aコース(為替ヘッジあり)および B コース(為替ヘッジなし)が 2022年5月30日に決算日を迎えました。
分配金の状況についてご報告いたします。

ファンド情報

投資関連情報

  • GSAM Connect(コンテンツライブラリー)
  • テクノロジー・セクター・アップデート
  • Market Know-How
  • マーケット・データ
  • レポート一覧

投資アイディア

  • 投資アイディア一覧
  • nextWIN 決算結果 LIFE STYLE CHANGES 特設ページ
  • nextWIN 特設ページ
  • netWIN 特設ページ
  • ecoWIN 特設ページ
  • ワンロード 特設ページ
  • GS グローバル・ターゲット戦略債券ファンド特設ページ
  • 決算結果
  • GS 日本フォーカス・グロース 特設ページ
  • GS イノベーション ETF
  • GSトータル・リターン
  • 動画ライブラリー

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第325号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

【決算速報】ヒューレット・パッカード、売上高は予想を上回り、利益は予想を上回る結果に

2022年06月01日 05:決算結果 25

● 売上高:$16.5B (市場予想:$16.決算結果 17B、)
● EPS:$1.08 (市場予想:$1.05、)

ヒューレット・パッカードの年初来変動率は2.65%となっており、優れたパフォーマンスで推移している。またヒューレット・パッカードを構成銘柄とするS&P Global 100の年初来変動率は10.決算結果 54%となっている。

-取引に便利なアプリもご用意。

※上記の単位BはBillion(10億)を表しています。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 決算結果
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価27,285.00-172.89-0.63%
日経225先物 (F)27,285.0-175.0-0.64%
韓国総合株価指数2,663.54-22.36-0.83%
NYダウ32,813.23-176.89-0.54%
独DAX14,340.47-47.88-0.33%
S&P/ASX 2007,164.40-69.60-0.96%
米ドル指数102.537-0.033-0.03%
決算結果
1,851.30+2.60+0.14%
原油 WTI112.34-2.92-2.53%
21.863-0.052-0.24%
米国綿花2番136.16-2.82-2.03%
排出権86.42+2.40+2.86%
米国シカゴコーン728.10-1.50-0.21%
米国コーヒー239.65+8.40+3.63%
決算結果 決算結果 決算結果
ドル/円130.02-0.09-0.07%
ドル/ウォン1,248.14+0.92+0.07%
ユーロ/ドル1.0656+0.0010+0.09%
ユーロ/円138.57+0.04+0.03%
トルコリラ/円7.9182-0.0102-0.13%
豪ドル/円93.25-0.08-0.09%
ポンド/円162.38-0.10-0.06%
決算結果
大塚ホールディングス4,355.0-27.決算結果 0-0.62%
ソフトバンクグループ5,265.0-35.0-0.66%
トヨタ自動車2,184.5-13.0-0.59%
三菱UFJフィナンシャル・グループ744.9-0.7-0.09%
ブイ・テクノロジー2,950.0-36.0-1.21%
東芝5,825.0+9.0+0.15%
みずほフィナンシャルグループ1,537.5-8.5-0.55%

米国株式市場=続落、積極利上げへの警戒払拭されず

米メタ、サンドバーグCOO退任へ 株価4%安

米金利、可能な限り速く2.5%に上昇すべき=SF連銀総裁

テスラCEO、従業員に「出社か退職」の2択迫る

米経済に金融引き締め効果の初期の兆候=地区連銀報告

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる