初心者に最適なトレーディングプラットフォーム 2022

投資信託の解約はいつすべき

投資信託の解約はいつすべき
投資のソムリエは、半年に1回ペースで分配金を出しています。おこづかいがもらえるような感覚で魅力的だと思う方も多いようですが、この 分配金には注意が必要 です。

投資信託の解約はいつすべき

ファンドラップ
ってなに?

よりぞう

『まかせるぞう』
のこだわり

まかせるぞうのこだわり ゴールベースアプローチ

本サービスの流れ

本サービスの流れ

『まかせるぞう』
の運用戦略

まかせるぞうの運用戦略の流れ

6コースの
簡単なご説明

6コースの簡単なご説明

投資信託の解約はいつすべき 投資信託の解約はいつすべき 6コースの簡単なご説明

お役立ち情報

様々なライフイベントとゴールは人それぞれ

マーケットの動きに一喜一憂しないことが大切

  • 将来の運用成果等を保証するものではありません。

オプション (特約)

一括で投資 ではなく、
4回に分割 して
投資します。
時間分散の効果で
投資タイミングを意識せず
開始していただけます。

  • 初回運用開始日のみお申し込みいただけます。
  • お申し込み金額の全額を入金期日までに一括してお支払いいただきます。

エントリー分散

エントリー分散
とは?

  • 未実行の投資額には投資顧問料はかかりません。
  • 投資一任契約開始時においてエントリー分散と同時にお申し込みすることはできません。
  • 払戻金額は、時価評価額を基に算出するので、毎回お受け取りいただける金額は変動します。
  • 当初のご契約金額もしくは時価評価額が1,投資信託の解約はいつすべき 000万円以上の場合にお申し込みいただけます。
  • 所定の基準日における時価評価額が500万円を下回った場合、払い戻しは行われません。
  • 定時定率払戻は、目標設定にて「増やしながら受け取る」をご選択の場合にお申し込みいただけます。

エントリー分散

  • 上図はイメージであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

定時定率払戻
とは?

  • AコースからCコースまでは、定時定率払戻特約はお申し込みいただけません。
  • 「計算基準日における所定の計算方法により算出される時価評価額×一律8.5%(払戻率)÷6」
    (1,000円未満四捨五入)

運用にかかる費用

購入時手数料

投資一任運用に
かかる費用

投資一任運用にかかる費用

  • 消費税率は10%で計算しています。税制等の変更により、税率が変更された場合は、変更後の税率になります。
  • 報酬計算の基準となる全運用資産時価評価額はMRFが含まれた金額とします。
  • 四半期ごとに前払いでお支払いいただき、減額または解約による払戻しはいたしません。
  • 報酬支払いのために組入資産を一部売却することがあります。

運用管理費用等

各投資信託について運用管理費用(信託報酬)及び信託事務の諸費用(監査費用を含みます。)等、間接的にご負担いただく費用が設定されており、日々の基準価額に反映されています。
運用管理費用(信託報酬)が各投資信託の純資産総額に対して上限 0.22%(年率・税込)かかります。
また、運用管理費用の他に信託事務の諸費用(監査費用を含む)がかかります。
(投資対象とする国内公募投資信託のうち、「国内株式インデックス・オープン(ラップ向け)」、「国内債券インデックス・オープン(ラップ向け)」、「国内リートインデックス・オープン(ラップ向け)」、「ヘッジ付先進国株式インデックス・オープン(ラップ向け)」、「先進国債券インデックス・オープン<為替ヘッジあり>(ラップ向け)」、「先進国リートインデックス・オープン<為替ヘッジあり>(ラップ向け)」については、各投資信託の純資産総額に対して上限 0.11%(年率・税込)。また、その他の投資信託については運用状況等により変動するため、事前に具体的な料率、金額を示すことができません。)
また、別途、各投資信託が投資対象とする有価証券にかかる売買委託手数料や外国での保管費用等が発生しますが、これらの費用は運用状況等により変動するため、事前に具体的な料率、金額を示すことができません。

投資信託の解約の流れや注意点、ベストなタイミングは?【FP監修】

写真:村井 英一

投資信託の「解約」とは、信託契約を解約することで、信託資金を払い戻してもらう換金方法のことをいいます。一方、投資信託の「買取」とは、運用中の投資信託を証券会社などの販売会社に買い取ってもらう換金方法です。
解約でも買取でも、利益が出たときは譲渡所得税が課せられます。
以前は、投資信託の解約と買取には税制上の違いがありましたが、2009年の税制改正以降、どちらも譲渡所得としての取扱いとなりましたので、解約と買取に税制上の違いはなくなりました。そのため、現在は、投資信託の解約・買取手続きを一本化する販売会社も増えています。

1-2. クローズド期間とは

2. 投資信託の解約手続き方法や費用

2-1. 投資信託を解約するときの流れ

投資信託を解約するときは、証券会社などの販売会社に解約請求を行います。
Webサイトやアプリから解約請求を受け付けている証券会社も多いので、投資信託を始める際に、解約方法についても確認しておくとよいでしょう。
販売会社に解約請求をしたら、販売会社から投資信託の運用会社へ解約の申し込みが行われ、払い戻しが行われます。

2-2. 投資信託を解約するときにかかる費用

3. 投資信託の解約を検討すべきタイミングは?

3-1. 基準価額が想定以上に下落した

3-2. 純資産額が大幅に減少した

3-3. 利益目標を達成した

3-4. ポートフォリオの見直し

こちらも読まれています

こちらも読まれています

4. 投資信託の解約における注意点

4-1. 解約によって得た利益には税金がかかる

投資信託の解約によって得た利益には、税金がかかります。税率は、2014年1月から2037年12月31日までの期間、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%)と定められています。
また、投資信託を解約して利益があった場合には、原則として確定申告が必要になりますが、源泉徴収ありの特定口座を利用している場合には、利益に対する税金が自動的に源泉徴収されるため、確定申告は不要です。
また、つみたてNISAの場合は年間40万円まで(最長20年間)、一般NISAの場合は年間120万円まで(最長5年間)の投資額内であれば、投資によって得た利益が非課税となるため、確定申告も不要です。

こちらも読まれています

4-2. 投資信託によっては解約手数料がかかることも

4-3. 解約・現金化には日数がかかる

4-4. 解約後、NISA非課税枠の再利用や繰越しはできない

5. 長期分散投資向きの金融商品は投資信託以外にもある?

ここまでは、投資信託を解約する流れや注意点について紹介してきました。
投資信託は長期分散投資に適した金融商品ですが、場合によっては解約を検討することもあるでしょう。投資信託を解約した後、別の投資信託に投資するのもよいですが、長期分散投資に適した金融商品は他にもあります。複数の金融商品に分散投資することで、よりリスク分散にもつながるでしょう。
弊社の不動産小口化商品「Vシェア」は、リスク分散しながら長期的に投資を行いたい方におすすめの金融商品です。個人では購入することが難しい都心エリアの商業地にあるオフィスビルを、1口100万円単位・5口以上(最低口数は変更となる場合があります)から小口購入することで、中長期に渡り着実な利益を得ることを目的として設計されています。
「Vシェア」の運用により投資家の皆様が得ることができる利益は「毎月の賃料収入の分配」と「一定期間運用後の売却代金の分配」です。もちろん、購入したオフィスビルなどの管理・運用は弊社が責任を持って実行しますので、不動産の維持管理のために何かをしなければいけないという手間は発生しません。手間を最小限に抑えつつ、株式投資などに比べて価格変動率が低く安定した運用が行える「Vシェア」は、長期分散投資のひとつとしておすすめです。

6. 最後に

今回は、投資信託の解約について、手続きの方法やかかる費用、解約を検討すべきタイミングについて紹介してきました。
投資信託を解約するときは、注意点も事前に把握したうえで、ベストなタイミングを検討しましょう。また、投資信託を解約した後は、別の投資信託に投資するのもよいですが、長期分散投資に適した他の金融商品に投資するという選択肢もあります。
複数の金融商品への分散投資をお考えの方は、弊社の不動産小口化商品「Vシェア」もぜひご検討ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる