取引プラットフォームガイド

フィボナッチ比率を作るものは何ですか

フィボナッチ比率を作るものは何ですか

フィボナッチ数列とは? 問題に隠れた規則性に気づけるようにしよう

中学入試では、並べられた数字から規則性を見つけ出す問題がよく出題されます。数列で有名なものといえば、等差数列、等比数列、階差数列などですが、ひときわ目立つ名前の数列があります。それがフィボナッチ数列です。名前からして異彩を放っていますが、その性質も神秘に満ちたもので、魅了されてしまった科学者も多くいるほどです。今回は中学受験に向けてフィボナッチ数列にどう対処すべきかを、例題を交えながら解説します。

フィボナッチ数列とは?

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144……

まずは規則性を理解する

差を計算すると、フィボナッチ数列らしき数字が出てきました。フィボナッチ数列は、直前の2つの項の数を足したものが次の項の数になる数列です。そのためこのような結果になるんですね。規則自体はとてもシンプルです。一度でもフィボナッチ数列を見たことがあれば、規則性はすぐに理解できるでしょう。

自分で書いてみると簡単さがわかる

「場合の数の問題」にフィボナッチ数列が現れる

【例題1】 階段の登り方は何通り?

4段目までの登り方は、「2段目まで登ってから4段目に到達する2通り」と「3段目まで登ってから4段目に到達する3通り」があるので、合計5通りです。つまり、4段目までの登り方の「場合の数(5通り)」は、2段目までの登り方の「場合の数(2通り)」と、3段目までの登り方の「場合の数(3通り)」の合計になるのです。まさにフィボナッチ数列のような関係になっています。

6段目までの登り方であれば、図を描いて場合分けをしていけば力わざで解けてしまう場合もあります。しかし、15段目までの登り方を答えさせる問題があったらどうでしょうか? 答えは、なんと987通り! フィボナッチ数列であることに気づいていないと、とうてい解くことはできませんね。

【例題2】 タイルの並べ方は何通り?

このとき、「縦2cm×横4cm」の並べ方の「5通り」は、「縦2cm×横2cm」に並べた場合の「2通り」と、「縦2cm×横3cm」に並べた場合の「3通り」を合計したものと同じです。またしても、フィボナッチ数列が見えてきました。

フィボナッチ比率を作るものは何ですか

相場と数という曖昧なタイトルではありますが、円相場ひとつ取っても、 今年最初の111.11というゾロ目のレート ではある程度まとまった売りが出たはずです。これは、初物とゾロ目であるという点がトレーダーに売っておこうという気にさせる理由です。実際にこうした数字にまつわるテーマは相場とは 切り離せない ものと言えるでしょう。

数学的な話となると、 金融計算では平方根(√)、対数(log)といった要素は各所で見られます。 オプションの計算式で有名なブラック・ショールズ式の基本である ヨーロピアン・コールのオプション価格を求める式には√もlogも含まれています。 こうした要素も意外と気付かずに使っていたりするものです。

フィボナッチ・リトレースメント

値幅観測において最も使われているツールだと思われますが、 フィボナッチ・リトレースメントを初期状態で表示 すると以下のような表示(色のみ青に変更)です。

これでも良いのですが、 別の比を加えたい 、その 水準のレートを具体的に知りたい という場合にはプロパティを開いて変更します。

上記の例では、 78.6%と127.2% を追加し、すべての説明の横に ” %$”(スペース+パーセント+ドル)を付記 しています。この状態で表示してみましょう。

0.786というのは0.618の平方根 、 1.272というのは1.618の平方根 です。ここでは平方根が登場しましたが、フィボナッチ比にはもともと平方根が内包されています。一例として、 2.618の平方根を計算すると1.618 となります。そこで、1.618の平方根といった考え方が出てきますが、 0.618の平方根である0.786は結構重要で、61.8%戻しを抜けてきた場合のターゲットとして78.6%戻しはよく効くものです。

黄金分割比と貴金属比

黄金分割比(黄金比) というのは 0.618、1.618といった数字 で示され、フィボナッチ数列間の比率として、また建築や美術において 美しいと感じる比率 フィボナッチ比率を作るものは何ですか というあたりは皆さんもご存じの通りです。

この黄金比は、 1.618-0.618=1と逆数との差が1 となっていることも見ればわかりますが、このような比を持つ数字を数学では 貴金属比 と呼び、黄金比はその 貴金属比の1番目の比率、第1貴金属数 でもあります。では、2番目はというと 白銀比 という比があります。これは、 フィボナッチ比率を作るものは何ですか 2.414と0.414でその差が2 フィボナッチ比率を作るものは何ですか です。同様に 差が3となる比を青銅比と呼び、3.303-0.303=3とその差が整数で示されます。

(-n+√n 2 +4)/2

これらの比率が相場で使えるかどうかは、これまで検証している市場参加者が少ないため、何とも言えないのですが、黄金比が比率的な美しさから相場においても使われている面があり、そうであるとするならば 貴金属比の中でも白銀費比は使える可能性 があります。

もともと白銀比は日本人がバランス的に美しいと感じる比でもあります。我々が普段使う用紙にもっとも使われるA4をはじめ、各種A判とB判がありますが、この規格こそが 白銀長方形と呼ばれる白銀比(1:1+√2) で す。古くは法隆寺の建築等にも白銀比が見られることから大和比とも呼ばれますが、デザインの分野では現在でも多くのものに利用され、 Googleのロゴも白銀比 です。

そうであるとすれば、0.414とか2.414といった比率をフィボナッチ・リトレースメントやフィボナッチ・エクスパンションに使うことも悪くないのではと思えます。 フィボナッチ・リトレースメントに白銀比の0.414を追加して他と区別するにはプロパティを以下 のようにすればよいですね。コメントを付けておけば、後から何だったかもわかります。

ただ、実際に使ってみると 0.414は0.382にかなり近い ですし、2.414も2.618に近いため、よほどピタリというレートでも無い限り、効いているのかどうかは確認しにくいというのが個人的な感覚です。おそらく、ほとんどの場合0.382に近いという感じになってしまうのでしょうが、 発想を変えて0.382を0.414に置き換える フィボナッチ比率を作るものは何ですか フィボナッチ比率を作るものは何ですか フィボナッチ比率を作るものは何ですか ということもありだとは思います。

それ以外の比率

他の比率として貴金属比ではありませんが、比較的有名な比率に白金比というものがあり、こちらは1:1.732となっていて、1.618にかなり近い数字です。フィボナッチ比だけで考えた方が楽ですし説明しやすいとは思いますが、世の中には色々な比率が存在します。何か、面白いかもしれないと思ったら MT4のよいところは柔軟性の高さ です。

比率に限らずパラメータにおいても何の数字を使うのか、相場に関わっている限り数との付き合いは続きますが、 思いついたらすぐに試してみる 、これを繰り返しているうちに 大発見 があるかもしれません。

海外FX分析・手法、フィボナッチ・リトレースメントの使い方

フィボナッチを活用してFXで勝率を上げよう

フィボナッチ比率を使ったトレード手法はたくさんありますが、その中でもフィボナッチ・リトレースメントという手法がおすすめです。
最も多くのトレーダーが使用している代表的なツールであるため、フィボナッチ・リトレースメントのサポートライン、レジスタンスラインになるポイントは多くの投資家が見ていて売買の節目になることが多いからです。
つまり、 フィボナッチ・リトレースメントのポイントを抑えておけば、トレード戦略が立てやすくなることを意味します

具体的には、天井(高値)から底(安値)、底から天井までの値幅を100%として、そこから次にくる戻りや押し目のレベルを予測して目標値として考えていきます
MT4では、フィボナッチ・リトレースメントを簡単に引くことができるので、目標値を視覚的に捉えることができますので、MT4の使える海外FXを使うとフィボナッチを活かしたトレードをおこないやすくなります。

海外FXのMT4でフィボナッチのラインを引く方法

MT4起動後、フィボナッチラインを引く

まずはMT4を起動させ、MT4のメニューバーにある点線と小さなFの文字のあるボタンをクリックします。

フィボナッチライン引き方

フィボナッチのラインの引き方

フィボナッチ数列 MT4上に引く

今回はUSD/JPYで、直近の安値A高値Bをメニューバーのフィボナッチの線で引いただけですが、 どんな場合でも基本的にはそのトレンドの高値安値を見つけて設定されているラインを引くだけなので簡単にフィボナッチのラインを引くことができます。

フィボナッチの比率がサポート・レジスタンスラインになる

フィボナッチ比率 MT4

フィボナッチラインは正確に引こうとしない

フィボナッチを引くとき、起点をローソク足のヒゲに合わせるのか、それとも実体に合わせるか、最初は迷ってしまいます。
これは正解はありませんので、最初から正確なフィボナッチを引こうとは考えずに、最初は自分のルールを作って引いてみてください。

ここで引く順番のルールを自分で決めていくのです。

ある日にヒゲと実体を結んで引いた、次の日は実体と実体にしてみるなど、ルールを定めないまま毎回引いてしまうと本当にフィボナッチが機能するかしないのかがよくわからず、トレードに自信がもてなくなります。
そこで、まずは 「必ずヒゲを起点にしてフィボナッチを引く」というようにルールを定めておく と良いのです。
そして毎回そのルールを統一させておきます。統一させておくことで、そのルールで引いたフィボナッチが機能しているかどうかの判断がしやすくなるのです。

フィボナッチの効果的な使い方を解説

強いトレンドは23.6%、38.2%が押し目

フィボナッチ MT4 押し目

上の画像の押し目となったフィボナッチは23.6%です。
トレンドが強い場合、23.6%と38.2%が押し目となってさらにトレンドが継続することが多いので、覚えておくと便利です。

これは、一時的に下落してしまったとしても、早い段階で再度買い注文が入り始めます。
するとトレーダーの心理として、買いそびれはしたくないと思い、高い確率で早めの押し目買いが入ります。
50.0%まで下落せずに浅い押し目で伸びるのには、そのようなトレンドによる投資家の心理状態も現れています。

長い時間軸ほど多くのトレーダーが確認している

時間軸を変えて、同じ100本分のローソク足を見るとします。
そうすると、日足では100日分ですが、1分足だと1時間半分になります。
同じチャートの場面のどちらがより多くのトレーダーが見ているのかというと、日足の方です。
これは、トレンド期間の短い1分足よりも、日足でトレンドが出ている箇所をフィボナッチで見ようする人が多いことを意味しています。

そのため、時間軸が長くなるほど、同じトレンドが見られる回数が増え、また、チャート形成にも時間がかかります。
つまり、 長い時間のローソク足になればそれだけ押し目や戻り等を意識しているトレーダーが多いということになるため、フィボナッチのラインで押し目、戻りになることが多くなる傾向にあります。

50.0%と61.8%まで反転したらトレンド転換

ここからトレンドが継続すると考えるトレーダーがいる一方で、半分(50.0%)まで反転したからトレンドが転換すると見るトレーダーも増えていきます。

また、 61.8%まで下落(上昇)すると、そこからトレンドを再開させて高値(安値)を簡単にはブレイクしなくなります。
そのため、フィボナッチの50.0%、61.8%まできたときは、トレンド転換の可能性が高くなるのです。

フィボナッチ50.0と61.8まで反転したら トレンド転換ポイント

上記の画像を見てみると、50.0%のラインで何回か押し戻されたあと、安値を出しています。
その後、反転し、再び50.0%のラインまで一気に上昇し、越えていきました。
ここでトレンドの転換となっているとみることができます。
その後も一度高値を記録し下がってきますが、61.8%のラインで止まり、また上昇して前の高値を越えて、再び高値を記録しました。

このように、50.0%や61.8%のラインの越えると、トレンド転換となり、簡単には反転しなくなる可能性が高くなります。

経済指標や要人発言時のフィボナッチの使い方

多くのトレーダーに見られているという意味では、経済指標時、要人発言などの、時間が決まっていて大きな値動きの出るタイミングがあるときは、誰もがその時間帯に注目しています。
そしてその時間帯になると多くのトレーダーが同じチャートを見ているということになり、 短時間でもフィボナッチが強く意識される ことになります。
たとえ1分足でも、このようなタイミングではフィボナッチが強くなるのです。

フィボナッチ数で相場転換日を予想

上記ではフィボナッチ比率のラインでの活用方法を紹介してきました。
同様に、フィボナッチ数でも相場の転換を予測することができます。
しかし、多少数字が前後する場合もあるため、一概にすべてフィボナッチで予想はできませんので、他の分析方法などと組み合わせて使用することで、よりトレードの精度が上昇していきます。

米ドル/円の日足チャートを見ながら、どういうことか説明していきます。

フィボナッチ相場転換日 フィボナッチ数 予測

2017年5月10日に高値を記録していますが、5月9日(高値A)から数えると、89日に最安値になりました。
実際は5月10日からなので、90日ですが、それでもフィボナッチ数「89」に近い数値で高値から安値の波が形成されています。

21はフィボナッチ数です。

つまり、フィボナッチ数で数えていき、例えば55日後のXデーに大統領選挙があるとか、何か重大なイベントが起こるとします。
そのようなときにこのフィボナッチ数で日柄を予測します。
実際に、その予測日がXデーと重なるようなときは、その日が転換点になる可能性が高いと考えることができます。

常にピタリとフィボナッチ数に当てはまるというわけではなく、それに近い数値でも同じような現象(画像で紹介したのは「89日 → 90日」や「21日 → 22日」など)がおこることがありますので、その辺りは臨機応変に考えていきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる