プロが直接査定

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは
これは、多くの市場参加者のオーダー(注文)及びストップ(決済・損切り)が
その価格付近に集中して設定されている可能性があるからです。

以下画像赤丸部分は、レジスタンスサポートラインとして意識されて価格が反発した箇所です。 レジスタンスラインとは
(画像はクリックで拡大できます。)

FXレジスタンスサポートライン及びトレンドライン引き方解説

ライン引き方fx

レジサポライン

これは、多くの市場参加者のオーダー(注文)及びストップ(決済・損切り)が
その価格付近に集中して設定されている可能性があるからです。

以下画像赤丸部分は、レジスタンスサポートラインとして意識されて価格が反発した箇所です。 レジスタンスラインとは
(画像はクリックで拡大できます。)

何度も意識されて価格が反転したレジスタンスサポートラインは、
再びそのレジサポラインが意識されて価格が反転したり、
明確に抜けたら価格の値動きが加速しやすい傾向があります。

そのレジサポラインが引ける価格付近に、ストップやオーダーが集中している為です。

w%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e4%b8%8b%e8%90%bd

以下画像赤枠部分はWトップのネックラインとなり、ストップオーダーが入っている箇所です。
(画像はクリックで拡大できます)

こういったチャートパターンのネックライン等のサポレジ節目部分には、
ストップオーダーが集中してい入っていることが多いわけです。

レジスタンスライン・サポートラインとトレンドラインの定義

価格の抵抗線となるポイントに引ける水平線ライン
上昇相場が頭を打たれて、それ以上上昇できない可能性を示す
(重要なレジスタンスラインを抜けて上昇すると、勢いが増す可能性)

価格の支持線となるポイントに引ける水平線ライン
下降相場が下げ止まりになり、反転上昇する可能性を示す
(重要なサポートラインを抜けて下降すると、下降が加速する可能性)

トレンドラインを抜けてから相場が明確に状況を変化されていくには、
そこから更に直近の高値安値を超えたりを確認してと、
次の明確な相場状況を見てから判断する方が精度が高くなります。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%bc%b7%e5%bc%b1

レジスタンスライン・サポートライン及びトレンドラインを引く際には、
より長期足タイムフレームで引いたラインが強く意識されていきます。

1時間足 < 4時間足 < 日足 < 週足 < 月足

レジスタンスライン・サポートラインの引き方

%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%bc%95%e3%81%8d%e6%96%b9

以下、ポンドドルの1時間足チャートにレジサポラインを引いたものです。
(画像をクリックで拡大できます)

レジスタンスサポートラインは、チャートの左側から見て引いていきます。
(リアルタイムのトレードだと、チャートの右側は見えないからです)

トレンドラインの引き方

%e4%b8%8b%e9%99%8d%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

以下は下降トレンドで引けるトレンドライン例です。(画像クリックで拡大できます)

複数回以上高値を結んだトレンドラインが意識されて頭を押さえられています。

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%b8%e4%b8%8b%e9%99%8d

上記の下降トレンド例だと、安値を結んだトレンドラインを引くと、「ウェッジ」のチャートパターンが見えます。

ウェッジブレイクで反転上昇したとも取れます。

%e4%b8%8a%e6%98%87%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

逆に今後は上昇トレンドにトレンドラインを引いてみます。
以下はポンドドル4時間足にトレンドラインを引いた例です。(画像クリックで拡大できます)

上昇トレンドの際は、安値を結んだトレンドラインが意識されやすいです。

上記の相場例では、アップトレンドにのせて上昇していき、
天井圏でWトップのチャートパターンつけてネック切りで下降。
トレンドラインで一度反発上昇するも、
Wトップネックラインレジスタンスで上ヒゲピンバーとなり、
一気にトレンドラインブレイクして下降していった相場状況です。

トレンドラインが高値と安値で平行なチャネルラインが引ける相場

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%be%8b

以下はチャネルラインを引ける相場状況の例です。(画像クリックで拡大できます)

あまりに長いチャネルラインとなると、
(フラッグはあくまでトレンド途中の調整反転なので)
フラッグというよりは、単にトレンド形成している相場と見ます。

トレンドライン上の高値・安値は重要なポイント

トレンドラインで結んだ高値・安値は、相場のトレンド形成において重要な価格とみられる場合が多いです。

usdjpy1hchart ドル円1時間足チャート

以下、ドル円の1時間足チャート画像です。(画像クリックで拡大)

チャート画像上では、4時間足で引いたチャネルライン(水色)を表示しています。

チャート画像右側の赤枠部分で、
上のチャネルラインであるトレンドライン上の高値を価格が上抜けたことで、
短期的な下方向への下げ相場が崩れてアップトレンド発生となっています。
(長期足ではフラッグのチャートパターンになっている場面です。)

ラインをロウソク足の実体とヒゲどちらでひくか?

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%b8%8a%e3%81%a7%e3%81%ae%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e4%be%8b

以下は、トレンドラインとロウソク足のヒゲを相場分析した例です。

ラインを引くときには、ヒゲ・実体を状況に応じて相場分析していきます。

ラインを明確に抜けたと判断するのは、基本的にロウソク足の実体抜けです。
(これは表示させているチャートの時間足によっても変わってきます)

サポートラインやレジスタンスラインはどのくらいの期間で引くのか?

regisup15112701

あまり昔に遡り過ぎてラインを引いても意味がない可能性もありますし、
逆に、直近の数本程度のローソク足だけでラインを引いても、
誰も意識していなくて、全く効いていない可能性もあります。

ライン引きは、トレーダー毎に引く時の定義というか、
流派みたいなものが違っているので、どれが正解というものはないんですが、
私の場合は、、、

どの時間足で引く場合でも、
直近のローソク足から約100~150本程度の期間を見て
サポートライン、レジスタンスラインを引くようにしています。

つまり、過去100本程度の期間を見る事で、
約1日分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、1時間足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約1週間分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、4時間足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約1ヶ月分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、日足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約半年分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってラインを引く事は、ほぼありません)

fxline15112702

以上、デイトレレベルならこのくらい見ておけば問題はないと思っています。

私の場合は15分足チャートをメインとしたデイトレというスタイルなので、
基本的には1時間足チャートのサポートライン、レジスタンスラインを中心に
見ていきます。

しかしもしもその日、4時間足チャートや日足チャートのサポートライン、
レジスタンスラインが近くに位置していたら、そのライン付近も意識して
サポートライン手前での売り、レジスタンスライン手前での買いは控えます。

重要度としては、4時間足チャート、日足チャートのサポレジですが、
毎日頻繁に関わるわけではないので、
通常は1時間足チャートのサポレジを意識してトレードしています。

また、5分足チャートや1分足チャートなどの短い時間足では
それほどラインの有効性は大きくないという印象ですが、
それでも一応は引くようにしています。

この場合はレジサポのラインでの攻防を見てそのブレイクを仕掛けるというよりは、
ライン上では買い優勢、ライン下では売り優勢、というように
視点の切り替えに利用する感じでしょうか。

もちろんこれが正解というわけではないですよ。
私がトレードする時にはこれが一番しっくりくるので、
このようにラインを引いているだけです。

サポートラインとレジスタンスライン

今回の場合、下の赤線がサポートライン、上の赤線がレジスタンスラインとなります。
今回の場合という意味ですが、例えばもしサポートされているラインを割り下方向に向かったとします。その後、戻りをつけようと上昇した際にサポートしていたラインが反対にレジスタンスとして機能することがあるから"今回の場合"という表現を用いています。レジスタンスラインとサポートラインが反転することをいわゆるレジサポ転換と言います。

ということは、 そのラインに達した際に反転する可能性がある ということになります。

  • サポートラインで買っていた人たち(逆張り勢)が損切りとして、売りに入ったため
  • サポートライン(レジスタンスライン)を割ると、上記のことが原因で大きく下がることが予想されるため、売りで入る人が多くなったため

もう一つ重要なことは、日足や4時間足のサポートライン、レジスタンスラインは強いが、1時間足や30分足のラインは比較的弱いことです。

バイナリーオプションで活用すべきライントレードとは?

必勝法

  • ライントレードがどのような分析方法か理解できる
  • 具体的なライントレードの方法がわかる
  • ライントレードを行い勝率を上げる事ができる

ライントレード

ライントレードを行うことにより、しっかりと 根拠を持った取引ができるので勝率を上げることが可能 です。

ライントレードとは

ライントレードとはその名の通り、 チャート上にライン(線)引き、そのラインにローソク足がタッチした時(またはライン付近に近づいた時)にエントリーする取引手法 のことを言います。

そもそもなぜ価格が動くのか?

具体的に「どうやってラインを引けばいいのか?」を説明する前に、「 そもそもなぜ価格が動くのか? 」について説明します。

いくら 為替相場に影響がありそうなニュースが流れても、取引が行われなければ相場は動きません。

投資家たちの人間心理や感情、思惑が取引を介して形となっている

つまり、投資家たちが どのポイントで買い注文または売り注文を入れるのかを予想することによって、今後の価格を予測することが可能となります。

ラインの引き方

その名の通り、 チャート上に水平の線を引く方法 です。

  • 高値・安値に引く
  • 複数回反発してるポイントに引く

高値・安値に引く

チャート上の 高値と安値に水平線を引く方法です。

チャートを縮小し、 チャート上の1番高い価格や1番低い価格で水平線を引いたり、価格が反発している部分に引きます。

ただし、 必ず反発するとは限りません。

逆に 反発せずにそのまま価格が上昇または下落し続けてトレンドを形成してしまう可能性もあることを 覚えておいてください。

複数回反発してるポイントに引く

同じくらいの価格で複数回反発している部分にラインを引く方法 です。

水平線はローソク足の実体に引く?それともヒゲの先に引くべきか?

ちなみに、こちらが レジスタンスラインとは ローソク足の実体の部分にラインを引いたパターン です。

なぜなら、 世の中には実体にラインを引く人、ヒゲの先にラインを引く人、どちらもいるからです。

例えば、 実体に引いたラインとヒゲの先に引いたラインとの間を面として捉えて、その辺りで反発する可能性があるという認識を持つことが重要 です。

レジスタンスライン(抵抗線)とサポートライン(支持線)

チャート上の高値に引いたラインを レジスタンスライン(上値抵抗線) と呼びます。

そして、チャート上の安値に引いたラインを サポートライン (下値支持線) と呼びます。

なぜレジサポラインで反発する?引き方から3つの活用法まで解説!

テクニカル分析

『レジサポライン』 はFXを始めて最初の方に耳にする言葉ですが、わりかし簡単そうに見えるので あまり深く学ばずに使っている 方も多いかと思います。

今回は、そんな有能 レジサポライン の概要から、仕組み・引き方・活かし方まで解説していきます!

といったように、レジサポラインを理解すれば今まで以上に根拠を持ったトレードができるようになるはずです٩( ‘ω’ )و

【概要】レジサポラインについて知ろう

そもそもレジスタンスライン・サポートラインとは?

レジサポライン

上の画像のとおり、 レジスタンスライン は上方向への値動きに対する 抵抗 、 サポートライン は下方向への値動きに対して 支持 するラインのことです(・∀・)

この2つを合わせて、通称 「レジサポライン」 と呼ばれています^^
(レジスタンスライン・サポートラインは、別名「上値抵抗線」・「下値支持線」とも言います)

ところでなぜレジサポラインで反発する?

なぜ同じようなところで上昇下降の勢いが抑えられて、反発するような値動きになるのかというと、レジサポラインは 投資家たちが意識しやすい価格帯 だからです。

「100円まで上がってきたら売りでエントリーしたいな」 とか、
すでにポジションを持っている人なら 「100円あたりまで上がったらポジション決済(売り)だ」

敏腕トレーダーのイメージ

こうして100円付近の価格帯までいくと、 新規参入や決済が集まって売りたい人が多くなり → 100円付近から反発する → レジスタンスラインが形成されていく 、というわけなんですね。

今回のレジサポラインに限らず 他の市場参加者がどのように考えるか? という意識を持つことは、トレードのレベルを一段階引き上げてくれます!

【引き方】レジサポラインの引き方!チャートに引いてみよう

こういった質問をよくいただきますが、実はレジサポラインを引くのは 簡単 です。

チャートをよく観察し、 過去に何回か反発を繰り返しているポイントに 細かいことは気にせず 、ラインを引いていく。 この際、あまり相場を小さく見ずに 広い視点で 捉えるように心がけましょう。

レンジ相場

また、 細かいエントリータイミングは短期足で確認すればいい ので、反発ポイントそのものを完璧に予測する必要は全くないのです♪

なので、ラインを引く際は 「このあたりが抵抗として意識されているな」 といった感じにまずは1本ラインを引いてみて、そこを中心としたゾーンとして考えると良いと思います。

レジサポラインはゾーンで見る

なので、無理くり探して 自分しか見つけられないライン を引くのではなく、 誰が見てもわかる抵抗帯を素直に認識すること が何より大事です!

ちなみに長い時間足の方が、より過去の値動きを遡った 大きな相場のレジサポライン を見つけることができ、逆に短期は直近の 小さな動きに対してのレジサポライン を見つける事ができますね♪

【活用法】どんなチャートも攻略!レジサポライン活用法、3段活用

では、ORZが実戦トレードでも使っている 「レジサポライン活用法」 を解説していきます(・∀・)!

レジサポラインというものは基本的に以下の 3つの性質 を持ったラインになります。

  • ①価格が反発するライン
  • ②抜けると価格が大きく動くライン
  • ③抜けた後に性質が逆になるライン

①レジサポライン反発からの逆張り手法

レジサポラインの例1

上のチャートで例えば①あたりの時に見ていたとして、 レジスタンスライン は赤丸で囲ったところを、 サポートライン は青丸あたりを参考にペーっとラインを引きます。

レジサポラインの反発手法

損切りラインはなるべくレジサポラインの外( レジスタンスラインの上 ・ サポートラインの下 )に置けるよう、引きつけてエントリーするのがコツです♪

②レジサポラインのブレイクを利用した順張り手法

先ほどの手法は中期的なレンジ相場でよく活用しますが、お次は 中期的なトレンド相場 で使うことが多い手法です(´ー`)

1時間足のトレンドの押し目

例えば上の画像は上昇トレンドを形成しているドル円の 1時間足 ですが、この上昇トレンドの 1つ目の赤丸 で押し目買いを狙う場合を見ていきましょう。

価格が押し目をつけてきたら、短期の 5分足 などに切り替え、 レジサポラインが引ける相場であれば今回の手法が有効になります。

短期のレジサポラインブレイク

過去に何回か抑えられている価格帯があり、 レジスタンスライン を引けますね!

このように 短期足が何度も反発してレジスタンスを形成している場合 は、 レジスタンスラインとは トレンド方向(上)へとブレイクするのを待って、ブレイクしたタイミングでエントリー! てな感じです(・∀・)

③レジサポ入れ替わりを活かした手法

3つめはラインをブレイクしたあと、役割が反対になったレジサポラインからエントリーする手法です。いわゆる レジサポ転換 ってやつです(´ー`)

トレンド相場というものは、 高値 ・ 安値 を更新し続けているような状態ですので、価格更新の時には(あまり意識されないラインだとしても)必ずブレイクが起こっているんですよね^^

レジサポ反転時の手法

上昇トレンドでのレジサポ反転

あとは長く続いてる 中長期的なBOX相場をブレイク したあととかにも使えますね(・∀・)
ブレイクのだましを回避しつつ、うまくいけばトレンドの初動で乗っかることも可能です。

レジサポ反転でのエントリー

ブレイクアウトの仕組み

【MT4】でレジサポラインを引く方法

MT4での水平線の引き方

iPhoneのオブジェクトの設定方法

レジサポラインを自動で引いてくれるインジケーター(おまけ)

ナナナなんと、レジサポラインを レジスタンスラインとは 自動で引いてくれるインジケーター があるみたいです(・∀・)

ただし、いろいろ ラインを表示しすぎてチャートが見づらくなってしまって は本末転倒!

【まとめ】レジサポライン、こんなに使える良い子です(・∀・)

ここまで来れば、 レジサポラインは何なのか? といった基礎の部分から、 形成される際の投資家心理 や レジサポラインを活かした手法 まで、一通り使いこなすための知識が付けられたかと思います。

また今回のレジサポラインに関しては 《真・ORZのFX道場3.0》でも逆張り手法 として伝授してます。興味のある方は下のフォームからぜひお気軽にご参加ください!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる