ポジション取引戦略

取引できる時間帯は

取引できる時間帯は
BS放送事業の収入源である広告枠の販売動向を左右するのは認知度(視聴者によるBS各局及び番組についての認知度合い)で、両者には明確な相関関係が読み取れる。
この理由は、広告主がより高い広告効果を求めて、認知度調査や前出のBS視聴世帯数調査などの結果を参考にしながら出稿先のBS局や番組を選定してくるためと考えられる。
また、レギュラー番組や特別番組に関するYouTube配信は、同社の認知度向上に一定の成果を得ていることが予想される。

【特集】 BS11 Research Memo(2):衛星放送業界のなかで信用度と存在感を着実に高める

BS11 <日足> 「株探」多機能チャートより

1. 沿革 取引できる時間帯は
日本BS放送は1999年8月、ビックカメラにより、日本ビーエス放送企画株式会社として設立された。1999年12月に郵政省(現 総務省)からBSデジタルデータ放送の委託放送業務の認定を受けたことを皮切りに、各種認可を取得しながら試験的なデータ放送などの準備を進め、2007年12月にBSデジタルハイビジョン放送(現行のBS11)の本放送を開始した。

2. 事業モデルと収益構造
BS放送のチャンネルには無料放送と有料放送があるが、同社は無料放送を展開している。無料放送を行っているBS放送局は、同社のほかには民放キー局系列の5社とワールド・ハイビジョン・チャンネル(株)(BS12トゥエルビ)、放送大学に加えて、2022年3月から「BS松竹東急」「BSJapanext」((株)ジャパネットブロードキャスティングが運営)「BSよしもと」が開局している。同社はキー局系列に属さない独立系であることに加えて、無料放送という2つの特徴を持ったBS放送局である。独立系ならではの強みを生かして、全国のテレビ局及び制作会社との共同制作番組の提供が可能となっている。

(1) 収入の構造
無料放送を行っている同社の収益構造は広告収入(スポンサー収入)が基本となっており、この点では地上波のテレビ局と同様である。同社を含むBS放送は、広告主のニーズに応じてターゲットを絞り、商品やサービスを中心に捉えた「説明型」のCMにより、商品の魅力をじっくりアピールできる特長がある。すなわち「広告枠」が同社の商品であるが、それらは、タイム枠、持込枠、通販番組枠などに細分化することができる。同社の売上高内訳の開示上は、タイム収入、スポット収入、その他に分類される。2022年8月期第2四半期実績ではタイム収入が68.4%、スポット収入が26.4%、その他が5.2%となっている(個別業績の売上高構成比)。その他の収入は、アニメ製作委員会への出資に伴う配当金や番組コンテンツ販売による収入などである。

(2) 費用の構造
BS放送では放送衛星を通じて日本全国に電波を送ることができるため、1)全時間帯において全国約4,512.4万世帯(2019年度)で同時に同一の放送が視聴可能であること、2)地上波とは全く異なるコスト構造により高効率の広告ビジネスが可能となっていること、の2つをBS放送の大きな特長として挙げることができる。

  • ・打たれ強さ発揮の「J-REIT」、経済再開に向け新たな評価余地 <株探トップ特集> (05/24)
  • ・ バリュー株優位はいつまで? バリュエーション格差に見る「割高・成長株」の逆襲 (05/25)
  • ・ウィズコロナで舞い戻る需要、「医療機器関連株」は夏に咲く <株探トップ特集> (05/23)
  • ・今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第1弾〕34社選出 <成長株特集> (05/22)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─先回りで狙う!買い戻し期待の「売り長銘柄」 (05/22)
  • ・【杉村富生の短期相場観測】 ─新東西冷戦構造の構築が追い風に! (05/22)
  • ・大反騰リベンジ相場へ! 国策に乗る「サイバー防衛」復活の5銘柄 <株探トップ.. (05/21)
  • ・武者陵司「良いインフレが米国をソフトランディングに導く」 (05/23)
  • ・大塚竜太氏【さまよう東京市場、流れ変わるか6月相場の展望】(1) <相場観特集> (05/23)
  • ・ 東証マザーズETFに異変察知、短期勝負で成功した技 (05/21)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる