戦略

インデックス投資とは

インデックス投資とは
【画像出典元】「stock.adobe.com/Сake78 (3D & photo)」

ブラックロック・インデックス投資戦略ファンド (愛称:iパズル)


『パフォーマンスの推移』『運用実績』『分配金の履歴』に記載のデータは過去の運用実績を示すものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
『運用実績』の トータルリターンは、税引前分配金を再投資したものとして算出した累積投資基準価額により計算しています。
『分配金の履歴』の表に記載の情報は、税引前分配金実績です。過去の分配金実績は、将来の分配金の水準を示唆あるいは保証するものではありません。

サステナビリティ特性

サステナビリティ特性

当指標は、ESG要因のファンドへの組み入れの有無、また組み入れの方法を示すものではありません。当指標は、ファンドの目論見書に投資目的に関わる記載が別途ある場合を除き、ファンドの投資目的を変更、またはファンドの投資対象を制限するものではありません。また、ファンドがESGやインパクトに焦点を当てた投資戦略やスクリーニングを行うことを示唆するものではありません。ファンドの投資戦略の詳細については、ファンドの目論見書を参照してください。

サステナビリティ特性に関するMSCIのメソドロジーは当ページ下部のリンクからご確認いただけます。

すべてのデータは、2021年8月31日 の保有状況に基づき、2022年4月7日 のMSCI ESGファンドレーティングから取得したものです。したがって、ファンドのサステナビリティ特性は、直近のMSCI ESGファンドレーティングとは異なる場合があります。

MSCI ESGファンドレーティングは、ファンドの65%以上(グロス・ウェイト)の保有銘柄がMSCI ESGリサーチの対象となっているファンドに付与されます(MSCIによるESG分析に関係しないと見なされる現金ポジションややその他の資産は、リサーチ対象銘柄のグロス・ウェイトを算出する際に控除されます。ショートポジションの絶対値は算出に含まれますが、リサーチの対象外として扱われます。)また、銘柄の保有状況は1年以内の基準日のものとし、ファンドには10銘柄以上が必要です。新規に立ち上げたファンドの場合、サステナビリティ特性は通常立ち上げから6か月後に開示されます。

ビジネス関与

ビジネス関与

ビジネス関与に関するMSCIのメソドロジーは当ページの下部にあるリンクからご確認いただけます。

上記の一般炭およびオイルサンドに関するビジネス関与エクスポージャーは、MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンドの売上構成比率が5%以上の企業を対象として算出し開示します。MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンド事業から売上のある企業へのエクスポージャー(売上構成比率が0%以上の場合)は以下のとおりです。一般炭 0.44% およびオイルサンド 1.34%

ビジネス関与指標は、MSCIが調査を実施し、対象となるビジネス活動に関与していると判断する企業のみを特定します。そのため、MSCIの調査対象外に追加のビジネス関与が存在する可能性があります。この情報は、ビジネス関与のない企業の一覧を作成する目的で提供されるものではありません。また、ビジネス関与指標は、MSCI ESGリサーチの対象となる保有銘柄がファンドの1%以上(グロス・ウェイト)を占める場合のみ表示されます。

取扱い金融商品取引業者

販売会社一覧

販売会社一覧

販売会社一覧

ここに記載する情報(以下「本情報」)は、1940年投資顧問法に基づくRIAであるMSCI ESG Research LLCが提供するものであり、その関連会社(MSCI Inc.とその子会社(以下「MSCI」)を含む)、または第三者(以下「情報提供者」)から入手したデータを含むことがあり、その全部または一部を書面による事前の許可なしに複製または再配布することは禁止されています。本情報は、米国証券取引委員会(SEC)またはその他の規制当局に提出されたもの、もしくは承認を受けたものではありません。本情報は、派生商品の作成またはそれに類する目的で使用することはできません。また本情報は、いかなる有価証券、金融商品および商品、または取引戦略の売買提供、勧誘または推奨を行うものではなく、将来的な業績、分析、予測または予想を示唆または保証するものではありません。ファンドによってはMSCI指数をベースとするもの、もしくはMSCI指数に連動するものがあり、MSCIはファンドの運用資産残高やその他の指標に基づいて報酬を得ることがあります。MSCIは、株価指数調査と本情報の間に情報共有の制限を設けています。本情報を使用して、売買する有価証券または有価証券を売買するタイミングを判断することはできません。本情報は「現状のまま」提供されており、本情報の利用者は本情報の利用に際して発生するもしくは発生しうるあらゆるリスクを負うものとします。MSCI ESGリサーチおよび情報提供を行う当事者は、明示的か黙示的であるかを問わず、あらゆる保証を明示的に否認します。また、本情報の誤りや脱落またはそれらに関連する損害について責任を負いません。上記は、適用法で除外または制限できない責任を除外しようとするものはありません。

  • ビッグデータを駆使した投信
  • ターゲット・イヤー・ファンドで老後資金の準備をシンプルに
  • 新興国の成長を味方にする債券
  • おまかせバランス投信
  • ブラックロックのインサイト
  • ブラックロック・インベストメント・インスティチュート(BII)
  • ESG投資で変化する社会に備える
  • ターゲット・イヤー・ファンドで老後資金の準備をシンプルに
  • 資産とウェルビーイングに関するグローバル調査
  • 人生100年時代に考えたいお金のこと

ブラックロック・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第375号
加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

インデックスファンドのおすすめ人気ランキング32選【徹底比較】

スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。 ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。 東洋大学経営学部非常勤講師 大手前大学現代社会学部非常勤講師 〔主な著書〕 『図解金融入門 インデックス投資とは 基本と常識』(西東社) 『FP技能士2級・AFP重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『FP技能士3級重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『円安で利益倍増!ウマイ投資法がわかる本』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) 『不動産投資44の法則』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) など

法人向けの資産相談業務やグループ企業の経営管理、分散金融市場における資産運用事業を手がける。その他、大手のビジネス系メディア「マネー現代:講談社」「ITmediaビジネスオンライン」「四季報オンライン」等で執筆も行っている。 OKOSUMO(公式サイト):https://okosumo.com/ Twitter:https://twitter.com/full_tangent

自社施設

インデックスファンドとは?アクティブファンドとの違いや仕組みをわかりやすく解説

インデックスファンドとは、日経平均などの指数に連動した運用をする投資信託です。

動きがわかりやすく、購入するだけで分散投資できるのが魅力。指数と値動きを連動させるため、該当の指数に組み入れられた複数の銘柄へ自然と投資していることになります。連動する指数も新聞やニュースで確認できるので、値動きを追いやすいですよ。

また、投資信託のなかでも運用コストが安いのもメリット。インデックスファンドは、アクティブファンドのように企業へのリサーチを行わないためその分運用にかかる費用が安くなっています。インデックスファンド・アクティブファンドでは、最大2%以上も年間のコストが変わるので、コストを抑えたい人ならインデックスファンドが向いているでしょう。

ただし、指数以上のリターンが見込めないため、短期的にはリターンが得られない可能性がある点には注意。市場全体の動きが悪いと成績自体が悪くなる可能性もあります。とはいえ、値動きがわかりやすくコストや手間もかからないインデックスファンドは、初心者でも手を出しやすい商品ですよ。

インデックスファンドは、ほとんどのアクティブファンドにパフォーマンスで勝っています

実際、アクティブファンドで指数を超える成績なのは全体の2割以下に。パフォーマンスのよいアクティブファンドは別ですが、基本的には低コストのインデックスファンドを選ぶのがよいでしょう。

インデックスファンドの選び方

インデックスファンドを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

① マストで確認しておきたい2つのポイント

信託報酬は0.インデックス投資とは 30%を目安に!安いほど効率的に運用できる

低コストで運用するなら、信託報酬が0.30%以下のインデックスファンドがおすすめです。

効率的に利幅を拡大させるには、保有期間中に年率で発生する信託報酬を抑えることが重要。たとえば、0.30%と0.インデックス投資とは 60%の商品を100万円で10年間運用すると、それぞれ30,000円・60,000円となります。数%の差は小さく見えるかもしれませんが、低い信託報酬の商品を選ぶと最終的な利益を増やすことにもつながりますよ。

今回検証した32商品の信託報酬の平均値は0.24%でした。なかには極端に低い商品もあったので、選ぶ際には0.30%ほどを目安にすればローコスト運用といえるでしょう。信託報酬は運用の確実なマイナス要因となるので、ぜひコストの安い商品を選ぶ際の参考にしてみてください。

効率的に運用したいならインデックスファンドの信託報酬は0.30%を目安にしましょう。安いと成績のよい商品になるわけではありませんが、運用の負担になるコストを軽減できますよ。

また、運用コストを比較するときは、投資先や運用方法が近い商品でするのがおすすめです。投資対象ごとに実際の売買までの流れは異なるので、投資先が同じなら正確にコストを比較できますよ。

トータルリターン・標準偏差で実績を確認。ただし同じ指数だと結果は変わらない

検討している投資信託のパフォーマンスは、これまでの実績値であるトータルリターン・標準偏差の2点でチェック

トータルリターンは、運用期間中の利益や利回りを騰落率より正確に調べることが可能。コストや分配金による運用成果だけでなく、一部売却した場合の損益も反映されるのがメリットです。長期間の成績も確認することで、その商品の平均的な成績も把握できますよ。

また、標準偏差は期間中どれだけ変動したのか、つまりリスクの大きさの調査が可能。価格や収益のばらつきを数値化するので、標準偏差が小さいほど上昇幅・下落幅が小さいことを指します。どちらも実績がよいからうまくいくわけではありませんが、自分の目的に合った商品を選ぶ助けになるでしょう。

なお、同じ指数と連動している商品同士を調べても結果に差はほとんどありません。運用開始日や集計期間によって数値の差はありますが、投資対象の銘柄はほぼ同じなため購入後の値動きに差は出ないでしょう。そのため、パフォーマンスを比べるときは違う指数同士を比べてみてください。

インデックス投資とは

「インデックス」とは市場動向を示す指数のことで、日本の株式市場の動向を示すインデックスであればTOPIXや日経平均株価などが挙げられます(図表1)。インデックスの対象は株式市場に限らず、債券や商品の市場動向を示すインデックスもあります。インデックスを作成・算出・公表する主体を「インデックスプロバイダー」と言い、主なインデックスプロバイダーとして、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス、MSCI、FTSE インデックス投資とは Russell、ブルームバーグなどが挙げられます。
インデックスの種類は多岐にわたり、市場全体を対象とするものだけでなく、インデックスプロバイダーはそれぞれが独自に定めた判断基準に基づいて市場の一部(特定の業種、特定の時価総額順位帯、特定のテーマ、など)を対象としたインデックスも作成しています。
近年は、ESG投資への関心の高まりを背景に、ESG評価が高い(とインデックスプロバイダーが判断した)銘柄を組入れたテーマ型のインデックスも相次いで発表されています。

注1:構成銘柄数および時価総額は2021年6月9日時点
注2:売買代金は2021年6月9日を含む過去20営業日の平均
注3:MSCI指数(世界/先進国/新興国)およびボベスパ指数はトータル・リターンベース
※当資料内で使用するMSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。
出所: ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

インデックス運用とは?

認識しておくべきインデックス運用の弱点-1

認識しておくべきインデックス運用の弱点-2

次に、リバランスの際に先回りして売買されることによって投資家が不利益を被る可能性があるという点についてです。直近の事例として、S&P Global Clean Energy Indexがリバランスを実施した際のケースをご紹介します。
2021年4月2日、同インデックスのプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは、構成銘柄数をそれまでの30から81へと拡充することを発表しました。このケースでは、同インデックスをベンチマークとする金融商品(ETFが3本存在)において、新規組入銘柄の購入資金を確保するために既存銘柄の一部を売却する必要が生じることが容易に想像されます。実際のリバランスは2021年4月19日であり、リバランスを投資機会ととらえる市場参加者はこの間にETFに先回りしてリバランスの対象となるであろう銘柄を売買することが可能でした(ETFはインデックスとのパフォーマンスの連動性を保つため、このような先回りはできない)。図表4はリバランス前後の構成比上位30銘柄のリストで、やはり、元々組入れられていた銘柄の構成比は低下したケースが大半であることが確認できます。構成比の低下が予見される銘柄については先回りして売られればETFは下がったところで売ることになり、新規組入れが期待される銘柄についても先回りして買われればETFは上がったところで買うことになるため、どの銘柄でどの程度、と言うことは困難ですが、リバランスの前後で同インデックスをベンチマークとするETFの投資家が一定の不利益を被った可能性は否定できないでしょう。

図表4:S&P Global Clean Energy IndexをベンチマークとするETFにおける構成比上位30銘柄の推移

出所: iShares Global Clean Energy ETFのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

インデックスのもう一つの問題として、市場全体を対象とするインデックスにおいてはもちろんのこと、例えば、ESGの観点からは避けられるような事業を手がける銘柄も時価総額が大きかったり、流動性が潤沢であれば自動的に組入れられてしまうことが挙げられます。この点に関して、ピクテではインデックスプロバイダーの責任も重要と考えており、2018年8月にSwiss Sustainable Financeと共同で、主要インデックスプロバイダーに対し武器製造に関わる企業を主要インデックスから除外するよう求める公開状を発表しました。ピクテでは、こうしたインデックスプロバイダーへの働きかけなどを通じて、ESG投資をより一般的なものにしていきたいと考えています。

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。 インデックス投資とは
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

今、20代が続々始めてる"インデックス投資"って何?

インデックス投資

【画像出典元】「stock.adobe.com/Сake78 (3D & photo)」

インデックス投資のメリットとデメリット

メリットと思われる特徴

1.投資が初めての人でも資産価値の増減が理解しやすい
日経平均やNYダウなどニュースなどで目にするメジャーな指数(インデックス)に連動しているものならば、「今日は日経平均が上がったので自分の投資信託も値上がりしている」「コロナショック時には株価が一気に値下がりし、その後に上昇をした。そのため自分が買おうと思っている投資信託の値動きも同じ値動きをしている」など商品の特徴が分かりやすいことはメリットといえるでしょう

2.手数料などの各種のコストが安い インデックス投資とは
上述しましたが各種のコストが安いこともインデックス型投資信託のメリットです。近年、インターネット専業の証券会社がリードする形で、株式投資を含めた証券取引の各種手数料は値下がりをしてきました。

投資信託の売買には買付手数料・信託報酬(維持費)・信託財産留保額(売却時の手数料)の3つの手数料が必要ですが、近年では買付手数料無料(ノーロードともいいます)・売却時の信託財産留保額も無料という投資信託を取り扱う証券会社も増えてきました。

3.インデックス投資は常に分散投資
インデックス型のファンドに使われる代表的な指数を少しあげてみましょう。

4.少額からスタートできる
株式投資は基本的に売買の単位が100株からになっており、100株分の資金と買付手数料が必要です。そのため投資を始めるまでに、資金面でのハードルが高くなりがちです。

5.リスクの軽減が期待できる積立て投資と相性が良い
インデックス投資に適している投資方法は積み立て投資です。投資信託で積み立て投資を行う場合は、毎月同じ銘柄・同じ金額で購入していくことがおすすめです。積み立て投資は、購入時期を分散することで投資のリスクの軽減が期待できる、購入価格の平準化によりリターン(儲け)が得やすいといわれている投資方法です。

デメリットと思われる特徴

1.投資先が限られる
某ネット証券会社の投資信託の取り扱い数は約2600本ですが、そのうちインデックス型の投資信託はおよそ450本です。この450本の商品のうち、日本の株式市場の指数に連動している商品は約90本あります。その約90本の投資信託の大部分が日経平均株価やTOPIXに連動している商品です。

2.満塁ホームランを狙うことは難しい
インデックス投資はマーケットの指数に連動するため、短期間で大きな利益を狙うことが基本的に難しい投資方法です。一方、アクティブ型の投資信託は投資スタートから短期間で大きな利益が出ることもあり、インデックス型よりも成績が良いことがあります。

インデックス投資とは?低リスク低コストで資産倍増する最強の投資方法


、インデックス投資を始める方法

(1)証券会社に口座を開く

大半の証券会社は投資信託を 1,000 本以上取り扱っているので主要な投資信託への投資であればどこの証券会社でもあまり大差はありません。

しかし、楽天証券と SBI 証券だけは取り扱い本数が 2,000 本を超えています。選択肢が広いということはそれだけ力を入れている証しでもあるので、「不動産投資の教科書」としてはこの 2 社をおすすめします。

SBI 証券

(2)投資方針、アセットアロケーションを設定する

(3)購入するインデックスファンドを選ぶ

(4)定期的にリバランスを行う

8、【番外編】インデックス投資以外の投資

(1)【番外編①】放置してるだけでも分配金がもらえるクラファン

中でも、2018年11月にブリッジ・シー・キャピタルが運営を開始した不動産投資型クラウドファンディングの 「クリアル」 に注目が集まっているのをご存じでしょうか。

クリアルは1 万円から投資 ができて、物件の住所や内容も詳しく記載されているため 投資物件を自分で見に行くこともできます 。

(2)【番外編②】Tポイントが貯まって買える

投資商品は「国内株式」と、1万円から始められるロボアドバイザー取引の「WealthNavi(ウェルスナビ)for ネオモバ」の2種類です。

お申し込みサイトはこちら

(3)【番外編③】ほったらかし投資ならロボアドバイザー

まとめ|インデックス投資

アバター

山本 尚宏

株式会社不動産投資の教科書 代表取締役
1982年神奈川県生まれ。2006年東京大学理学部数学科を中退。在学中に司法試験の勉強を開始(短答式試験合格)。その後、2007年法律事務所オーセンスに勤務。2010年オーセンスグループ株式会社(現弁護士ドットコム株式会社)にて法人営業などに従事。2012年より参議院議員(当時)で弁護士でもある丸山和也氏の秘書(国会議員秘書)を務める。2014年不動産投資に特化した専門サイト「不動産投資の教科書」を運営する株式会社不動産投資の教科書を設立。不動産投資家に、「本当に良質な不動産投資会社だけをお薦めする」という経営理念のもと、業界の健全化に貢献すべく日々奮闘中。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる