無料セミナー

自動取引の定義

自動取引の定義
【製品特徴】
・梅雨時期にカビの生えやすいレンズやカメラを守る保管庫
・Re:CLEAN独占のシンプルデザイン
・超高精度なアナログ湿度計は世界トップクラスの気象計技術を誇る国産メーカーとの共同開発
・スタイリッシュが自慢のマットな質感
・小さめ設計で棚保管も可能に

■製品仕様
本体外寸:W350mm × H252mm × D275mm
本体内寸:W340mm × H180mm × D210mm
容量:21L
本体重量:4.6kg
電源:100V(50/60Hz)
消費電力:3.5W
対応湿度範囲:25%~75%RH
材質:スチール(本体)、強化ガラス(扉)

部品調達を革新する「CADDi(キャディ)」 ――現場が得意なモノづくりに集中できる世界を実現する

幸松:製造業のなかには開発力や技術力を持っていても「見積業務や管理業務に忙殺される」「営業力が足りない」「情報やネットワークが乏しい」といった理由からその力を発揮できない企業や町工場がたくさん存在します。個人的にも前職のマッキンゼーで国内外の製造業を中心としたオペレーションの領域を担当していたときから、限られた取引先への売上依存からくる“下請けピラミッド構造” に課題を感じていました。そこにはさまざまな問題がありますが、業界構造の象徴と言えるのが、調達市場における「相見積もり」。これは、各メーカーが5社・10社から見積もりをとり、そのなかでの最安値を把握するという商習慣です。

キャディ株式会社 製造支援本部 本部長 幸松 大喜氏

キャディ株式会社 製造支援本部 本部長 幸松 大喜氏(提供:キャディ株式会社)

幸松:相見積もりは一見合理的な手段のようにも思えますが、町工場側からすると大きな負担となります。なぜなら、あるべき価格設定がわからないうえ、発注者が示す品質基準が明確でないことも多く、そもそも案件が確実に来るかもわからないからです。

製造業における各市場における生産額

現場に根付いたシステムで、製造業界全体を変える

——そもそも町工場や調達市場での、IT化・DXが進まない背景にはどんな要因があるのでしょうか。

幸松:「システムを導入すれば現場を変えられる」と考える経営者が一定数いるのだと思います。正直、システムありきで現場を変えるのは難しいです。例えば、経営者が「このシステム良いな」と思っても、現場がそのシステムについていけるかといえばそうはいきません。

——キャディではどのようなアプローチをとっているのでしょうか。

幸松:最初は基本的に町工場のやり方に合わせています。いきなり「このシステムから注文が入りますよ」といってもこれまでのやり方をすぐやめることは難しく、煙たがられてしまうためです。そのため、最初のうちは町工場の方々の日頃の業務に合わせ、PDFのメール添付などでやりとりをしました。そうしたコミュニケーションを通じて「このシステムは役に立つかも」とご理解いただいてから、4年目くらいのタイミングでシステム導入を提案しています。

キャディのコンテナ

——特に現場と対峙するとき意識していることは何ですか。

幸松:キャディの行動指針(バリュー)の1つに「至誠を貫く」があります。これは顧客・パートナー・同僚、そして自分を含めたすべてのステークホルダーに対し、常に誠実であることを意味します。製造業では「お世話になったら恩返しする」のような、ある意味では義理人情の慣習が存在していると感じます。

ファブレスメーカーとして「製造業の当事者になりたい」

——それでは、受発注プラットフォーム「CADDi」とは具体的にどのようなものなのか教えてください。

幸松:「CADDi」は当社独自開発のアルゴリズムを用いて、品質・納期・価格が最も適合する加工会社を選定し、品質保証を行った上で納品まで責任を負います。発注者から図面データをいただき、プラットフォーム側で自動的に算出した製造原価計算を元に見積提示を行います。発注者から成約を得られたら、加工工程ごとに最適な加工会社に確定発注を行います。その間、発注者が相見積もりを取ることも、加工会社が見積作成作業に時間を割くこともありません。

受発注プラットフォーム「CADDi」のサービス概要

幸松:加えてCADDiには「図面解析システム」・「原価計算システム」・「生産管理システム」・「パートナー工場連携システム」が実装されています。システムによる省力化と最適発注を実現しているため、価格だけでなく複数社を管理する工数も抑えることができるのです。また発注者・加工会社間では図面には記されない細かな仕様の話などをする必要がありますが、そうしたお取引の情報もすべて我々が言語化し、加工会社へお伝えします。

――なぜキャディは多品種少量生産に注力しているのでしょうか。

幸松:かつての少品種大量生産にはスケールメリットがあるため、作業指示書を作ったりロボットに作業させたりといったコストのかけ方をしても大量の注文によって十分元が取れます。

日本のモノづくり産業が持続的に発展していくために企業がすべきこと

——キャディはVision2030のなかで「グローバル1兆円の受発注プラットフォームへ」「データをレバレッジした製造業ソリューション・プロバイダーへ」という2つの具体ビジョンを示されています。今後の展望をお聞かせください。

幸松:現在のCADDi事業では“部品の受発注”のみにフォーカスしていますが、それは我々が目指す世界の入口に過ぎません。もちろんCADDiの加工カテゴリを増やしたりグローバル展開させたりなど目下の目標もありますが、同時に目指していきたいのはサプライチェーン・オペレーション全体のDXです。見積もりや大量の図面をシステム上で最適に管理し、生産や物流までの情報が一元化された世界を目指していきます。

キャディ株式会社 製造支援本部 本部長 幸松 大喜氏

――最後に、日本のモノづくり産業が持続的に成長・発展していくために現場の工場ができることは何だと考えますか。

幸松:2つの観点で申し上げます。1つめは“得意領域に特化すること”ではないでしょうか。QCD(品質・コスト・デリバリー)の条件がいずれも厳しくなり、いろいろなものを作らなければいけないため得意が分散し、なかなか効率が上がらないのが製造業の現状だと感じています。しかし「この町工場の強みはこれだよね」ということがきちんと定義されれば、各町工場を差別化できるようになるでしょう。

暗号資産取引のDMM Bitcoin。現物取引1銘柄及びレバレッジ取引にて4銘柄の取扱いを開始! さらに入金&取引キャンペーンも開催!

DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号 https://bitcoin.dmm.com/ )は、6月15日(水)より、以下のとおり現物取引において新たに「トロン(TRX)」及びレバレッジ取引において新たに4種類の暗号資産の取扱いを開始いたします。


価格配信及び取引開始は2022年6月15日(水)からになります。
現物取引においては、「トロン(TRX)」の取扱いを開始いたします。
レバレッジ取引においては、「トロン(TRX)」「カルダノ(ADA)」「ポルカドット(DOT)」「アイオーエスティー(IOST)」の4銘柄の取扱いを開始いたします。
これにより、DMM Bitcoinでは現物取引12種類、レバレッジ取引は国内最多(※1)の19種類の暗号資産取扱い数となります。
お客様にご満足いただけるサービスを目指し、今後も積極的に取扱い暗号資産の拡充を行って参ります。

■取扱い開始日時
2022年6月15日(水)臨時メンテナンス後より

4周年を迎え、皆様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、現在開催中の「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」の第6弾として「400名に当たる!最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン」を実施することをお知らせいたします。


■キャンペーン期間
2022年5月25日(水)7時00分~2022年7月1日(金)6時59分

■その他、キャンペーン情報
『新規口座開設完了で、もれなく全員に2,000円プレゼント!』キャンペーンも只今実施中です。

■「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」について
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類数 国内No.1!(※1)
口座申込は最短5分!申込完了から最短1時間以内に取引開始!(※2)
口座維持手数料、ロスカット手数料、暗号資産送付手数料などが0円!
365日サポートで初心者でも安心!
※1:2022年5月現在、国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ。
※2:『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。

■口座開設までの流れ
DMM Bitcoinでの口座開設までの流れにつきまして、下記URLをご覧ください。
URL: https://bitcoin.dmm.com/about/opening_flow

■暗号資産のチャートやマーケットレポートをWEBサイトで公開中
DMM Bitcoinで取り扱っている銘柄のチャートをはじめ、マーケットレポートやクリプト指標など、お客様の暗号資産投資の参考としていただける情報を当社WEBサイトで公開しております。

________________________________________
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧(https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf)」に記載の留意事項について
本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点》
暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落し、損をする可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)の持つ話題性を利用したり、暗号資産(仮想通貨)交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

《取引にあたっての注意事項》
暗号資産(仮想通貨)は、支払いを受ける側の同意がある場合に限り、その支払いに使用することができます。
暗号資産(現物・レバレッジ)の取引手数料は無料です(ただし、BitMatch取引手数料は別途発生します)。レバレッジ取引は建玉を翌営業日まで持ち越すと、建玉金額の0.04%がレバレッジ手数料として発生します。手数料の詳細はこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee)をご覧ください。暗号資産(現物・レバレッジ)取引は、暗号資産(仮想通貨)価格の変動により損失が生じる可能性があります。レバレッジ取引においては、預託した証拠金額を上回る取引が可能である一方、暗号資産(仮想通貨)の急激な価格変動等により、預託した証拠金額を上回る損失が生じる可能性があります。
暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引に必要な証拠金は、各銘柄とも取引の額に対して50%以上となります。詳しくはこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/overview)をご覧ください。
暗号資産(現物・レバレッジ)の価格はスプレッド(売値(Bid)と買値(Ask)の差)があります。
上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。取引に際しては契約締結前交付書面等(https://bitcoin.dmm.com/use/agree)をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

▼会社情報
商号:株式会社DMM Bitcoin
暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

【梅⾬のカビ対策】シリーズ販売累計台数2万台以上、大切なカメラを守りながら部屋に飾れるスタイリッシュな防湿庫『Re:CLEAN』 RC-21L型 を5月25日より再販開始


少数精鋭のアイテム開発から流通までを一貫して担い、アパレル製品からインテリア家電まで幅広い商品開発や通販サイトinNEUTRALを運営するリンテクト・ジャパン株式会社(本社:埼⽟県川越市、代表取締役社長:前田 啓佑)は、人気のため品切れしていた、魅せるカメラ防湿庫『Re:CLEAN』 RC-21L型 を5月25日より再販スタートいたします。 自動取引の定義
ECモールシェアNo.1を誇る、シリーズ販売累計台数2万台以上の『Re:CLEAN』はシンプルを極めたインテリア防湿庫です。職人の手作業により組み立てられた超高精度アナログ湿度計を搭載し、静音性に優れた全自動除湿のミニマムなデザイン。電気代は一日わずか約0.6円(最大約1.8円)と24時間連続で運転していても地球にやさしい省エネ設計となります。


世界初のインテリア防湿庫として誕生したRe:CLEAN〈リクリーン〉。大切なカメラを守る保管庫としてリビングや書斎、寝室などのお部屋に違和感のない高いインテリア性を特徴としています。


No.1の実績
Re:CLEANシリーズは販売累計台数2万台以上、国内ECモールのトップシェア記録。 選ばれ続ける理由は日本のモノづくりに対するあたらしい考え方。 品質を重視するだけでなく、余計な機能を省いたミニマルデザインを採用。 デジタル式より高価である高精度のアナログ湿度計を2年間の開発期間を経て、価格を抑えながら妥協のないデザイン性、品質を実現しています


レンズと湿度管理の関係性


一般的に湿度30%~50%がカメラを保存するのに適切です。
梅雨時期や結露の発生する秋冬が特に注意が必要ですが過剰に低湿度を維持するのも、レンズがスムーズに動かなくなってしまう恐れがあります。Re:CLEANはオートドライ機能搭載で手軽にお手持ちのカメラを守ることができます。

▶︎守れるのは一眼レフカメラだけじゃない
湿度が一定に保たれた空間で精密機器を保管する防湿庫。
コンパクトデジカメやビデオカメラなどの保管にもご使用いただけます。高精度の湿度管理で内部にカビの生えやすいレンズやカメラを良質な環境で守ります。

妥協しないモノづくり

なぜ高級時計はデジタル式ではなくアナログ式なのか。
それは人が落ち着くデザインが電気信号ではなく、自然界による物質的な要素に温かみを感じるものだと考えられています。だからRe:CLEANは湿度計をアナログ式の一択としています。


・全自動除湿(オートドライ機能)
独自開発のアルミ削り出しの上品な調整ノブをひねるだけで全自動で湿度を調節。
暗い部屋の中でも眩しくならない優しく浮かび上がるLEDランプを採用しました。
面倒な乾燥剤交換や、こまめなパワー調整は必要ありません。本体はスチール製。強度と本体重量の軽さを両立しています。 自動取引の定義

・静音性
Re:CLEANのカメラ防湿庫は、ほぼ無音。除湿中も静かにカメラを守ってくれるので、寝室、リビング、ワークスペースと、場所を選ばずに設置できます。 また、本体の色は高級感のあるマットブラックで様々なインテリアやお部屋の雰囲気とも合わせられます。

・省エネ設計
電気代は一日わずか約0.6円、湿度が高い環境では約1.8円。24時間連続で運転していても地球にやさしい省エネ設計です。

・セキュリティ
ドアには鍵を、全面のガラス面には強化ガラスを使用。少しの衝撃で割れてしまう。そんな不安はありません。


魅せる「防湿庫」へ
Re:CLEANはシンプルを極めたミニマム思考のインテリア防湿庫。 アナログ湿度計は上品なゴールド針をあしらえ、文字盤はシックなモノトーンに、また表面は視認性を高めるために平面ガラスを採用。 数十回の試作を重ねて生まれたインテリア防湿庫Re:CLEANは現状に満足せず進化を続けています。

シンプルでもパワフル除湿。しっかり庫内を除湿して大切なカメラをカビから守ります。 だからこそ愛用のカメラをショーケースに入れて飾るように、お部屋で静かに佇むインテリアとしての役割を安心して楽しめる。 時に眺めながら、時に手入れしながら、末永く愛用していただけます。 日常がワクワクするカメラのある暮らし、今年の梅雨からRe:CLEANと共に過ごしてみてはいかがでしょうか。

【製品特徴】
・梅雨時期にカビの生えやすいレンズやカメラを守る保管庫
・Re:CLEAN独占のシンプルデザイン
・超高精度なアナログ湿度計は世界トップクラスの気象計技術を誇る国産メーカーとの共同開発
・スタイリッシュが自慢のマットな質感
・小さめ設計で棚保管も可能に

■製品仕様
本体外寸:W350mm 自動取引の定義 × H252mm × D275mm
本体内寸:W340mm × H180mm × D210mm
容量:21L 自動取引の定義
本体重量:4.6kg
電源:100V(50/60Hz)
消費電力:3.5W
対応湿度範囲:25%~75%RH
材質:スチール(本体)、強化ガラス(扉)

【付属品】
平型スポンジマット×1
セキュリティ鍵×2
高精度湿度計×1
ACアダプター×1

■会社概要
幸せな体験を創出するD2Cカンパニー

企画、開発から流通まで、全てを一貫したモノづくり
私たちはテクノロジーが強みのベンチャーメーカーとして
先進的なDX化やマーケティング技術を積極的に活用し、
お客さまの体験価値を最大化させるテックカンパニーです。
これまでの企画数は1千本、取引企業は5千社、
D2Cブランドの企画・製造・販売を一貫管理体制で行っています。テクノロジー×デザインのモノづくりで1つでも多くの幸せな体験を生み出すことをミッションに掲げ、昨日より今日、今日より明日、より良い商品サービスを追求し続けます。
取引総数としては10万件を超えました。
また上位1%に選ばれる優良ショップ賞もいただき、国内ECモールのトップシェアを多数記録しました。
今後も現状に満足することなく、改善とチャレンジを続けていき、必要とされ、愛される商品サービスをお届けしてまいります。

会社名:リンテクト・ジャパン株式会社
代表取締役:前田 啓佑
本社:埼玉県川越市鯨井新田1-7 明和ビル2階
主な事業内容:家電・インテリア・アパレル雑貨の企画製造小売、OEM・ODM製品の企画製造販売
会社情報はこちらから:https://lintect.co.jp/index.html

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる