オプションFXとは

移動平均線の見方と使い方

移動平均線の見方と使い方

移動平均線は世界中のトレーダーに使用されている影響力大のテクニカルです。

仮想通貨のテクニカル分析「移動平均線」とは?使い方や設定方法

仮想通貨トレード

トレードでの使い方や見方、応用方法 が知りたいな」

移動平均線とは

移動平均線とは、 ある一定期間(たとえば過去5日間)の価格の平均を計算し、グラフ化したテクニカル指標 です。

などがありますが、 設定で自由に変更 移動平均線の見方と使い方 することができます。

移動平均線の種類

その中でも代表的なのが、 「単純移動平均線(SMA)」と「指数平滑移動平均線(EMA)」の2つ。

単純移動平均線(SMA)

もっとも普及している、シンプルな移動平均線 です。

一般的にはSMA(Simple Moving Average)と表記されますが、MA(Moving Average)ともいいますね。

たとえば5SMA(5MA)なら、 日足を表示している場合には過去5日間、1分足を表示している場合には過去5分 間 の「平均価格」を最新のSMAとして表示 します。

指数平滑移動平均線(EMA)

単純移動平均線は過去○日の「平均」価格により計算されますが、「 現在に近い価格を重視すべき」「なのに、平均を取って計算するのはおかしい 」とする考え方もあります。

そこで、直近の価格を2倍にするなどし、 より現在 近い 価格 を重視した計算式で平均線を描いたのが、指数平滑移動平均線です。

移動平均線の見方、使い方

①トレンド判断

判断方法は簡単で、 「ローソク足が移動平均線の上にあれば上昇トレンド」「ローソク足が移動平均線の下にあれば下落トレンド」 です。

この点には正解はなく、トレーダーの研究が問われるところではありますが、仮想通貨界隈では、「 年単位で続くトレンド判断は200日移動平均線 」との意見が一般的です。

②ゴールデンクロスとデッドクロス

「短期線」と「長期線」の2つの移動平均線を表示させ、それらがクロスしたタイミングで売買します。

③「買われすぎ」「売られすぎ」判定

そこで、 移動平均線から上に離れすぎた場合「買われすぎ」とみなして空売りしたり、下に離れすぎた場合に「売られすぎ」とみなして買ったり と、逆張り的な発想でエントリーが可能です。

移動平均線(MA)FXでの種類期間設定と使い方解説

移動平均線解説


移動平均線は世界中のトレーダーに使用されている影響力大のテクニカルです。

  • 価格と移動平均線が絡まると、どこかで離れていく傾向(レンジからのブレイク)
  • 価格と移動平均線の乖離が広くなると、距離を近くに戻しやすい(トレンドからの押し戻し)
  • 角度が急な移動平均線は価格に意識されやすい(トレンド継続)

移動平均線(Moving Average)とは?概要と種類

FXにおいての移動平均線は、チャート上で価格の平均値を曲線グラフ状にしたもので、
英語では「Moving Average」と表示されるので「MA」と略されて呼ばれたりもします。

    単純移動平均線(「Simple Moving Average」→「SMA」)

移動平均線チャート

以下は単純移動平均線の20SMA、50SMA、100SMAを表示させているチャートです。

移動平均線をチャートに表示させることで、 移動平均線の見方と使い方
価格の値動き状況やボラティリティ(値動きの上下幅)を視覚化することができます。

移動平均線は価格の値動き状況を測るだけでなく、
「その移動平均線の値が値動きに直接影響する」こともあります。
(ようは、「レジスタンス・サポートゾーンとして機能する」ということです。)

移動平均線価格意識

以下のチャート画像赤枠部分は、移動平均線の値を価格が意識して動いているのがわかります。
(画像をクリックで拡大できます)

上記チャート画像赤丸部分では、移動平均線の値を価格が意識して、
一時的に反発したり跳ね返されたりする値動きをしているのがわかります。

ほぼ横向きの移動平均線状態だと、価格はレンジ状況を作ることが多く、
特に21MA移動平均線が横向きの状態だと、価格が21MAに寄り添っていきやすい傾向があります。
(13MAや21MAのような短期移動平均線だと、価格と重なり合う相場も多くなります。)

移動平均線価格関係

以下の画像赤マル部分は、移動平均線と価格の関係を表しています。
(画像はクリックで拡大できます)

上記チャート画像は、レンジ状態を価格が下抜けして再びレンジ状態になった状況です。
(移動平均線は21MAを表示させています)

  1. 21MAが緩やかな右肩下がりの状況で、価格は21MAの真下あたりを推移
  2. 価格が一旦上昇し振りかぶって下降、21MAも急下降する
  3. 移動平均線の見方と使い方
  4. 価格の下落が進み、21MAと価格の乖離が大きくなる
  5. 価格の下降スピードが緩やかになり、再度21MAに近づき接触
  6. 21MAに価格が上昇を阻まれて横ばいレンジ状態
  • MAは角度が急なほど(トレンドが強い状況)意識されやすい
  • レンジ相場では、価格はMAに寄り添いやすい傾向がある
  • MAの角度が急になると、価格とMAの距離は乖離しやすい
  • 価格とMAの距離が大きく乖離すると、再び近寄っていきやすい
  • 価格に一度意識されたMAは、しばらくは再び意識されやすい(レジサポとして機能)

見た目もわかりやすくシンプルなテクニカルインジケーター出ある移動平均線は、
様々なチャート分析の土台部分として使用されることが多く、
FXトレーダーであればマスターしておくべきテクニカルと言えるでしょう。

MT4での移動平均線(Moving Average)設定方法

MT4での移動平均線設定方法解説動画
移動平均線の見方と使い方

    MT4の「挿入」部分よりMAを選択します

移動平均線設定1


上記画像赤枠部分「挿入」→「インディケーター」→「トレンド」→「Moving Average」と選択

移動平均線設定方法mt4


上記画像部分を変更していきます。

  • 期間:平均値を算出するロウソク足本数を指定
  • 移動平均の種別:SMAかEMAかその他の種類か
  • 適用価格:平均値を算出するロウソク足のどの価格を適用するか

移動平均線表示mt4


上記赤枠部分の設定で、指定の時間軸だけにMAを表示させることもできます。

MAを表示させたMT4


移動平均線(MA)が表示されました。

期間設定方法解説

移動平均線の期間設定には「短期」「中期」「長期」の区分けがあり、
同時に全て表示させることもあれば、
短期移動平均線のみを表示させるトレーダーもいたり、
長期線のみを表示させてスイングトレードに使用するトレーダーもいます。

  • 短期移動平均線:10MA、13MA、21MA、20MA、など
  • 中期移動平均線:50MA、75MA、など
  • 長期移動平均線:100MA、200MA、など

移動平均線(Moving Average)使い方解説

相場状況の環境認識のみならず、MA自体の絡み具合や関係性を見て、
ゴールデンクロスやデッドクロスでのトレードロジック、
グランビルの8つの法則からのトレードロジック、
短期、中期、長期の3本のMAがからまらずキレイの並んだ時のパーフェクトオーダー、
MAを抵抗性として価格が当たったところからのプライスアクション等、
様々な手法で移動平均線をトレードに活用することができます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

短期MAが中長期MAを下から上に抜けていく形は、
「ゴールデンクロス」と呼ばれて価格上昇のサインのひとつです。

MAゴールデンクロス

以下のチャート画像はゴールデンクロスのキレイな様子です。

ゴールデンクロス形成後、更に高値切り上げを見て買いエントリーしても、
充分に利益がだせるくらいの上昇幅をみせています。

また反対に、短期MAが中長期MAを上から下抜ける時に、
「デッドクロス」と呼ばれて価格が下落していくサインとなります。

MAデッドクロス

以下のチャート画像はデッドクロスのキレイな様子です。

デッドクロス後、価格は一度反発上昇していますが、
価格は高値更新できずサポレジ転換でレジスタンスラインに阻まれて、
(中期50MAも意識して)一気に急降下していっているのがわかります。

パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーチャート

以下はパーフェクトオーダーのチャート例です。

20MA、50MA、100MAの3本のMAが絡むことなく上昇トレンドを形成しています。

トレードロジックとあわせてMAを使う

グランビルの2番

以下の画像は、グランビルの法則2番でのエントリーパターンです。

レジサポ転換したライン付近で、MAを抵抗線として価格が反発しているのがわかります。

MAのみで反発を予想するのではなく、
レジスタンスライン、サポートラインやトレンドラインを認識しておき、
複数の根拠を元に価格変動を待ち構えていき、
価格が重要な節目をつけて動いた事実を持ってトレードしていきます。

移動平均線の使い方まとめ

多くのトレーダーに注目されているということは、
それだけテクニカルポイントに信憑性と重要度が高まり、
意識されやすいテクニカルになる傾向があります。

チャートをしっかりと検証して移動平均線が効いている場所を認識していくと、
トレードのエントリー根拠が上昇し、
勝率も更に見込めるようになると思います。

3種類の移動平均線の使い分けとは?

3種類の移動平均線。勝率が変わる使い分け

テクニカル分析

3種類の移動平均線。勝率が変わる使い分け

移動平均線は3種類。

とれろく

移動平均線には有名な3種類が存在します。

  1. 単純移動平均線(SMA)
  2. 指数平滑移動平均線(EMA)
  3. 加重平均移動平均線(WMA)

通常、ほとんどのチャートには単純移動平均線が表示されています
しかし、設定を変更すれば指数平滑移動平均線を表示させたり、加重平均移動平均線を表示させたりすることも可能です。

単純移動平均線(SMA)

単純移動平均線の計算方法はとてもシンプル

4日間の移動平均線の計算方法、計算式

とれろく

このシンプルに計算される単純移動平均線は、ボリンジャーバンド、エンベロープといったテクニカル分析にも採用されている基本的な移動平均線です。移動平均線=単純移動平均線です。

指数平滑移動平均線(EMA)

単純移動平均線はX日間の終値はすべて平等に扱われるのに対し、指数平滑移動平均線(通称EMA)は「間近の終値ほど重要である」という意見を踏まえ、間近の価格の影響度が2倍になるよう、計算式が見直しされています。

単純移動平均線(SMA)と指数平滑移動平均線(EMA)の違い

単純移動平均と指数平滑移動平均線(EMA)の違い

単純移動平均線と指数平滑移動平均線の比較

この為、エントリー、利食い・損切りも”やや先走り”気味となります。

ただし、なるべく天井や底に近い価格でエントリーし、利食いや損切りは別のシグナルを利用するトレーダーであれば指数平滑移動平均線を採用するのも1つの方法です。

とれろく

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線は、単純移動平均線と指数平滑移動平均線の間を取った移動平均線です。

指数平滑移動平均線は間近の終値×2をしているものの、これでは間近の終値だけ重要視され、全体のバランスが崩れるというデメリット持ちます。

単純移動平均線と加重移動平均船の違い

とれろく

3種類の移動平均線の使い分けまとめ

どの移動平均線が優れている。ということではなくそれぞれ用途に応じた使い方があります。

とれろく

結論的には自分がどんなトレードを行いたいのか?に応じて、移動平均線の種類を使い分ければOK。ただしトレード初心者であれば、まずは基本の単純移動平均線を使って売買することをオススメしています。最初の内はテクニカル分析に意識を向けるのはなく、相場の雰囲気や流れを感じ取ることの方が優先です。どの種類の移動平均線を採用すべきか?という小手先のテクニックよりも、地合いを感じとる力を養っていく方が上達が早いと思います。

↑私がヒロセ通商でスキャルピングしている理由を解説!過去のFX業者口座凍結体験談も紹介しています。 続きを読む

多重移動平均線とは何か?わかりやすく解説

・多重移動平均線を見るときのポイント
多重移動平均線はトレンドの向きやその勢いを見ることができます。
たとえば、多重移動平均線が上向きに推移している場合は上昇トレンドという見方ができます。上向きの線が多いほど買いが強いという判断ができます。
また、複数ある移動平均線が拡散すると強いトレンド、収束していくとトレンドが弱まっているという見方ができます。
他にも、ローソク足との位置関係から上値抵抗線や下値支持線としても使うことができます。

多重移動平均線の使い方

・多重移動平均線の向きから分析
・多重移動平均線の拡散と収束から分析
・多重移動平均線のクロスから分析

多重移動平均線の向きから分析

多重移動平均線の拡散と収束から分析

拡散とは、簡単に言うと多重移動平均線の間隔が拡大していくことです。
多重移動平均線の間隔が拡大して、その乖離が大きくなるほど強いトレンドを表しており、「勢いがある状態」と判断することができます。

収束とは、拡散とは反対で、移動平均線の間隔が縮小していくことです。
多重移動平均線の間隔が縮小するということは、買い(売り)が弱くなってきているということを表しており、「勢いがない状態」と判断することができます。

上記チャートを見てもわかるように下がり始めはそれほど拡散が見られません。
ですが下落が続いて勢いが増すと、それにあわせて多重移動平均線も拡散していくのがわかります。
そして下降トレンドが終了して売りが弱くなってくると収束に向かっていき、収束後は上昇トレンドに転じています。

多重移動平均線のクロスから分析

ゴールデンクロスは、短期の移動平均線が長期の移動平均線の下から上に抜けて交差することをいい、上昇トレンドへの転換点 と言われています。つまり、「買い」の判断材料にすることができます。

デッドクロスは、短期の移動平均線が長期の移動平均線の上から下に抜けて交差することをいい、下降トレンドへの転換点 と言われています。つまり、「売り」の判断材料にすることができます。

また、多重移動平均線は上値抵抗線や下値支持線としても使うことができます。
ローソク足が多重移動平均線を上抜けした場合は「買い」、ローソク足が多重移動平均線を下抜けした場合は「売り」の判断材料になります。

但し、多重移動平均線も確実なテクニカル指標ではありません。
ゴールデンクロスやデッドクロスをしてもトレンド転換しないこともありますし、多重移動平均線が拡散しているからといっていつまでもトレンドが続くわけではありません。
ですから他のテクニカル指標と組み合わせて使ったり、その他の要因も考慮して投資判断はするようにしましょう。

・多重移動平均線の向きを見ることでトレンドの方向を見ることができる
・多重移動平均線が拡散すると「勢いがある状態」、収束すると「勢いがない状態」と判断することができる
・但し、収束した後はトレンド転換となる可能性も高いので注目ポイント 移動平均線の見方と使い方
・単純移動平均線と同じようにゴールデンクロスやデッドクロスも有効
・また、ローソク足が多重移動平均線を上抜けした場合は「買い」、下抜けした場合は「売り」の判断材料にもなる

移動平均線とは相場の大まかな流れを掴むチャート分析指標

移動平均線とは相場の大まかな流れを掴むチャート分析指標

移動平均線のチャート実例

出典:TradingView「 移動平均線の見方と使い方 トヨタ自動車(7203)」

移動平均線の見方

移動平均線の考え方

移動平均線の向き=トレンドの方向性

移動平均線の方向で分かるトレンドとレンジ相場

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」

移動平均線の角度=トレンドの強弱

移動平均線の角度で分かるトレンドの強弱

移動平均線の見方と使い方 出典:TradingView「 米ドル/円チャート」

移動平均線とローソク足の位置関係

移動平均線とローソク足の位置関係で分かるトレンドの向き

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」

移動平均線とローソク足は強く乖離すると収れんする原則

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」

移動平均線の短期、中期、長期線の組み合わせ

移動平均線が3本同じ方向を向いている状態は力強いトレンド

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」

移動平均線のおすすめ期間設定

年単位の長期投資の場合

数日~数週間のスイングトレードの場合

数時間単位のデイトレードの場合

移動平均線を使った手法

  1. ゴールデンクロスとデッドクロス
  2. 移動平均線乖離率
  3. グランビルの法則

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線のゴールデンクロスのチャート実例

出典:TradingView「 トヨタ自動車(7203)」

移動平均線のデッドクロスのチャート実例

出典:TradingView「 トヨタ自動車(7203)」

移動平均線乖離率

乖離率は、以下の計算式で求めることができます。 移動平均線の見方と使い方
乖離率(%)=(当日の終値-移動平均線の値)÷ 移動平均線の値 × 100

グランビルの法則

買いパターン4つ

移動平均線のグランビルの法則買いの4パターン

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」

【買いタイミング(1)】
<ポイント>
下降トレンドから上昇トレンドに転換したタイミングです。下降トレンドが長期間続いた後のこのタイミングは底値圏での買いポイントとなります。
<移動平均線>
下落 → 横ばい~上向きに転じた時
<価格>
移動平均線を下から上に突き抜けた時

【買いタイミング(2)】
<ポイント>
上昇トレンドの中の押し目買いのタイミングとなります。
<移動平均線>
上向きの時
<価格>
一旦下落し移動平均線を下回るが再度上昇し、移動平均線を下から上に突き抜けた時

【買いタイミング(3)】
<ポイント>
上昇トレンドの中の押し目買いや買い増しのタイミングとなります。
<移動平均線>
上向きの時
<価格>
一旦下落するが、移動平均線の手前で再度上昇した時

【買いタイミング(4)】
<ポイント>
移動平均線からの乖離率を利用したリバウンド狙いのタイミングになります。
<移動平均線>
下向きの時
<価格>
移動平均線の下に大きく乖離した時

売りパターン4つ

移動平均線のグランビルの法則売りの4パターン

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」

【売りタイミング(1)】
<ポイント>
上昇トレンドから下降トレンドに転換したタイミングです。ポジションがある場合は、重要な利食いのポイントにもなります。
<移動平均線>
横ばいもしくは下向きにかわりつつある時
<価格>
移動平均線を上から下に抜いた時

【売りタイミング(2)】
<ポイント>
下降トレンドの中の戻り売りのタイミングとなります。 移動平均線の見方と使い方
<移動平均線>
下向きの時
<価格>
大きく下落後、再度上昇して移動平均線を上抜けした時

【売りタイミング(3)】
<ポイント>
下降トレンドの中の戻り売りや売り増しのタイミングとなります。
<移動平均線>
下向きの時
<価格>
一旦上昇するが、移動平均線の手前で再度下落した時

【売りタイミング(4)】
<ポイント>
移動平均線からの乖離率を利用したリバウンド狙いのタイミングになります。
<移動平均線>
上向きの時
<価格>
移動平均線の上に大きく乖離した時

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる