外国為替取引とは

FX口座に関するアンケート調査結果発表

FX口座に関するアンケート調査結果発表
【掲載情報について】当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。【ランキング根拠について】各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

「金融商品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「FXに向いてる」のは男性より女性!男性ほどリスクをとって負ける傾向に! 株式会社RUNWAYSが運営する「海外FX wiki(https://kaigaifx-wiki.com/)」は、全国の現役FXトレーダー1,000名を対象に「FX取引の実態に関するアンケート調査」を実施いたしました。 FX生涯収支は男性より女性の方が成績が良い資金が少ない男性ほどリスクをとって負けている年齢が上がるほど負けている人が増える自由に時間を使える職業の人は成績が良い分散投資せずFXだけやる人の方が負けが少ない

金融商品への投資に関するアンケート調査(第14回)

「信用スコア」に関する生活者調査を実施

HAKUHODO Fintex Base、「信用スコア」に関する生活者調査を実施「信用スコア」の社会浸透に賛成57%・反対43% 「信用スコア」利用意向層は各種金融商品・サービスの利用率も高め 運営会社への個人情報提供にも前向き株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)が2019年9月に発足したFintechサービスに関する生活者の意識・行動の調査研究を行うプロジェクト「HAKUHODO Fintex Base」(博報堂フィンテックスベース)は、変化の激しいFintech領域において

金融商品の購入・申し込みにおける生活者の意識調査

TOPニュースリリース 2017年金融商品を購入・申し込みする際に、誤解した経験がある人は4割 重要事項説明書や目論見書は「読みやすくしてほしい」という意見が多い金融商品を購入・申し込みする際に、誤解した経験がある人は4割重要事項説明書や目論見書は「読みやすくしてほしい」という意見が多い2017年7月14日デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、生活者の実態と意識を把握するためにさまざまな自主調査を実施しています。2017年3月30日に金融庁が「顧客本位の

ボーナスに関するアンケート調査

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」ボーナスに関するアンケート調査結果公開 ボーナスの使い道1位「貯金」。およそ2人に1人は“ボーナスの使い方に不満足” ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」を運営する株式会社クラウドポート(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田雄一郎)は、6月29日、ボーナスに関するアンケート調査結果を公開しました。この結果、ボーナスの使い道1位は「貯金」となりましたが、およそ半数の人がボーナスの使い方に満足していないことがわかりました。 (アン

最新版「金融総合定点調査『金融RADAR』」

新生iDeCo加入者、予定含めてもまだ8.7%日経リサーチ、最新版「金融総合定点調査『金融RADAR』」の結果発表 2017.02.21 株式会社日経リサーチは21日、「金融総合定点調査『金融RADAR』」の最新版の結果を発表しました。この調査は生活者の金融に対する意識や世帯における金融行動の実態を総合的に把握するため、日経リサーチが定期的に実施しているもので、前身を含めると30年以上の歴史と実績を持っています。今回の調査は2016年10~11月に首都圏40キロメートル圏内に居住する、20歳以

金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2016

マイナス金利で相談に行った人、13.7%日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2016」の結果から FX口座に関するアンケート調査結果発表 2016.FX口座に関するアンケート調査結果発表 08.29 株式会社日経リサーチは生活者の金融行動・意識の実態を把握する「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2016」を7月27日から8月2日にかけて実施しました。今回は日銀が今年導入した「マイナス金利政策」や「FinTech」といったテーマに沿った設問を加えて、家計の資産運用意識などを探りました。調査は首都圏40キロメートル圏内の20~74歳の男女を対象にイ

イギリスのEU離脱に関する調査

『日本国民のイギリスの国民投票に対する認知や関心は高く、現段階の反応としては批判的な意見が過半数を占めた。ただしビジネス・個人生活への具体的な影響や、円高を契機とした消費行動、イギリスへのイメージの変化は限定的。』イギリスのEU離脱に関する調査 2016年7月8日楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司)は、イギリスのEU離脱に対する日本国民の反応についてインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2016年6月29日から30日の2日間、楽天インサイトに登録し

夏のボーナス2015-増加の見通しは本当か!?-

「家計の資産形成を支援する制度の在り方に関する調査」報告書

個人の資産形成を見直す契機に

個人の資産形成を見直す契機に | ニッセイ基礎研究所 個人の資産形成を見直す契機に 金融研究部 企業年金調査室長 年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年の政権交代からおよそ1年が経過し、日経平均は60%強上昇し、円ドルレートも20%強円安が進みました。こうした市場環境の改善を受け、個人の投資行動にも

家計金融資産はどこに向かうのか - 金融機関は選択基準の世帯間差異を読み解けるか

家計金融資産はどこに向かうのか - 金融機関は選択基準の世帯間差異を読み解けるか | ニッセイ基礎研究所 家計金融資産はどこに向かうのか - 金融機関は選択基準の世帯間差異を読み解けるか 生活研究部 主任研究員 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 既に各処で報道されているとおり、先日公表された金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる