FXのやり方始め方

信用取引のメリットとリスク

信用取引のメリットとリスク
 
マンガで
わかる
ETF
 

powered 信用取引のメリットとリスク by

ETFと信用取引 ~ETFも信用取引が可能~ 2017年3月16日 -->

信用取引とは、自己資金にレバレッジをかけた取引ができ、保有していない銘柄を借りて売ることもできる取引です。
レバレッジをかけて株を購入し、その株価が上昇すれば、大きな利益を得ることができます。
また、株を借りて売り、その株価が下落すれば、下げ相場でも利益を得ることができます。
ただし、予想に反した値動きとなった場合、大きな損失を被ることもありますので、リスクの高い上級者向きの取引です。

信用取引とは、投資家が 資金 または 株式 を 借りて 売買を行う取引です。
信用取引には「信用買い」と「信用売り」の2つがあります。

「信用買い」では、投資家が保証金を担保に証券会社から資金を借り入れ、その資金で株を買います。
そのため、保有資金以上に株式を購入することができます。株価が値上がりすれば、保有資金で取引する以上に利益を得ることができます。
しかし、値下がりすれば保有資金で取引する以上の損失が発生します。
ハイリスク・ハイリターンの取引です。

「信用売り」では、保証金を担保に証券会社から株を借りて、その株を売ります。
株を借りるので、保有していない株式でも売ることができます。
そこで、株価が下落すると思う銘柄を信用売りし、株価が下がってからその銘柄を決済することで利益を得ることができます。
しかし、予想に反して信用売り後に株価が上昇してしまうと損失が発生します。

信用取引の決済

信用買い(買建)

1.反対売買(差金決済)

信用買いで買った株(買建玉)を売却することで決済をします。
売却時の株価により、損益が生じます。
その株を売った金額と信用買いの買い付け額の差額から、手数料や金利等を差し引いた金額が、利益または損失となります。

2.現引(げんびき)

信用売り(売建)

1.反対売買(差金決済)

信用売りで売った株(売建玉)を買い戻すことで決済をします。
買戻し時の株価により、損益が生じます。
信用売りの売り付け額と買い戻し金額の差額から、手数料や金利等を差し引いた金額が、利益または損失となります。

信用取引-信用売り-買い戻し

2.現渡(げんわたし)

信用残の影響

しかし、借りているものは後で返済する必要があるため、後ほど反対売買が入ることになります。
すなわち、以下の取引が必ず発生します。
・買い残は反対売買で、将来的に売られる。
・売り残は反対売買で、将来的に買われる。

当社のETFで信用取引が多い銘柄

 
マンガで
わかる
ETF
 

「信用取引」とは?普通の取引(現物取引)との違い

信用取引,空売り,仕組み

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 信用取引のメリットとリスク 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

現役証券アナリストが語る、やさしい株式投資のハナシ【第15回】 取引の幅が広がる、信用取引のメリット・デメリット

レバレッジのイメージ


レバレッジは「てこの原理」を意味する言葉。小さな力で重いものを持ち上げる「てこ」のように、レバレッジを利用すると少ない自己資金で大きなお金を動かすことができる

メリット② 売りから取引ができる

2つ目には、現物取引は買いからしか取引できませんが、信用取引は株券を借りて売る信用売りが利用できます。例えばある株が1000円の株価をつけた時に、今後株価が下がると予想した時は、株券を借りて1000円で信用売りを成立させます。その後に読み通り株価が500円に下がったとしたら、500円で買い(買い返済といいます)戻して株券を返却します。すると順序は前後しましたが、結果として500円で買って1000円で売ったことになるので500円が利益となります(手数料や諸経費は考慮していません)。

メリット③ 手元に現金がなくても取引ができる

3つ目は、手元に現金がなくても取引ができることです。現物取引をしている時に買いたい株があるけど手元に余裕資金がないというタイミングはよくあります。こういった時でも信用取引を活用することにより手持ちの株券を担保に入れて取引を行えます。

信用取引のデメリット

デメリット① レバレッジをかけて読みが外れたら現物取引よりも損失が大きくなる

デメリットの1つ目は、レバレッジを利かせて資産額以上の取引を行った場合は、相場が読み通り動けば大きなリターンが見込める分、読みが外れると現物取引よりも損失が大きくなることです。また、株券を担保に入れて取引を行った場合は、相場が値下がりした場合は、信用取引で買った株(建玉といいます)と担保の株券の両方の値下がりによる損失の可能性があることを理解しておきましょう。

デメリット② 取引に期限がある

2つ目には、通常の信用取引には期限があることが挙げられます。取引所が標準のルールを決めるスタンダードな信用取引は制度信用取引と呼ばれ、6カ月以内に反対売買して取引を終了させなくてはなりません。6カ月の期日が来た場合は、信用買いの場合は信用取引で買った株を現金を払って引き取る「現引き」を行うか、市場で売り決済をしなければなりません。

デメリット③ 取引が長くなるほど諸経費がかさむ

信用取引は取引の手数料のほか、金利や貸株料などの諸経費がかかります。細かくは割愛しますが、取引の決済が長くなるほど諸経費がかさみます。このため信用取引は短期での決済を心がけると良いでしょう。

リスクを理解して利用すれば様々な場面で活用できる

ご案内したように信用取引はメリットが大きい一方でデメリットもあります。投資初心者の方に、積極的におすすめはしませんが、きちんとリスクを理解して利用すれば信用取引は様々な場面で活用できます。

信用取引コンテンツ【第3回】信用取引のココに注意!リスクの管理もしっかりと

レバレッジ3倍で買い建てると利益は3倍になりますが、損失も3倍になります。
保証金維持率を見ると当該銘柄の騰落率-10%程度で保証金維持率が25%を割れてしまい、追証を差し入れないと建玉が維持できなくなります。(当社では保証金維持率33%を維持できる水準まで追証を差し入れる必要があります)
個別株では10%程度株価が変動する事はよくある事であり、場合によっては不祥事などで短期間のうちに半値になってしまう事もあります。
このように信用取引ではレバレッジの掛け方が非常に重要になります。

・保有株を担保にしている場合、担保の評価額が常に変動します

信用取引では保有株を担保(保証金代用有価証券)に出来ることはメリットの一つですが、これはリスクにもなります。保有株を担保にした場合、担保の評価額は保有株の株価変動によって常に変動し続けることになります。担保の評価額が下がると信用取引の新規建余力額が減少したり、すでに建玉を保有している場合は保証金の維持率が低下します。保証金の維持率によっては建玉を維持するために追加保証金(追証)が必要になる場合があります。

<<実践ポイント!>>

もしも追証になってしまったら

・ポジションの維持には金利が発生します

<<実践ポイント!>>

毎日どれくらいのコストがかかっているの?

品貸料について

これはその銘柄の需給状況が売り建てに偏ってしまうことで貸株を調達するコストが
上がってしまい、その分のコストを売り建てをしている投資家が負担するという仕組みからきています。またこの品貸料1日分のコストのことを逆日歩とも言います。
逆日歩はいつ発生するかわからないため、売り建てをしている投資家には思わぬコストになるので頭に入れておきましょう。

現物取引のメリットとデメリットは?リスクを理解して信用取引と使い分けよう!

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる