取引スキーム

下落トレンド終焉の予兆

下落トレンド終焉の予兆
日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

下落トレンド終焉の予兆

今、目の前で起きている現実(1) 瓦解し始めたユーロ
松田哲のバックグランド解説 今、目の前にある危機の本質
今、目の前で起きている現実(2) 下落トレンド終焉の予兆 解き放たれつつある人民元
松田哲のバックグランド解説 いまだ不完全な人民元の変動相場制
今、目の前で起きている現実(3) 二枚舌を使い分ける世界最強国
松田哲のバックグランド解説 米国が標榜する“強いドル”は本心なのか?
今、目の前で起きている現実(4) 超大国はつねに“黒船外交”
松田哲のバックグランド解説 第2の「プラザ合意」を迫る米国のエゴ
今、目の前で起きている現実(5) 凋落の一途を辿る基軸通貨
松田哲のバックグランド解説 そもそも基軸通貨とは何か?
これから起こりうる現実 人民元の完全自由化
松田哲のバックグランド解説 ドル、ユーロ、人民元が基軸通貨となる時代
松田哲の結論 人民元高時代のFXはドル売り・円買いで攻めよ!

外貨売りに抵抗のある日本人
めざすべきは“損小利大”
ストップロスこそ負けないトレードの第一歩
勝てる時は確実に勝つことが大切
大多数の投資家にとっての「損切りの壁」とは?
短期で大きな値幅を狙いやすいショート戦略
日本のFXトレーダーにとっての“不幸な成功体験”
キャリートレード終焉の予兆
日足チャートこそ、最も有効な判断材料に
最終的にはメンタルが勝敗を左右する
「休む」も相場。手を出すべき場面を見極める


第3章 具体的にどう勝つか? 「松田式FX!」投資戦術

めざすリターンによって手法は異なってくる
買いと売りの両方で勝とうと思うのは強欲
ファンダメンタルズ分析は大局を見極めるためのもの
為替相場の特性を知っておこう
レバレッジを上げすぎず、取引量は小さく!
エントリーのタイミングはこうして見極める
トレンドラインはこうやって引く
「保ち合い相場の下放れ」が売りの絶好のチャンス!
実際にストップロスを入れてみよう
“損小利大”に徹すれば、自然と高度なテクも身につく


第4章 ドル・円、ドル・ユーロ、豪ドル・円 3大人気通貨ペアはこう攻める!

ドル・円の今日までと明日 一貫して大きな流れはドル安・円高
ドル・ユーロの今日までと明日 下落トレンドはまだまだ続く!
豪ドル・円の今日までと明日 逆張りの豪ドル買いはリスキー
人民元の今日までと明日 介入にはいずれ限界が訪れる!

松田 哲(まつだ・さとし)
早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などでドル円相場、クロス円相場の下落を見事的中。他に『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)『FX世界経済の教科書』(扶桑社・共著)などの著書がある。

ダウ理論から『レンジ入り』の予兆を感じる

renji-003

となると、高値が切り下がり始めた時点で、チャートの右側をある程度想像できますね。
下図を見てください。

ピンクで書いたところ まですでにチャートが出来上がっているとして、
そのあと、 オレンジでペナントの波動 になることもイメージできますよね。

何度もいますが、 『高値が切り下げ始めた瞬間』 にここまでのイメージ(可能性)ができるのです。

そしたら、次の戦略も考えられます。
要するに、 ペナント抜けた後自分がどうするのか ということです。

①ペナント上抜けで買い戦略

押し安値より上は、 『上目線』 ですので、大きな流れに乗せれているので、いいですよね。
ただ、一個怖いのは『最高値』をまだ超えていないのにロングしないといけないってこと。

でも、優位性はあるので、そのリスクを受け入れて ロングは悪くない と僕なら判断。

②最高値更新後の押し目買い

①よりもこっちの方が安全かな。
でも①に比べて、上の方で買うことになるというデメリットがある。

ただ、そこは 安全性と引き換えに捨てた値幅 なので、そういう戦略もありですね。

③ペナント抜け後の戻り売り(もしくはペナント抜けで売り)

これはリスキーですね。
押し 安値をまだ割れていない ので、目線が上にも関わらず売りというのはどうかな?

って感じで 僕なら却下 。

④押し安値割れ後の戻り売り

これは、 ノープロブレム ですね。
押し安値を割ることで 目線が下に切り替わった後 の売りですので、いいんじゃないでしょうか??

ここまでのことを、何度も言いますが、
『高値が切り下がり始めた瞬間』 に判断できてしまうわけです。

ぶっちゃけ無料メルマガではこれ以上のものを公開していますので、
もっと勉強したいって方は、無料メルマガも見てくださいね.

【特集】 株探で2018年読まれた記事 ― 相場の動く“予兆” <新春特別企画 第1弾>

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

ところで、昨年は“IPO”が注目された年でした。その発端となったのがHEROZ [東証M]。初値が公募価格の11倍と高騰したことで、後に続く有力IPO銘柄が注目の的となりました。特に6月は13社が上場と“IPOラッシュ”の様相。6月5日に配信した「2018年最注目『メルカリ』登場の6月IPO、“株高の年輪”刻むのは <株探トップ特集>」では、メルカリ [東証M]をはじめとするそれらの銘柄を特集しました。

  • ・植木靖男が斬る!亥年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  • ・富田隆弥のチャート倶楽部2019スペシャル <新春特別企画 第1弾> (01/01)
  • ・2019年「新春特集」のご案内 ─“26本”配信 ─
  • ・「気学」で読む2019年 <新春特別企画 第1弾> (01/01)
  • ・2018年【株式市況早わかり】 7年ぶりに下落、適温相場が終幕 <年末特別企画> (12/31)
  • ・2018年【値上がり率】年間ランキング ベスト50 <年末特別企画> (12/31)
  • ・北浜流一郎が斬る!亥年「有望株!」 <新春特別企画 第1弾> (01/01)
  • ・杉村富生が斬る!亥年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  • ・雨宮京子が斬る!亥年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  • ・山岡和雅が斬る2019年「為替相場の大胆予想」 <新春特別企画 第1弾> (01/01)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー
  • 東証再編に伴う株探の対応につきまして

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 日経平均がプラス転換
  • 話題株先取り【特別気配】速報 <買いトップ トリプルアイ、売りトップ 下落トレンド終焉の予兆 DMG森精機>
  • 寄前【板状況】注文ランキング 【買いトップ】原油先Wブル 【売りトップ】第一三共 [08:53]
  • <特別気配> トリプルアイ、マネックスG、KeePerが買い気配
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月31日記)
  • 今朝の注目ニュース! ★IGポート、サンワカンパ、ピアズなどに注目!
  • <必見> 寄り付き直前チェック・リスト!
  • 割安さは正義! 見直し機運に乗る「好実態&低PER株」セレクション <株探トップ特集>

人気ニュース【ベスト5】

    下落トレンド終焉の予兆
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月30日発表分)
  • 今朝の注目ニュース! ★IGポート、サンワカンパ、ピアズなどに注目!
  • 割安さは正義! 見直し機運に乗る「好実態&低PER株」セレクション <株探トップ特集>
  • 明日の株式相場に向けて=ホテル関連株に静かに流れ込むマネー
  • 窪田朋一郎氏【米国株が戻り局面に、6月の日経平均は上か下か】(2) <相場観特集>

お薦めコラム・特集

  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月31日記)
  • 窪田朋一郎氏【米国株が戻り局面に、6月の日経平均は上か下か】(2) <相場観特集>
  • 下落トレンド終焉の予兆
  • 割安さは正義! 見直し機運に乗る「好実態&低PER株」セレクション <株探トップ特集>
  • 笹木和弘氏【米国株が戻り局面に、6月の日経平均は上か下か】(1) <相場観特集>
  • 反騰期待【RSI(20%以下)】低PBR 19社選出 <テクニカル特集> 5月30日版

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

ナイキ「ダンク」人気はスニーカーバブル終焉の予兆? アトモス代表が注視するその理由

atmos 小島奉文 スニーカー ディレクター

本明氏は、「トレンドのコート系スニーカーの一つとして2019年頃から注目されているナイキのダンクが気になる。これが落ち着くと共にスニーカーブームが収束するのが中長期のトレンドだからだ」と語る。「ナイキ(NIKE)」の「ダンク(Dunk)」は、1985年にNCAA(全米大学体育協会)男子バスケットボールトーナメントの名門7大学のカレッジカラーを発表し、昨年35周年を迎えたスニーカーでナイキにとっても屈指の人気モデル。アッパーのツートーンカラーが特徴で、2019年頃から「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE 下落トレンド終焉の予兆 c/o VIRGIL ABLOH™)」や「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」、ラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)などとコラボレーションしたことでも話題を集めた。2020年に販売されたモデルは全て即完売し、今年1月8日にカスタマイズサービス「NIKE BY YOU」にローカットモデルが追加されると開始数分で売り切れ状態となるなど新作を期待するファンも多い。

ナイキ ダンク カスタマイズ

「今のスニーカー市場はナイキを中心に回っているが、ダンクの次に続くモデルがない。数多くの名作スニーカーや、優れたブランディングでスニーカー業界を牽引するナイキ社だが、近年の大きなトレンドを振り返ると、2017年頃からエア マックス(AIR MAX)が人気を集め、その後エア ジョーダン(AIR JORDAN)、エア フォース(AIR FORCE)、そしてダンクへと移り変わっている。スニーカーブームの波は繰り返し起きており、『エア マックス』『エア ジョーダン』『エア フォース』のナイキ社を代表する3シリーズの人気が落ち着き始めるとダンクが好調になり、その後スニーカーブームが終焉を迎えるという流れだった。これまでもアッパーのカラーを反転させた『裏ダンク』を発売した1999年をはじめ、2008年頃のダンク人気などフィーチャーされることがあったが、ダンクブームが収束するとスニーカーが売れなくなった」と本明氏は回想する。往年の定番人気モデルのヒットが続く先にはダンクの人気再燃があり、その次のヒット作を作り出さなければ愛好家たちの購買意欲は下がるため、現在のスニーカートレンドを体験していない次世代が育つまではスニーカー熱は冷めていく、という予測だ。

「今後は定価で売り切れなければ命取りとなる可能性が高い。アトモスは2018年頃から東南アジアへの出店を進めているが、特に東南アジアにはまだまだ商品が行き届いていない」とアイテム供給先の再考も必要だと説明する。「東南アジアなど若年層が多く、供給が追いついていない地でスニーカー熱を盛り上げることが大切だと思う。スニーカーブームを経験する層を断続的に開発し、次世代を育てることで世界中の愛好家や二次流通とのネットワークも広がり、新しい需要を育てることが可能になる」という。それが結果的に今後の世界バランスを保ち、一過性のブームではなく根強いカルチャーとしてスニーカー市場が今後も継続するキーとなると指摘する。ただ、売却するために購入する者や、フェイク品の横行などでモラル欠如も叫ばれることが多くなったスニーカー市場。ナイキが人気モデルのダンクを「NIKE BY YOU」へ追加し、カスタマイズ余地を提供するなど今後はユーザーを巻き込んだコミュニティ形成が重要になってくるのかもしれない。スニーカーファンの期待は日に日に膨らんでおり、応え続けるサプライヤーの責任も重くなっている。作って売るだけというこれまでのビジネスからの脱却を視野に各社の動向に注目が集まる。

StockX

スニーカー・ヘッズ(字幕版)
出演: ジェフ・ステープル、フランク・ザ・ブッチャー、ロブ・ディアデック、DJクラーク・ケント、ワーレイ、フューチュラ
監督: 下落トレンド終焉の予兆 デビッド・T・フレンドリー、ミック・パートリッジ
発売日: 2020/03/25
価格: ¥500(2021/01/14現在)

初心者必見!バイナリーオプションで使える!エリオット波動入門

必勝法

  • エリオット波動の具体的な活用方法がわかり取引の精度を上げることができる
  • エリオット波動を使用する上での注意点がわかる

エリオット波動とは

相場の値動きには法則性を持ったサイクルがある

【ポイント①】ダウ理論

【ポイント②】フィボナッチ数列

【ポイント③】3つの要素

  • パターン:波動の形状
  • 比率:他の波動と比較した時に計測できる一定の比率
  • 時間:横軸でみた時に確認できる比率の法則

上昇5波・下落3波

例えばエリオット波動を覚えることによって 、価格が動いている時にその環境がどういった状況下にあるのかを客観的に捉えることができるようになります。

推進派と修正波

そしてこの上昇5波を総称して「 推進波」

下落3波を総称して「 修正波(調整波)

さらにいうと、この1時間足の中を細かな5分足で見ると、 同じように上昇5波と下落3波を繰り返すサイクルが出来上がっているのがエリオット波動の特徴の1つです。

そしてこのようなサイクルがまた同じように2波、3波、4波、5波でも続いて繋がって波動を築いていくの「 フラクタル構造 」と呼ばれています。

あるサイクルを持った一部分が繋がって形状を組み立てることにより全体と同じような形状になっている事

  1. 第2波は第1波の始点を下抜けることは無い
  2. 第3波が最も短い波になる事はない
  3. 第4波が第1波の価格帯に割り込むことはない

フィボナッチ数列とは

つまり、フィボナッチの比率に置き換えて考えることにより、 その波動がどこまで伸びて折り返すのか推測することがができるようになります。

フィボナッチ数列とは、「 自然界のある一定の法則性を持った数列(比率) 」です。

各波動が形成される背景

下記のように下降トレンドが続いてく途中ではどこで上昇に転じるかはわかりませんが、 強いサポートラインで反発して価格を伸ばした場合、エリオット波動の第1波が形成されていると仮説を立てることができます。

この時の価格が下がる要因としては、 大きな局面で見たらまだ下降トレンドですので第1波の節目を「戻り目」と勘違いして売りのポジションを持つ投資家達が一定数存在します。

この第2波の特徴として、上記で説明したフィボナッチ比率にあてがえて考えた場合、 第1波の上昇の値幅に対して第2波の下降の比率は0.5もしくは0.618となることが多いです。

一般的には 第3波が一番伸びると言われています。

下降トレンドにおける戻り高値のラインをブレイク

そのブレイクを確認して新規の買いのポジションが入る

安値を切り上げていることから上目線に切り替わる

さらに価格が伸びる

この第4波は、第1波や第3波の下層圏での買いのポジションの利益確定が入りやすくなると同時に、これまでの流れか ら明らかな上昇トレンドとして捉えることもできるため、さらに買いのポジションが多く入ってくるのも大きな特徴です。

ただし、ここまでの買いポジションの利益確定などが入るため第3波ほどの上昇は見られませんが、一般投資家や投資初心者が上昇傾向だと認識して買いの注文が入ってくるので、 第3波と比べて急に大陽線が出現して急な角度で上昇しやすいのも第5波の特徴です。

またもう1つの特徴としては、必ずしも第3波の高値を更新できるわけではなく、その前に価格が下落することがあります(この現象を トランケーション と呼びます)。

例えば第1波に対して 第3波が通常よりも大きく上昇した場合は、第3波の時点で上昇の力を使い果たしたとして捉えることができ、結果として第5波が思った以上に伸びなくなり結果としてトランケーションが起こりやすくなる傾向にあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる