取引ガイド

どうやって利益が出るの

どうやって利益が出るの
ほかにも、セミナー講師として得る 講師料 、自分でセミナーを開催し セミナー売上 を得るといった収入源もあります。寄稿による 原稿料監修料 、ネットを使った コンテンツ販売 なども収入源の1つです。また、実績を重ね信頼を得ることができると、企業から顧問契約という形で 顧問料 をもらえる場合もあります。

Traducción de "どうやってか" en español

La traducción está tardando más de lo habitual. Espere o haga clic aquí para abrir la traducción en una nueva ventana.

Ups, parece que tenemos problemas para recuperar la información. Estamos trabajando para resolver el problema.

Traducción offline y textos más largos

Sugerencias

Y una vez más, どうやって利益が出るの no tenemos modo de saber, pero está claro que una nueva forma de riqueza debe haber surgido.

Y hay un verdadero sentido de la interdependencia; las aves individuales de alguna manera entienden que sus intereses están en el interés de la colectividad.

Los ejemplos se utilizan solo para ayudarte a traducir la palabra o どうやって利益が出るの expresión en diversos contextos. Nosotros no los seleccionamos ni los validamos y pueden contener términos どうやって利益が出るの o ideas inapropiados. Infórmanos sobre este どうやって利益が出るの tipo de ejemplos para que sean editados o dejen de mostrarse. Las traducciones vulgares o familiares suelen estar marcadas con rojo o naranja.

Column

サムネイル画像

というわけで今回は、京都のフリーライター・社領エミさんにNPO法人に超詳しいお二人をインタビューしていただきました。

塩山 諒 (写真左)
NPO法人HELLOlife代表。事業を通じて「働く」にまつわるさまざまな問題を解決に導く。民間の職業安定所「ハローライフ」は、2014年度グッドデザイン賞を受賞。今回の記事の発起人であり、社領エミさんとは数年来の顔なじみ。

佐藤 大吾さん (写真右)
「初歩的な疑問から答える NPOの教科書」著者。企業でのインターンシップなど、途中企業合併を経つつ一貫してキャリア教育事業に携わる。またNPO活動として98年、議員事務所などでのインターンシップ運営のNPO法人ドットジェイピーを設立。10年間の株式会社とNPOの経営を経て、10年3月、英国発1200億円を集める世界最大級の寄付仲介サイト「JustGiving」の日本版を立ち上げ、日本における寄付文化創造に取り組む。株式会社、NPO法人、財団・社団法人などさまざまな「法人格」ごとの寄付税制について非常に詳しい方。

会社説明会をしても 『お給料出るんですか?』『本業は何をしてるんですか?』 って聞かれるのは当たり前。新卒の子の入社が決まっても、 親御さんに『怪しい!』って猛反対される し、馴染みのパートナーさんには 『税金払ってないんですよね?』 って聞かれるし」

どうやって利益が出るの

「社領さん、実は NPO法人って株式会社とほとんど同じ なんですよ」

NPO法人は「株式会社とほとんど同じ」?


どうやって利益が出るの

「それだけではないです。 株式会社と同じように、クライアントから案件を受ける『委託事業収入』だったり、独自のサービスを売る『自主事業収入』とかもあります。 ちなみにうちは寄付金はほとんどなくて事業収入が主ですね」



ちなみに、NPO法人HELLOlifeは、「働く」をキーワードにさまざまな事業を展開しています。
民間の職業安定所「ハローライフ」では、若者の就職をサポートするだけでなく、中小企業の採用や人材育成・研修サービスも。行政や国から事業を受託したり、飲食事業部として日本茶スタンド「CHASHITSU」を運営したり……普通の会社のように、さまざまな事業の売り上げで団体を運営しています。

「 全国にNPO法人は約5万団体あるんですが、確かに多くのNPO法人はボランティア活動 が中心ですね。だけど HELLOlifeのような『事業型NPO』と呼ばれる団体は、専従の社員を採用して、株式会社と同じように事業売上を立てながら運営してますよ 」

どうやって利益が出るの

NPO法人は、活動するフィールドに特徴がある。


どうやって利益が出るの



NPO法人はなにで収入を得るの?寄付金の構造は?

どうやって利益が出るの

「そこはっきりさせたほうがいいよね!みんながNPO法人はなんだか怪しいって思うのって 結局はお金の部分でしょ? なにで稼いでるかようわからんとこに大事な娘あずけられへんわ!とか、いいことしてるように見えて実は裏があるんじゃないか!とか」



「 寄付金を得るときに税がかかるか、かからないか、それだけです。 株式会社も法律上、寄付金をもらうことはできますが15-20%の法人税を払わないといけないから、そんなことする人はあまりいない。 NPO法人は、もらった寄付金に税はかかりません 」

「ちなみに、団体が諸々の条件をクリアして 『認定NPO法人』になると、寄付をする側も寄付金額のうち最大50%の税が控除されるようになるんです。 どうしても手数料が2000円かかりますが…ざっくり言うと、1万円寄付をしたら、2000円の手数料を引いた残りの半分の4千円が戻ってくるということ」(補足:無限ではない。控除額は所得税額の25%+住民税額の30%が上限)

お金がからんでいるのになぜ「非営利」と言うの?

「NPO法人と株式会社では、 儲けたお金の使い方 どうやって利益が出るの が変わってくるんですが…



株式会社は安心で、NPO法人は不安?



法人格は、目的に対しての「乗り物」

どうやって利益が出るの


自分がサービスを届けたい人はどんな人で、団体としてなにを目的に活動したいのか…いろんなことを総合的に考えた結果、 株式会社を選んだほうが得なら株式会社にしたらいい。NPO法人にしたほうが得ならNPO法人にしたらいい。 経営者は、経営合理上、理にかなった法人格を選んでるんです。

『NPO法人の人は、 損得で考えた結果NPO法人を選んだ 』と考えてもらえると、わかりやすいかもしれないですね。『いいことするならNPO』じゃないんです!(笑)」

大切なのは、その団体の「目的」



法人格の種類ではなく、『 その団体が何を見て仕事をしているのか 』の方が視点として重要だと思います。『業界シェアナンバーワンになる』ことが目的なのか、『ナンバーワンになって世の中を良くする』ことが目的なのか…。事業内容は同じだとしても、きっとこの二社で働く社員や会社の雰囲気は全然違うでしょうね。どっちがいい悪いの話じゃないですよ。 『会社の視点』が働き手にとって大きな差を持つ 時代になってきていると感じますね」

NPO法人について、新しい発見はありましたでしょうか?NPO法人へのイメージがこの記事によって少しでも良いものに変わったら…そして就活の選択肢としてNPO法人を考えてみるきっかけになれば嬉しいなと思っています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる