暗号資産速報

ETF購入におすすめの証券会社は

ETF購入におすすめの証券会社は

金への投資方法はさまざま

投資信託は、投資家から集めたお金を資産運用の専門家が代わりに運用してくれる商品です。
投資信託の投資先は、株式・債券・不動産などから選ばれることが多いのですが、中には金に投資する投資信託もあります。
金投資信託の価格は金価格への連動を目指して運用されるため、金に連動する投資信託を購入すれば、金価格の値上がりに合わせて資産を増やすことが期待できます。
最低100円から購入可能なため、実物の金に投資するよりも 100円と少額でスタートできる のがメリットですが、金投資信託の保有中には信託報酬という手数料がかかります。

金ETF

ETFは「上場投資信託」といって、株式市場に上場している投資信託です。
投資信託とは違い、市場でリアルタイムに取引することができます。
金ETFの価格も、投資信託と同じく金の価格に連動するため、金の値上がりに合わせて資産を増やすことが期待できるでしょう。 ETF購入におすすめの証券会社は
しかも、金投資信託と比較した場合、一般的に保有中の手数料が安いため、得られる利益も大きくなります。

これから金投資を始める人にオススメなのは 純金積立・金ETF ニャ。
純金積立は少額からスタートできるし、積み立てで購入することで価格変動のリスクを抑えることができるニャ。 ETF購入におすすめの証券会社は
また、金ETFは一口2〜3万円で購入できて、金投資信託に投資するよりもグッと手数料を安く抑えられるニャ♪

SBI証券で純金積立をするとポイントが貯まる!

例として、SBI証券の「純金積立投資」を紹介するニャン。

さらにうれしいのが「金・銀・プラチナマイレージ」
金・銀・プラチナの取引の月間合計買付手数料(税抜)の1.0%にあたるポイントを貯めることができます。
しかも、ポイントは「Tポイント」「Pontaポイント」「dポイント」の中から好きなものを選べます。

SBI証券の純金積立投資の手数料は、買付代金の1.5%(税抜)です。
たとえば、5万円を積み立てた場合、
買付手数料は5万円×1.5%=750円。この750円×1.0%=7.5と計算できますが、
端数は切り上げとなるので、 8ポイント が貯められます。
1年なら 96ポイント 、10年なら 960ポイント も貯まります。

そうニャ。まさに、 資産が目減りするリスクを抑える投資 と言えるニャン。
ただし、金投資だけだと大きく資産が増えないから、重ねて言うけど、株式や投資信託など他の資産と組み合わせて資産形成するのが良いニャン。

(株)Money&You 代表取締役/マネーコンサルタント
中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。
女性向けWebメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。
『1日1分読むだけで身につくお金大全100』(自由国民社)、『はじめてのFIRE』(宝島社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂出版)など著書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。

——————————————————————————————————-
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。本資料は、信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものではありません。
万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしてもSBI証券及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。
本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

ご注意
・SBI証券の証券総合口座の開設料・管理料は無料です。
・金・プラチナ・銀取引の買付時の手数料は、売買代金の1.65%(税込)、売却時の手数料は無料です。
・本取引は金・プラチナ・銀の価格変動により、投資元本を割り込むことがあります。
・本取引は、政治・経済情勢の変化および各国政府の貴金属地金取引への規制等による影響を受けるリスクがあります。また、かかるリスクが顕在化した場合、SBI証券の提供するサービスの全部、または一部が変更、停止されるリスクがあります。
・本取引は為替相場の変動により損失を被ることがあります。
・本取引は、システム機器、通信機器等の故障等、不測の事態による取引の制限が生じるリスクがあります。
・本取引は売値(Bid:お客様が売ることの出来る値段)と買値(Ask:お客様の買うことのできる値段)の差(スプレッド)があります。
・スプレッドは固定されるものではなく、需給バランスや、政治・経済情勢の変化にともない、SBI証券の任意で変更いたします。

・投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
・投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
・ご投資にあたっては、商品概要や目論見書等をよくお読みください。

Tポイントについて
※SBI証券限定Tポイントは原則としてSBI証券でのみ使用可能で、付与の際にSBI証券が有効期限を定めるポイントです。
※口座開設時のポイントの付与は、SBI証券の指定する期限までにSBI証券ポイントサービスのお申込みが必要です。

商号等 株式会社 SBI 証券 金融商品取引業者
登録番号 ETF購入におすすめの証券会社は 関東財務局長(金商)第 44 号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本 STO 協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる