取引ガイド

通貨ペア

通貨ペア

11通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーンのお知らせ
~人気通貨ペアの豪ドル/円を含む4通貨ペアを新たに追加~

SBI FXトレード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田 行生、https://www.sbifxt.co.jp/以下「当社」)は、9月18日(金)から実施しておりました7通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーンの延長、さらにお客さまからの多くのご要望にお応えして、豪ドル/円、豪ドル/米ドル、中国人民元/円、米ドル/中国人民元の4通貨ペアを追加して、11通貨ペアに於いてスプレッド縮小キャンペーンを実施することを決定致しましたのでお知らせ申し上げます。

■キャンペーン対象時間におけるスプレッド(赤枠は今回追加となる通貨ペア) 通貨ペア
通貨ペア 通常時スプレッド
(銭・pips)
キャンペーン期間
スプレッド(銭・pips)
縮小率
ユーロ/円 0.49 0.28 -42%
英ポンド/円 0.99 0.5 -49%
英ポンド/米ドル 0.89 0.5 -43%
NZドル/円 1.19 0.88 -26%
トルコリラ/円 1.89 1.48 -21%
南アフリカランド/円 0.99 0.78 -21%
メキシコペソ/円 0.3 0.18 -40%
豪ドル/円 0.69 0.38 -44%
豪ドル/米ドル 0.89 0.38 -57%
中国人民元/円 1.69 0.9 -46%
米ドル/中国人民元 4.6 2.3 -50%

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、外国為替証拠金取引(以下、FX取引)サービス「LINE FX」において、取引通貨ペアを10通貨ペアから23通貨ペアに拡大いたしました。あわせて取引単位を引き下げ、1,000通貨単位で取引が可能になりましたのでお知らせいたします。

「 LINE 通貨ペア FX 」は、変動を分かりやすくお届けする「 LINE 」ならではの通知機能で、必要な情報に素早くアクセスし、タイミングを逃さずに取引できる FX サービスです。サービスローンチから約8か月で口座開設数が 10 万人を突破し、サービスを開始した 2020 年 3 月から 9 月において新規口座開設数が業界 No1* となりました。

この度、「通貨ペアの数を増やして欲しい」や「最小取引単位を引き下げて欲しい」といったユーザーからの要望を受け、ユーザーニーズの高い 13 通貨ペアを追加し、取引単位を 1,000 通貨へ引き下げを実施いたしました。これによって、一部の新興国通貨では数百円からの取引ができるようになり、幅広い通貨での取引が可能となります。加えて、注文画面のアップデートも実施しております。

■取引通貨ペアに関して 通貨ペア
取扱通貨ペアは、 10 通貨ペアに 13 通貨ペアが追加され、合計 23 通貨ペアとなります。「メキシコペソ / 円( MXN/JPY )」、「カナダドル / 円( CAD/JPY )」などをはじめとした対日本円の通貨ペアや、「ポンド/豪ドル( GBP/AUD )」、「ユーロ/豪ドル( EUR/AUD )」など、取引が多くユーザーニーズが高い通貨を中心に通貨ペアを追加致しました。「 LINE FX 」で利用できる 23 通貨ペアは以下となります。

【既存取扱通貨ペア】
米ドル / 円( USD/JPY )、英ポンド / 円( GBP/JPY )、豪ドル / 円( AUD/JPY )、ユーロ 通貨ペア / 米ドル( EUR/USD )、ユーロ / 円( EUR/JPY )、英ポンド / 米ドル( GBP/USD )、豪ドル / 米ドル( AUD/USD )、 NZ ドル / 円( NZD/JPY )、南アランド / 円( ZAR/JPY )、トルコリラ / 円( TRY/JPY )

【新規取扱通貨ペア】
英ポンド / 豪ドル( GBP/AUD )、メキシコペソ / 円( MXN/JPY )、ユーロ / 豪ドル( EUR/AUD )、ユーロ / 英ポンド( EUR/GBP )、スイスフラン / 円( CHF/JPY )、カナダドル / 円( CAD/JPY )、米ドル / スイスフラン( USD/CHF )、 NZ ドル / 米ドル( NZD/USD )、豪ドル / 通貨ペア NZ ドル( AUD/NZD )、英ポンド / スイスフラン( GBP/CHF )、ユーロ / スイスフラン( EUR/CHF )、ユーロ / NZ ドル( EUR/NZD )、英ポンド / NZ ドル( GBP/NZD )

■取引単位に関して

取引単位を 1,000 通貨へ引き下げを実施し、現在の 10,通貨ペア 000 通貨単位の取引に加え、 1,000 通貨単位での取引が可能となりました。これによって、一部の新興国通貨では、数百円からの取引も可能になる他、米ドル / 円の取引の場合で例えると、今まで、約 41,500 円から取引できていたのが、約 4,150 円から取引ができるようになります。また、「 LINE FX 」では、手数料無料、業界最狭水準の低スプレッドでの取引が可能で、スワップポイントも高水準となっており、初心者の方でも投資スタンスに合わせたお取引が可能です。

■注文画面のアップデートに関して
新たにクイック注文画面が追加され、 FIFO が ON/OFF のみで簡単に設定できるようになった他、注文画面からの一括決済もより便利にお使いいただけるようになりました。チャートを横画面に表示してのクイック注文も引き続き可能です。

「 LINE FX 」は、今後も機能拡充を進めていくことで、「働く世代」にご利用いただきやすいサービスを目指してまいります。

【 LINE 証券について】
「 LINE 証券」は、 2019 年8月のサービス開始以来、 1 株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、投資信託、 FX 取引サービス「 LINE FX 」、取引所取引(現物取引・信用取引)の取扱いと、わずか 1 年にも満たない期間で株式取引に関するサービスについてフルラインナップを取り揃え、直近では、「投資信託のつみたて投資」の提供など、お客さまのニーズに寄り添いながらサービスラインナップを拡充しております。総口座数は 31 万口座を突破しております。( 通貨ペア 2020 年 8 月時点)

■ LINE 公式アカウント: LINE ID : @linesec

■ LINE 証券株式会社の概要

(1) 名称 LINE 証券株式会社

(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目 1 番 1 号 住友不動産大崎ガーデンタワー 22 階

(3) 代表者 代表取締役 Co-CEO 落合 紀貴( LINE 株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)

(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等

(5) 資本金及び資本準備金 400 億円( 2020 年 4 月 10 日時点)

(通貨ペア 6) 設立年月日 2018 年 6 月 1 日

FX 取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取 引です。多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。 預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他 の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがありま す。 通貨ペア 取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)がありま す。注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して 4 %以上(レバレッジ 25 倍)の証拠金が必要になりま す。 当社でお取引を行うに際しては、「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容 や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

ドル円0.8銭等店頭FXの7通貨ペア基準スプレッドを大幅縮小
~ スプレッドを最大1.2銭縮小/ドル円1.8銭→0.8銭、ポンド円4.0銭→2.8銭 ~

2012年9月28日

2012年10月1日(月)から米/ドル円等主要7通貨ペアの基準スプレッドを縮小

主要ネット証券 店頭FX・大証FXの株式・投信担保対応状況

店頭FXは主要ネット証券唯一株式・投資信託を担保に現金がなくても取引可能

毎月第一金曜日はFXオンラインセミナー開催
次回は2012年10月5日(金) 20時45分から

FXオンラインセミナー

選べる3つのFXそれぞれの主な特徴

店頭外国為替証拠金取引(店頭FX)の概要

  • 当社ルールの範囲内において、株式や投資信託もFX証拠金としてご利用いただけます。
  • 株式の担保掛目は前営業日の最終価格(気配)の70%、投資信託の担保掛目は前営業日の基準価額の70%です。
  • ※ 投資信託については、一般型のみ代用有価証券として差し入れ可能です。累投型、MMF、中期国債ファンドは代用有価証券にできません。
  • (1) 受入FX証拠金(FX用証拠金合計額)と必要FX証拠金の比較
  • (2) FX証拠金現金と未決済FX建玉の評価損(+スワップポイント-諸経費)の比較
  • (3) FX決済損金とFX証拠金現金の比較
    →上記判定の結果、(1) (2) は追加証拠金発生、(3) はお預かり金からの強制振替実行となります。
    詳細については当社HPの外国為替証拠金取引ルールをご覧ください。
  • ※ システム処理の関係上、日次処理前後15分程度はお取引できません。

プレスリリース

auカブコム証券株式会社 金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号 銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、外国為替証拠金取引(以下、FX取引)サービス「LINE FX」において、取引通貨ペアを10通貨ペアから23通貨ペアに拡大いたしました。あわせて取引単位を引き下げ、1,000通貨単位で取引が可能になりましたのでお知らせいたします。

「 LINE FX 」は、変動を分かりやすくお届けする「 LINE 」ならではの通知機能で、必要な情報に素早くアクセスし、タイミングを逃さずに取引できる FX サービスです。サービスローンチから約8か月で口座開設数が 10 万人を突破し、サービスを開始した 2020 年 3 月から 9 月において新規口座開設数が業界 No1* となりました。

この度、「通貨ペアの数を増やして欲しい」や「最小取引単位を引き下げて欲しい」といったユーザーからの要望を受け、ユーザーニーズの高い 13 通貨ペアを追加し、取引単位を 1,000 通貨へ引き下げを実施いたしました。これによって、一部の新興国通貨では数百円からの取引ができるようになり、幅広い通貨での取引が可能となります。加えて、注文画面のアップデートも実施しております。

■取引通貨ペアに関して
取扱通貨ペアは、 10 通貨ペアに 13 通貨ペアが追加され、合計 通貨ペア 23 通貨ペアとなります。「メキシコペソ / 円( MXN/JPY )」、「カナダドル / 円( CAD/JPY )」などをはじめとした対日本円の通貨ペアや、「ポンド/豪ドル( GBP/AUD )」、「ユーロ/豪ドル( EUR/AUD )」など、取引が多くユーザーニーズが高い通貨を中心に通貨ペアを追加致しました。「 LINE FX 」で利用できる 23 通貨ペアは以下となります。

【既存取扱通貨ペア】
米ドル / 円( USD/JPY )、英ポンド / 円( GBP/JPY )、豪ドル / 円( AUD/JPY )、ユーロ / 米ドル( EUR/USD )、ユーロ / 円( EUR/JPY )、英ポンド / 米ドル( GBP/USD )、豪ドル / 米ドル( AUD/USD )、 NZ ドル / 円( NZD/JPY )、南アランド / 円( ZAR/JPY )、トルコリラ / 通貨ペア 円( TRY/JPY )

【新規取扱通貨ペア】
英ポンド / 豪ドル( GBP/AUD )、メキシコペソ / 円( MXN/JPY )、ユーロ / 豪ドル( EUR/AUD )、ユーロ / 英ポンド( EUR/GBP )、スイスフラン / 円( CHF/JPY )、カナダドル / 円( CAD/JPY )、米ドル / スイスフラン( USD/CHF )、 NZ ドル / 米ドル( NZD/USD )、豪ドル / NZ ドル( AUD/NZD )、英ポンド / 通貨ペア スイスフラン( GBP/CHF )、ユーロ / スイスフラン( EUR/CHF )、ユーロ / NZ ドル( EUR/NZD )、英ポンド / NZ ドル( GBP/NZD )

■取引単位に関して

取引単位を 1,000 通貨へ引き下げを実施し、現在の 10,000 通貨単位の取引に加え、 1,000 通貨単位での取引が可能となりました。これによって、一部の新興国通貨では、数百円からの取引も可能になる他、米ドル / 円の取引の場合で例えると、今まで、約 41,500 円から取引できていたのが、約 4,150 円から取引ができるようになります。また、「 通貨ペア LINE FX 」では、手数料無料、業界最狭水準の低スプレッドでの取引が可能で、スワップポイントも高水準となっており、初心者の方でも投資スタンスに合わせたお取引が可能です。

■注文画面のアップデートに関して
新たにクイック注文画面が追加され、 FIFO が ON/OFF のみで簡単に設定できるようになった他、注文画面からの一括決済もより便利にお使いいただけるようになりました。チャートを横画面に表示してのクイック注文も引き続き可能です。

「 LINE FX 」は、今後も機能拡充を進めていくことで、「働く世代」にご利用いただきやすいサービスを目指してまいります。

【 LINE 証券について】
「 LINE 証券」は、 2019 年8月のサービス開始以来、 1 株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、投資信託、 通貨ペア FX 取引サービス「 LINE FX 」、取引所取引(現物取引・信用取引)の取扱いと、わずか 1 年にも満たない期間で株式取引に関するサービスについてフルラインナップを取り揃え、直近では、「投資信託のつみたて投資」の提供など、お客さまのニーズに寄り添いながらサービスラインナップを拡充しております。総口座数は 31 万口座を突破しております。( 2020 年 8 月時点)

■ LINE 公式アカウント: LINE ID : @linesec

■ LINE 証券株式会社の概要

(1) 名称 LINE 証券株式会社

(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目 1 番 1 号 住友不動産大崎ガーデンタワー 22 階

(3) 代表者 代表取締役 Co-CEO 落合 紀貴( LINE 株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)

(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等

(5) 資本金及び資本準備金 400 億円( 2020 年 4 月 10 日時点)

(6) 設立年月日 2018 年 6 月 1 日

FX 取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取 引です。多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。 預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他 の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがありま す。 取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)がありま す。注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して 4 %以上(レバレッジ 25 倍)の証拠金が必要になりま す。 当社でお取引を行うに際しては、「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容 や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

━リスク警告

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 加入

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる