外為ニュース

フィボナッチの使い方

フィボナッチの使い方
お悩みトレーダー

超便利!フィボナッチエクステンションの基本から応用まで完全マスター

フィボナッチエクステンションの使い方を徹底解説

エイク

お悩みトレーダー

メンター

いえ、 フィボナッチの使い方 『フィボナッチエクステンション』です!

そして、 応用的に利用すれば、とても使い勝手がよいツール です。

フィボナッチエクステンションの基本的な使い方や応用的な使い方を知ることで、今日から手放せない超便利なツールになります!

フィボナッチエクステンションとは

フィボナッチエクステンションとは?

フィボナッチ=フィボナッチツール(フィボナッチリトレースメント)
エクステンション=延長

補足
フィボナッチエクステンションとフィボナッチエクスパンションは違うツールです。
フィボナッチエクスパンションの使い方を知りたい方は、
【フィボナッチエクスパンションの使い方!上級者の引き方と数値設定】
をお読みください。

フィボナッチエクステンションは、押し目戻り目から計算して、その後相場が、どこまで伸びるのかを教えてくれるフィボナッチツールです。

主に、利益確定をする際に非常に有効です。
(使い勝手がいいので、応用的にいろいろ利用することができます。)

フィボナッチエクステンションをチャートで確認

フィボナッチエクステンションの解説

フィボナッチリトレースメント=0%~100%

フィボナッチの使い方 フィボナッチエクステンション=100%~

MT4のフィボナッチエクステンションの引き方

フィボナッチの使い方 フィボナッチの使い方 フィボナッチエクステンションはフィボナッチリトレースメントの延長上に表示されます。

フィボナッチエクステンションを表示

フィボナッチエクステンションの引き方は、基本的に未来から過去にフィボナッチリトレースメントを引きます。

買い場のフィボナッチエクステンションの引き方

買い場のフィボナッチエクステンションの引き方

フィボナッチリトレースメントを高値から安値の方向に引きます。
(高値が100%・安値が0%)

売り場のフィボナッチエクステンションの引き方

売り場のフィボナッチエクステンションの引き方

売り場でサポートを知りたい場合は、

フィボナッチリトレースメントを安値から高値の方向に引きます。
(高値が0%・安値が100%)

フィボナッチエクステンションの数値設定

フィボナッチエクステンションの基本的な使い方

フィボナッチエクステンションの基本(N値計算)

値幅N値計算

フィボナッチエクステンションの数値

[38.2%の押し戻りの場合]1+0.382(黄金比率)=1.382%
[50%の押し戻りの場合]1+0.5(半値)=1.5%
[61.8%の押し戻りの場合]1+0.フィボナッチの使い方 618(黄金比率)=1.618%
[ブレイクの場合]1+1(スイングの2倍)=2.0%

ようは、押し目から、青の値幅(N値計算100%)だけ相場が動く可能性があるということです。 フィボナッチの使い方

フィボナッチエクステンションの基本的な利用手順

手順①|明らかなトレンドを見つける
手順②|フィボナッチリトレースメントで押し目を測り、押し目買いでエントリーをする
手順③|フィボナッチリトレースメントの押したレベルから、エクステンションを把握すし、決済ポイントを分析する
手順④|フィボナッチエクステンションを参考に決済をする

フィボナッチの使い方

フィボナッチエクスパンションに反応するオージードル1時間足

▼フィボナッチエクスパンションに反応するオージードル1時間足

白丸の3点を結んだフィボナッチエクスパンションに、黄色い部分が反応しているのがよく分かるはずです。

反発が想定されるのでFE付近での新規エントリーは要注意

▼新規エントリーするには気をつける場所

実は簡単なフィボナッチエクスパンション

フィボナッチエクスパンションの簡単な仕組み

▼フィボナッチエクスパンションの簡単な仕組み

フィボナッチエクスパンションの精度を高める方法

2つのフィボナッチエクスパンションが重なる場所

▼2つのフィボナッチエクスパンションが重なる場所

直近の波(4~6)と1つ前の波(1~3)の2つのエクスパンションを引いた事例です。
応用編として、下位足と上位足のエクスパンションが重なる場所を見つけるという考え方もあります。

フィボナッチエクスパンションとリトレースメントとSMA200が重なる場所

▼3つの根拠が重なる場所

3つの側面から意識される場所なので、そりゃ反応しますよね。

FX侍です、こんにちわ。 今回は「最強の移動平均線」について。 移動平均線は全てのトレーダーが使っていると言っても過言ではないインジケーターです。 優秀なトレーダーほど「インジケーターを1つしか使えないとしたら?」という質問に「移動平均線」と回答する割合が多い印象です。(.

15分足を使うデイトレの人は、1時間足ぐらいでエクスパンションを引いておくといいでしょう。
(高値安値がハッキリしているトレンド相場で使うのが必須ですが)

フィボナッチリトレースメントの使い方

チャート・テクニカルの手法

今回は フィボナッチリトレースメント を活用したトレード手法を、ドル円と日経平均先物のチャートを元に解説していくパオ

フィボナッチリトレースメントとは?

フィボナッチリトレースメントとは、イギリスの天才数学者レオナルド・フィボナッチが発見した フィボナッチ数列を元にした分析方法 パオ

  • フィボナッチアーク
  • フィボナッチエクスパンション
  • フィボナッチタイムゾーン
  • フィボナッチリトレースメント

フィボナッチの使い方

反発がどのラインまで到達するか によって売買の判断を行うパオ

実際の値動き

f:id:kabu_ohimesama:20200929130849p:plain

  • 38.2% → 超えなかった場合はトレンドの継続
  • 50% → 半値戻しは全戻しという相場の格言の通り、トレンドが変わる可能性が高い
  • 61.8% → 高確率でトレンドが変わるまたはレンジになる

50%のラインを大きく超えた場合は全戻しになる可能性が高く、
更に61.8%を超えた場合はトレンドは騙しだったと捉えることもできるパオ

押し目を見つける際に役立つ

意識してほしいのは、フィボナッチリトレースメントはトレンドを見つける為の指標ではなく、 トレンド発生後の押し目を見つける際に役立つ指標 じゃということポコ

フィボナッチリトレースメントを活用する際はなるべく大きな時間軸のトレンドで利用して、過去に何度も反発しているライン=多くの人が注目しているラインは、必ずチェックするようにするパオ

先物(日経平均)で見てみよう

f:id:kabu_ohimesama:20200929130849p:plain

最初の反発ラインである23.6%で2度反発 した後に、現在は直近高値を更新しているピョコね

大きな市場で反応しやすい

フィボナッチリトレースメントのラインは、日経平均のような大きな市場で反応する確率が高い傾向にあるので覚えておくポコ

為替(ドル円)を見てみよう

f:id:kabu_ohimesama:20200929130856p:plain

23.6%のラインは指標としては少し弱い けど、前回高値のサポートラインも存在しており、ここからトレンドが継続する可能性が少し高いと見ることができるクポね

日足で見てみよう

f:id:kabu_ohimesama:20200929130901p:plain

すると 現在は50%と61.8%を超えて、78.6%のラインで反発している ことが分かるパオね

時間軸が大きい方が信頼度は高い

ドル円など取引量の多い通貨ペアは、今回見たようにフィボナッチリトレースメントを表示させると、高確率でラインが効いている箇所を見つけることができる から試してみるポヨ~

他の指標をあわせる

フィボナッチリトレースメントの精度を高めるには、フィボナッチリトレースメントだけに頼って売買するんじゃなくて、その他の指標を組み合わせて総合的に判断することが大切パオ

実際に見てみよう

f:id:kabu_ohimesama:20200929130906p:plain

23.6%のラインで反発しているけど、 一旦はトレンドラインを下抜け後の反発 になるからさっきの解説した通り、この指標だけですぐに購入する判断はリスクが大きいピョコね

ローソク足的にも気になる

いわゆる「ダブルトップ」パオ

ネックラインの上部、トレンドラインの上部に損切りラインを設定し、利確は38.2%で行う のがリスクリワードかなり高めのトレードといえるクポ

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

フィボナッチ

Instagramバナー

Twitterバナー

⑴ フィボナッチリトレイスメントから意識された比率を見つける

ドル円の月足は上昇している状況なので フィボナッチの使い方 最安値→最高値 に引きます。

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

次に意識されているフィボナッチ比率を見つけ出します。
このとき、 最安値ー最高値の期間だけでなく、過去の値動きでも意識されているかを
確認していくのが大事なポイント です。

⑵ ⑴の意識された比率と同比率がフィボナッチファンでも意識されやすい

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

⑶ フィボナッチファンで意識された比率と同比率がフィボナッチリトレイスメントでも意識されやすい

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

週足バージョン

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

⑴ フィボナッチリトレイスメントから意識された比率を見つける
⑵ ⑴の意識された比率と同比率が、フィボナッチファンでも意識されやすい
⑶ フィボナッチファンで意識された比率は、⑴のフィボナッチリトレイスメントの比率で
将来的に意識されやすい比率となる

【テクニカル分析】フィボナッチリトレースメントの実践的使い方!

出所:フィボナッチのうさぎ

という数列が完成します。この数列の法則が、 何故か自然界にある様々なものに対応している んです。

1/1=1、2/1=2、3/2=1.5、5/3=1.666、8/5=1.6、13/8=1.625、
21/13=1.615384、34/21=1.619047、55/34=1.617647
89/55=1.618181、144/89=1.617877、233/144=1.618055…
377/233=1.618025、610/377=1.618037、987/610=1.618032

最終的に 「1.618」という数字に近似 していきます。これを フィボナッチ数列の黄金比 とよび、人が「美しい」「しっくりくる」と思う数字の比率になっています。

驚くべきことに、この「1.618」という数値が歴史的な美術作品や建築物などに反映されているのです。

1/2 = 0.5、2/3=0.67、3/5 = 0.6、5/8 = 0.625、8/13 = 0.615
13/21 = 0.619、21/34 = 0.618…、34/55 = 0.618…、55/89 = 0.618…

最終的に「0.618」という数字に近似していきます。

1/3 = 0.333、2/5 = 0.4、3/8 = 0.375、5/13 = 0.385、8/21 = 0.381

省略しますが「0.382」という数値に近似していきます。これも黄金比率とされています。(※ちなみに0.382+0.618=1.000になります。)

フィボナッチリトレースメントでは、この 「38.2%」「61.8%」 に加えて半値といわれる 「50%」 を用います。(※23.6%という数値も用いられることがありますが煩雑になるため、ここでは省きます。)

フィボナッチリトレースメントの使い方

【具体的な使用方法】

  • フィボナッチリトレースメントというツールを選択します。
  • 直近の安値(高値)から最高値(最安値)へ向かってリトレースメントを引きます。
  • 「38.2%」「50.0%」「61.8%」の価格帯で反発することを想定します。

  1. まず、直近の安値である350ドルにカーソル(1)を合わせます。
  2. 直近の最高値である408ドルにカーソル(0)を合わせます。
  3. 最高値をつけてから株価の調整が始まってどこで反発する可能性が高いかというと、ずばりフィボナッチ38.2%、50.0%、61.8%です。

買い増しを検討する時は、このフィボナッチの価格帯まで待つのが非常に有効である ことがわかります。

  • まず、直近の安値である1450ドルにカーソル(1)を合わせます。
  • 直近の最高値である2070ドルにカーソル(0)を合わせます。

ここは明確な正解はないのですが、ひとつは 「誰にでもわかるであろうわかりやすい安値」 がいいです。

  • まず、直近の高値である1.1908にカーソル(1)を合わせます。
  • 直近の最安値である1.1525にカーソル(0)を合わせます。

このように、 フィボナッチリトレースメントは「買い(ロング)」の場面でも「売り(ショート)」の場面でも使うことが出来ます。

ぜひ、皆様もいろいろな銘柄や為替のチャートで実際にフィボナッチリトレースメントを引いてみて下さい。 「38.2%」「50.0%」「61.8%」の価格帯で反発 している場面が、いかに多いか、実感できると思います。

最後に

そして冒頭でも申し上げましたが、あらゆるテクニカル分析の手法、ツールは 「100%機能するわけではない」 ということを念頭においてください。

リスクリワード比率

投資はお金ではなく期待値を積み重ねる作業である

ここからフィボナッチリトレースメントに加えてダウ理論移動平均線や、ライントレード(水平線、トレンドライン)、さらに上級者向けにはなりますが「マルチタイムフレーム分析」という究極のエントリースキルまでを皆様にお伝えできればと考えています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる