初心者にもおすすめ

海外FX初心者が最低限覚えておくべきこととは

海外FX初心者が最低限覚えておくべきこととは
アルトコインレバレッジ取引に強み!19銘柄の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

海外FX業者はあえて金融庁ライセンスを取得していない

海外FX業者も自分たちの最大の強みがハイレバレッジであることをわかっているので、 あえて登録していない

とはいえ海外FX業者は”完全無登録業者”ではなく、外国の金融庁のライセンス認可を受けて運営している。
れっきとした”登録業者“なので安心してほしい。

追証なし(ゼロカットシステム)で借金を背負うことがない

海外FXではゼロカットシステムのおかげで投資金以上の借金を背負うことはない

海外FX業者にはゼロカットシステムという神のサービスが存在している。

ゼロカットシステムはマイナスになってしまった口座残高をゼロ(0)に戻してくれるサービスのこと。

つまり海外FXでは追証請求されることがなく、リスクが投資金までと限定されているわけだ。

有名な事例でいうと、スイスフランショックリーマンショックなど。

ゼロカットがない 国内FXではマイナスになった残高は追証請求され、絶対に支払わなければならない

“追証なし”海外FX初心者が最低限覚えておくべきこととは という精神的余裕をもってトレードできるのは、アクティブなトレード・精神的安定の大きな助けになる。

証拠金が2倍になるほどの豪華なボーナスがある

海外FXのボーナスは超豪華

入金ボーナス

入金ボーナスは取引資金が%に応じて増える

入金額に応じて証拠金として使えるボーナスが受け取れるのが入金ボーナスだ。

この業者に10万円入金すると、入金ボーナスとして10万円が証拠金に付与される。
つまり実質20万円の証拠金で取引を始められるということだ。

未入金ボーナス(口座開設ボーナス)

新規口座開設ボーナスは入金なしでトレードできる

未入金ボーナスは口座開設するだけで受け取れるボーナス

自己資金を入金せずとも、未入金ボーナスを使えば無料でリアル口座の使い心地を試すことができる。

デモ口座とリアル口座では約定力に大きな違いがあるため、事前にリアルな約定力を知れるのは大きい。

ボーナスキャンペーンを提供している海外FX業者を知りたい方はこちら↓

取引の透明性が高いNDD方式を採用している

海外FX業者は透明性が高いNDD方式を採用している

基本的にはNDD方式は海外FX業者DD方式は国内FX業者 で採用されていることが多い。

NDD方式

つまりトレーダーが取引すればするほどFX会社も儲かるので、NDD方式ではトレーダーとFX会社はwin-winの関係となる。

NDD方式を採用している海外FX業者なら、透明性の高い環境で取引できる。

DD方式

トレーダーの注文をすべてFX会社が一旦決済

トレーダーの注文は通ったかどうかわからない、 完全ブラックボックスな注文方式 といえる。

仮に注文を通さなかった場合、 顧客とFX会社の利益は相反 してしまう。
悪いFX会社だと、不正な手(ストップ狩りや故意のリクオートなど)で顧客を負けさせようとしてくることさえある。

DD方式はかなり不透明な取引方式だ。

(※)NDD方式の業者なら取引制限なし

そのためNDD方式の業者では、スキャルピング・EAを利用した自動売買など無制限で取引できるのも大きな魅力だ。

海外FXはメリットがデメリットを遥かに凌駕する

国内FXと比べてスプレッドが多少広い点や突然の日本撤退のリスクなどのデメリットもあるが、管理人はデメリットを補ってあまりあるメリットが海外FXにはあると考えている。

投資をするための「最低知識」はどの程度必要か

投資をするための「最低知識」はどの程度必要か

アセットクラスに関する知識 基本的な投資対象としてどのようなモノがあるか知っておくべきでしょう。株式や債券(国内外)といった基本的なアセットクラスの特性の基礎的理解がまず必要です。合わせてアセットクラスごとの期待リターンやリスクの大きさを理解できれば自分が購入する投資商品の中身を理解・判断できることになります。 投資商品に関する知識 アセットクラスの知識と関連して、投資商品として投資信託や預貯金、債券などの仕組みの理解が必要です。どのような仕組みで集金され、投資され、自分に戻ってくるのか、またどのような要素で値動きが生じるのか商品性の理解が欲しいところです。これは具体的な個別商品の購入以前に必要であり、購入時点で初めて知るべきものではありません。個別商品に対峙したときの理解力を養うために、できるだけ類型的・汎用的な商品知識が欲しいところです。 商品売買に関する基本ルール 投資をするにあたって売買ルールの基本を知る必要があります。購入の方法や単位、手数料の理解は当然ですし、売却の条件についても後述の税制とともに理解が必要です。現物株やETFの場合、発注から成約までのルールも学習が必要です。投資信託の場合は基準価額の理解と売買が成立するタイミング(翌日以降になることも含めて)等の売買ルール理解が求められます。 投資理論に関する知識 投資理論をどこまで理解したうえで投資にチャレンジすべきかは難しいですが、やはり基本中の基本を押さえることは必要でしょう。少なくとも「分からない商品を購入してはいけない」「リスク資産運用における運用の結果は自己責任として受け入れなくてはならない(金融機関に過失のある場合を除く)」という自己責任の原則理解は必要です。投資理論以前の内容かもしれませんが、この段階で投機欲に負けている人は多く、一度しっかり理解しておくべきだと思います。希望としては分散投資の概念(リスクを抑えるための方法)くらいは知っておいてほしいところですが、「初めて」の段階でどこまで求めるかは難しいところです。 投資情報に関する知識 投資に関する情報の収集方法やインデックス等の基礎知識も最小限度は必要でしょう。テレビのニュースの最後に出る基本的なインデックスの種類や内容、為替の情報の意味、景気や経済実態を示す各種情報の理解もあれば望ましいところです。ただしあまり多くを求めると「最低知識」としては多すぎてしまい、学ぶ側が飽和状態になる懸念もあります。 税制に関する知識 証券税制に関する最低限度の知識はやはり必要でしょう。どのような場合に投資は課税されるのか、またどのような税率によるのか知らずに投資をするのは愚かなことです。証券総合口座の概念や確定申告との関係なども知っておきたいところです。ここの学習をサボって確定申告時に焦ることにならないようにしたいものです。また、税制優遇のある資産形成制度についての理解も商品理解と同様に重要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる