ビギナーバイナリーオプション

取引の考え方

取引の考え方
【具体例】 ○ 20××年7月25日 ✕ 20××年7月25日までのいずれかの日 ○ 20××年の毎月25日 ✕ 20××年1月25日から7月25日までのいずれかの日 ○ 20××年7月25日以降、東証における終値が初めて700円を超えた日の翌営業日 ○ 証券会社等に売買の期日を一任 ○ 売買を行う者の意思に関係しない条件を付した条件による売買(例えば、決算発表日の翌営業日)

坂口健太郎&杏が月9ドラマでW主演!『競争の番人』
原作は4月期月9ドラマの原作者・新川帆立、最新刊

フジテレビ系では、7月スタートの月9ドラマ(毎週月曜・午後9時~9時 54 分)にて、坂口健太郎と杏がW主演を務める『競争の番人』を放送することが決定した。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は『デート~恋とはどんなものかしら~』( 2015 年1月期)以来、7年ぶりの月9主演となる。また、坂口と杏の共演は、 2016 年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり、ドラマでの共演は今作が初となる。今作の舞台は、今までドラマとして描かれることがなかった「公正取引委員会」。原作は、4月から放送がスタートした月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者であり、第 19 回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家・新川帆立が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日(月)に発売された待望の最新刊『競争の番人』(講談社)。同じ原作者の作品を2クール連続で放送するというのはフジテレビ史上過去にない異例のケースとなる。

今までドラマとして描かれることがなかった公正取引委員会を舞台に、凸凹バディが不正の数々を暴く!

そんな公取委で働く小勝負(坂口)は、 20 取引の考え方 歳で司法試験に合格。東大法学部を首席で卒業後、どの会社・官庁にでも就職できたのに、あえて公取委に就職したことで、まわりからは「もっといいところに入れたはずでは?」と度々疑問を投げかけられる。小勝負自身は公取委で働くことにこだわりがあるようで、「弱くても、戦わなきゃいけない」と使命感を燃やす様はどこか狂気じみている。その理由は小勝負の過去に関係が?他の審査官とは違う独特の視点や洞察力がある一方、人とは違う調査の仕方で周囲からは変わり者と思われている。

坂口は、『シグナル 長期未解決事件捜査班』( 2018 年4月期/カンテレ・フジテレビ系)や、『イノセンス 冤罪弁護士』( 2019 年1月期/日本テレビ)、 WOWOW オリジナルドラマ『ヒル Season 2』( 2022 年3月/ WOWOW 取引の考え方 )、映画『余命 10 年』( 2022 年)などドラマや映画で多数の主演作がある。 NHK 連続テレビ小説『おかえりモネ』( 2021 年 5 月~ 10 月)で演じた菅波光太朗は、 SNS 上で「#俺たちの菅波」がトレンド入りするほど国民に愛されるキャラクターとなった。そんな坂口のフジテレビ系連続ドラマへの出演は『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』( 2016 年1月期)、『シグナル 長期未解決事件捜査班』に続いて、今作がキャリア3作目にして、月9ドラマ初主演となる。地上波連続ドラマで主演を務めるのは、『イノセンス 冤罪弁護士』( 2019 年1月期/日本テレビ)以来、3年ぶり。今作への出演について坂口は「身が引き締まるというのはどの作品も同じなのですが、 “ 月9枠で杏さんとW主演 ” というのは、もう一段上の気合が入った感じがします」とコメント。サスペンス、リーガル、ヒューマンドラマなどさまざまなジャンルの作品で役を演じてきた坂口にとって「公正取引委員会」は初めての題材に。「小勝負のパーソナリティーについては、まだ全てが明らかになっていません。小勝負は、過去に何か深いものを抱えていそうなんです」と話す坂口が、小勝負をどう演じるのかご期待いただきたい。

杏は、日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』( 2021 年 10 月期/ TBS )や映画『 CUBE 一度入ったら、最後』( 2021 年)、映画『とんび』( 2022 年)などドラマや映画で話題作に立て続けに出演。新聞記者役を演じた日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』では、英語での長ゼリフを流ちょうに話し、また、涙をこぼすシーンの後には、 SNS 上で「もらい泣きした」と反響を呼ぶなど、圧倒的な演技力に定評のある日本を代表する女優の1人。今作で元刑事の白熊を演じる杏は「今までにお見せしてきた私へのイメージを一度なくして、新しい役として見ていただくために」とロングヘアを約 20cm バッサリとカット。作中では、アクションシーンもあるため、さまざまなアプローチで役作りをする。月9ドラマ出演は、自身が主演を務め、平均世帯視聴率 12.5 取引の考え方 %を獲得し好評を博したロマンチック・コメディー『デート~恋とはどんなものかしら~』( 2015 年1月期)以来、7年ぶり(視聴率は、ビデオリサーチ調べ・関東地区)となる。また、地上波連続ドラマで主演を務めるのは、『偽装不倫』( 2019 年7月期/日本テレビ)以来、3年ぶり。杏は7年ぶりの月9ドラマへの出演について「フジテレビのスタジオに帰ってくるのも本当に7年ぶりでしたので、社会情勢もこの7年でガラッと変わった中で、また月9という枠に戻ってくることができたのはすごくうれしいし、演じる意義みたいなものを感じています」とコメント。

また、坂口と杏の共演は、 2016 年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり。ドラマでの共演は今作が初となる2人だが、坂口は「小勝負と白熊としての僕と杏さんの空気感は自然と出来上がっていきました」、杏は「年齢も近いので、考え方などにギャップを感じることもなく、一緒に演じるのは楽しいですね」とお互いが信頼を寄せている。

4月期月9ドラマ『元彼の遺言状』の新川帆立が2クール連続の月9原作者に!

原作は、4月期月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者・新川帆立が『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日(月)に書籍化された待望の最新刊『競争の番人』(講談社)。公正取引委員会を舞台に、 20 歳で司法試験に合格、東大法学部卒という天才・小勝負らの活躍を描く今作だが、新川自身、東大法学部卒で司法試験に合格し、大手法律事務所での勤務経験もあり、さらには企業の法務部での勤務時代に企業が直面する法的問題全般を幅広く担当していたという異色のキャリアの持ち主。そんな新川だからこそ、今まで描かれてこなかった公正取引委員会の世界を、スリリングに、ドラマチックに、そして時にはコミカルに描き、知的好奇心を満たすことができる全く新しい作品が誕生した!新川は今回のドラマ化決定を受けて「主人公の2人はそれぞれに異なる想いを抱え、ときに衝突しながらも、悪に立ち向かいます。坂口健太郎さん、杏さんがどのようなコンビとして活躍してくれるか楽しみにしています」とメッセージを寄せる。

弱者が負けて、強者が勝つ、現代社会において、どんな世界にも起こりうる理不尽な競争社会を根底から見つめ直し、フェアな市場を提供する公正取引委員会とそこに身を置く人々の人間模様を描く、日本初の公正取引委員会を舞台とした “ 凸凹バディのエンタメ・ミステリー ” に、乞うご期待!

「僕は月9というと、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』( 2016 年)以来の出演になります。フジテレビ制作の作品も久しぶりですね。身が引き締まるというのはどの作品も同じなのですが、 “ 月9枠で杏さんとW主演 ” というのは、もう一段上の気合が入った感じがします。今回、公正取引委員会の話だと伺った時は、正直良くわかりませんでした。もちろん、公正取引委員会という名前を聞いたことはありますが、弁護士ものや警察ものとは違いそうですし … 。一体、どういう話になるんだろう?と思いましたが、台本をいただいて一読したら、ものすごく面白い話だったので、楽しく撮影に臨めそうだなと思いました」

「ストーリーの中で“悪”となる人物がいるんです。小勝負がそんな悪と対峙(たいじ)する時、そんな悪によって救われている人もいることも考えてしまうんです。ですので、小勝負としては 100 %の正義でポジショントークをしてはいけないと、どこかで思っています。そういったシーンを演じるのはすごく難しいですね。小勝負のパーソナリティーについては、全てが明らかになっていません。小勝負は、過去に何か深いものを抱えていそうなんです。それが何かわかるまでは捉えどころのない人物でいようと思っていますし、さりげなくポンッと放った言葉が相手に効くような存在になれたら良いですね」

「小勝負は、杏さんが演じる白熊と一緒に行動することがすごく多いんですが、小勝負と白熊としての僕と杏さんの空気感は自然と出来上がっていきました。小勝負が所属するダイロク(公正取引委員会 審査局 第六審査)のみなさんとお芝居をするときは、そんな小勝負と白熊の雰囲気が一緒にいるみなさんにも伝わっているからか、現場の空気感がすごく心地良いです。現場の空気感は、どうしても作品に出てくると思いますので、心地良い空気感のある作品になっているんだろうなと思いますね」

「このドラマで描かれる公正取引委員会というのは、 “ 弱小官庁 ” なんです。僕自身、時には “ 戦わずに負けても良い ” と思うことがあります。そんな中で、小勝負の “ 弱くても、戦わなきゃいけない ” というセリフが僕は好きなんです。まだまだうっ屈とした世の中で、小勝負、白熊、そしてダイロクメンバーといろいろな人物が登場しますが、彼らがやっていることを見て、次の日のちょっとした活力やパワーにしていただけたらと思いますし、そんな作品になるのではないかなと思っています」

「まずは、新しいことを始めるのに、今までにお見せしてきた私へのイメージを一度なくして、新しい役として見ていただくために髪をカットしました。白熊はもともと警察官だったのですが、いろいろとあって公正取引委員会に飛ばされた人物です。ですので、最初は不本意な気持ちでいますし、“なんなのここ?”という感じは、視聴者のみなさんと同じ目線で、寄り添いながら物語を進めていく存在になると思います。最初のうちは白熊は戸惑ったり、疑問を感じたりしています。ストーリーがどんどん進むにつれて、白熊が公正取引委員会で働く意義を見出(みいだ)していきます。社会人としてある程度経験を積んだ上で、まるっきり違う職場に移る白熊ですが、そんな白熊のように 取引の考え方 30 代半ばで転職される方も多いと思うので、まるっきり違う環境で仕事を始めるという白熊の気持ちは、多くの方々に寄り添っていただけて、応援していただけるのではないかなと思います」

「原作は“令和版『 HERO 』 ” のイメージで、『 取引の考え方 Can You Keep A Secret ?』を聴きながら書いたため、月9ドラマ化が実現してとてもうれしいです。公正な競争は社会にとって非常に重要なインフラです。競争を守り支える公正取引委員会の取り組みが、より広く知られるきっかけになればいいなと思います。主人公の2人はそれぞれに異なる想いを抱え、ときに衝突しながらも、悪に立ち向かいます。坂口健太郎さん、杏さんがどのようなコンビとして活躍してくれるか楽しみにしています」

ポイント解説・金商法 #2:インサイダー取引規制における「知る前契約・計画」の要件と活用方法

Miura & Partners logo

インサイダー取引規制に関し、①未公表の重要事実を知る前に締結・決定された契約・計画が存在し、②株式等の売買の具体的な内容(期日および期日における売買の総額または数)があらかじめ特定されている、または定められた計算式等で機械的に決定され、③その契約・計画に従って売買等が執行される場合には、契約・計画の締結・策定後に未公表の重要事実を知った場合でも、インサイダー取引規制は適用されません(いわゆる、「知る前契約・計画」の適用除外)。

この適用除外は、平成27年9月2日の改正(同月16日施行)により設けられ、令和2年9月18日の改正(令和3年1月1日施行)により、電磁的記録による作成も可能となっています。

2. 「知る前契約・計画」の適用除外

2-1 適用除外の要件

インサイダー取引規制(金商法166条1項・3項)の適用除外となる「知る前契約・計画」につき、大要、以下の(1)から(3)をすべて満たす場合に適用除外が認められます(取引規制府令59条1項14号)。

2-2 取引の考え方 各要件の解釈上のポイント

(1)「重要事実」を知る前に締結(決定)された有価証券の売買等に関する書面または電磁的記録による契約(計画)の履行(実行)として売買等を行うこと

ーー契約の締結または計画の決定時において未公表の重要事実を知っている者は、「知る前契約・計画」の適用除外を利用することはできないか?

(2)契約・計画時の措置

ここでは、もっとも多く利用されている、①当該契約(計画)またはその写しが、証券会社に対して提出され、当該提出の日付について当該証券会社による確認を受けたことについて説明します。

「確認」の方法について、証券会社は日本証券業協会のモデル規程などを踏まえて提出を受けた契約・計画またはその写しの提出日付の確認および当該契約・計画またはその写しの保存などを行っています。

「確認」の対象は、「提出の日付」であって契約の締結日や計画の決定日ではなく、また、証券会社は提出された契約(計画)の内容やその真正性の確認義務を負いません(そのため、社内において事前に内容を確認する、あるいは法律事務所に相談するなどのルール作りが求められます。)。

(3)当該契約(計画)の雇行(実行)として行う売買などにつき、売買などの別、銘柄および期日並びに当該期日における売買などの総額または数が、当該契約(計画)において特定されていること、または、当該契約(計画)においてあらかじめ定められた裁量の余地がない方式により決定されること

ーー「期日」の特定または裁量の余地がない方式による決定

期日」とは、1日のことをいい、特定の具体的な日付(特定していれば、10年後の日など、将来の期日でも構いません。)を定める必要があるため、期間や期限を定めるだけでは足りません。

また、「裁量の余地がない方式による決定」とは、売買などを行う本人の裁量によらずに期日が定まればよく、本人の裁量によらない条件の成就により自動的に期日が定まるようにする方法や証券会社などに売買等の期日を一任することにより本人の裁量によらずに期日が定まるようにすることも可能です。実務では、期日ごとの売買数について複数の条件設定をした計画も見受けられます。

【具体例】

○ 20××年7月25日

✕ 20××年7月25日までのいずれかの日

○ 20××年の毎月25日

✕ 20××年1月25日から7月25日までのいずれかの日

○ 20××年7月25日以降、東証における終値が初めて700円を超えた日の翌営業日

○ 証券会社等に売買の期日を一任

○ 売買を行う者の意思に関係しない条件を付した条件による売買(例えば、決算発表日の翌営業日)

ーー「当該期日における売買等の総額又は数」の特定

「価格」の特定は要件とされておらず、「期日における売買等の総額または数」が特定または裁量の余地がない方式により決定されることが必要とされています。具体的には以下のとおりです。

○ 20××年7月25日に1000株

✕ 20××年7月25日に100株から1000株の範囲で

○ 20××年1月25日から7月25日まで、毎営業日100株

✕ 20××年1月25日から7月25日まで、合計1000株

なぜ2人はアナログな不動産業界でDXに挑戦するのか 法改正で注目高まる業界の現況とは 【第6回】GA technologies Group 田渕恵人氏、堀恵実氏

(左から)GA technologies AI Strategy Center所属 Digital Transformation , Prototypingチーム(チーフ)、RENOSY X システム開発部 シニアマネージャー(部長)

(左から)GA technologies AI Strategy Center所属 Digital Transformation , Prototypingチーム(チーフ) 堀恵実氏
RENOSY X システム開発部 シニアマネージャー(部長) 田渕恵人氏

──はじめに、お二人のプロフィールを教えてください。

田渕恵人氏(以下、田渕氏):新卒でGA technologiesに入社して4年目になります。入社後は、グループ会社のイタンジで「OHEYAGO」というサイトの開発責任者を務め、2020年にはグッドデザイン賞を受賞することができました。現在は、RENOSY Xで「MORTGAGE GATEWAY 取引の考え方 by RENOSY」という、不動産会社や金融機関向けの住宅ローン申込プラットフォームサービスを開発しています。これは、今まで紙で行われていた申し込み手続きについて、Web上で対応できるように支援するシステムです。

──入社4年目でシニアマネージャーとはすごいですね、貴社でも異例の昇進スピードではないですか。

堀恵実氏(以下、堀氏):とても早いですし、すごいことだと思います。私は、2019年に第二新卒として入社しており、AI Strategy CenterのDigital Transformation Prototypingチームでチーフを務めています。入社直後は同じ部署のアーロンというアメリカの研究者と共同で“電車のネットワーク”について研究をしていました。その研究の一つの成果として、AIが電車のネットワークを基に、通勤利便性が高く住みやすい街を提案する「BEST BASHO」というプロジェクトに携わっていました。また、その延長線として地域ごとの住みやすさを電車のネットワークはもちろん、店舗や災害、犯罪などのデータを基にスコアで表す研究をしています。最近では、不動産取引時に必要となるハザードリスクの説明を半自動化するようなプロトタイプの開発研究をしています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる