オプションFXとは

株価分析の一手法としての回帰分析

株価分析の一手法としての回帰分析
Python

重回帰分析による株価予測に用いる変数

重回帰分析でも、ニューラルネットでも、 その他のデータマイニングの手法にしても、 万能な予測手法があれば、株価の売買は成り立ちません。 ですから、各手法の特長を生かして、 この手法では、「このようなデータに対しては有効」という作ったシステムの適用範囲を明確にすることが大事です。 範囲を区切ってやれば、用いる変数の数がどうこうではなく、実際に用いている変数から予測できる範囲はここまでだから、それ以上は人間の知性や勘で対処してください、といったシステムを作ることができます。 昨今の流れもそうですが、予測はあくまで予測なので、計算機が予測してくれるのがどこまでという境界を明確にして、それ以降を人間の知恵で補うというのが、一般的なやり方です。 その意味では、入出力間の関係の理解が難しいニューラルネットは、あまり賢い選択とはいえないでしょう。

関連するQ&A

論文を読んでいて疑問に思うことがありました.よろしくお願いします. 私は,回帰分析とは変数Yを、p個の変数X1,X2 ,… Xpにより説明したり予測するための統計的手法であり,p=1のときは単回帰分析,p>1のときは重回帰分析と呼ぶ,と解釈しています. 今,ある施設のサービス改善についての調査論文を読んでおります.そこではアンケート調査でその施設のサービスの総合評価Yと,8個の各サービス毎の評価(x1~x8)を調べ,総合評価Yを従属変数, x1~x8を説明変数として重回帰分析にかけます.そして出た相関係数から施設の総合評価に対する各サービスの重要度を求め,改善につなげようとしています. 結果,重要度は x1>x2>x6>x3>x7>x8>x4>x5 という結果になりました.ここまではわかるんです. ですが次に総合評価Yを従属変数,x1を説明変数として単回帰分析,また総合評価Yを従属変数,x2を説明変数として単回帰分析,また総合評価Yを従属変数,x3を説明変数として単回帰分析・・・というようにこの操作をx8まで続け,出た相関係数を比較しています.結果は x1>x2>x4>x8>x3>x5>x7=x6 となっており,重回帰分析の結果と照らしあわせると最初のx1とx2は合致しているものの,あとはバラバラです.x6にいたっては最後にきています.なぜでしょうか.論文は「どのサービスも総合満足度に重要な影響を与えており,特にx1,x2,x3,x4を改善するのがよい」 と締めくくっています. 質問は3点です. (1)なぜ重回帰分析の結果と単回帰分析の結果が異なるのか (2)どのサービスも総合満足度に重要な影響があるとして,それは重回帰分析の結果だけで言えるのではないか(重回帰でも相関係数は出ているし,単回帰分析をする意味はあるのか) 稚文ですみません. 当方あまりオツムがよろしくないのでできるだけわかりやすくよろしくお願いします.

大学3回生で、来年度の卒論のために先行研究を読んでいます。 私が書く卒論では統計分析が必要なのですが、 先行研究を読んでいて疑問に思ったことがあるので、質問させてください。 ある論文で、変数間の相関を分析した後、重回帰分析を行っていました。 ところが、相関分析において相関の出ていない変数に対しても重回帰分析を行っており、 その結果、 「相関分析では有意な相関が見られない」にも関わらず、「重回帰分析では有意な結果が見られる」 というような書き方がなされていました。 また、この論文における考察部では、相関分析と重回帰分析をまとめて考察しており、 ほとんど重回帰分析の結果についてしか触れられていませんでした。 相関分析と重回帰分析を両方行う場合、相関がない変数についても重回帰分析を行うべきなんでしょうか? ゼミに教授に質問しにいっても、現4回生の卒論などで忙しいのか、 今度にしてくれ、と言われてしまいましたので、こちらで質問させていただきました。 不勉強で、重回帰分析の仕組みが良くわかっておらず、大変心苦しいのですが、 宜しければ回答していただけると、とても助かります。

重回帰分析の目的変数が、(A+B+C+D)というものとします。 A~Dは、数量データです。 説明変数にAやBなどが入っていたら、それはダメですか? 説明変数X(Aとか)が目的変数Y(A+B+C+D)の一部の構成要素だったら、Xを使って重回帰分析はやったらダメなのですか?

重回帰分析について.(緊急) 大学で近赤外スペクトル法を用いた研究をやっています. 解析方法にはPLS回帰分析を使用しており,目的変数を熱電対の温度T,説明変数を各波長の吸光度差スペクトルΔAでとっています. 現在,上記の研究を分光器ではなく近赤外線カメラで行おうと考えています. しかしながら,近赤外線カメラは分光器のように各波長の吸光度差スペクトルΔAを出すことができません(1920nmのΔAのみ). 単回帰分析に変更しようと思っていますが,参考書などを読む限り精度は,単回帰分析<重回帰分析<PLS回帰分析のような気がしてなりません. そこで質問です. ・説明変数は波長1920nmのΔA(以下ΔA(1920))しかありませんが,ΔA(1920)の関数である光強度Iを無理やり説目変数に入れ,重回帰分析を行うことはできるのか?(説明変数に使われている変数の関数をしようすることはできるのか?) ・上記のように説明変数の因子が一つしかない場合でもPLS回帰分析を行うことはできるのか? 以上です.今年から上記の研究を始めたので勉強不足な点もあるかとは思いますがどなたか教えてください. よろしくお願いします.

今、研究で重回帰分析を行っているのですが、説明変数を絞りたいと考えています。 それで、増減法で説明変数を絞ったときに、赤池の情報量規準の値って出せるんですけど、そこから何が読み取れるのですか? よろしくお願いします。

重回帰分析で説明変数が、例えば5因子あったとします。 通常は、重回帰分析した後に、有意な因子(目的変数に対して効果のある因子)を例えばF>2等の基準でもって、抽出すると思いますが、 これら説明変数のがMKSA(mg、um、sec等)の次元が異なる場合、同じ基準で有意な因子が抽出できるのでしょうか? 例えば、同じ次元であっても、cmとmmの因子を混在させては、平方和計算から異なってくるので、同じ基準で有意な因子は抽出できないですよね? もし、出来るのであれば、証明するにはどうしたらよいですか? 株価分析の一手法としての回帰分析 よろしくお願いします。

重回帰分析を勉強していて疑問が生じたので質問させていただきます。 従属変数がYesかNoのどちらかで結果が欲しい場合、Yesが1、Noが0というようにダミー変数を用いて良いのでしょうか。 wikipediaの重回帰分析のページでは、説明変数にダミー変数を用いる場合しか書いていなかったので。 よろしくお願いします。

Prophetで株価予測してみる

上記のようなモデルは一般化加法モデルと呼ばれ, このモデルでは平滑化(スムージング)と呼ばれる関数型に依存しない自由な回帰を行います.

古典的な時系列モデルでは, 過去のデータと未来のデータの関係性をモデル化します. それに対して平滑化がするのは, データのグラフにいい感じな曲線を引いているだけ(要は回帰分析!)なので, 過去のデータと未来のデータの関係性などの情報はゴミ箱にポイしています.

その代わりに, Prophetモデルには様々なメリットがあります. 例えば, Prophetモデルでは欠損値を補完しなくても学習ができる点です.

伝統的な時系列モデルでは, 各時刻のデータの関係性を記述しています. 例として AR(1)モデルを考えてみます.

例) AR(1)モデル $$X_t = c + \varphi X_ + \varepsilon_t$$

上式を見てわかるように, AR(1)モデルでは1時点前の出力が次点のモデルを与えます. これは, ある1時点のデータが欠損すると, それより先の時点の計算ができなくなることを意味しています.したがって, 自己回帰モデル等の伝統的な時系列モデルでは, データの前処理として欠損値を何かしらの値で補完する必要があるのです.

一方で, Prophetモデルは通常の回帰モデルと同様に, 観測されたデータにいい感じに曲線を引くという手法ですから, ある時点のデータが欠けていようがお構いなしです. ( 例えば, 年齢と体重の関係を回帰分析する場合に, 22歳のときの身長を測り忘れていたとしても回帰分析できますよね?それと同じです.)

この他にも, たくさんのメリットがありますが, とにかく「楽に時系列分析できる」がモットーのモデルなようです.

インストール

※ 筆者はProphet使用中に KeyError: 'metric_file' というエラーを吐かれました. pystanのversionが古いことが原因ぽかったので, 下記を参考に pystanのversionをアップグレードしました. (ちなみに, 株価分析の一手法としての回帰分析 Prophetの処理自体はpystanで書かれているようです)

ライブラリのインポート

データ取得&整形

High Low Open Close Volume Adj Close
Date
2018-01-02128.429993127.169998127.430000128.36999583500128.株価分析の一手法としての回帰分析 369995
2018-01-03130.240005128.559998128.679993130.130005162200130.130005
2018-01-04132.160004131.300003131.309998132.160004161800132.160004
2018-01-05133.869995133.080002133.110001133.860001135300133.860001
2018-01-08134.789993133.619995133.979996134.770004131200134.770004
2020-12-24151.130005150.179993150.株価分析の一手法としての回帰分析 179993150.470001150200150.470001
2020-12-28153.419998152.229996153.100006152.600006215600152.600006
2020-12-29155.199997152.899994155.000000153.339996265100153.339996
2020-12-30155.210007154.039993154.509995154.089996193500154.089996
2020-12-31154.839996153.970001154.410004154.570007160000154.570007

このデータのうち, 予測に利用するのは `Adj Close` カラムです. これは調整後終値という値です.

「時刻を表す列は ds , 予測する値の列は y で表す」というProphetの仕様に合わせて, データを整形します.

株価は対数をとるのが通例らしいので , y 列に対数を被せます.

学習パート

parameter

  • growth: トレンドを表す関数(線形かロジスティック曲線)
  • changepoints: トレンドの変化点のリスト
  • n_changepoints: トレンドの変化点の数
  • changepoint_range: トレンドの変化点を推測する幅
  • yearly_seasonality: 年単位の周期性を考慮するか
  • weekly_seasonality: 週単位の周期性を考慮するか
  • daily_seasonality: 日単位の周期性を考慮するか
  • holidays: 休日
  • seasonality_mode: 株価分析の一手法としての回帰分析 周期性の傾向
  • seasonality_prior_scale: 周期性の強さを表すパラメータ
  • holidays_prior_scale: 休日の強さを表すパラメータ
  • changepoint_prior_scale: トレンドの変化点の強さを表すパラメータ
  • mcmc_samples: MCMC法のサンプル数
  • interval_width: 誤差の範囲の広さ
  • uncertainty_samples: 誤差を推測するためのサンプル数
  • stan_backend: バックエンドの指定

予測パート

株価分析の一手法としての回帰分析株価分析の一手法としての回帰分析
ds
0 2018-01-02
1 2018-01-03
2 2018-01-04
3 2018-01-05
4 2018-01-08
1116 2021-12-27
1117 2021-12-28
1118 2021-12-29
1119 2021-12-30
1120 2021-12-31

では, いよいよ予測パートです. predict に予測したい期間を含んだ future データフレームを渡して予測を行います.

黒点が観測値で, 観測値がない未来の期間(グラフ右側)の青線部分が予測値となります. 水色の範囲は誤差の範囲を表しています.株価分析の一手法としての回帰分析

ちゃんと予測できているのか?

上昇トレンドは捉えられているようです. 5月前半からの6月にかけて予測以上の成長を見せていますが, これはトヨタの決算発表が要因みたいですね.

このように, 株価は外乱の影響を受けまくるので, 過去の株価だけから値動きを予測するのは不可能だと言われていますが, 今回はたまたま上手く予測できまみたいです. やったね!

【特集】 「損切りはエントリー時期の見誤り」、理論株価でテンバガーを目指す技

【タイトル】

はっしゃんさん(ハンドルネーム・50代・男性)のプロフィール:
会社員でエンジニアとして勤め、2年前に運用資産3億円達成を機に独立
起業した成長株投資家。従業員持ち株会加入をきっかけに1990年後半
から株式投資を開始し、以降、2001年の911(米同時多発テロ)による
株価暴落時に企業の「月次」情報の観察の有効性を見出す。
30代で億り人に。その後は理論株価の活用でさらにパワーアップし着実に利益を
伸ばし、現在は4億円プレーヤーに。VTuber(バーチャルユーチューバー)として、ネット動画で投資情報を発信。
またSNS(交流サイト)やブログでも理論株価の値や注目銘柄がわかる「成長株Watch」や「月次Web」、『会社四季報』速読法などを公開している。
著書に『はっしゃん式成長株集中投資で3億円』(総合法令出版)、新刊の『決算書「3分速読」からの"10倍株"の探し方』(KADOKAWA)など。

A.事業価値= EPS×ROA(総資産利益率)×150×財務レバレッジ補正
B.資産価値= BPS(1株当たり純資産)×割引率
理論株価= (事業価値+ 資産価値) × リスク評価率

Aの事業価値の算出に使うEPSは、 経常利益 × 70% ÷ (発行済み株式数 - 自己株式数) で計算している。最終利益ではなく経常利益から計算するのは、法人実効税率や特別損益を勘案したものだ。

■ROAとROEの計算式
・ROA=(当期利益÷売上高)×(売上高÷総資産)
【売上高利益率】 【総資産回転率】

・ROE=(当期利益÷売上高)×(売上高÷総資産)×(総資本÷自己資本)
【売上高利益率】 【総資産回転率】 【財務レバレッジ】

そのためにまず150を15 × 10に分解し、 (EPS × 15)×(ROA × 10) と計算している。

このPER15倍に、ROAを10倍したものを掛けて 適性PER を算出する。ROAを10倍にするのは、資産効率による重み付けをして適正PERをはじき出すためだ。

PER15倍 × ROA30% × 10 × 1.5 = 適正PER 67.5倍までを、事業価値として評価することになる。

  • ・すご腕投資家はっしゃんさん「テンバガーを掴み損ねた反省から『低PERの呪縛.. (10/08)
  • ・すご腕投資家はっしゃんさん「波乱時も焦らない、月次から理論株価で4億円ま.. (10/01)
  • ・すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 <全シリーズ一覧>
  • ・強い投資家はどんな人「100万→10億→数十万円、それでも累計2億円を獲得し.. (10/15)
  • ・強い投資家はどんな人 <全シリーズ一覧>
  • ・大川智宏の「衆院選が迫る今、注目するは『政治無関心』銘柄」 (10/13)
  • ・大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 <全シリーズ一覧>
  • ・横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」― (12) トレンド継続.. (10/08)
  • ・横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」 株価分析の一手法としての回帰分析 株価分析の一手法としての回帰分析 <全シリーズ一覧>
  • ・清水香の「それって常識?人生100年マネーの作り方」 <全シリーズ一覧>

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

    株価分析の一手法としての回帰分析
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • ★本日の【イチオシ決算】 クミアイ化、インスペック (6月7日)
  • 株価分析の一手法としての回帰分析
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 <テクニカル特集> 6月7日版
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 話題株ピックアップ【昼刊】:Jパワー、三菱UFJ、ソフトバンクG
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>
  • 後場に注目すべき3つのポイント~相場は今年の正念場を迎えようとしている

お薦めコラム・特集

  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 <テクニカル特集> 6月7日版
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月7日記)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information 株価分析の一手法としての回帰分析 Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【NumPy】移動平均線・重回帰分析による株価予測の正答率

Python

重回帰分析(多変量解析)で株価分析

株価分析の一手法としての回帰分析 株価分析の一手法としての回帰分析
前回の記事はこちら
参考 【NumPy】移動平均線と重回帰分析で株価予測

ソースコード

株価分析の一手法としての回帰分析 株価分析の一手法としての回帰分析

- 使用したデータ(日経平均株価のデータ)
2014年分 nikkei15.csv
2015年分 nikkei15.csv
2016年分 nikkei16.csv

- 関連記事
1 Pythonで株価予測・分析(システムトレード)
2 NumPy入門 サンプル集
3 Python入門 サンプル集

Relation Articles

【NumPy】配列の要素同士の余り

【Pygame】主人公と背景の描画

【Scikit-learn】単回帰モデルのファイル出力・保存

【NumPy】高速逆フーリエ変換 (IFFT)

【Pandas】データフレームをラベルでソート

【Python/OpenCV】人の検出(HoG + SVM識別器)

【Python/Pandas】連続値の個数をカウント

【Python】time型の日時オブジェクトをdatetime型に変換

【Matplotlib】散布図の作成

Pythonライブラリ「Matplotlib」を用いて、散布図を作成する方法を紹介します。 Matplotlibモジュールには、散布図を作成するscatterメソッドが用意されています。 書式 matplotlib.pyplot.sca.

【Matplotlib】散布図の点の大きさ

Pythonライブラリ「Matplotlib」を用いて、散布図の点の大きさを変更する方法を紹介します。 Matplotlibモジュールには、散布図を作成するscatterメソッドが用意されています。 今回は点の大きさを変えてみました。 【.

株価分析の一手法としての回帰分析

※ IBM SPSS AMOS は、IBM SPSS STATISTICS BASE をインストールしなくてもご利用いただけるソフトウェアです。

分析手法で選ぶSPSS製品

基礎集計・記述統計

統計解析パッケージ「IBM SPSS Statistics Base」

50年以上の歴史を持つSPSS Statistics Baseは、度数分布表の作成も含め、記述統計、推測統計をカンタンに実行可能な統計解析のプラットフォームです。

検定・集計関連

検定とは、「集団Aは集団Bより平均身長が高い」というような仮説を立て、 その仮説が本当に正しいかどうかを統計的に検討するための手法であり、統計的仮説検定とも呼ばれます。一般的に統計による推測統計の一つで、英語では「test」と表記されます。推測統計は、手元にある標本(サンプル)と母集団との関係性を把握するための統計です。観測された標本に見られた差は偶然生じた差かもしれません。 そのため、観測された標本に見られた差が、偶然とは考えられないほど意味のある差であるか 母集団で比較しても本当に差があるといえるのかを統計的に検討する必要があります。 検定では、判断を下したい仮説を帰無仮説と対立仮説で記述します。 上記の例では、帰無仮説を「2つの集団の平均身長に差はない」とし、対立仮説を「2つの母集団の平均身長に差がある」とおきます。 統計的に差があると判断できる場合には帰無仮説を棄却し、「2つの母集団の平均身長に差がある」という対立仮説を採択し、 逆に、意味のある差はないと判断された場合、対立仮説を棄却し、帰無仮説を採択します。 なお、検定にはt検定、F検定、カイ2乗検定など様々な検定があります。

IBM SPSS Statistics Base

統計解析のスタンダードツールIBM SPSS Statisticsは、さまざまな検定機能を標準装備しています。

t検定とは、2つの集団の平均に意味のある差があるのかどうかの検定です。 t検定には「対応がある場合」と「対応がない場合」の2つの手順があります。「対応がある場合」とは、例えば夏期講習の前後でテストの点数が上がったかどうかの検定などです。 夏期講習の前と後で同じ生徒の点数に注目するので、個々の生徒の点数の変化を考える 必要があります。一方、「対応がない場合」とは、AクラスとBクラスでテストの点数に差があるかどうかの検定などです。 この場合AクラスとBクラスに人の対応はないので、対応を考える必要はありません。SPSS Statisticsでは、t検定を簡単にメニューから実行することが可能です。

IBM SPSS Statistics Base

統計解析のスタンダードツール IBM SPSS Statisticsは、t検定もメニューから簡単に分析が可能です。

IBM SPSS Statistics Base

統計解析のスタンダードツール IBM SPSS Statisticsは、クロス集計もメニューから簡単作成

IBM SPSS Custom Tables

複雑なクロス集計もウィザード形式により容易に作成可能なIBM SPSS Statisticsのオプション製品。

IBM SPSS Statistics Base

統計解析のスタンダードツールIBM 株価分析の一手法としての回帰分析 SPSS Statisticsは、さまざまな検定機能を標準装備しています。

IBM SPSS Exact Tests

正確確率検定をはじめ、ピアソンのカイ2乗検定、尤度比検定などに対応のIBM SPSS Statisticsオプション。

統計解析手法

回帰分析は、説明変数から目的変数を推定する分析手法であり、予測や制御のために用いられます。
2変数間の変動の傾向を数式により、実データとの誤差が最小になるようにモデル化を行います。 株価分析の一手法としての回帰分析
回帰分析というと主に単回帰分析を指し、変数間に直線式を当てはめます。また線型回帰・非線型回帰・ロジスティック回帰などさまざまな種類が存在します。

IBM SPSS Statistics Base

IBM SPSS Regression

IBM SPSS Advanced Statistics

IBM SPSS Categories

回帰分析には線型回帰・非線型回帰・ロジスティック回帰などさまざまな種類があります。 ロジスティック回帰は、注目する結果が、比率や2値データで得られるとき、 その結果を予測したり、結果にいたる要因を探索したりするのに適した手法です。

IBM SPSS Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statistics の基本ソフトウェアです。

IBM SPSS Regression

IBM SPSS Advanced Statistics

Statistics Base オプションから、一般線型モデルや対数線型分析など、高度なモデリングオプションを適用することができます。

ノンパラメトリック検定とは、母集団に分布の仮定を必要としない検定のことをいいます。 例えば、t検定では、母集団に正規性を仮定しますが、ノンパラメトリックな検定ではそのような仮定を設けません。 ノンパラメトリックな検定は、標本数が少ない場合にも有効です。 また、名義尺度や順序尺度のデータについても処理することができます。

しかし、どんな場合でもノンパラメトリックな検定を用いたほうがよいわけではありません。 パラメトリックな手法を適用できる条件がそろっている場合には、ノンパラメトリックな検定は検出力が低下するため、 パラメトリックな手法を用いたほうが妥当です。

IBM SPSS Statistics Base

統計解析のスタンダードツールIBM SPSS Statisticsは、さまざまな検定機能を標準装備しています。

ベイズ推定とは、観測された事実を基にして、その事実の原因となる事象が起こる確率を推定する方法です。
これは、観測者がその事象が起こると考える確率(事前確率)を、その後に観測された事実によって、 より客観的な確率(事後確率)に推定していく方法です。

パス図をイメージして共分散構造分析を行うことができます。 探索的にモデルをシュミレーションさせたり、多母集団の比較などを行うことができます。
※当製品は、IBM SPSS Statistics Base なしでも稼動します。

一般線型モデル(General Linear Model)とは、目的変数が複数の説明変数の線型結合で表される式のことです。
線型モデル、重回帰モデル、分散分析モデル、共分散モデルをまとめて一般線型モデルと呼びます。

IBM SPSS 株価分析の一手法としての回帰分析 Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

IBM SPSS Advanced Statistics

多変量、反復測定の場合の分散分析を行うことができます。その後の検定や球面性の検定などを行うことができます。GLM一般線型モデル(GLM)を搭載したIBM SPSS Statisticsオプション製品。

分散分析(ANOVA)は、2つ以上のあるグループ間に差があるのかを明らかにする分析手法です。
主に実験の分析において、母集団の平均を同じと考えてよいのかどうかを決定するのに使用されます。 グループを識別する要素が1つの場合を一元配置分散分析と呼び、2つまたは3つ以上の場合をそれぞれ二元配置分散分析、多元配置分散分析と呼びます。
二元配置分散分析、多元配置分散分析では、要素間の交互作用も検討する必要があります。

分散分析(ANOVA)の活用例
・薬剤の時間と量を変えたときの細胞分裂の差(医薬統計)
・品質管理
・学力調査

IBM SPSS Statistics Base

統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェア。グループ間の比較を行います。その後の検定を行い、ペアごとの差の検定も行うことができます。等分散の検定を行うことができます。

IBM SPSS Advanced Statistics

多元配置、多変量による分散分析ができるIBM SPSS Statisticsのアドオンオプション。反復測定による分散分析も可能です。

共分散構造分析のパス図による分散分析モデルを行うことができます。
※当製品は IBM SPSS Statistics Base なしでも稼動します。

時系列分析の目的は、時間の経過に沿って記録した時系列データを用いて、 現在までに得られた情報から、今後の変動の予測・制御を行うことです。 時系列データに含まれる、季節変動や不規則変動などの変動を分析します。

時系列分析の活用例
・株価の予測
・売上の予測

IBM SPSS Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM 株価分析の一手法としての回帰分析 SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

IBM SPSS Forecasting

プロビット分析とは、重回帰分析において被説明変数をダミー変数(0と1など)に置き換えて 各説明変数の影響を調べる場合に用いられる手法です。つまり、被説明変数が一方(0か1など)になる確率が、他の説明変数の影響を受けているかを分析することができます。ロジット分析との違いは確率推定関数であり、ロジット分析がロジスティック関数を用いるのに対して、 プロビット分析は正規累積関数を用います。推定関数は、最尤推定法によって求めます。

IBM SPSS Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

IBM SPSS Regression

コレスポンデンス分析は、ブランドマップなどによく利用される統計手法です。 名義尺度の2変数のクロス集計表を作成し、マップを作成することで項目間の関係性をみることが可能です。 数量化Ⅲ類と類似している分析手法です。

IBM SPSS Statistics Base

IBM SPSS Categories

共分散構造分析のパス図による分散分析モデルを行うことができます。
※当製品は IBM SPSS Statistics Base なしでも稼動します。

クラスター分析の活用例
アカデミック
・ブランドの分類
・消費者のセグメンテーション
ビジネス
・ブランドの分類
・アンケート調査におけるイメージワードの分類 株価分析の一手法としての回帰分析
・顧客のセグメンテーション

IBM SPSS Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

相関分析とは、2つの変数間の関連を明らかにする分析です。
例えば、国語と数学のテストの点数に関連があるか調べるために、散布図を作ったり、相関係数を求めたりします。
一方が大きくなると、もう一方も大きくなる関係を「正の相関がある」といい、 株価分析の一手法としての回帰分析 一方が大きくなるともう一方が小さくなる関係を「負の相関がある」といいます。
相関関係の程度を示す相関係数は-1~1の値をとり、絶対値が1に近いほど関係が強いといえます。

相関分析の活用例
・年齢とコレステロールの相関係数が0.78の場合、正の相関があると判断し、それらの間に関係性があることが分かります。
・1日のビールの販売数と気温の相関係数が0.78の場合、正の相関があると判断し、それらの間に関係性があることが分かります。

IBM SPSS Statistics Base

因子分析の活用例
アカデミック
・学習効果の測定
・心理評価
・アンケート分析
・大規模データの要約 ビジネス

ビジネス
・市場調査分析(アンケート)
・大規模データの要約

IBM SPSS Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

欠損のあるデータを分析しようとすると、データ数の減少などから分析の精度が落ちる場合があります。
そこで、欠損データに対して、他の変数を利用して欠損部分の予測、置き換えを行うものが欠損値分析です。
欠損データの予測には、観測されたデータから重回帰式を求めて予測する方法や、最尤推定値を求めるアルゴリズムを用います。

IBM SPSS Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

IBM SPSS Missing Values

IBM 株価分析の一手法としての回帰分析 株価分析の一手法としての回帰分析 株価分析の一手法としての回帰分析 SPSS Advanced Statistics

主成分分析は、多数の変数を少数の合成変数(主成分)に縮約し、データの解釈を容易にするための手法です。
主成分は、持っている情報量の順に第1主成分、第2主成分、…となり、データの持つ変数の数だけ求まりますが、 一般に累積寄与率が0.8を超えるまでの主成分を用います。

主成分分析の活用例
・アンケート分析
・スポーツチームの分析

IBM 株価分析の一手法としての回帰分析 SPSS Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

IBM SPSS Categories

共分散構造分析は、観測変数から直接観測できない潜在変数を導出し、潜在変数と観測変数との間の因果関係を理解するための統計的アプローチです。
潜在変数と観測変数の因果関係を分析できる点から、回帰分析と因子分析を組み合わせた分析手法と考えることができます。 株価分析の一手法としての回帰分析 各種の社会現象・自然現象などの因果関係を調べるために用いられます。

共分散構造分析の活用例
・アレルギー疾患調査などの医薬統計
・ブランドイメージの計量化
・消費者行動における潜在意識調査

IBM SPSS Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

パス図をイメージして共分散構造分析を行うことができます。探索的にモデルをシュミレーションさせたり、多母集団の比較などを行うことができます。
※当製品は IBM SPSS Statistics Base なしでも稼動します。

製品を構成する要因(属性)と各要因に対する具体的な水準を設定し、製品案を複数用意した上で、 アンケートにより回答者に製品案を評価してもらい、消費者のスペックに対する選好度を推定する調査・分析手法です。 株価分析の一手法としての回帰分析
コンジョイント分析では、消費者の嗜好を理解することで、製品の属性の重要性と、その属性の最適な水準を見つけ出すことを目的とし、 新商品開発戦略・マーケティング戦略の立案に用います。

コンジョイント分析の活用例
アカデミック
・製品の価格評価
・生産/品質管理
ビジネス
・(新)製品企画と価格決定
・各属性の価格評価

IBM 株価分析の一手法としての回帰分析 SPSS Statistics Base

IBM SPSS Conjoint

生存分析の活用例
・薬剤の効果の評価
・クレジットカード会員が1年後に解約する確率を、性別や年齢、年収などの属性データや利用履歴から予測できます。

IBM SPSS 株価分析の一手法としての回帰分析 Statistics Base

使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

IBM SPSS Advanced Statistics

アンケートデータ等の尺度や項目の信頼性を調べ、信頼性を高めるための分析方法です。
よく分析に用いられるものに、値が大きければ信頼性が高いとするアルファ係数があります。
「信頼性がある」というのは、尺度内の項目同士に一貫性があることです。
アンケートの回答者が、同じ尺度内の項目に対して同じような回答(YesやNo)をしていればアルファ係数は大きくなり、 回答のバラツキが大きければアルファ係数は小さくなります。
もし、尺度内の項目と方向性の異なる項目があれば、その項目を削除することで、アルファ係数を大きくすることができ、信頼性を高めることができます。

信頼性分析の活用例
・アンケート項目の検討

IBM SPSS Statistics Base

調査データなどの項目尺度の信頼性を分析します。アルファ係数やGuttman、 級内相関係数を算出します。使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statistics の基本ソフトウェアです。

IBM SPSS Missing Values

ロジット対数線型分析とは、対数線型モデルに基づいたロジット分析のことです。 対数線型モデルとは、2変数以上のクロス表において、クロス表のある要素が起こる確率を求める式の両辺を、 対数をとることで線型モデルにしたものです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる