FXとは

海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較

海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較
リク

【比較】海外FXでスキャルピングならココ!オススメ口座6選ランキング

【比較】海外FXでスキャルピングならココ!オススメ口座6選ランキング


本サイトでは、出金拒否する取引所など、悪質な海外FX取引所を注意喚起しております。読者様がなるべく不利益を被らないよう細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。当サイトではあくまでも情報提供を目的としており、特定のFX会社に勧誘をするものではございません。お申込みにあたっては、事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

1. スキャルピングに最適な口座の選び方【5つの条件】

何も知らずにスキャルピングをして 口座凍結・出金拒否にならないためにも、最適な業者の選び方を詳しく理解 しておきましょう。

1-1. 約定力が高い

そのため、自分の狙ったタイミングで注文しても スリッページが発生してしまうと、損失を生むことにもつながります。

スベってばかりだとストレスも溜まりますし、損益も安定しません。自分の思い通りのタイミングで取引するためには、なるべく 約定力が高い業者 を選ぶべきでしょう。

1-2. スプレッドが狭い

スキャルピングでは、 取引回数を重ねて利益を狙う手法となるため、利益を大きくするためにはトレードコストが安い方が有利 です。

そのため、スキャルピングではなるべく スプレッドの狭い(トレードコストの安い)業者 を利用することが好ましいでしょう。

1-3. ロスカット水準が低い

そのため、 損失に耐えられる取引をするためには、ロスカット水準の低い業者を利用すべき でしょう。

海外FXでは強制ロスカットでも追証が発生しないゼロカットが採用されているため、ロスカット水準は低ければ低いほど損失に耐えやすくなります。ロスカットレベルは 20%以下 の海外FX業者をおすすめします。

1-4. NDD方式を採用している

そのため、 DD方式の業者でスキャルピングをやってしまうと、業者側から無理やり負けるように約定させられる 危険性もあります。

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

海外FX業者はあえて金融庁ライセンスを取得していない

海外FX業者も自分たちの最大の強みがハイレバレッジであることをわかっているので、 あえて登録していない

とはいえ海外FX業者は”完全無登録業者”ではなく、外国の金融庁のライセンス認可を受けて運営している。
れっきとした”登録業者“なので安心してほしい。

追証なし(ゼロカットシステム)で借金を背負うことがない

海外FXではゼロカットシステムのおかげで投資金以上の借金を背負うことはない

海外FX業者にはゼロカットシステムという神のサービスが存在している。

ゼロカットシステムはマイナスになってしまった口座残高をゼロ(0)に戻してくれるサービスのこと。

つまり海外FXでは追証請求されることがなく、リスクが投資金までと限定されているわけだ。

有名な事例でいうと、スイスフランショックリーマンショックなど。

ゼロカットがない 国内FXではマイナスになった残高は追証請求され、絶対に支払わなければならない

“追証なし”という精神的余裕をもってトレードできるのは、アクティブなトレード・精神的安定の大きな助けになる。

証拠金が2倍になるほどの豪華なボーナスがある

海外FXのボーナスは超豪華

入金ボーナス

入金ボーナスは取引資金が%に応じて増える

入金額に応じて証拠金として使えるボーナスが受け取れるのが入金ボーナスだ。

この業者に10万円入金すると、入金ボーナスとして10万円が証拠金に付与される。
つまり実質20万円の証拠金で取引を始められるということだ。

未入金ボーナス(口座開設ボーナス)

新規口座開設ボーナスは入金なしでトレードできる

未入金ボーナスは口座開設するだけで受け取れるボーナス

自己資金を入金せずとも、未入金ボーナスを使えば無料でリアル口座の使い心地を試すことができる。

デモ口座とリアル口座では約定力に大きな違いがあるため、事前にリアルな約定力を知れるのは大きい。

ボーナスキャンペーンを提供している海外FX業者を知りたい方はこちら↓

取引の透明性が高いNDD方式を採用している

海外FX業者は透明性が高いNDD方式を採用している

基本的にはNDD方式は海外FX業者DD方式は国内FX業者 で採用されていることが多い。

NDD方式

つまりトレーダーが取引すればするほどFX会社も儲かるので、NDD方式ではトレーダーとFX会社はwin-winの関係となる。

NDD方式を採用している海外FX業者なら、透明性の高い環境で取引できる。

DD方式

トレーダーの注文をすべてFX会社が一旦決済

トレーダーの注文は通ったかどうかわからない、 完全ブラックボックスな注文方式 といえる。

仮に注文を通さなかった場合、 顧客とFX会社の利益は相反 してしまう。
悪いFX会社だと、不正な手(ストップ狩りや故意のリクオートなど)で顧客を負けさせようとしてくることさえある。

DD方式はかなり不透明な取引方式だ。

(※)NDD方式の業者なら取引制限なし

そのためNDD方式の業者では、スキャルピング・EAを利用した自動売買など無制限で取引できるのも大きな魅力だ。

海外FXはメリットがデメリットを遥かに凌駕する

国内FXと比べてスプレッドが多少広い点や突然の日本撤退のリスクなどのデメリットもあるが、管理人はデメリットを補ってあまりあるメリットが海外FXにはあると考えている。

海外FXでスキャルピングにおすすめの業者5選!ハイレバの活用・選定ポイントも解説

海外FXでスキャルピングにおすすめの業者5選!ハイレバの活用・選定ポイントも解説

海外FX

  • スキャルピングに最適な海外FX業者選定ポイント
  • 利益に直結!ハイレバスキャルのメリットデメリット
  • 海外FXのスキャルピングにおすすめの業者5選
  • スキャルピングに向かない業者
  • 海外FXのスキャルピングに関するQ&A

海外FXのスキャルピング手法とは?

海外FXのスキャルピング手法とは?

  • 1回のトレード利益が1~20pips程
  • ポジション保有時間が数秒~数分
  • 1日のトレード回数が数回~数十回

そのため、 業者の提供する取引環境が非常に重要 になってきます。

また、海外FXのハイレバレッジを利用したスキャルピングの場合は、 メリットとデメリットをしっかり理解したうえで取引することも重要 になってくるわけです。

スキャルピングに最適な海外FX業者選定ポイント

スキャルピングに最適な海外FX業者選定ポイント

  • 信頼できる海外FX業者なのか
  • スキャルピングを禁止している海外FX業者ではないのか
  • NDD方式を採用している海外FX業者なのか
  • スプレッドが狭い海外FX業者なのか
  • 約定力が高い海外FX業者なのか

信頼できる海外FX業者なのか?

信頼できる海外FX業者なのか?

スキャルピングに適した業者か選定する上で一番重要になってくるのが、 その業者の信頼性 です。

  • 出金拒否がない
  • 経営履歴が長い
  • 海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較
  • ライセンスを取得している
  • 資金の管理方法を明確にしている

スキャルピングを禁止している海外FX業者ではないのか?

スキャルピングを禁止している海外FX業者ではないのか?

海外FX業者のほとんどはスキャルピングができますが、中には スキャルピングを規制している業者 や スキャルピングがやりにくい業者 が存在します。

  • 1日に10回から数百回の売買を禁止している
  • 海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較
  • 短時間の大口の取引を禁止している
  • レイテンシートレーディングの禁止
  • 経済指標のみを狙った取引の禁止

NDD方式を採用している海外FX業者なのか?

NDD方式を採用している海外FX業者なのか?

なぜなら、 NDD方式の業者はスキャルピングで不利な部分が少ない からです。

名称 取引方法
NDD方式(ノーディーリングディスク方式) FX会社を介さずにトレーダーの注文は直接インターバンクで決済される仕組
DD方式(ディーリングディスク方式) 一般的に相対取引や店頭取引と呼ばており、トレーダーとFX会社、FX会社とインターバンク間で取引される仕組み

ですが、FX会社の収益源がスプレッドからの手数料のみのため、基本的に スプレッドが広くなってしまうデメリット があります。

そのため、 「呑み行為」が発生する可能性が高く不透明な部分がある取引方法 となります。

同時に、制限を無視して高速スキャルピングをしてしまうと、 ストップ狩りや故意的なレート操作が行われる可能性、最悪の場合口座凍結される危険性が考えられる わけです。

スプレッドが狭い海外FX業者なのか?

スプレッドが狭い海外FX業者なのか?

スキャルピングを行う場合、 スプレッドが狭いことが重要なポイント として挙げられます。

なぜなら、スキャルピングは1日に数回~数十回トレードを行うことが多いので、上図で解説しているように、取引毎に発生するスプレッドや取引手数料のような 取引コストは極力抑えた方が有利 だからです。

海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較
口座タイプ 取引コスト
STP口座 スプレッドは広い傾向にあるが、取引手数料がなく、取引コストはスプレッドのみとなる
ECN口座 スプレッドが非常に狭い代わりに、取引毎に取引手数料がかかる口座

基本的に ESN口座は取引手数料を加味してもSTP口座と比よりスプレッドが狭い ため、主にスキャルピングを行う口座として利用されることが多い口座です。

ですが、 ECN口座でも業者間で取引手数料に差があるので注意が必要 です。

例えば、XMのゼロ口座(ECN口座)では取引手数料が1LOTにつき片道5ドル、つまり1LOT(10万通貨)の注文を出して決済すると 10ドルの取引手数料が発生 します。

海外FXスプレッド比較!全70社から最狭スプレッドのおすすめ口座を7つ厳選【2022年6月最新版】

記事監修者 三井秀俊

記事にあるように、海外FX口座におけるスプレッドを選ぶ際に注意したい点が6つあります。
まず、スプレッドは口座タイプにより異なるため、どの口座を選択するかをしっかり決める必要があります。中上級者向けの口座はスプレッドが狭めに設定されているケースが多いため、スプレッド重視なら中上級者向けの口座を選択しましょう。
平均のスプレッドも確認すべきです。最小だけで判断すると後々こんななずではなかったと思うこともありえます。そのため、平均のスプレッドもしっかり確認してください。
この他、取引したい通貨ごとのスプレッドも確認しましょう。ご自身が取引したい通貨のスプレッドが狭いのであれば、検討する価値が高いです。

海外FXのスプレッドに関するよくある質問【FAQ】

海外FXでスプレッド最狭(最小)なのはどこですか?

固定スプレッドの海外FX業者はありますか?

海外FXのスプレッドが広いのはなぜですか?

海外FXで口座の種類によってスプレッドが違うのはなぜですか?

海外FXでスプレッドが広がるタイミングはいつですか?

  1. 経済指標の発表後
  2. 米大統領選挙などの政治イベント
  3. 欧米の祝祭日や深夜・早朝などの流動性の低い時間帯
  4. テロや要人のサプライズ発言などの突発的なイベント時

海外FXスプレッド比較 まとめ

この記事で紹介してきた 「スプレッドが狭い一般向け口座おすすめ3選」 と 「スプレッドが狭い中上級者向け口座おすすめ4選」 を読めば、自分に合ったスプレッドの狭い海外FX口座を選ぶことができます。

監修者コメント

海外FXにおいて、スプレッドと取引手数料がどれぐらいになるのかはしっかり確認すべき事項です。この記事により、どこのFX業者がスプレッドが狭いのか、また取引手数料が安いのかを確認できたと思います。
さらに各通貨の場合、どのようなスプレッドになるかまで確認すべきです。GEMFOREXのノースプレッド口座であれば、取引手数料もかかりませんし、スプレッドも最小となることが多いため、コストをかけたくない方に向いています。
変動スプレッドが嫌、という方はeasyMarketsがよいでしょう。海外FX業者には珍しく、固定スプレッドを採用しています。
そして、忘れてはならないのが、いかにコストが低くても、実際に取引できなければ意味がないということ。そのため、約定力に関しても確認すべきです。結局約定できなければ取引する意味がないのです。特に、大きく変動しそうな場合には、約定力がモノを言います。売買できてはじめて収益は発生します。そうした観点からも海外FX業者の見極めは重要です。海外FX業者の発表している公式の約定データや、約定率に関する評判・口コミは最低限確認すべきです。そして、取引にストレスのかからない海外FX業者を選んでいきましょう。

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、 初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者 を紹介しています。

海外FXのおすすめ業者ランキング10選【2022年最新版】

悩んでいる人

最近はたくさんの海外FX業者が日本に参入しており、 どの口座を選んだらいいのかわからないというトレーダーも多い 海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較 です。

実際に私も、専業トレーダーになって初めて海外FX業者を使ったときは「どの証券会社なら安心して取引できるんだろう…」とあまりの選択肢の多さに悩んだ経験があります。

リク

海外FXのおすすめ業者ランキングを選ぶ基準

今回は、海外FX口座で毎日トレードしている私が、実際に使ってみた上でおすすめできる業者のみをピックアップしました。

海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較 海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較
海外FX業者ボーナススプレッドレバレッジ信頼性
Exness なし せまい 無制限 高い
ThreeTrader なしせまい 500倍 高い
AXIORY 期間限定 せまい 400倍 高い
Titan FX なし せまい 500倍 高い
Gemforex 海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較 5つのボーナス 普通 1,海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較 000倍 高い
FXGT 3つのボーナス 普通1,000倍 高い
XM Trading 3つのボーナス 普通 888倍 高い
Big Boss 取引ボーナス 普通 999倍 高い
海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較 iFOREX 入金ボーナス 普通 400倍 高い
IS6FX 2つのボーナス 普通 1,000倍 低い
海外FXのおすすめ業者ランキング

(※各口座のくわしい情報を知りたい方は、「海外FXのおすすめ業者ランキング10選」をクリックするとジャンプすることができますよ!

海外FX業者は、 日本のFX口座にはない3つのボーナス を用意しています。

海外FX業者の3つのボーナス

  • 「口座開設ボーナス」:口座を開設するだけでもらえる、取引に使えるボーナスクレジット。
  • 「入金ボーナス」:FX口座への入金額に応じてもらえる、証拠金が30~100%増えるボーナスクレジット。
  • 「キャッシュバックボーナス」:取引するごとにトレーダーに還元されるボーナスクレジット。

「あんまり自分のお金を使いたくないな…」「なるべく損はしたくないな…」 と思っている方は、ボーナスを重視して海外FX業者を選ぶようにしましょう!

スプレッド

スプレッドとは簡単に言うと、 取引するごとに払わないといけない手数料 のことです。

FXの利益の仕組み

「スキャルピングメインでトレードしている」「とにかく手数料を払いたくない!」 という方は、スプレッドを重視して海外FX業者を選ぶようにしましょう!

レバレッジ

レバレッジとはてこの原理のことで、 レバレッジが高ければ高いほど、少ない資金で大きな金額のトレード をすることができるようになります。

レバレッジと元手の関係

  • レバレッジが低い➔元手となる資金がたくさん必要で、取引ごとの利益・損失ともに小さい。
  • レバレッジが高い➔元手となる資金は少なくて済み、取引ごとの利益・損失は大きくなる。

「ハイレバでガンガン資金を増やしていきたい!」「短期的に資金を大きく増やしたい」 という方は、レバレッジの高さを重視して海外FX業者を選びましょう!

安全性・信頼性

安全性・信頼性の基準

  • 金融ライセンスを保有しているかどうか。
  • 出金拒否や口座凍結の噂がないかどうか。
  • 日本人スタッフが常駐しているか/日本語で問い合わせできるかどうか。

初めて海外FX業者を使うのですこし不安だな… 」という方や「わからないことがあったら日本語で問い合わせたいな」という方は、安全性や信頼性にも注目しながら海外FX業者を選んでみてください!

海外FXのおすすめ業者ランキング10選

それぞれの特徴からメリット・デメリットまで、順番に紹介していきますね!

海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較
海外FX業者ボーナススプレッドレバレッジ信頼性
Exness なし せまい 無制限 高い
ThreeTrader なし せまい 500倍 高い
AXIORY 期間限定 せまい 400倍 高い
Titan FX なし せまい 500倍 高い
Gemforex 5つのボーナス 普通 1,000倍 高い
FXGT 3つのボーナス 普通 1,000倍 高い
XM 海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較 Trading 3つのボーナス普通 888倍 高い
Big Boss 取引ボーナス 普通 999倍 高い
iFOREX 入金ボーナス 普通 400倍 高い
IS6FX 2つのボーナス 普通 1,000倍 低い
海外FXのおすすめ業者ランキング

おすすめ業者ランキング 海外FXスキャルピングにおすすめな業者12社を比較 第1位:Exness

EXNESSの公式ホームページ

Exnessは どの海外FX業者よりもバランスに優れていて、初心者からプロトレーダーまで愛用する人の多い海外FX業者 です。

Exnessの特徴

  • キプロスやセーシェルなど、グループ全体で合計7つの金融ライセンスを保有している。
  • スプレッドが狭く、取引コストの安さは業界トップレベル。
  • ロスカット水準が0%で、レバレッジも無制限でトレードできる唯一の海外FX業者。

Exnessで特に注目なのは、 海外FX業者のなかで唯一最大レバレッジが「無制限」であること です。

EXNESSのホームページ

なお、レバレッジが非常に高く小額からトレードできる分、口座開設ボーナスや入金ボーナスは用意されていません。

トレーダー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる