FX入門

取引のメリット

取引のメリット
ということで今回は、手形取引の仕組みについて、メリットやデメリットなどをもとにお話していきたいと思います。

M&Aのメリット・デメリットを立場別に徹底解説!

M&Aにおいて、企業価値を算出する重要な要素の一つとして、将来的な収益性が挙げられます。
将来的に収益の増大が見込める場合は、現在が赤字でも高く評価され、譲渡価格が上がる可能性もありますし、逆に、 現在は安定した収益があっても、将来的に下降する可能性があると判断されれば、低く評価され、譲渡価格が下がる可能性も。
思っていたほどの価値がつかない場合、例えば、営業体制を強化して新規先を開拓したり、借入金を返済するなど、事業の磨き上げや経営の改善を行うことで、買い手側に対して将来的な収益性をアピールすることができます。

デメリット③取引先との関係が悪化する可能性がある

M&Aによって別の企業の傘下になった場合、取引先との契約内容に大幅な修正が必要となることもあります。その内容によっては、取引先から大きな反発が起こり、最悪、契約打ち切りとなってしまう可能性も。
これまで良好な関係を築いてきた担当者がしっかりと取引先に説明し、 納得してもらうようにしましょう。

【買い手側】M&Aのメリット・デメリット

買い手側の一番のメリットは、事業の成長にかかる時間をお金で買い、迅速な事業展開が実現できること。対して、デメリットは、費用対効果が見合わない可能性があるということです。

  1. ①迅速な事業展開の実現
  2. ②事業規模の拡大
  3. ③事業の多角化・弱点強化
  4. ④商圏の拡大

メリット①迅速な事業展開の実現

しかし、M&Aで、すでにその事業を行っている企業を買収すると、これら必要なものがまとめて手に入り、 自社で一から事業に投資する場合と比較して、時間とコスト、さらに、途中で事業が失敗するリスクを大幅に削減 取引のメリット 取引のメリット することができるのです。

メリット②事業規模の拡大

事業規模が拡大すると、 生産量が増え、製品1個あたりのコストが下がるため(=規模の経済性)、利益を増大 させることができます。また、シェアが拡大すれば、 知名度やブランド力が向上 し、ライバル企業により大きな差をつけることも可能です。

メリット③事業の多角化・弱点強化

自社の経営戦略や取引先のニーズにマッチした企業をM&Aで買収することで、事業の多角化や弱点強化ができます。
買収した企業を足がかりに新規事業へ参入することで、 収益の安定化やリスクの分散、さらに、シナジー効果を実現 することができます。
また、買収により、自社の主要事業のバリューチェーンの中で弱い部分、あるいは、外部へ委託している部分を自社事業として強化することできるため、自社の競争力を上げ、利益を増大させることも可能です。

メリット④商圏の拡大

自社とは異なるエリアで事業展開している企業を買収することで、商圏の拡大を狙うことが可能です。自社で新しく拠点を立ち上げるとなると、拠点設置にかかる費用だけでなく、営業体制の見直しや管理部門の調整など様々なコストがかかりますが、M&Aであれば、そういった 諸々のコストを削減 することができます。
また、そのエリアで長年事業を継続してきた企業を買収すれば、 独自かつ強固な販路や顧客基盤のほか、エリア特有の事業ノウハウを引き継げる ことも大きなメリットとなります。

デメリット(留意事項)

  1. ①期待していた効果が見込めない可能性がある
  2. ②簿外債務や偶発債務を引き継ぐ可能性がある
  3. ③従業員のモチベーションが低下してしまう可能性がある

デメリット①期待していた効果が見込めない可能性がある

M&Aで買収する企業を選ぶ場合、買収後にどれだけの利益が見込めるか、また、どのくらいのシナジーが見込めるかを考慮して企業価値を算出し、買収価格を提示します。
ところが、いざ、M&Aが成約すると、 期待していたほどの利益が上がらない どころか、 管理コストが増えてしまった、離職者が増えてしまった といった、マイナスの影響が出てしまうことも。
そのため、買収する企業を選ぶときは、しっかりと調査をし、事実ベースで考え、過大評価しすぎないようにすることが重要です。
特に、買い手候補が複数いる場合は、競争になり、想定したよりも買収価格が高くなりがち。それで失敗してしまうと影響も大きいので、企業価値や買収価格の算出は、決して焦らないようにしましょう。

デメリット②簿外債務や偶発債務を引き継ぐ可能性がある

簿外債務とは、貸借対照表に記載されていない債務のこと で、賞与引当金や退職給付引当金、回収見込みの低い売掛金などが含まれます。
また、偶発債務とは、債務保証や取引先との訴訟、環境汚染など、現時点では債務ではないが、 今後発生する可能性のある債務 のこと。
これらを事前に把握した上でのM&Aであれば全く問題ないのですが、中には、後から発覚する場合も。
見落としがないようにしっかりと調査をすること(デューデリジェンス)や、契約前に確認した事実が正確であることを売り手側に保証してもらうこと(表明保証)が、このデメリットを回避できる最も有効な方法です。
また、事業のみを譲り受けることで、簿外債務や偶発債務の引継リスクを低減することも可能です。

デメリット③従業員のモチベーションが低下してしまう可能性がある

M&A成約後は、売り手側の従業員たちは、買い手側に引き継がれ、雇用が維持されることが一般的です。
基本的に、すぐに環境が一変するわけではありませんが、少なからず、業務内容や働き方、小さなルールの変化は起こるもの。
このような環境の変化、また、売り手側・買い手側の従業員間で待遇や評価に差が出てしまったりすると、 売り手側の従業員たちの間で不満が蓄積し、派閥ができて社内が険悪なムードになる など、従業員のモチベーションに大きな影響を与えてしまう可能性も。
そういった事態に陥らないためには、M&A成約後の早い段階で、売り手側企業の現場のキーパーソンと信頼関係を築くことが重要です。従業員からの信頼が厚いキーパーソンにリーダーシップを発揮してもらえれば、円滑に新体制を築き上げることが可能となります。

ということで今回は、手形取引の仕組みについて、メリットやデメリットなどをもとにお話していきたいと思います。

手形とは、取引の代金を一定期間後の決められた期日に支払うことを定めた有価証券のことです。
取引の際に、現金の代わりにこの手形を発行することを手形取引といいます。

約束手形と為替手形

というような違いになります。(約束手形の銀行間の取引は省略した図となっています。)

ただ、実際に行われる取引では約束手形での取引が主になりますので、この後のお話は基本的に約束手形についてだとお考え下さい。

手形と小切手の違い

・ 手形 :現金を用意
小切手:現金も用意

というように、即換金できる小切手と違い、手形は支払期日にならないと換金することができないのが特徴です。

手形を現金化する流れ

支払期日から3営業日以内に手形の取立を依頼

(出典:全国銀行協会| 手形・小切手の振出 )

見本の赤枠の部分の支払場所に、支払期日を含めて3営業日以内に呈示を行わなければいけません。
この期日を過ぎてしまうと、現金化することができなくなってしまうので要注意です。

手形の交換
手形の決済

ここまでで手形の現金化は完了となります。
手形の取立をしてから、早くとも3営業日程度は時間がかかると思っておきましょう。

手形取引のメリット

支払いを先延ばしすることで資金繰りが楽に

手形は支払期日までに現金を用意しておけばいいので、手形を発行する振出人はその分余裕を持った資金繰りを行うことができます。

手形には金利がかからない
手形を発行できること自体が社会的信用になる

後述しますが、手形の発行を行うためには銀行の厳しい審査をクリアする必要があります。
つまり、手形を発行できるということは、それだけで事業としての信用の保証にもなりうるといことです。

手形取引のデメリット

手形の不渡りを出すと一気に倒産のリスクが

不渡りを出してしまうと、取引銀行以外の全ての金融機関に通知されます。
さらに、6か月以内に2度目の不渡りを出してしまうと「取引停止処分」を受けることになり、2年間にも渡り当座預金取引と融資取引が停止されます。

金額に応じて印紙税がかかる

というように、10万円以上の取引からは収入印紙を手形に貼り付ける必要があります。

手形取引を行うためには

金融機関で「当座預金口座」を開設

手形の発行を行うためには、当座預金口座を開設することから始まります。

手形帳を購入

(出典:全国銀行協会| 手形・小切手の振出 )

手形の6つのルール


手形は第三者に譲渡することもでき、その場合、譲渡人は手形の裏に「会社名」、「住所」、「相手の会社名」を記載し、押印をすることで譲渡が可能になります。
このことを裏書譲渡といいます。


支払期日前であっても、金融業者や銀行に手数料を支払うことで換金することができる。
このことを手形割引といいます。

仮想通貨取引は投資ではない!?仮想通貨のメリット・デメリットとは?

仮想通貨と、円やドルといった私たちが日常生活の中で用いる法定通貨との大きな違いは、法定通貨はその国の政府や中央銀行が管理しているのに対して、仮想通貨にはそれを管理する機関がなく、取引をする人たち自身で管理をする仕組みであるという点です。管理する機関がないことや、過去の流出事件等から、ハッキングによって盗まれてしまうリスクが高いのではと心配になりますが、その安全性を高めるためにさまざまな技術が使われています。その代表的なものがブロックチェーンと呼ばれる技術を用いた、それまでの取引内容のすべてが記録された取引台帳の存在です。過去の膨大な取引データを暗号化する技術により、不正をするためにはそれまでの取引データのすべてを改ざんする必要が生まれます。そのため、不正を行うことはまず不可能と言われています。

そして、法定通貨は国の物価や金利などによって変動し、ハイパーインフレ等が起こらないよう管理者である国や中央銀行が調整を加える場合があるのに対して、仮想通貨は需要と供給のバランスで値段が変わり、調整する機関等も存在しないことから、価格の乱高下が起こりやすいという違いもあります。

投資と投機の違いとは?

仮想通貨は投資ではなく投機、つまりギャンブルの一種であると言われることがあります。

その違いはリスクの高さと、取引を行う期間にあります。投資は一般的に中長期的な視点で、資産をコツコツ積み上げながら増やしていく方法であるのに対して、投機は一発逆転を狙って短期間で大きく資産を増やすべく、ハイリスク・ハイリターンな取引を行います。

一方で、投機に分類されるものには、仮想通貨のほか、FXや商品先物取引などがありますが、どれも短期間のうちに何度も売買を繰り返すことで利益を積み上げていくことが多いのが特徴です。

投機に分類されるものの中でも、仮想通貨の値動きの激しさは突出していて、実際に 2010 年に 1 万ビットコインと 取引のメリット L サイズのピザ2枚が等価であったものが、 2021 年 取引のメリット 11 月に1ビットコイン=約780万円もの高値を付けています。仮にビットコインの価値が1ビットコイン= 1,500 円だった頃( 2011 ~ 2012 年頃)に 15,000 円分のビットコインを購入していたとしたら、その価値はピーク時で約 7,800 万円になる計算です。

仮想通貨の魅力とは?仮想通貨取引のメリットを解説!

短期間で大きく稼げる可能性がある

ビットコインの価値が約 10 年で5000倍以上になり、億り人を複数生んだことからもわかるように、仮想通貨取引をすることで、他の投資では実現できないほど短期間のうちに、大きく資金を増やせる可能性があるという点は、仮想通貨取引の大きな魅力と言えるでしょう。

また、 取引のメリット FX 取引のように、レバレッジをかけて仮想通貨の取引をすることも可能で、国内の取引所で、個人が取引する場合のレバレッジ倍率は2倍までとされていますが、海外の取引所には、100倍を超えるレバレッジをかけて取引ができるところも存在します。

なお、仮想通貨でいうレバレッジは、不動産投資の場合のように、決まった金額を金融機関から借り入れをして行うものではなく、担保として入金した金額(証拠金)の〇倍までの取引ができるというものであるため、レバレッジが高くなるほど効率的に稼げる可能性が高まる一方で、大損をするリスクも高まります。相場急変時には、ハイレバレッジで取引をしていると、証拠金がマイナスになってしまうこともありますので注意しましょう。

24時間365日少額から取引可能

例えば日本の株式市場が開いているのは、平日の9時~ 15 時と取引ができる時間が決まっています。一方で、仮想通貨は時間を問わず、 24 時間 365 日いつでも取引をすることができます。そのため、会社員が休日に取引をするなど個々人のライフスタイルに合わせて、都合がよい時にいつでも取引を行うことも可能です。

また少額から取引を始められることも魅力です。例えば、国内大手の取引所である bitFryer のビットコインの最小発注数量は、 0.00000001 であるため、 1 ビットコインが1億円を超えるまでは1円から取引を始められる計算になります。同じく、少額で取引できることがメリットと言われる投資信託などでも原則1万円程度~の原資が必要となるため、まずはなるべく小さな金額から資産運用を始めたいと考える人にとっては有力な選択肢の1つとなりそうです。

手軽に海外送金ができる

仮想通貨は、投資や投機という側面以外にも、決済の手段として使われることもあります。有名なものでは、世界最大級のオンライン決済サービスである Paypal 取引のメリット 取引のメリット がビットコインを含む複数の仮想通貨の取り扱いを 2021 年に始め、仮想通貨で買い物をすることが可能になりました。

仮想通貨の注意点とは?仮想通貨取引のデメリットを解説!

大損する可能性も高い

大儲けできる可能性があるのと同時に、大損する可能性もあるのが仮想通貨の特徴です。その価値は国等により保証されているものではなく、調整機能も働かないため、価格の変動は非常に激しいものとされています。一般的にリスクが高いといわれるFX(外国為替取引)や株の信用取引と比較しても、仮想通貨の取引においては値動き幅が激しいため、大損する可能性が高いと考えられます。

FX の場合、値動き幅を過去の事例で見てみますと、ドル円相場では過去 20 年以内に1か月間に最も大きく動いたのは、 2008 年 10 月(1ドル 106.52 円→ 1 ドル 90.87 円)で14.7%の値動き幅がありました。

一方で、仮想通貨の値動き幅はこのドル円相場の比ではありません。実際に 2021 年 4 月にビットコインが史上最高値 700 万円を超え、その後1か月以内に 300 万円まで急落しました。値動き幅としては約57%です。仮想通貨取引においては短期間でも値動きの激しい投資方法であると考えられます。

手間がかかる

仮想通貨取引で、レバレッジをかけて効率よく運用したいと考えた場合、画面に張り付いて値動きを観察し続ける必要性が生まれます。そうなると、時間的、精神的な負担も大きくなるため、本業が忙しく、副業や投資に時間をかけられない人には向きません。

税金が割高

仮想通貨は、株式や FX のように申告分離課税ではなく、雑所得として課税されます。雑所得は給与所得や事業所得と合算した所得に対して15~55%の税金(所得税・住民税)がかかります。そのため、大きく利益が出た場合(給与所得や事業所得など他の所得との合算の結果、課税所得が 1,800 万円を超えた場合)には、利益の半分を税金として持っていかれてしまいます。株やFXの場合の税率は 20 %ですので、その税負担は非常に重いと言えるでしょう。

長期的な投資には向かない

もし、海外の取引所を通じて、レバレッジ 10 倍で仮想通貨取引すると仮定してその価格が 10 %以上下落すると、証拠金がマイナスになってしまいます。仮想通貨市場において 10 %程度の価格変動は特に大きな事件等が起こらなくても、社会情勢の変化などで頻発している事象ですので、放置していたら証拠金がマイナスになっている可能性も十分に考えられるのです。

ハッキング等のリスクがある

コインチェックや Zaif の流出事件のように、ハッキングによって数十億~数百億もの資金が流出する事件は過去に何度か起こっています。

株式投資とは?メリット、デメリットや注意点を解説!

株式投資の基本は「安く買って、高く売る」。しかし、株式投資での利益発生はそれだけではないため、一概に「買って売る」と言うだけが利益の形では無いのです。
投資で「儲ける」ためには、「安く買って、高く売る」のが大前提。しかし当然ながら、 どの企業の株が上昇するかは、誰にもわかりません。
株で「必ず儲ける」方法は存在しませんが、それでも利益を確保するためにはしっかりと「何がどのような利益を生むのか」ということを理解し、そしてリサーチすることが重要です。

3つの利益について解説
値上がり益(キャピタルゲイン) 株を購入時より高い値段で売ることで得られる利益。「株で儲けた」と言う場合はほとんどこれといっても過言ではありません。
配当益(インカムゲイン) 購入した株式の企業が得た利益の一部を、株主に還元するために支払われる利益。

株式投資のメリット

株式投資の本質的なメリットは、 資本を増やすことができる 点ですが、実は投資、債券・不動産・外国為替など、他の投資にはないメリットもいくつかあります。

  • 株主優待
  • 配当金
  • 売却益
  • 株主となることで、企業の意思決定に参加できる

投資した会社が事業で利益が出た場合 に得られます。

株式投資でメインの目的にしている人が多いのがこの 「売却益」 です。キャピタルゲインともいいます。

反対に、購入時よりも株価が下落した場合は損失になります。
売却益を増やすためには、ただ単に値動きのある株式を買うだけでなく、将来性を見極め 今後上がりそうな株 を安く買えるかが大事です。

株主となることで、企業の意思決定に参加できる

株式投資のデメリット

逆に株式投資のデメリットは、 元本保証がないこと です。

株式投資の始め方

  • 1. 投資資金を決めて、口座を開設する
  • 2. 証券口座から、実際に株を売買してみる
  • 3. 株式投資の基礎・基本、チャートや分析を学ぶ

①投資資金を決めて、口座を開設する

②証券口座から、実際に株を売買してみる

また、株の売り方、買い方にも種類があり代表的な注文の仕方に 「指値注文」と「成行注文」 があります。

指値注文 自分が指定した金額になったときに自動的に注文が入る方法
成行注文 現在表示されている株価ですぐに買いたいときに注文する方法

③株式投資の基礎・基本、チャートや分析を学ぶ

こうした分析にも、このチャートと呼ばれる株価の値動きを表すグラフを読めるようになる必要があります。
また、どの銘柄を購入したらいいかを見極める際には、その企業の業績を知る必要があります。

株式投資を始める方におすすめのネット証券

株式投資を始めるには、まず口座開設が必要です。
ここでは格安な手数料で取引ができる、 初心者におすすめのネット証券 を紹介します。

SBI証券

SBI証券

  • 口座開設数No.1 の人気ネット証券!
  • 手数料が安い 取引のメリット !(50万以下は無料)
  • 取り扱い商品数が幅広い
  • 取引可能なアプリが多い

SBI証券の強みは業界 トップクラスと言われる手数料の低さ です。「アクティブプラン」であれば、1日の約定代金50万以下まで 手数料無料 となっています。

  • 〜5万円:55円
  • 〜10万円:99円
  • 〜20万円:115円
  • 〜50万円:275円
  • 〜100万円:535円

【現物取引・アクティブプランの場合】

    取引のメリット
  • 〜50万円:無料
  • 〜200万円:1,278円
    以降100万円ごとに440円ずつ増える
  • HYPER SBI
  • SBI CFDトレーダー
  • 「SBI証券 株」アプリ
  • HYPER FXアプリ
  • HYPER 先物・オプションアプリ
  • HYPER CFDアプリ
  • かんたん積立 アプリ

LINE証券

  • 1株から株が買える
  • 取引手数料が0円
  • 数百円の資金から投資が始められる
  • スマートフォンだけで口座解説と投資が可能
  • 各種キャンペーンが豊富

LINE証券は、LINE Financialと野村ホールディングスが共同で設立した、 スマートフォンで取引を簡潔させることに特化させた証券会社です。 取引のメリット 取引のメリット
LINE証券では「いちかぶ(単元未満株)」という投資の種類があり、1株単位で投資をすることができるため、 非常に少ない金額から株式投資を行うことが可能になります。

  • 手数料が50万まで無料
  • 業界初のサービスを率先して行う老舗の証券会社
  • ~50万円:0円
  • ~100万円:1,100円
  • ~200万円:2,200円
  • ~1億円:100万円単位で1,100円加算
  • 1億円~:110,000円(上限)
  • ネットストック・ハイスピード
  • 株価ボード
  • チャートフォリオ
  • アクティビスト追跡ツール
  • フル板情報
  • 松井証券 株アプリ
  • 株touch
  • 投信アプリ
  • 松井証券 FXアプリ

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

  • 事前入金なしでもIPO申し込みが可能
  • 1日の約定合計代金が100万円まで無料
  • 取り扱い商品が多い

岡三オンライン証券の手数料は、 定額プランを選んだ場合100万円まで無料 となっています。1日あたりの取引件数が多い方にとっては非常にお得です。
また、もう一つの魅力が IPO申し込みが事前入金なしでできること です。

  • ~10万円:108円
  • ~20万円:220円
  • 取引のメリット
  • ~50万円:385円
  • ~100万円:660円
  • ~150万円:1,100円
  • ~300万円:1,650円
    以降100万円増加ごとに:330円ずつ増加 ※3,300円を上限

<定額プラン>

  • 100万円の場合:無料
  • 200万円の場合:上限手数料1,430円
  • 300万円の場合:上限手数料1,980円
  • 500万円の場合:上限手数料3,080円

DMM株

  • 注文1回の取引手数料が安い
  • LINE・電話などのサポートが手厚い
  • 使いやすいサービス仕様

自己判断が基本のネット証券のデメリットでもありますが、DMM株では 相談・サポート体制がとても充実している ので、初心者には使いやすく良心的なサービスと言えるでしょう。
ただし、 手数料が無料ではない ので、1日当たりの取引金額が大きい方は注意が必要です。

  • ~5万円以下:55円
  • ~10万円以下:88円
  • ~20万円以下:106円
  • ~50万円以下:198円
  • ~100万円以下:374円
  • ~150万円以下:440円
  • ~300万円以下:660円
  • 300万円超:880円

<信用取引・国内株式>

  • ~300万円以下:88円
  • 300万円超:0円

  • 楽天ポイントが使用可能
  • 投信の買付で楽天ポイントが貯まる
  • 100万円まで手数料0円

楽天証券は、楽天ポイントが投資に使えるということで、 2021年5月に600万口座を突破した証券会社です。
投資信託の保有や、つみたてNISA口座でも楽天ポイントが付与されるため、 買付けにも投資にもポイントが使用可能なのは大きなメリットであると言えるでしょう
「マーケットスピード2」や「iSPEED」といった、多くの投資家に支持されているツールが口座開設だけで無料で使えるということもあり、近年非常に人気が高まっています。

  • ~5万円:55円
  • ~10万円:99円
  • 取引のメリット
  • ~20万円:115円
  • ~50万円:275円
  • ~100万円:535円
  • ~150万円:640円
  • ~3,000万円:1,013円
  • 3,000万円~:1,070円

【いちにち定額コース(1日定額制)】

  • ~100万円:0円
  • ~200万円:2,200円
  • ~300万円:3,300円
  • 300万円~:以降100万円ごとに1,100円
  • マーケットスピード2
  • マーケットスピード
  • マーケットスピード for Mac
  • マーケットスピード II RSS
  • マーケットスピードFX
  • 楽天MT4
  • iSPEED
  • iSPEED 取引のメリット for iPad
  • iSPEED FX
  • iSPEED 先物

マネックス証券

  • 外国株取扱数は約6000銘柄
  • IPOが平等抽選
  • 買付手数料0円

マネックス証券は、扱数は約4000銘柄、中国株とあわせると約6000銘柄取扱数を誇る 外国株サービスが充実している 証券会社です。
コスト面や独自レポートツールなど、分析力においても高い評価を得ており、 米国株ならこの証券会社と呼ばれるほどの高い評価を長年持続しています。

一般のお客様はこちら 0120-056-715 受け付け時間 9:30〜18:30 / 年末年始を除く

「カーボンプライシング(Carbon Pricing)」の施策として、排出権取引と、CO2(温室効果ガス)排出量に応じて課税する炭素税があります。なお、この記事では、排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)に絞って解説していきます。
排出権取引は、個別の企業や国に対して温室効果ガスの排出枠(排出を許される量、キャップ)を割り当てるもので、各企業・国はその排出枠を超えないように、排出するCO2の量を抑える必要があります。
そして、割り当てられた排出量を超えそうな企業や事業所は、別の企業・事業所から排出枠の取引(トレード)を行えます。
もともとはアメリカの発電所において発生する二酸化硫黄を削減する際に用いられた制度で、その際に成果を上げたことで二酸化炭素の排出においても用いられるようになりました。

背景は地球温暖化の防止

排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)の仕組みと流れ

STEP1:CO2削減量の決定と排出枠の発行

STEP2:各企業への排出枠の分配

STEP3:排出枠の取引

しかし、割り当てられた排出枠内にCO2排出量を収めることができる企業ばかりではありません。なかには当然、分配された排出枠を超えてしまう企業も出てきます。 取引のメリット
ここからが排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)の本領発揮となります。割り当てられた二酸化炭素(温室効果ガス)の排出枠を超えてしまいそうな企業は、二酸化炭素を十分に削減して排出枠に余裕がある企業から、排出枠を購入することが可能です。このとき、排出枠を超えてしまいそうな企業は「排出枠の購入」の他にも、「自社努力によるCO2削減」という道も残されています。
企業が「排出枠の購入」と「自社努力の削減」どちらを選ぶかは、その企業判断基準によって異なります。

STEP4:排出枠・排出量の確認(マッチング)

このマッチングにおいて、定められた排出枠内に二酸化炭素(温室効果ガス)の排出量を収めている企業・事業所は、排出権取引のルールを守ったことになります。
そして、配布された排出枠をオーバーしてしまった企業については、罰則が科せられます。
以上が、排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)の仕組みと流れです。

排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)のメリット

達成される目標が明確

温室効果ガスの削減費用を最小化できる

  • 自社努力で削減する
  • 排出枠を他企業から購入する

という2つの選択肢が用意されています。
企業の業種や形態によって事情が異なるため、自社努力による削減のほうが低コストで済む場合もありますし、その反対のケースもあるでしょう。
このように、各企業においてより低コストとなる削減方法を選択できるので、全体としての温室効果ガス削減費用も最小化することが可能となります。

企業側のCO2削減手段の増加

上記の話と重なる部分がありますが、企業にとってもCO2を削減する手段が増えます。
排出権取引は、環境政策のなかでは環境税などと同じ経済的手法に属しています。
この経済的手法は、政府が二酸化炭素の排出量を直接規制する政策手法と比較すると、削減を行う側の柔軟性が高く、より効率的であるといわれています。

排出権取引の問題点

カーボン・リーケージの問題(CO2漏出問題)

このカーボン・リーケージが実際に行われてしまうと、かえって地球全体のCO2排出量が増えてしまう場合もあるのです。
EUでは既に2009年にカーボン・リーケージにおける対策を話し合っており、カーボン・リーケージのリスクが高い164の産業部門及び小部門の企業については、他の産業部門よりも温室効果ガスの排出枠を多めに配分することが決定されています。
(参考資料:新エネルギー・産業技術総合開発機構「NEDO海外レポート 」)

多くの業界が「原単位」目標を主張している

排出枠の設定が困難

反対に排出枠の設定を甘くした場合、それなりの自社努力で削減目標をクリアする企業や国が続出し、売りに出される排出枠の数が多くなって値下がりします。
これにより、まったくCO2削減の自社努力をせず、ただ排出枠だけ購入したほうが安上がりといった事態も発生してしまいます。
こういったことから、適切な排出枠の設定は非常に難しい問題になっているのです。

排出権取引の実施国で課題が浮き彫りに

世界各国の排出権取引の導入事例

EU(欧州連合)

EU(欧州連合)では、2005年からこれまで3期間にわたり、EU域内で排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)を開始しました。
ここで排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)の対象となったのは、EU域内である程度の規模を超えて二酸化炭素を排出している工場や事業所、施設です。
EU(欧州連合)では、以下の期間に排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)を実施しました。

    取引のメリット
  • 第1期:2005年~2007年
  • 第2期:2008年~2012年
  • 第3期:2013年~2020年
  • 第4期:2021年~

排出権取引制度をいち早く実行してきたEUですが、経済危機の影響や制度そのものの不備などから、目標とする削減量に対し排出枠が余ってしまうなどの問題が発生しました。
その結果、排出権取引制度による十分な温室効果ガス削減効果を得られなかったとして批判を浴びる結果となりました。
しかしながら、現在は少しずつではありますが、改善に向けて進んでいる状況です。
(参考記事:WWFジャパン「温室効果ガス排出量取引」)

アメリカ(一部の州)

しかし、州単位で見てみると、排出権取引制度を導入している州はいくつか存在しています。たとえばカリフォルニア州では、2012年からEU(欧州連合)に近い形で排出権取引制度が導入されています。
また、それよりも古い2009年には、アメリカ東部の7州が発電所のCO2排出量削減を目的とした排出権取引制度「RGGI(Regional Greenhouse Gas Initiative)」を発足しています。
このRGGIへ参加している州は、2017年の時点では9州まで増えています。
(参考記事:WWFジャパン「温室効果ガス排出量取引」)

ニュージーランド

ニュージーランドにおいては、2008年に森林と農業部門を対象とした独自の排出権取引制度が開始されています。
ニュージーランド政府は、排出する二酸化炭素の限度量を設ける「炭素予算」を2030年に向けて定めているのですが、その「炭素予算」を達成するためにも、排出権取引制度の効果的な活用が期待されています。
(参考記事:WWFジャパン「温室効果ガス排出量取引」)

中国では、早ければ2020年にも中国全土を対象とした排出権取引制度を開始することを、2017年12月に発表しています。
ここで対象となるのは主に火力発電所で、年間CO2排出量が2万6000トン以上の施設(約1,700カ所)が対象となります。
(参考資料:日本経済新聞「中国、20年にも排出権取引制度 自家火力も対象、改善急務」)

温室効果ガスの削減に向けて求められる政策

WWFが提言する「ポリシーミックス」とは?

  • CO2排出量に応じて課税する「炭素税」
  • 中小事業者がエネルギー効率に優れた設備を導入するなどして削減したCO2排出量を他社へ売却する制度

などが当てはまります。 (参考資料:WWFジャパン「温室効果ガス排出権取引/入門編」)
日本でも「グリーン電力証書」、「J-クレジット」、「非化石証書」といったCO2を排出しない電気を取引する制度はありますが、政府が主体となってさらに進める必要があるでしょう。

大阪本社 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル 3階
TEL:06-6232-1755 FAX:06-6232-1756 東京本部 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目14番2号 東八重洲シティービル 2階
TEL:03-6273-4091 FAX:03-6273-4092

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる