基礎

投資を始めるメリットが明らかに

投資を始めるメリットが明らかに
信太郎

デロイト調査、気候変動に何も対策を取らなければ、2070年までに世界経済に178兆ドルの損失が発生

Deloitte Center for Sustainable Progress(DCSP)は、世界経済フォーラムの年次総会にあわせて新たなレポートを発表しました。同レポートでは、気候変動を抑制していかなければ、今後50年間の世界経済の損失は178兆ドルに上り、2070年の1年間だけでも世界の国内総生産(GDP)の7.6%が失われることが示されています。今世紀末に世界の気温上昇が約3°Cまで高まると、人類の生活への犠牲は計り知れないものになります。最も脆弱な立場に置かれた人々に不均衡に影響するばかりではなく、生産性や雇用が失われ、食糧や水が不足し、健康やウェルビーイングが阻害され、世界全体での生活水準が大幅に低下することになります。

デロイト グローバルCEOのPunit Renjenは次のように述べています。「議論している時期は終わりました。私たちは今、あらゆるセクターにわたって大胆かつ幅広くアクションを起こしていくことが必要です。世界中の経済界、政府、非営利セクターから多大な投資が必要になるでしょうか? 答えは『イエス』です。しかし、何もしない方がはるかに費用がかかるということがデータによって示されています。世界経済の方向性を修正し、よりサステナブルでレジリエント、かつ平等で長期的な成長を創出していくという観点で、一世一代の機会が私たちの目の前にはあるのです。『投資をすべき理由』ではなく、『なぜしないのか?』ということを問いたいと思います」

「このような社会課題に対する新しくかつ永続的な解決策を模索するために、新たな形態の協力を具現化し、多数の関係者を取り込んだ包括的なアプローチを追求する必要があります。『ターニングポイント』の分析は、意思決定者やインフルエンサー、参加者が個人的な成功や共通の繁栄のために働くことで生まれる経済的メリットや成長に関する強力な基盤を示しています」と、DCSPの創設議長およびデロイト グローバル コンサルティングのサステナビリティ&気候変動戦略のリーダーであるBernhard Lorentzは述べています。


レポートではグローバルの脱炭素化における4つの主な段階について詳しく述べています:


  1. 官民セクターが一体となり、効果的な基本の枠組みや政策を構築し、実行可能な変化を推進する。
  2. 企業と政府のリーダーが大幅な投資を実行し、世界経済が低炭素業界を優先しネットゼロへの移行を加速していけるように構造改革を促進する。
  3. ネットゼロへの移行のメリットがコストを上回るようになるという意味で、世界の各地域がそれぞれの「ターニングポイント」に近づき、最終的には地域ごとに正味のプラス成長と価値が生み出される。
  4. ターニングポイントの後、社会はよりグリーンな未来を実現する。その未来では、相互に連携された低炭素システムが炭素集約型経済よりも早いスピードで成長するクリーン経済を支える。

Deloitte Center for Sustainable Progressについて
DCSPはデロイトによる気候変動とサステナビリティの課題への大胆な対応という目標を土台として、世界中の専門家や業界インフルエンサー、ソートリーダーをまとめる役割を担っています。社会変革のためのインサイトや協働の重要性が今までになく高まっている今の時代において、DCSPは時代の緊急性に見合った形で実行可能かつデータ主導の信頼できる調査とソートリーダーシップを提供します。


本件に関するお問合わせ先
<本件に関するお問い合わせ先>
デロイト トーマツ グループ 広報担当 高木、菊池
Tel: 03-6213-3210 Email: [email protected]投資を始めるメリットが明らかに jp

インフレは今後数カ月で失速し2022年後半からリセッションとなり2023年から再び緩和へ!?

信太郎

信太郎

アナリストやファンドマネージャーはインフレはピークアウトしたと考えている

信太郎

強い雇用はまだ残っているが?

求人情報は、おそらく労働需要が満たされていないことを示す最も優れた先行指標です。政府の公式発表資料はBLSのJob Openings and Labor Turnover Survey (JOLTS)を見てみましょう。最新の3月時点では、求人件数は過去最高の1,150万件で、失業者数のほぼ2倍となっています。

信太郎

信太郎

リアルタイムの労働市場は失速している

Bank of Americaは、より正確な答えを得るために、レベリオ・ラボの求人情報データを使い、労働需要の増加をリアルタイムで把握していきたいと思います。

さて、ここで重大ニュースです。4月の新規求人件数は、Revelioのデータによると、200万件減少して660万件になりました。これは、2019年5月まで遡る入手可能な歴史の中で最大の月間下落幅を示すものであり、大変なことです

労働市場が失速しているほかのデータとは?

信太郎

1) NFIB中小企業調査において、雇用を増やす予定の企業の割合は、2021年12月以来8%減少し、4月には20%となった。
2)Challenger Job cutsは4月に前年同月比6%増となり15ヶ月ぶりに年間増加した。

信太郎

信太郎

レポートのまとめ

結論は “人手不足 “というシナリオは既に打ち止めとなっているということです。

信太郎

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる