初心者向けFXトレード

ストップロスオーダー

ストップロスオーダー
【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

ロビンフッドでストップロスを設定する方法

ストップロスレベルを設定する場合、テクニカル分析が非常に役立つ場合があります。 たとえば、ロングポジションの場合、株式の下振れリスクを評価するために、株式の重要なサポートレベルを決定する必要があるかもしれません。 言い換えれば、大幅なサポートレベルが破られた場合、株式はさらに損失を被る可能性があります。 ただし、取引プラットフォームにストップロスレベルを入力する前に、誤った発生に注意し、テクニカル分析やその他のツールを利用して徹底的な調査を行ってください。

ストップロス注文を使用してロングポジションとショートポジションを保護できますか?

間違いなく、この文脈では、名前 stop-loss order 少し誤解を招くです。 ストップロス注文は、主にロングポジションとショートポジションの両方で重大な損失を防ぐことを目的としています。 ただし、証券の価格が指定されたレベルを超えて取引されたときにトリガーされるため、現在の持ち株の大幅な利益に対しても利用できます。 それでも、ストップロス注文とストップロス注文は、破られた後に成行注文に変換されるため、実際の価格執行はストップロス価格を大幅に下回るか上回る可能性があります。

あなたの株をよりよく管理する

投資家とトレーダーにさらに制御を提供するために、ストップロス注文では、各トランザクションの価格制限を設定できます。 株価がストップ価格に達すると、指値注文がアクティブになり、マーケットメーカーに指値で売買するように指示します。 このオプションは、投資家が損失を許容できないポイントを設定することにより、損失を制限します。

ストップロス注文は損失を最小限に抑えるのに役立ちますが、これらの戦略はどちらも間違いありません。 ストップロスのしきい値を超えた後は、ストップロスの注文はストップロスの価格とはかなり異なる価格で実行される場合があります。 注文する前に、必ず独自の調査を行い、このタイプの注文のメリットとデメリットを理解してください。

これまでにストップロス注文を設定したことがありますか? ロビンフッドで株を取引したことがありますか? このプラットフォームのどこが好きですか? 下のコメント欄でお知らせください!

ストップロスオーダー

「FXオーダー」とは、大口投資家がどの水準に注文を出しているかを把握するのに便利なツールです。
株式でいうところの「板情報」としての役割があります。
FXオーダーの読み方・使い方がわかるようになると上下のレンジの目安やスットップを置く適切な水準を把握しやすくなります。 特に「厚め」と記載されているオーダーは要注意です。

読み方・使い方
売り(売り厚め)

【例】 100.00円 ストップロスオーダー 売り(売り厚め)
※図中:青ライン

ドル円の100.00円に売りオーダーが入っている状態。 同水準では上昇の勢いが抑制される可能性がある。 「売り厚め」については通常の「売り」よりもオーダーがまとまっている状態を指す。

買い(買い厚め)

【例】 100.00円 買い(買い厚め)
※図中:赤ライン

ドル円の100.00円に買いオーダーが入っている状態。 同水準ではドル円は下落の勢いが抑制される可能性がある。 「買い厚め」については通常の「買い」よりもオーダーがまとまっている状態を指す。

割り込むとストップロス売り

【例】 100.00円 割り込むとストップロス売り
※図中:青ライン

超えるとストップロス買い

【例】 100.00円・100.50円 超えるとストップロス買い
※図中:赤ライン

断続的にストップロス売り

【例】 100.00-20円 断続的にストップロス売り
※図中:上下青ラインに挟まれたゾーン

断続的にストップロス買い

【例】 100.00-20円 ストップロスオーダー 断続的にストップロス買い
※図中:上下赤ラインに挟まれたゾーン

オプション(OP)●日NYカット

【例】 100.00円 OP●日NYカット
※図中:青ライン(NYカットOP)/赤ライン(NYカットタイム)

NYカットのオプション(OP)が設定されている状態。 NYカットのオプション(OP)については、 夏時間は日本時間で23時(午後11時)、冬時間は日本時間0時(午前0時)がカットオフ(権利行使期限)となる。 カットオフタイム前後では、オプションのポジション調整のために相場が大きく動くこともある。

オプション(OP)バリア観測

【例】 100.00円 OPバリア観測

ドル円のOPバリアが設定されている状態。 同OPを前に防戦売り(買い)による攻防が繰り広げられ、上昇(下落)が抑制されることも。 ただし、一回OP水準に到達してしまうとストップロスを巻き込み上昇(下落)が一気に進むこともあるため注意が必要となる。

ダブル・ノータッチ(DNT)OP 別称;レンジ・バイナリー

【例】 95.00-100.00円 ダブル・ノータッチ(DNT)OP
※図中:上限(青)・下限(赤)

相場が一定の範囲内に収まれば、OPの買い手は利益を得ることができる。 一定のレンジを設定し、ある期間内にドル円相場がこのレンジを外れると、OPの買い手の権利が消滅する。 反対に、この範囲内で相場が膠着(こうちゃく)すれば、買い手は支払ったオプション料(プレミアム)に対して数倍の利益を手にすることができる。このため、レンジの上下に近づくと、このOPの損益をめぐるオペレーションによる防戦買いや防戦売りが出てくることになる。

基本用語解説

ストップ・エントリー自体はストップがあって、それを付けたことを必ずしも意味するわけではない。 よくあるパターンとしては、ストップが無くてもチャートポイントを上抜け、もしくは下抜けた場合、 ストップロスオーダー 一段高もしくは一段安が進むケースである。例えばドル円のスポット価格が78.45円にあって、78.50円がチャートポイントとした場合、 これを抜けたところで、事前に受けていた買いオーダーが自動的に発動するかたちとなる。これをストップ・エントリーという。 また具体的なケースでは、オール・テイクン・ネクスト(all taken next)というパターンもある。 これは上記の例を取ると、78.50円で買いなのだが、同レートに大きな売りがある場合、78.50円の買いはすべて吸収されてしまう。 このため78.50円の売りオーダーをすべて付けてから(all taken)、次のレート(next;例えば78.52円)を買うということを意味する。 これによって、チャートポイント78.50円を超えた瞬間に ストップ買いを付けたような動きとなることになる。

マクロ経済分析からみた経済・金融政策などの歪みに着目して投資効率をはじき出して、割安な資産を買い、 割高な資産を売るなどの方法で利益を追求するファンド。集中的に取引を仕掛けてマーケットを大きく動かすことがある。 米国の年金ファンドなどもこの手法を用いており、マクロ系ファンドにカテゴライズされている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる