デイトレード

移動平均線から離れる動き

移動平均線から離れる動き
移動平均線(MA)が水平になるということは、その時間足に勢いがなく方向感がないことを示します。日足などの長期足がこの状態になるとしばらくレンジになることが多いので注意が必要です。さらに移動平均線の辺りでレートがモミモミしだしたら、しばらくトレードを休んだほうがいいです。日足の移動平均線辺りで他の時間足の移動平均線が絡み合う『お祭り』状態になると、方向感がないうえに、上がるスキマも下がるスキマもなくなり優位性がなくなります。

短期移動平均 in English Translation

Examples of using 短期移動平均 in a sentence and their translations

direction that the market is likely to take in the short term moving average statistical analysis of the available market data.

the MACD rises) it is likely that the symbol price is overextending and will soon return to more realistic levels.

At the picture above 移動平均線から離れる動き you see the indicator called“Moving Average” in the chart of USD/JPY which shows“Short-term moving the average line” and“Long-term moving average line.”

Signal Confirmation provided by shorter term Exponential Moving Average(EMA of 9 periods is used here).

The flattened moving averages and the RSI in the neutral 移動平均線から離れる動き territory point to a likely consolidation in the short-term.

It adds the rates of change for a short and a long period of months and then smooths by another period's weighted moving average.

Currently both moving averages are flat and the RSI is 移動平均線から離れる動き close to the neutral zone which suggests consolidation in the short-term.

The 5-day moving average(MA) and the 10-day MA are trending 移動平均線から離れる動き north indicating a short-term bullish setup.

Looking at the two Simple Moving Averages(SMA) indicate the same sentiment as the long-term 200 移動平均線から離れる動き SMA is still well above the short-term 100 SMA.

A bullish crossover between the 5-day and 10-day moving average(MA) also favored a short-term positive price action.

The Percent Price Oscillator(PPO) is based on the differences between two 移動平均線から離れる動き 移動平均線から離れる動き moving averages of different lengths

not be so dismal in the short term and the massive trade volume injected in the BCH ecosystem in the last 24 hours 移動平均線から離れる動き suggests a quick and unexpected trend 移動平均線から離れる動き change could definitely be in the cards.

All the technical analysis indicators and the moving averages were indicating that the resistance level at that point had been met and that Bitcoin had attained the level of

A look at the composition of the Japanese current account and its three components(net exports of goods and services(trade) net investment income and transfers) over a longer time period by using 10-year

Japanese - English

English - Japanese

Contact About Privacy Policy Tr-ex.me日本語で

and required to achieve the purposes illustrated in the cookie policy. If you want to know more 移動平均線から離れる動き or withdraw your consent to all or some of the cookies, please refer to the cookie policy .
By closing this banner, scrolling this page, clicking a link or continuing to browse otherwise, you 移動平均線から離れる動き agree to the use of cookies.

Opt-Out of the sale of personal information
We won't sell 移動平均線から離れる動き your personal information to inform the ads you see. You may still see interest-based ads if your information is sold by other companies or was sold previously. Opt-Out Dismiss

移動平均線でトレンドの方向を知る

移動平均線

三菱重工移動平均線

7011三菱重工業(日足例)

5日移動平均線

トレンドには、 上昇トレンド 、 下降トレンド 、トレンドが生まれない 保ち合い があります。これらは、移動平均線の傾きで知ることができます。

上昇トレンド

  1. 株価が上昇
  2. 短期線が上向きに変わる(下のチャートでは13週移動平均線)
  3. 中期線が上向きに変わる(下のチャートでは26週移動平均線)
  4. 中期線が長期線を上抜ける(ゴールデンクロス)
  5. 長期線(52週移動平均線)が上向きに転じる

6594日本電産(週足)大1


6594日本電産(週足)大1

下降トレンド

  1. 株価が下落
  2. 短期線が下向きに変わる(下のチャートでは13週移動平均線)
  3. 中期線が下向きに変わる(下のチャートでは26週移動平均線)
  4. 中期線が長期線を下抜ける(デッドクロス)
  5. 長期線(52週移動平均線)が下向きに転じる

9831ヤマダ電機(週足)


9831ヤマダ電機(週足)

保ち合い(ボックストレンド)

9101 (日足)


9101 日本郵船(日足)

株価が急騰、急落局面を迎えた場合、ローソク足と移動平均線との間には、大きく離れて動く場合があります。特に短期線と中期線とがどのくらい離れているのか乖離状態を読むことで、 行き過ぎの度合いを判断する材料 となります。

7261マツダ(日足)


7261マツダ(日足)

上のチャートを見たとおり、ローソク足が中期線より上に離れている場合には、 「買われ過ぎ」を警戒 する必要が出てきます。急激な上昇で市場参加者の心理の中には、「利益確定売り」や「下落の不安」などが生じることになり、調整局面に入る可能性が高まってくることになります。株価の動きが逆転・・・つまり、調整局面に入れば、ローソク足と中期線が近付いていくことになります。

逆に、下落局面では 「売られ過ぎ」を警戒 する市場参加者の心理から、買い戻しをされます。買い戻されることで、ローソク足と中期線が近付いていくことになります。

中期線と長期線との関係も同じことが起きるため、 移動平均線を活用することで「行き過ぎ感」を読み取り市場参加者の心理をうかがい知る ことができるわけです。

移動平均線でトレンドの方向を知ることができるとすでに説明しました。ここでは、 短期と長期の移動平均線を組み合わせることで、相場のトレンドの転換点を確認する方法 について述べていきます。

短期移動平均線が、長期移動平均線を 「下から上」に突き抜けることをゴールデンクロス といいます。目先上昇トレンドに転換した ことを意味します。

逆に、短期移動平均線が長期移動平均線を「上から下」に突き抜けることを デッドクロスといいます。目先下降トレンドに転換した ことを意味します。

株価に対して、 およそ2割程度は遅い動きをしますからローソク足と移動平均線を見比べながら売りと買いのポイントを探っていくこと が必要になります。

ゴールデンクロス(GC)の計算式

直近のゴールデンクロス達成日は、中・長期移動平均線を短期移動平均線が下から上に突き抜けた直近の発生日となります。
「当日の短期移動平均値≧当日の中・長期移動平均値」 かつ、
「前日の短期移動平均値<前日の中・長期移動平均値」
を満たす直近の日付。

デッドクロス(DC)の計算式

直近のデッドクロス達成日は、中・長期移動平均線を短期移動平均線が上から下に突き抜けた直近の発生日となります。
「当日の短期移動平均値≦当日の中・長期移動平均値」 かつ、
「前日の短期移動平均値>前日の中・長期移動平均値」 を満たす直近の日付。

スイングトレード向けおすすめ証券会社5選|重要な7つの指標も解説

スイングトレード向けおすすめ証券会社5選|重要な7つの指標も解説

移動平均線はその名の通り、価格の推移が移動しながら、一定期間の平均線として描かれるものになります。例えば5日移動平均線を作る場合は、投資対象商品の5日間の終値を合計して日数で割り、5日間の平均値を算出します。そして日付が5日から6日に移った場合は、初日の値を捨てて6日目の値を入れる形で値の入れ替えを行い、次の5日間の平均値を求めて移動させるといった具合です。 移動平均線から離れる動き 移動平均線から離れる動き また、平均をとる期間によって移動平均線はいくつか設定できます。例えば、短期の移動平均線であれば20日間、長期の移動平均線であれば26週間に設定することで、期間の異なる移動平均線をチャート上に表示できます。

長期の移動平均線と短期の移動平均線を分ける理由は、移動平均線を複数表示させることで、相場の転換点を分析できるからです。

現在の株価が短期、中期、長期それぞれの視点で見たときに上昇傾向なのか下降傾向なのか判断できる移動平均線は、相場の方向が変わるポイントを教えてくれるため、スイングトレードと相性の良いテクニカル指標です。移動平均線は、汎用的なテクニカル指標として多くの投資家に使われています。

移動平均線(いどうへいきんせん)
ある期間における株価の終値の平均を表した折れ線グラフ線のこと。
期間の異なる移動平均線を重ねて関係性を見ることで、大まかな相場の方向性をとらえやすくなっています。

トレンドライン

引用元:SMBC日興証券

スイングトレードで取引をするのであれば、値動きの転換点を分析して取引タイミングを見極めなくてはなりません。その際、役に立つのが「トレンドライン」です。ここでいう「トレンド」とは、株価が上向き(上昇)か下向き(下降)か、または横ばい(保ち合い)で推移しているか、という株価の大局的な動きのことをいいます。

上昇トレンドとは、チャート上でより高くなっている山と谷の連続的な動き、下降トレンドはより低くなっていく山と谷の連続的な動きのことです。トレンドを把握するためにチャートに引く線を「トレンドライン」と呼び、株価の高値同士あるいは安値同士を結びます

引用元:岡三証券

一般的に、トレンドラインは株価の支持線(サポートライン)、または抵抗線(レジスタンスライン)になるといわれています。それぞれ株価の下値、または上値の目安となる水準を指し、その近辺で押し目買いや戻り待ちの売りが出やすいとされており、売買サインの1つとみなすことが可能です。

例えば上昇トレンドの場合、下値同士を結んだ下値指示ラインに相場がタッチしたタイミングが買いシグナルです。下降トレンドの場合は、高値同士を結んだラインを結んだ線に相場がタッチしたところで、売り時と判断できます。

このようにトレンドラインを巧みに利用することで、相場が反転するタイミングを先読みできるのです。多くのトレーダーが活用している手法であり、トレンドラインは相場の方向性を読む際には欠かせない指標です。

引用元:PayPay銀行

終値とは、ある時間軸で相場が終了したタイミングの価格です。反対に、相場が始まったタイミングの価格は「始値」です。ある期間の値動きは、上の図のようなローソク足と呼ばれる図形で表されます。

始値よりも終値の方が高い場合は株価の上昇を表す「陽線」となり、反対に終値の方が低くなった場合は株価の下落を表す「陰線」となります。例えば、上記のローソク足は始値より終値が高いため、陽線です。陽線と陰線は色分けされて表示されます。

上のチャートのように始値と終値の関係を、色で表現したローソク足が並ぶことで、視覚的に相場の勢いを読み取れるわけです。

スイングトレードにおいては2日~3日、3ヵ月など、さまざまなトレード手法や保有期間があるため、移動平均線と終値を組み合わせて活用することで細かな出来高の確認や大きなトレンドの把握、損切りと利益確定のポイント設定を行うことが可能です。

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)

引用元:みんなのFX

一目均衡表は「取引に参加する売りの勢力と買いの勢力のバランスが崩れた方向に相場が動く」という考えに基づいて考案された分析手法です。1936年に日本人の細田悟一氏によって、作られました。

  1. 基準線=(当日を含めた過去26日間の最高値+最安値)÷2
  2. 転換線=(当日を含めた過去9日間の最高値+最安値)÷2
  3. 先行スパン1=(転換値÷基準値)を26日先行させて表示
  4. 先行スパン2=(当日を含めた過去52日間の最高値+最安値)÷2を26日先行させて表示
  5. 遅行線=当日の終値を26日遅行させて表示

基準線と転換線を用いる場合、基本的には移動平均線と同様の使い方をします。例えば基準線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンド、ローソク足が基準線の上側にあれば強い相場、下側にあれば弱い相場と判断するといった具合です。

また、基準線が上向きの状態で転換線が基準線の下から上に抜けるゴールデンクロスを「好転」といい、買いシグナルになります。逆に基準線が下向きの状態で転換線が基準線の上から下に抜けるデッドクロスを「逆転」といい、これは売りシグナルです。

なお、先行スパン1と先行スパン2の間に挟まれた領域を「雲」(抵抗体)と呼び、抵抗線になったり支持線になったりします。この雲とローソク足の位置を見るだけで相場の動向をチェックすることが可能です。例えば、ローソク足が雲の上にあれば強い相場、下方にあれば弱い相場と判断します。

さらに、遅行線は売り買いのタイミングを計る場合に見ます。遅行線がローソク足を上回った状態を「好転」といい買いシグナル、下回った場合を「逆転」といい、これは売りシグナルです。

一般的なテクニカル指標が価格を主軸に置いているのに対し、一目均衡表は時間分析を主体とする点で異なります。そのため、一目均衡表は取引のタイミングを見計らうのに有効なテクニカル指標です。

線が多く複雑な印象を受けるものの、世界中の投資家から支持を集めています。特に、スイングトレードのように、数日から数週間単位で取引する際に相性が良い指標です。

一目均衡表は、エクセルに5本の線と雲のデータを入れ、チャートを描くことで作成できます。また、例えば岡三証券提供の「岡さんRSS」など、証券会社提供のツールを用いて作成する方法もあります。

岡三_RSS

引用元:マネフルFX

水平線は、名前の通りチャートに引かれる水平な線(横線)であり、価格を示すラインです。チャート上にある高値と安値を結ぶことで、投資家が意識している価格帯を見抜くことができます。

  1. レジスタンスライン(抵抗線)・・・・・・過去の株価の上値同士を結んだ水平線
  2. サポートライン(支持線)・・・・・・過去の株価の下値同士を結んだ水平線

例えば、レジスタンスライン近くまで値上がりすると、売りが増えて上値が伸び悩む傾向にあり、この位置から下げ始めるパターンが少なくありません。そのため、レジスタンスラインは上値抵抗線ともいうのです。ただし、抵抗線を抜けて上昇した場合は一段の上昇が期待できます。

また、サポートライン近くまで値下がりすると、買いが増えて下げ渋る傾向があり、この位置から反転するパターンが多く見られます。サポートラインを抜けて下落した場合は下げが加速することもあるので注意しなければなりません。

水平線付近の価格帯は多くの投資家が意識しているため、損切りや新規注文が集中しやすい傾向にあります。そのため、水平線は、スイングトレードをはじめとするさまざまな取引手法に活用できる分析方法です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、現在の相場が「売られすぎ」なのか「買われすぎ」なのかを判断する指標です。株価の一定期間の変動幅と終値の関係から、相場の相対的な強弱の勢いを示します。

引用元:auじぶん銀行

チャートはインジケータライン=「%K」(Fast)と、シグナルライン=「%D」(Slow)の2本の線で表され、数値は0%から100%の範囲で推移します。%Kラインは相場に対して敏感に動き、%Dは%Kラインよりも動きは遅いですが、より重視されているのは%Dラインです。

一般的に、20~30%で売られすぎ、70~80%で買われすぎと判断されますが、相場の勢いが強い場合は20%、あるいは80%を突破することもあるので一概には言えません

ストキャスティクスでは2本の線を用いて明確に売買シグナル(売買のタイミングを知らせる合図のこと)が出るので、判断がしやすい指標だと言えるでしょう。

そのため、ストキャスティクスはスイングトレードにおいても、売買のタイミングを見計らう際の心強いテクニカル指標です。ただし、頻繁に売買シグナルが出るため、他のテクニカル分析を併用することをおすすめします。

RSIは相場の「買われすぎ」と「売られすぎ」を判断するテクニカル指標です。売買のバランスを分析するため、ストキャスティクスと似たテクニカル指標と言えます。

ストキャスティクスが2本の線を用いて明確に売買シグナルを出すのに対し、RSIでは売りゾーン・買いゾーンで判断するため、売買を判断する幅が広い点が特徴です。

RSIは、過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計を足した数字で割り、100を掛けて算出できます。そのため、売られすぎ・買われすぎの判断には使えますが、いくら値上がり、または値下がりなのかはRSIでは判断できません

また、RSIの数値は、50%を中心として0~100%の範囲で推移します。例えば、上昇局面に入ると数値が50%以上で推移し、下降局面に入ると50%以下で推移する仕組みです。一般的に70~80%だと買われすぎ、20~30%以下で売られすぎと判断されます。

引用元:マネックス証券

上のチャートからも、RSIが70%以上、あるいは30%以下になったタイミングで相場が大きく反転していることがわかります。

RSIは1本のラインで表される非常にわかりやすい指標です。スイングトレードで取引する際に、相場の方向性を読む手掛かりになるでしょう。

なお、RSIは、逆張りのシグナルを見極める際にも利用できます。逆張りとは、相場が反対方向に動くことを予想して、相場の方向とは反対にポジションを持つ取引手法です。

ただし、買われすぎに見えてもさらに上昇するケースや、売られすぎに見えてもさらに下降するケースもあります。そのため、買いゾーン・売りゾーンのトレンドの強さを見極めることが大切です。

スイングトレードにおいて銘柄を選ぶ5つのポイント

  1. 流動性の高い銘柄を選ぶ
  2. 投資スタイルに合わせて銘柄を選ぶ
  3. 移動平均線から離れる動き
  4. 銘柄数は3〜5つに絞る
  5. 上昇トレンドを見て銘柄を選ぶ
  6. インデックスと異なる値動きをしている銘柄は狙い目

流動性の高い銘柄を選ぶ

20220325_115_topix

流動性が高い銘柄を選ぶ理由は、好きなタイミングで好きなだけ売買できるからです。流動性が低い場合、売買する際に取引できる株数が制限される可能性があります。その場合、自分が買いたい価格や売りたい価格で取引できなくなるため、取引上不利になります。

このような事態を避けるためにも、銘柄の流動性には注意しましょう。流動性が高い銘柄は、取引量が多く信頼度が高い傾向があります。流動性が高い銘柄を選ぶためには、出来高ランキング30位以内に入っている銘柄を選ぶのがおすすめです。

  1. TOPIX100
  2. TOPIX 移動平均線から離れる動き Core30

この2銘柄は時価総額が高い上に信用も担保されているため、おすすめの銘柄です。

投資スタイルに合わせて銘柄を選ぶ

スイングトレードは最大数週間ポジションを保有するため、普段忙しくてチャートをこまめにチェックする時間がない方でも、取引しやすい手法です。

スイングトレードのメリットとしては、取引回数が少なく手数料を抑えられるため、デイトレードよりも利益効率が高いことがあげられます。

しかし、大きな値幅を狙える分、1回の取引のリスクが大きいという弱点があります。デイトレードと比較して、取引1回あたりのポジションの保有時間が長いため、リスクコントロールには特に注意しましょう。

銘柄数は3〜5つに絞る

スイングトレードで取引する場合は、3~5つの銘柄に絞るのがおすすめです。投資スタイルや資金量によって銘柄数は異なるものの、投資金額の分散度合いを考慮すると3~5つが適切なラインと言えます。

スイングトレードで取引する場合は、チャートの動きを常時チェックする必要はないものの、ある程度の値動きは把握しておく必要があります。投資する銘柄数を絞る理由は、多くの銘柄に手を出しすぎると、管理しきれないからです。

銘柄を選定する際は、証券会社が提供するスクリーニングツールを使用しましょう。ご自身に合った銘柄を効率的に見つけられます。スイングトレードの場合はテクニカル分析が必要になるため、テクニカル指標を重視して銘柄を選定すると良いでしょう。

SBI_screening

上昇トレンドを見て銘柄を選ぶ

チャートを見て上昇トレンドになっている銘柄を選ぶと、取引の勝率を上げることにつながります。具体的には、以下の点に着目して銘柄を選ぶと良いでしょう。

  1. 25日移動平均線が上向き
  2. 株価が25日移動平均線よりも上にある

SBI_screening

この2つの条件を満たした銘柄を選択することで、成長する銘柄を選択できる可能性が高まります。もちろん、確実に成長する銘柄を当てることはできませんが、目利きの判断基準として十分に利用できます。スイングトレードで利益を上げるためには、中長期的な目線で成長性がある銘柄を、見極めることが大切です。

インデックスと異なる値動きをしている銘柄は狙い目

インデックスとは、日経平均株価・TOPIXなどの市場の目安になる銘柄群のことです。インデックスと異なる値動きをしている銘柄は、後々インデックスに沿うように値動きをする場合が多くあります。

なぜなら、インデックスは市場の流れを代表する指標であるため、個別銘柄は多かれ少なかれインデックスの影響を受けているからです。何らかの要因でインデックスから離れた動きをしていても、後になって値動きが修正される可能性が高いです。

そのため、インデックスからずれている銘柄は、近い未来の値動きの方向が比較的読みやすくなります。スイングトレードで株式取引をするのであれば、インデックスとの差異に目を向けると、掘り出し物の銘柄が見つけられるでしょう。

スイングトレードに向いている証券会社の特徴

取引を始めるのであれば、スイングトレードに向いている証券会社で投資デビューをしましょう。ここでは、スイングトレードに向いている証券会社の特徴を3つ紹介します。

20220325_115_service

  1. 取引ツールの機能が高い
  2. 指値注文や逆指値注文などリスク管理に長けた注文方法に対応している
  3. 手数料が低い

取引ツールの機能が高い

スイングトレードで利益を出すためには、テクニカル分析が必須です。そのため、複雑な分析に対応できる取引ツールを提供している証券会社で、取引することをおすすめします。

高度なテクニカル分析をするためには、テクニカル指標を複数表示させます。複数の指標を表示するとチャート画面上が煩雑になるため、チャートが見やすく工夫されている取引ツールは便利です。

また、操作面でも直感的に理解できるようなデザインの取引ツールは使いやすいです。機能が高い取引ツールをまとめると、以下の3点に集約されます。

  1. テクニカル分析の指標や機能が豊富
  2. 見やすいチャート画面
  3. 直感的に操作できるデザイン

指値注文や逆指値注文などリスク管理に長けた注文方法に対応している

スイングトレードをする上でリスク管理は欠かせません。リスクを管理するには、指値注文や逆指値注文などの予約注文を活用しましょう。

  1. 指値注文・・・・・・利益確定する価格を予約しておく注文方法
  2. 逆指値注文・・・・・・損切りする価格を予約しておく注文方法

例えば、買いポジションを持っている場合、現在のレートよりも上昇しているタイミングで売れば利益が残ります。反対に下落しているタイミングで売ると、損失が確定します。

スイングトレードは1日中相場を監視する取引手法ではありません。そのため、価格が大きく変動したときに、自動で資産を守るための予約注文を活用する必要があります。

引用元:SBI FXトレード

だからこそ、指値注文と逆指値注文を利用しない手はありません。これら2つの予約注文のメリットは、チャートを監視していなくても自動的に約定してくれる点です。

相場を見ていないときに大幅な下落が起きても、逆指値注文を入れておけば損失額を抑えられます。スイングトレードのように画面に張り付かずに取引する取引の場合、逆指値注文によるリスクヘッジは欠かせません。

手数料が低い

取引手数料が小さな証券会社を利用することで、株取引にかかるコストを削減できます。スイングトレードはスキャルピングなどと比較すると取引回数が少ないものの、長期投資よりは回数が多いです。

手数料を安く抑えるためには、1日の約定代金で手数料が決まるプランを利用すると良いでしょう。投資を始めたばかりの段階では取引額が大きくならないため、約定代金も小さくなる傾向があります。スイングトレードで株式投資を始めることを検討している方は、取引回数ではなく約定代金で手数料が決まるプランを選ぶのがおすすめです。

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

危険を察知できるスキルは、上手にエントリーできるスキルよりも遥かに利益を生む。

エントリーすることを前提にチャートを見ていると、やたらとエントリーしたくなります。なかなか勝てない原因の多くは、そのエントリーの優位性が判断できないままにトレードを続けることにあります。
photo credit: Kat Northern Lights Man via photopin cc

青信号の時だけエントリーすれば、結果的に利益を残すことができる。

日足の移動平均線が水平になったら注意しないといけない。

新しいSkitchファイル_083114_080051_AM

移動平均線(MA)が水平になるということは、その時間足に勢いがなく方向感がないことを示します。日足などの長期足がこの状態になるとしばらくレンジになることが多いので注意が必要です。さらに移動平均線の辺りでレートがモミモミしだしたら、しばらくトレードを休んだほうがいいです。日足の移動平均線辺りで他の時間足の移動平均線が絡み合う『お祭り』状態になると、方向感がないうえに、上がるスキマも下がるスキマもなくなり優位性がなくなります。

移動平均線から離れる波と戻ってくる波をトレードする。

新しいSkitchファイル_083114_081759_AM

移動平均線を基準にトレードするなら、移動平均線に角度がなければなりません。トレードは移動平均線から離れていく波を取るか、戻ってくる波を取るかになります。水平になった移動平均線はエントリーの基準になりません。移動平均線の使い方については後々お話しますが、上図の緑ゾーンはレンジの真ん中辺りでトレードには向きません。レンジでもある程度の値幅があればトレードは可能ですが、中央部分でエントリーはご法度です。

青信号のエントリーができる相場環境とはどんな状態なのか。

新しいSkitchファイル_083114_083624_AM

問題は赤信号でエントリーしてしまうことです。今回の日足の水平な移動平均線にレートが絡んでいるチャートも赤信号チャートのひとつです。赤はとまれ、黄は注意して進め、青は進め(利益が伸ばせる)この判断ができるようになることです。どんな相場でも利益が抜けるのが優れたトレーダーではありません。

今日のまとめ

エントリーしなければお金を稼ぐことができません。しかし、エントリーすることでお金を失うのも事実です。お金を減らさないためにはエントリーしないのが一番です。エントリー=お金、この意識が根っこにあってトレードしていると、証券会社のいいお客になるだけで、ちっとも勝てません。エントリー=リスクだということをエントリーしたくなったら思い出してください。エントリーすることを前提にせず、エントリーしないことを前提にチャートを見るくらいでちょうどいいです。エントリーというリスクをとる価値がある相場なのかを判断して、何もしないという行動を選ぶことも立派なトレードです。

移動平均線とその見方を学ぼう!

money

売りトレンド傾向がある移動平均線

売りトレンド傾向がある移動平均線

移動平均線とローソク足の上下の位置関係が変わっております。
上下が変わるという事はつまり、平均値よりもレートが値上がりした瞬間を
意味しており、売りから買いに、トレンドが変わる可能性があります。

移動平均線がローソク足の下位置にある場合

移動平均線がローソク足の下の位置にあるという事は、
レートが平均値よりも高値で取引されている事を意味しており、
買いが多く、レートが値上がり傾向にあるといえます。

売りトレンド傾向がある移動平均線

買いトレンド傾向がある移動平均線

重要点:移動平均線をまたぐ時はトレンドのサイン
下から上へ・上から下へとまたぐ場合は新しいトレンドが起きやすい
という事を覚えておきましょう。

移動平均線とローソク足が離れすぎている場合の傾向

売りトレンド傾向がある移動平均線

参考図

上の参考図は、
「大きな値上がりが発生し、一時は移動平均線と離れてしまったが、
移動平均線に近づこうとする動きにより、値下がりの動きになり、
移動平均線との距離が落ち着いた」
という想定の図です。

もちろん、この逆でレートが移動平均線よりも下に離れる(平均よりも安値になっている)
パターンもあり、その場合は移動平均線と離れた所で買いポジションも持ち、
移動平均線に近づいたら決済する事で利益を発生させられます。

ゴールデンクロスとデットクロス

移動平均線は短期と長期では割る数が違うので、動きが違います。
短期の移動平均線はここ最近の値動きに影響されますので、動きが激しく、
長期の方は長い期間での値動きから計算されるので、短期に比べて動きは緩やかです。

ゴールデンクロスは買いのシグナル

デッドクロスは売りのシグナル

売りトレンド傾向がある移動平均線

・時間単位が長い方が信頼性は高いが・・
ゴールデンクロス・デットクロス共に、
分足などの時間単位が短いローソク足チャートよりは、数時間や日足などの時間単位が
長いローソク足チャートに発生した時の方が信頼性は上がります。

時間単位が長いという事は、平均が出るまでの時間もかかっている
という事を意味しており、ゴールデンクロスやデットクロスが発生したと
気付いた段階で既に値動きが落ちついており、次のトレンドに移っているという事も有り得ます。

また、ゴールデンクロス・デットクロスや移動平均線だけでなく、
これから紹介するテクニカル分析も含め、あくまでも傾向や分析の手段であり、
必ずしもそうなるとは限らない事を肝に銘じておく必要があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる